おじゃれ八丈島

八丈島からこんにちは

たびに出る

【ぶらり静岡一人旅】最終日 魅惑の大井川鐵道編

車中泊の朝は早い。
5時半に目覚める。
なんか、起きちゃうのだ。
キャンプ場の朝は早い、と同じ様なことだろう。

IMG_0258


朝ラーにしようかとも思ったけど、道が不案内なので、
そのまま道駅のファミマでサンドイッチとコーヒー買って朝食を済ます。
屋外で飲むコーヒーはなんか美味い。気がする。
ホントは朝ラー食べたかったけど、理由を付けてこっちが正解だと自分を納得させる。

予定を考える。
当日の予定は当日考える。
今日は早くも旅の最終日。13時までにレンタカーを返さねばならない。

タイムリミットまで後7時間。静岡市に戻るには早過ぎるけど浜松までは遠過ぎる。
じゃあ、東か西じゃなくて、北にしちゃおう。
昨日は海を見たから今日は山に行こう。


って事で、大井川を上流へ遡ってみることにした。
473号線から362号線をぐるっと周ってくれば、
時間的にもちょうどお昼くらいに静岡市内に戻ってこれると予測。


IMG_0293


ということで昨日静波海水浴場から北上した473号をさらに北上。
大井川沿いのドライブ。
山あいの広い河川が美しい。
カーブの度に絶景が垣間見える。
山道だったり、開けたり、メリハリがある。
良い。

DS8_8315


途中、大井川線の踏切を渡る時、すぐそこに駅が見えた。
気になったので立ち寄って見る。
これがもうノスタルジックな無人駅。

DS8_8341


IMG_0314


IMG_0312


IMG_0310


DS8_8333


IMG_0316


DS8_8335


手書きの料金表とか、すげえいいなーと思って見てたら、
踏切が鳴り出した。

おおお!走ってる電車を見られるとは思ってなかった!
慌ててカメラを構える!
ちょっと大した写真撮れなかったけど、これは嬉しかった。

DS8_8320


IMG_0306


レンタカーを返すのがあまりギリギリの時間になって慌てるのは嫌だったので、
本当は寸又峡まで行って見たかったけどそれは諦めた。
もうあまり寄り道しないで先に行こう、と思いつつ、もう一駅見たくなったので
大井川鐵道本線終点であり、井川線の始発駅でもある千頭駅に立ち寄る。
駅員もいるしお土産屋もある。
井川線の小さな車両が並んでいてなんとも可愛らしい。
IMG_0327


IMG_0331


DS8_8357


DS8_8359


DS8_8363


DS8_8365


こうなると、井川線も見たくなった。
ということで、362号線を外れ、もうちょっとだけ奥まで行くことにした。
次の駅の川根両国を見事に見落とし、橋を渡るとすぐ横に吊り橋が見えた。
吊り橋の袂に車を止め、歩いてみる。

DS8_8366


DS8_8385


絶景だ。

吊り橋を渡ったところに鉄道車庫が見える。車輛が3台ほどある。
そのうちの1台のエンジンがかかる。
もしや、走るかもしれない。
今か今かと待つこと15分。走った。

IMG_0372


DS8_8377


時刻表を全く確認してないのに、井川線でも動く車輛が見られた。
客車を連結してないやつだけどね。動いてればなんでもいいさ。

IMG_0391


それなりに時間を費やしてしまったので、いよいよ脇目を振らず
レンタカー屋に戻ることにした。

標高が高くなったのか、霧がかかる。と言うか、雲の中なのだろう。
雰囲気が良い。
渓流でフライフィッシング、生活用の吊り橋、山肌の茶畑などちょっと脇目を振る。

DS8_8397


DS8_8399



それでも11時ちょっと過ぎにレンタカーを返すことができた。

あとはお土産を買って帰るだけだ。
来る時はリッチに新幹線を使っちゃったけど、帰りは高速バスにした。
バスのチケット売り場で時間を確認すると、あと10分後に発車。
慌ててそれに乗る。

IMG_0417


お昼のお弁当は買ったけど、とてもお土産を買う余裕はなかった。
妻子ほったらかしの一人旅で、お土産もないんじゃマズイよなー。
一応、前日ですさんと買った静岡おでんのふりかけと、
ワサビ入りのジンジャーエールがある。
無いよりマシかと開き直ったが、高速バスって途中サービスエリアで休憩があるので、
そこでお土産ゲット。

IMG_0454


事故渋滞で40分ほど遅れたけど、無事新宿に到着。
新宿を降りるとクソ暑い。東京のバカ。

IMG_0462


今回の旅の心残りは、まったく富士山が見られなかったこと。
また行こう。富士山を見にまた行こう。

【ぶらり静岡一人旅】2日目午後 右往左往編

レンタカー屋はニコレンをチョイス。
東京でもよく利用している安いレンタカー屋さん。
安さゆえ、カーナビなどはオプションとして付けることになる。
カーナビオプションは1000円かかる。
なので、僕は車は持ってないがカーナビは持っている。
8000円くらいのチープなやつ。
8回レンタカーを利用すると元が取れる。

IMG_0151


IMG_0153


今回の旅は出発当日の仕事前に急遽計画した。
出勤前に慌ててホテルとレンタカーを予約して、
仕事が終わってから行き当たりばったりの新幹線で静岡入りした。
そりゃもう何らかの忘れ物がある。

IMG_0158


ということで、カーナビを忘れてきた。
ネット予約の際、カーナビのチェックも入れていない。
まあ、当日お願いすれば何とかなるだろうと高をくくっていたら、
全て出払って、無いと言う。

初めての土地で、カーナビ無し。
すごく心配だけどどうする事もできない。
それこそ武器なしではいかんともしがたいので、本屋さんでるるぶ的なやつ購入。

そもそも目的地も知識も無かった僕にはガイドブックは有効だった。
一人旅は多少迷うくらいがちょうど良いので、青い看板頼りのドライブの方が快適な気もする。
レンタカー屋を出てから本屋を見つけるまで、どこを走っているのかまったく分からなかったけど、
三保の松原方面へ向かっていた。

IMG_0161


静岡市からの移動は富士山方面へ行くか、浜松方面へ行くかの大きく2択になると思うけど、
割と近くに世界遺産ではないか。

とりあえず三保の松原を見ながら考える事にした。

DS8_8271


IMG_0181


DS8_8278


DS8_8299


IMG_0190


IMG_0205



曇っている。
富士山は見えない。
富士山の見えない三保の松原は、海岸に松が沢山ある風景だなーって感想。
旬だし、観光客は次々来るので、お土産屋さんは元気いっぱいだった。

富士山方面ではなく、浜松方面へ行くことにした。
海岸沿いを走りたくなったから。

150号線を西へ走る。
海岸にこだわらず、1号線を使えばよもや浜松まで行けたかもしれないが、
静波海水浴場という所で17時を過ぎた。

IMG_0212


浜松どころか御前崎にも行けてない。
そして今夜の宿を決めていない。
いや、宿は実はもう借りている。
レンタカーが移動手段兼宿泊施設なのだ。
いわゆる車中泊。
じゃあどこでもいいじゃん、って事なんだけど、
できればトイレが近くにあって、安心して車を止めていられる駐車場が良い。
つまり、道の駅が良い。
海水浴場で海を背にるるぶ的なやつとにらめっこ。
ところで、るるぶでは無くて『まっぷる』だった。まあ、どっちでもいい。
後ろでは若者たちが波と戯れキャアキャア言ってるではないの。
海パン持ってくれば良かった。
泳ぎたかった。
けど、それよりも道の駅探し。

IMG_0224


規模の大きそうな道の駅が掛川にある。
473号線から1号線に入り、18時過ぎに到着。
道の駅のカレーを食べたけど、寝るにはまだ時間が早い。
そうだ温泉はないのかと調べてみると、
ヤマハリゾートつま恋の森林乃湯というのが結構近い。

IMG_0226


つま恋

吉田拓郎と中島みゆきが共演した、
あの、つま恋なのか。
行こう。

IMG_0228


IMG_0230


電話をしてみると温泉だけの利用も可能とのこと。
夜道を多少迷いながら行ってみると、すげえいい風呂だった。

温泉でも長湯をしない僕だけど、2時間近くも過ごした。
風呂から見える池を挟んだ向こうの森に木々に、富士山の四季の移り変わりの様子が
レーザーやライトでプロジェクションマッピング的に映し出されている。

すごく美しくて見てて飽きない。
お湯も熱過ぎず何時迄も入っていられる。
ベンチで寝転んだ夜風も心地良い。
温泉って、一人旅の気楽さを満喫できる。

IMG_0238


IMG_0240


22時くらいに道の駅に戻ってきて、iPadで音楽を聞きながら就寝。車中泊。
久々の半野宿。

IMG_0249

【ぶらり静岡一人旅】2日目午前中 静岡カルチャー満喫編

朝の5時に目覚める。
早い。
旅先での目覚めにしては異常に早い。
実は人と6時に待ち合わせをした。

今回の旅は、なにゆえ静岡が目的地かと言うと、
ネットでお知り合いになった「ですさん」と一度お会いしてみたいと言うのが最大の理由と言っても良い。
本来、一人旅はツレがいない方が望ましい。一人旅ではなくなってしまうからだ。
しかし、出会いは別である。出会いは旅の醍醐味と言っても良い。

待ち合わせにしてはなお異常な早さだが、朝ラーメンいわゆる「朝ラー」を食べに行くお約束なので、
朝6時の待ち合わせになった。待ち合わせというか、ホテルまで迎えにきて頂いた。
ホントありがたいっす!感謝!

早朝にチェックアウトして、時間通り迎えにきていただいたですさんの車に乗る。
朝6時に「始めまして」である。
やはりだ。イカすお方だ。お洒落だ。僕のお洒落基準は帽子を被っているか否かなので、
帽子を被っているですさんはお洒落だ。
そして迎えに来ていただいた車は、僕の選択肢には無い車種。
車内に揺れるキューピーがあったりして趣味の良さが尋常ではない。
前日の急なご連絡でも快くご案内くださる優しさも半端ない。



で、朝ラーである。何を隠そう、「朝ラー」は静岡のカルチャーだった。ビックリした。
僕はてっきりですさんの趣味かと思っていたが、静岡には朝ラー文化があった。
朝からラーメン屋に行列ができている。
志太系と言う物になると、温かいのと冷たいのを2杯食う。
器は小さめなんだけど、朝からラーメンを2杯食うって。
中には、朝3時半から開店する店もあるという。もはや早朝とも言い難い。タダの夜中じゃないか。
そして6時には売切れてしまうと言うのだから、まったく意味が分からない。
普通の暮らしをしている人には、「あの店が開いているところを見たことが無い」状態必須。


IMG_0039


とりあえず1軒目は「ちっきん」さん。
う、う、う、美味い!
煮干特濃ですっごい美味い!
煮干系好きの僕にはたまらん1杯!
決して広いとはいえないお店に次々とお客さんが来る。

IMG_0040


IMG_0043


ほんの時々小雨が降る空模様の下、蓬莱橋というところへ連れてきていただく。
大井川に架かるえらく長い木造の橋。

IMG_0044


橋の幅はそれなりにあるものの、手摺りが膝下程度で、つまり手摺りとは言い難い。
結構、怖い。

IMG_0053


『世界一長い木造歩道橋』としてギネス記録にもなっている。
897mのギネス制覇。


IMG_0050


IMG_0059


IMG_0063


IMG_0067


そして2件目のラーメン屋、『マルナカ』さん。
看板がね、無いのね。
店名がさ、お知らせの張り紙にしかないので傍から見ると謎の行列。

IMG_0068


IMG_0069



こちらは志太系ラーメンと呼ばれるもので、温冷の2杯を食べるのが慣わしらしい。
もちろん1杯でも良い。僕らは冷やしラーメン1杯だけにした。
と言っても、朝から2杯目のラーメン。
おじさん2人で早朝6時に待ち合わせをして、朝からラーメンを食べに行くと言う、
健全なようで不健康な謎の行動。静岡カルチャー。

IMG_0078


IMG_0079


IMG_0080


替え玉ではなく2杯出てくるんだよね。
通常、暖かいやつ先に食べて、冷たいのが2杯目らしいけど、
中には冷たいの先って言う人もいたりする。
大盛りも存在するんだけど、温温の2杯を食べる人もいるらしい。
もしかしたら、「大盛り並み盛りの温温」とか言う人もいるかもしれない。
なんでも体験してみなきゃ分かんないけど、
このレベルのものは、フラッと来た観光客には分からんよな。
観光では味わえない静岡カルチャーを体験させていただいて感謝と感動です。ホントに。


海を見に行こうって事で、大崩海岸をドライブ。
海岸と言っても断崖系。
確かに海の岸だけど、いわゆる海岸のイメージを持っていると、コレジャナイ感が漂うかもしれない。

曇ってなければ、左カーブの正面に富士山が見えるらしい。
右手に太平洋、九十九折の山道。
この景色は、底土を眼下に見る八丈島の登龍峠を思い出させる。

生シラス丼を食べた事が無い、という話をしたところ、
漁協直営の港にあるお店に連れて行っていただく。
開店は11時。

微妙に時間があるので海の公園で時間つぶし。
この公園の遊具はなかなか楽しそう。ぜひ子供たちをつれてきてやりたい。


IMG_0087


IMG_0097


IMG_0099



漁港で順番待ちをして、11時。
お昼には少し早い、というか、朝からラーメン2杯食ってるんですけど。
そんなことどこ吹く風で、生シラス丼は美味かった!
ついに積年の想いが実り、生シラスデビューを果たした。
ビバ静岡!

IMG_0138


IMG_0139


IMG_0131


IMG_0140


静岡2日目の僕の予定は、13時にレンタカーを借りる計画。
微妙に時間があるので、わさび屋系のお土産屋さんで怪しげなジュースを買ったりする。

IMG_0141


IMG_0143


IMG_0144


IMG_0146




駅まで送っていただいて、ですさんとお別れ。
すごく楽しかったです!
感謝感謝感謝!


【ぶらり静岡一人旅】初日衝動的出発編

2013/7/19
僕は旅に出た。

IMG_0012



金曜日の仕事終了後、研修をドタキャンして新幹線こだまに乗る。
新潟出身の僕は新幹線と言えば上越新幹線で、MaxトキかMaxたにがわ。
二階建ての太い車両に見慣れているので、こだまの1階建ての車両は速そうに思える。
と同時に、こんな細くて折れやしないかと心配にもなる。
幸い、折れなかった。運がいい。


IMG_0015


IMG_0016


目的地は静岡。
静岡風に言うと、「しぞーか」。
たぶん。お土産屋とかに書いてあったから。「しぞーか」って。

富士山が世界遺産に登録された直後だが、目的は登山ではなく観光旅。


IMG_0020




明日から娘たちは夏休み。
妻が子供たちを連れ実家に行くと言う。
お、おお!? 俺自由じゃね?
じゃあ、旅じゃね?
と言う展開。



IMG_0019



初めての静岡駅を降りると、駅ビルはパルコではなく、パルシェ。
なんだそれ。初耳。静岡なまりと言うわけではなく、ちょっと離れたところにパルコもある。
なんか地方っぽくて良い。こういうのが良い。

さて、この初耳のパルシェの屋上が光り輝き、「ビアガーデン」の垂れ幕がある。おやおや。
研修をすっぽかした分、思ったより早めに到着したので
ホテルのチェックイン前に寄り道をしようとしたけど、
さすが金曜日の夜、それなりの順番待ち。


IMG_0025



そもそも一人飲みの似合わない賑やかな場所で、順番待ちまでしたくない。
順番を待ってボッチ感を味わいたくない。
ボッチは場末の居酒屋が似合う。


IMG_0026


IMG_0027



そそくさとホテルにチェックイン。
するとこのホテル、ウェルカムドリンクサービスなるものがあり、
ビールを1杯ただで飲ませてくれるとな。
ありがたい。早速シャワーだけ浴びて、ラウンジへ行く。


IMG_0031



改めて説明を聴くと、サービスは1時間とのこと。
ん?と思いつつラウンジを見るとウィスキー、焼酎、紹興酒と様々な酒瓶が列んでいるではないか。
ビールは1杯だけだが、他の酒は1時間飲み放題の神待遇。
さらに、静岡おでんも食べ放題ときてるからもう訳分からん。
これで、じゃらんからの予約で4300円なんだから静岡すげえ。
ビアガーデン行かなくて良かった。
ラウンジボッチで良かった。


IMG_0034



1時間しっかり飲み食いして部屋に戻る。
猫の恩返しのクライマックスだけ観て、寝た。
明日の朝は早いんだ。

ただいま



富士山







フォト蔵のスライドショーをブログに貼り付けることができるのだね。

ほー。

夏休みの旅行


7月末の上京したばかりだけど、あれは半分は仕事。
で、明日(今日?)から本当の夏休み。
上京します。

今回の予定は、金沢。
ぬし家へおじゃまさせてもらいます。

そして1泊だけ立山。
まだ宿とってないんだけど大丈夫だろうか?

そして新潟へ帰省。
新潟は19日〜21日までの予定。

そんな感じです。




すべりだい

2010.7.27 逗子→鎌倉→公園

鎌倉市農協連即売所

逗子最終日。最終日と言っても、もう帰るだけの日。
で、タダ帰るのもなんなので、お隣の鎌倉に行ったわけです。
いや、そもそもの目的は25日の女子フリーDAYに僕の海パンを買ってきてくれたんだけど、サイズが35じゃまったく大きくて、それを変えてもらいにパタゴニアに行くのが目的。



あっちそっち


ボタン屋


湘南麺屋 海鳴

で、せっかくの鎌倉をタダ帰るのももったいないので、プチ散策。お昼時だったので『湘南麺屋 海鳴』へ。ここはパタゴニアの美人サーファーの店員さんに教えてもらったところ。狭い店内だが、ここは美味かった! 僕はもともと和風だしが好きなのでそれにドンピシャ。冷やしつめ麺塩と絡めそばをみんなで食べた。他のメニューも食べてみたいお店。





しぶえこうえん

その後鎌倉ではクレープのお店コクリコで妻と1枚半ずつクレープを食べ、猛烈に満腹になり、娘達は駅前の31でアイスを食べた。

そして妻に実家へ帰宅の途で公園にて遊ぶ。公園はせめて日が陰った夕方が良い。


2010.7.26 逗子海岸→焼肉

なげる

やっぱり逗子海岸。実は娘達は海じゃなくてプールが良いと言っていたんだけど、そりゃ無いぜベイベー、逗子に来てプールっておい。ってことでやっぱり逗子海岸。




逗子海岸で海の家

子供たちは足に砂が付くのがイヤみたいなんだよね。けど、釣りのときに使うような折り畳みのバケツを一つ持っていって、海の家で休憩するときはバケツで足を洗えるようにしたら子供たちも満足したらしい。これは覚えておこう。




また投げる

砂問題をクリアしたので思いっきり遊ぶ。いや、遊んでいる間は砂問題も無いんだけど、大人からするとこのあとピーピーと文句を言われる憂いが無いのは良い。




シーズーで撮影

友人のなじみのお店からお隣の日テレsae zooを見てみると何か撮影をやっている。いとうあさこがフラッシュダンスを踊っていた。ちなみに一昨日はパッション屋良がお笑いライブやってた。

そしてモデルのジョイ君も発見。こちらもなにか撮影をしていて、ジョイ君の他にイケメソが3人。その様子を見ていた妻が、「あれは殿じゃないか!?」と急にテンションが上がる。

僕の中の『殿』といったらビートたけしなので意味が分からなかったが、妻は「殿だ!殿だ!」と言ってクルクル周っている。普段クールともドライとも言える妻がこれほどテンションが上がるのは珍しい。

で、殿だといっていたのはシンケンジャーのシンケンレッド役、役名でいうとシバタケルなのだが、役者名は知らない。シンケンジャーと言うのはゴレンジャーとかのあれ。シンケンジャー好きの娘達に付き合い妻もシンケンジャーを見ていたのだが、ここ最近のナンとかジャーの中ではシンケンジャーの秀逸さはすばらしい。さらに殿役の俳優が妻好みだったらしく、それで殿だ殿だとクルクル周りだしたわけ。

最終的に名前も知らないのに妻は握手までしてもらってた。

せめて名前くらいは覚えよう。

松坂桃李くんです。みなさんもとーり君よろしく。





3

あれだけシンケンジャー好きだったいっちーはとーり君などそ知らぬ顔で、妻がいっちーに「一緒に握手してもらおう!」とアゲアゲで話しかけても、「えー、絶対しなきゃだめ?」とまったく乗り気ではない。妻としては娘をダシにお近づきしたかったらしいが、この冷めた血はたぶん貴方の血ですよ。




さよなら逗子

ちなみにとーり君と握手してもらうとき、その前にジョイ君もいたのだけど、妻は思いっきりジョイ君追い越してとーり君の所に行ってた。なんかジョイ君が不憫だw



そんな感じの逗子3日目。

ああ、バカンス。


2010.7.25 七里ヶ浜→公園

七里ガ浜

この日は奥様方はショッピング。男二人で子供たちと遊ぶ。
まず七里ガ浜。ビーチクリーンとフリマ目的だったんだけど、残念ながらフリマはやってなかった。さらにビーチクリーンも、いっちーが泳ぎたがっちゃってまったく何もお役に立てなかった。




ひとで

七里ガ浜は基本サーファーさん達の海。海水浴をしてもいいらしいのだけど、海の中にところどころ岩があって、気を抜いていると足が痛い。ビーチクリーン活動もローカルサーファーさん達がやっている。



公園の消防車

海で泳いで、お昼はラーメン食べて、行った先は結局公園。炎天下の公園。




木登り

木登りしたりして




抜け殻

子供たちは元気だ。

子供たちは元気だが、なんとこの日は友人宅で娘達を昼寝させることに成功。
おかげでうえっちとカメラだのお酒だのとボーイズトークを楽しめた。女子が帰ってくる前にビールを何本かやってしまった。



むーさん

そして夜はまた飲む。
娘たちはムーさんと遊ぶ。


2010.7.24 上京→逗子

京急

1便で上京してそのまま京急で逗子へ。羽田→逗子って1時間かかるんだねー。
いやいや、これは結構な時間だぞ。都内にお住まいの皆さま、他県の江ノ島へ1時間かけていくのなら、都内の八丈島へ45分で行けちゃいますよ! お魚がいっぱいいる海で泳げちゃいますよ。ちょっともったいない気もしますが、夕方の飛行機に乗れば日帰りだって出来ちゃいますよ。他県のゴチャゴチャした海で疲れるよりも、八丈島のすっきりした海でシュノーケリングしたほうが100倍は海を楽しめまっせ。




逗子海岸へ

とか何とか言ったものの、この賑わいは夏らしくて楽しいのも事実。この雰囲気は八丈島には無い。海の家も昔みたいな茣蓙が敷いてあって粗末な焼きそばを食べさせられちゃって2000円、なんて野暮なものじゃなくて、それぞれ趣向が凝らされていてどこもお洒落。




くらげ触ったり

海は遠浅で子供たちはかなりはしゃいで遊べる。クラゲ触ったりするのも楽しい。




海の家


海の家でくつろいだり

八丈島の海はシュノーケルでザブザブ泳いで魚を見る正統派泳ぐ海だけど、逗子海岸はビーチを楽しむ海だ。海に入っても、さして泳ぐ必要も無い。浮き輪で浮いているくらいがよろしい。第一、海の中を見ても魚はいない。いるかもしれないが濁っていて何も見えない。
よって、この海は海らしい賑わいを楽しむのだ。ビーチで酒を飲み、海では泳がず浮かぶだけ。THEバカンス。
大人は交互に子供たちの面倒を見つつ、海の家の2階で昼間からビールを飲み続けるのですよ。

さらに夜は夜で飲むのです。いっひっひ。

明日上京

火曜日帰ってきたばかりなのに、また上京。

今回は夏休み。

明後日から出雲旅行です。

うほ。



ガンダム


出雲旅行

出雲旅行の計画がほぼ練りあがった。

前日夜:東京発サンライズ出雲乗車。
初 日:朝10時くらいに出雲着。レンタカーにて石見銀山へ移動。温泉津温泉泊。
2日目:出雲へ戻り出雲大社観光。玉造温泉泊。
3日目:大山観光。大山泊。
4日目:松江観光の後、サンライズ出雲で東京へ。

こんな感じ。楽しみ。




おっちょぷーる
おっちょのプール

出雲大社か

今年の長期連休は9月の予定。そろそろ計画を立て始めようかと言うことになり、候補に挙がったのが寝台列車でどこかに行くと言う案を、僕じゃなくて妻が言い出したのだから世の中わからない。

で、今のところ寝台特急出雲にしようかと。



どうでしょう?



あと、ポニョのDVDを買おうかと思っているのですが、


どうでしょう?




朝寝



ところで、以前谷中で偶然見つけたときに一発でファンになってしまった『青空洋品店』さんのHP。今は栃木県にお住まいのようです。
青空洋品店 ←ちぇけら

ここのTシャツはシビれた。かっちょよすぎ。

沖縄感想


・車道の一番左のレーンは朝7:30〜9:30はバスレーン。
・学生のリュックがかなり下。
・ビーチに魚はいない。
・沖縄そばは美味い。
・10月なのに暑い。
・平日なのに美ら海水族館は人がいっぱい。
・休日なんてどうなっちゃうんだ??
・首里城も人がいっぱい。
・修学旅行シーズンだからか?
・ファミマがいっぱい。
・地名をケータイが変換しない。
・その前に読めない。
・また行きたい。


くらげ

ラーメン

リュック

たこ

沖縄旅行考えてます

10月に家族で沖縄旅行します。僕は沖縄初めてなので、定番だろうけど美ら海水族館と首里城は決定。で、まだ1日空いてます。のんびり過ごそうって言う予定ですが、いやいや、ここはぜひ行っておきなさい、って言うところとか、沖縄の秘密とか教えてください。

あと、9月8日は僕の初めての人間ドックです。それに先立ち、娘と二人旅を考えてます。マイミクのりゅーた君が八丈島に二人旅に来ているのが羨ましくなったのです。僕もやってみたい! ということで新潟の実家に行きます。(それって旅か?)
で、もう一泊どこかに泊まってみたいなという思いがあるのですが、新潟と東京の間で、どちらかと言うと東京に近くて、4歳の娘が楽しめて、旅行気分が味わえるおすすめの場所は、さてどこでしょう!?


夕陽に集う
8月14日 夕陽に集う

八丈島に帰ってきましたよ


もう1泊東京で遊ぼうかと思ってましたが、帰ってきちゃいました。
一応今日のぶらり途中下車を。

イトシア


まず、東京の八重洲の宿(カプセル)から今日は始まったので、ひとまず有楽町まで歩いてビックカメラを楽しもうと思ってましたが、到着したのがまだ9時でした。早すぎました。ビックもイトシアも10時からですね。

ところで、ITOCiAなるおしゃれなものがドスンと出来た有楽町ですが、あの駅を出てすぐの果物屋さんが残っているギャップがまたなんとも素敵な町になったと思いました。なんかガンバレ。


尾山台

ということで、かねてから行きたいと思っていた尾山台。世田谷区です。もう16、7年前に行った喫茶店にもう一度行きたいとずっと思っていたのです。けどもう古い話なので、(たしか世田谷区だった、、、かな?)くらいの記憶しかなく、もう1度行くのは不可能かと思ってましたが、先日そのお店の名刺が出てきたのです。名刺に書かれている番地を探すことすぐ、お店見つけました。日曜祝日が定休日でした。はい、また今度。


レモン社

さて、最終便まではまだ時間がある。どこに行こうかと向かった先はまた有楽町です。せっかくなのでイトシアの中に入ってみたいではありませんか。とその前に、銀座ですからレモン社で大きなため息をたくさんつく巡礼。いかんせん銭のかかる趣味嗜好。


クリスピークリームドーナツ

で、イトシア。噂のクリスピークリームドーナツですね。奇跡的に5分待ち程度であれば買って帰ろうと思ってましたが、余裕の1時間待ち。なんだそりゃ、並ぶことが心底嫌いなのでチラ見でスルー。


旧芝

浜松町駅真横の都会のオアシス。浜松町といえば『浜離宮恩賜庭園』が有名ですが、僕が行くのは『旧芝離宮恩賜庭園』。友人がいるからです。今日はいなかったが。

そんなこんなで、妻へ我が身のすべてを授く無限の愛情があるなら、この小1時間はドーナツ購入への苦行に費やされたことでしょうが、無限の愛情はあったとしても我が身のすべてを授くには月々のお小遣いがちと足りないような気がするので、都会の喧騒を離れ『庭園』なる優雅な響きの場所でゆったり過ごしたのです。回遊式泉水庭園はドーナツ型と言ってもよいのではないでしょうか。言わないし。関係ないし。


天ラーメン

そして羽田です。天ラーメンで「炙り牛バラつけ麺」と餃子。この店高いけどあんまりおいしくないよね。次回はアカシヤのロールキャベツにしようと心に誓い東京を去りました。

こんな感じでした。

伊勢、志摩旅行を考えています

11月中旬です。


えーと、



どうですか?

フウセントウワタ


にわかに出てきた7月頭の上京話。

長い休みではないのでキッチリ計画立てて行動しなくっちゃ。

さあ、なにしようか。

フウセントウワタ

行き先決めた

時刻表

悩んだ末、戸田にした。

埼玉の戸田(とだ)ではなく、静岡の戸田(へだ)だ。

修善寺の近くだ。

よし!

一人旅について


来週は野暮用(仕事)で東京に行かねばならない。なので土曜日から上京なのですが、実際に野暮用(研修)が始まるのは月曜日からなので、一泊二日で一人旅に出ます。

行き先募集中。

朝のブルーなパジェロミニ

明日から長期休暇

お散歩いっちー

ひーちゃんのところとか、つんちゃんのところに遊びに行く。

旅カメラにWERRAを持っていきたかったけど、光漏れが気になるのでPEN-FTを旅のお供とする。あとSilvi F2.8。

明日の準備をしなくっちゃ。パンツパンツ。

四国旅行に向け明日から上京

窓

火曜日に船で帰ってきたばかりですが、明日からまた上京です。
明後日から3泊4日で四国に旅行に行きます。
桂浜、四万十川、道後温泉。四っ国 四っ国。

旅行の準備を、しなければ。

夏休みの旅行

今年の夏休みは7月上旬の予定。
昨年は北海道に行ったのだけど、今年の行き先は四国にほぼ決定。
道後温泉坊ちゃん湯、讃岐うどん、金刀比羅宮、四万十川、桂浜、僕が四国について知っている情報はこれくらい。四国についてさほど明るいわけではない。

実は過去に3回ほど行ったことがある。坊ちゃん湯も2回入っている。しかし若かりし頃の話だし、もともと忘れっぽい性質なのでほとんど記憶が無い。

と言うわけで、四国のオススメスポット情報求むです。このブログをご覧になっている四国在住の方、四国に明るい方、四国旅行経験のある方、どんな情報でもOKプリーズです。

具体的な日程を申しますと、7月2日〜4泊くらいで考えています。面子は2歳の子を連れた家族旅行。
高松はこれが美味い! 松山に行くなら観光スポットはここ! 子供が喜ぶ場所でっせ! と言うような生の声が聞きたいす。

絶景を見て美味いもの食いたいす。
ダイナマイト四国に会いたいす。シッコク!シッコク!

旅欲

天気の良い日は、旅欲がムラムラと。

ああ、遠くへドライブに行きたい。

旅カメラ。

旅カメラ。

今回旅に持っていったカメラはこの3台。
左:FUJIFILM Silvi F2.8
中:OLYMPUS PEN FT(ズイコー40mm F1.4)
右:SH901iS
3台といっても右のは携帯電話である。
が、たとえレンズが小さくてもきょうび200万画素のケータイは立派にスナップカメラとして使える。miniSDも128MBあるのでかなり大量に保存できる。D70の出番が減るかも知れない。。。

さて、今回の旅(帰郷)は移動手段が電車中心なのでカメラを小さいものでまとめた。レンタカーで移動するならD70でも良いのだが、常にリュックに入れておくとなると、重いのは嫌だ。

と言うわけで、Silvi F2.8はコートのポケットに入るし、SH901iSはもちろん携帯電話なのでズボンのポケット。そしてペンFTは首に下げる。これ、なんと言ってもオリンパスペンが嬉しい。(ああ、カメラをぶら下げて歩いている)というなんとも言えぬ喜ばしさ。かわいらしいカメラだからこの嬉しさがある。EOS1では傍目に威圧的である。ペンだとほのぼのして見える。

もちろん首にぶら下げてほっこりしているだけではない。美しい光だと思ったらシャッターも切る。の・だ・が、実はマニュアルカメラはまったく初めてなので、露出が実に怪しい。内蔵されているTTL露出計も怪しいので(と言うか動いてない)、まったくの直感でしぼりとシャッタースピードを決めエイヤッとシャッターを切る。とてもしっかり写っているとは思えない。

そんなときには、Silvi F2.8の出番となる。要所要所記念となるスナップを撮る段でコートのポケットから出動させる。レンズが明るい上ズームも利くから重宝する。NATURAも良いと思うが家族旅行にはSilvi F2.8のほうが良いような気がする。まあしかし、NATURA BLACK F1.9も良いよね。うん、良い。実際ズームなんてさほど使わないからよりレンズが明るいNATURAも良いと思う。けど今回の旅ではSilvi F2.8の最大の特徴である右シャッターを3回ほど使った。最初で最後かもしれないけどね。

そしてSH901iS、デジカメは他愛の無いものにザクザクとシャッターが切れて良いね。メモ代わりにもなるし。気張った写真を撮るわけじゃないからD70なんてでかいカメラはかえって旅の邪魔になる。できるだけスマートなほうが良い。なんなら電話と一緒ならなお良い。しかし、これ割り切って使うならコンパクトデジカメなんていらないんじゃないか? 最近のコンデジは無駄に画素数だけ多くしようと躍起になっているようだし。もちろんレスポンスの悪さやカメラとしての使い勝手の悪さがあるにせよ、「撮れれば良いや」くらいの話であればケータイカメラは超高性能だと思う。いかんせん持ち運びに便利。

さて、あとはペンで撮ったものが写っているかどうか?

家で空弁。

家で空弁。

ただいまぁ。
帰ってきました八丈島に。
自宅で空弁です。
羽田で買った羽田弁当です。
ひねりの無い名前です。

やはり気になる青空洋品店。

やはり気になる青空洋品店

旅を振り返ってみる(っていつの話だ?)。
旅から帰ってきて1ヶ月が経過しようとしているが、
谷中の青空洋品店が僕の心をガッチリ掴んで離さない。
なんと言えばよいだろうか、妙な言い方ではあるが「魔法」が掛かったようなお店なのだ。あっちの世界の入り口のような不思議な空間。
「青空洋品店」と言う屋号もおよそこっちの世界のと思えない。なんて清々しい響きなのだろう。
谷中散策をしていた僕ら夫婦はこのお店の前を通りかかったとき二人して、ナンダコレワと初めてビー玉を見たときのような、なんとも素敵なものを発見してしまった表情で顔を見合わせた。「これは楽しそうだ、ぜひ触れてみよう」と店内に足を運んだ。洋品店と言うからには洋服がある。Tシャツもあったりする。Tシャツを見てみると、『前後』(←それぞれマルで囲まれていて、下に「ぜんご」とルビがふってある)と文字が刺繍されている。一生懸命言葉で説明しようとしているが、この日の写真を見ていただければよいのか。そして背中には、「青空洋品店」と刺繍が施されている。僕はこれを買った。
ほかの2種類のTシャツは『ライス』と『スター』。
この『スター』がまたすこぶるかっこよくて『前後』と本当に迷った。
基本的には僕は星好きなのだが、『前後』という摩訶不思議なマークにもしびれた。
ああ、今思うと『スター』も買えばよかった。次回上京時には必ず買いに行こう。

しながわ水族館。

品川水族館

旅を振り返ってみる。
しながわ水族館に行った。
イルカのショーが終わった後のプール。
練習風景が見られる。
ちなみに我が娘はショーにはまったく興味を示さなかった。
BGMの音の大きさにビビッていた。
しながわ水族館はトンネルが圧巻。狭いのが難。
すぐに1周観終わっちゃってちょっと寂しい。

ペンション ローエングリン

ペンション ローエングリン

旅を振り返ってみる。
北軽井沢で泊まった宿。
ペンションローエングリンのロビー。
小さな子供用におもちゃや絵本がある。
ペンションのおねいさんもとてもやさしかった。
そしてまた料理がとてもおいしかった。
子供連れに超お勧め宿ですがな。

ローエングリンのデザート

↑夕飯の後のデザート。うまー!

伊香保神社。

伊香保神社

旅を振り返ってみる。
与謝野晶子の詩が記された石段のある伊香保石段街。
あまりあちこち観たわけではないが、この石段街が
伊香保のメイン観光ストリートなのだろう。
昔なつかし『射的』などがあったりしてノスタルジックな通り。
その石段を登りつめたところにある伊香保神社。
伊香保は、全体にひなびた感があってのんびりするにはとても良いと思った。
生活に埋もれて気づかないのかもしれないが、八丈島もきっとそうなのだろう。
良くも悪しくも。

トリックアート美術館。

トリックアート美術館。

旅を振り返ってみる。
伊香保にあったトリックアート美術館。正式名称は、、、忘れた。
僕はこの手のものが好き。
壁に描いてあるものがあたかもそこにあるかのように見えるやつ。
那須だかどっかのトリックアートにも行ったことがあるが、そっちのほうが広かった。
けど、それなりに楽しめた。

ライオンに食われるぅ〜。

写真をたくさん撮って後から楽しむものなんだよねぇ。
「ああ! 見える見える!」って言って。

QB HOUSE

sh0058.jpg羽田第二空港ターミナルビル。
これから八丈便に乗ります。
その前に床屋。10分でさっぱり。

湘南天然温泉 湯ノ蔵ガーデン

sh0053.jpg昨日の夜は神奈川県平塚市でした。
ナガヤマ宅にお泊りです。
温泉に入りました。

那の福 高菜ラーメン

sh0052.jpg関越道の上里SAでお昼休憩。
チャーシューがとろけるではないか。

酔い

sh0051.jpgのんでます。

新潟おっぱいプリン

sh0047.jpgもうひとつミオンなかさとの売店にて。
気になったが買わなかった。

おやきパン

sh0046.jpgミオンなかさとの売店にあるパン。中身がおやきの具だ。
これがウマイ。毎度食べている。
清水ベーカリーに感謝。

新潟県 ミオンなかさと

sh0049.jpg市町村合併により十日町市に吸収された、旧中里村の温泉総合保養施設。
プールは温水だし流れるプールはあるしウォータースライダーもある。
楽しいぞ。

新潟県 越後丘陵公園

sh0045.jpg長岡市にある国営の公園。広いゾ。

僕の夏休み

今年の夏休みは北海道に行って来ます(もう行ったが)。
その後は新潟に里帰りです(今来ているが)。
日程としては、
7月10日〜13日…北海道
7月13日〜16日…新潟
こんな夏休みです。

じょんのび温泉

sh0044.jpg新潟県高柳町の道の駅? じょんのび村にあるじょんのび温泉。
こども自然王国なるこどもの遊べる施設もあり、家族旅行に良いところ。

マクドナルド

sh0043.jpg八丈島に住んでいると食べたくなる。
ないものねだりなのだ。
ハッピーセットでおもちゃをもらった。
娘、大喜びである。

柏崎

sh0042.jpg昨日は北海道で太平洋を、今日は新潟で日本海を眺める。

新潟です

sh0040.jpg羽田でレンタカー借りて新潟の実家へ帰郷。
十勝川温泉で買ったビールをやっと飲んでいる。
まあ、思ったような味だ。

らー麺 ばり屋

sh0039.jpg背油しょうゆ。
一癖エグみがある。

小樽ジャージープリン(食後)

sh0038.jpg空港のお土産屋で購入。
おいしかった。

登別

sh0037.jpg登別地獄谷。
昨日は登別の万世ホテルに宿泊。
ここまでの道程いろいろあった。
それはまたいづれ。
今は千歳空港に向かっている。

日高ケンタッキーファーム

sh0036.jpg馬を見たかったのさぁ、

うに丼いくら丼

sh0035.jpg天馬街道を浦河へ抜け、海沿いをしばし走り金水と言うお店でお昼。

幸福駅

sh0034.jpg天気が良くなった。
幸福だ。
PR
カウント




プロフィール
月別
コメント
八丈島動画

【八丈島1周(時計回り)】


【八丈島1周(反時計回り)】


【おっちょで飛び込み】
LINK達
PHOTO LIBRARY
QRコード
QRコード
ランキング的なもの
  • ライブドアブログ