おじゃれ八丈島

八丈島からこんにちは

料理に挑戦

煙にまく


長女は寝る前に「1、2、3、、、」と数を数える。
で、「4、5、」と来た後、次は「6」ではなく必ず、「ぶくちゃん、ばくちゃん、とんことちゃん、、、」などとまったく分からないナニかになる。寝る前の儀式のようなもので、僕にふざけて言って来るのだ。
そしてケラケラと一笑いして寝る。そういうものなのだ。
子供というものは時折よくわからないことを言う。そういう生き物だ。

そんな長女が「今日はナツユだ」と言ってきた。「ナツユ?」と聞くと、「冬だけど夏みたいだからナツユ!」とのこと。たしかに今日はぽかぽか陽気の八丈島。いつものワケノワカラナイ発言かと思いきや、ちょっと捻られた小粋発言で驚いた。
「それイイじゃん!」と褒めたら、クネクネしながらどこかに行ってしまった。

と言うわけで、今日はちょっと温かくて二日酔いでもない気持ちの良い休日。
こんな日は基本インドアの僕も外で遊びたくなる。
まあ、外で遊びたいって行ってももうイイ大人なので、ジャングルジムやりたい!なんていうのではなく、写真撮るとか朗らかに散歩するって感じのやつね。

そんな昼下がり、妻が焼き芋をしたいと言う。
おお、火だ。
男の子は火が好きである。
そして火遊びは外だ。
焼き芋の話に乗った。

ただ、せっかく炭を熾すのに芋だけじゃもったいないし、つまらない。もっとなにか焼きたい。
焼きたい焼きたいと妻にせがむと、じゃあ燻製はどうかと。
男の子は火も好きだが煙も好きだ。さらに燻されたかまぼこやチーズは絶品で大好きだ。
燻製の話も乗った。

炭を熾すだけの大義名分もできた。こりゃあ忙しくなってきましたよ。なんたって燻製をやろうと思うと燻製マシーンが必要になる。家にあるダンボールをつなぎ合わせて隙間をガムテープで埋める。庭の竹を切ってダンボールに通し、網を乗せられるようにする。この作業をしている間に、本日の食材のシュウマイ、かまぼこ、6Pチーズ、マルシンハンバーグ、トビの塩干しを、例の青い網で庭先に干し、水分を飛ばしておく。

青い網



燻製マシーン



燻製マシーン2





マシーンはバーベキューコンロにすっぽり被せるつもりだったけど、サイズがピッタリ過ぎてダンボール製のそれにすぐ引火してしまいそうだったので、燻煙用のチップが消えない程度の炭だけを入れる。
塞ぎきれていない隙間から煙が溢れる。うふー、たまらん。隣のコンロでもお芋が良い香りをかもし出してきた。


焼き芋





ちなみに燻煙チップは炭を熾す際に昼間からいただいた『のどごし生』の空き缶を穴だらけにして半分に切った物を使用。小さめの炭を投入して消えない程度の炭の上に乗せておく。

チップマシーン


チップ





後は火の番、煙の番。ゆっくり読書でもしようかなんて思っていたけど、燻製初心者の僕は火の様子や煙の様子が気になって仕方が無い。いちいち炭をいじくる。気付くと5時になる。


燻製マシーン3





まあ、なにはともあれ食材たちは燻製色になった。ただ、火元から距離があったのでほとんど火は通ってない。なのでハンバーグ、シュウマイ、飛び魚はさらに焼きを入れる。


とび






手間隙とはえらいもので、ありあわせの道具で作った燻製も立派に美味い。焼き芋は遠赤でゆっくり火を入れたからかスイートポテトのようにやわらかくめっちゃ甘い。普段サツマイモはあまり好まない僕だけどこれは美味しかった!

焼き芋2


できあがり


娘達も喜んで食べていたし、ちょっと良い休日を過ごせた。
そして長女は今夜も、「ぶくちゃん、ばくちゃん、ぶんぶくちょー!、、、」とワケノワカラナイ事を言いながら寝た。


豆ごはん

豆ごはん、と言うか、豆。












豆納豆

納豆かけてみた。


納豆は豆にも合う。


2月1日夕飯


2月1日

昨日と非常に似ているが、ちょっと違う。

手前から

・旬を気にしない野菜のウィンナー汁

・安売りキャベツの素材を生かしたシンプルな塩炒め

・豆乳のにがり和えを冷やしたものに、大豆と小麦にもろみを加えたソースがけ。季節のフエルワカメチャンを添えて


以上3品。名前の雰囲気を変えてみました。

黒酢でおかず

黒酢でごはん


最近我が家に黒酢ブームが到来している。

きっかけはこの本、ウー・ウェンさんの黒酢でおかず。

ウーさんありがとう。

negiさんからいただいた木耳も黒酢でなんかしたりして美味しくいただきました。




故障者リスト


5月の終わりから突然シェイプアップを思いついちゃって走り始めたら、ちょうど2週間で膝が痛くなって安静にしていた。

やっと最近膝の痛みが消えてきたのでそろそろ何らかの運動をしたいと思っているのだけど、また急に激しく動くと健康に悪いので、ゆったり動けるものにしたい。

やはりウォーキングか、自転車か。自転車無いけど。

明日葉ゆで汁ご飯
明日葉のゆで汁でご飯を炊いてみた。うっすら緑がかったご飯で明日葉の風味がしっかりしていた。悪くないぞ。

いっちーのお料理


4歳6ヶ月にもなるとホントにいろんなことが出来るようになる。便利だ。「牛乳持ってきて」と言えば持ってきてくれる。便利だ。まあ、まだ今は『牛乳持って来るゲーム!』みたいなつもりだからね、もう少しすると「何で私が」とか言うわけだね。

いっちーの炒め物
料理の手伝いも楽しいみたい。野菜を切ったり炒め物をしたり。

食べたくなるなる

チキンラーメン

たまにさぁ、無性に食べたくなるのはなぜなのだ?

チキンラーメン、美味ぇよぉ。。。

庭で焼きそば

焼きそば

天気が良いので、お昼ご飯は庭で炭に火をつけて焼きそば。

いい季節になってきたぞ。

ジャーマンポテトごはん

ジャーマンポテトご飯

金曜日のお昼ごはん。

木曜日の残りのジャーマンポテトとめし。目玉焼きをトッピング。

これを最後に、妻が帰ってきた。

鳥皮カリカリ焼き

鳥皮カリカリ焼き

木曜日の夜。

negiさんとぬしが飲みに来てくれた。ここはひとつ僕の料理修行の成果をご披露しなくては。

で、めちゃウマおつまみメニューの鳥皮カリカリ焼き。これはよっち家で食べて衝撃の美味さだったのでマネした。鳥皮をカリカリになるまで焼く、ハネる油との戦いの料理。大根おろしとポン酢でいただく。これが、美味い。

衝撃にあ●ちゅうに甘い香りを漂わせながら酔っ払う。イヒ。

どん兵衛

どん兵衛

木曜日のお昼ごはん。

手抜きに見えますが、ほれ、その、水曜日の夕飯が素ラーメンだったのでご飯も炊かなかったしおかずの残りもないし何にもなかっしたまにはカップラ食べたいしで、どん兵衛。せめても、月見納豆ネギどん兵衛にした。わかめを入れたら最終形態になれる。

ホテイの焼き鳥

ホテイの焼き鳥

ジャックさんをグビリと。イヒ。


こんど、
レシピ 料亭ふう月見とうふ by にくダンゴ
これ作ってみよう。
簡単おいしそう。イヒ。

醤油とんこつ素ラーメン

醤油とんこつラーメン

夕飯。

思い切ってノートッピング。

僕は常々究極のラーメンとは具が何もないラーメンじゃないかと思っている。時折見かける『ふかひれラーメン 2800円!』なんていうのは確かに立派なお値段なんだけど、それラーメンじゃなくてふかひれだろ、高いの。ってことジャン。むしろメインはラーメンじゃなくてフカヒレなわけさ。ラーメンとしては邪道。

個人的にはモヤシがどさぁ、って乗ってるのもイヤ。麺をゾゾゾとすすりたいのにいちいちモヤシが絡み付いてくるのが面倒。ゾゾゾの欲求が満たされない。

ということで、ラーメンとラーメンとして突き詰めていくとスープと麺だけで完結させるのが究極となる。心置きなくゾゾゾとすすれる。これは嬉しかろう。

以上のことから、ついつい何かトッピングしてしまいたくなる気持ちを抑え、具無しラーメンを無事完成させた。そしてゾゾゾの欲求は満たされた。


が、ラーメンは具があったほうが美味いということも痛感。

ネギ豚炒め

ネギ豚炒め

お昼ごはん。

昨日のネギと豚の残り。

ああ、夕飯をちょこっと多めに作っておくと、翌日のお昼ご飯にできるのか。

ネギ豚卵とじとスパム汁

ネギ豚卵とじ

夕飯。

ネギと豚バラを炒めたものを卵とじにした。これが、テキトーに作ったわりにはかなり美味かった。卵はめんつゆでのばしたんだけど、めんつゆの風味がネギと見事に合う。

そして、スパム汁。ええ、ウィンナーがなくなったのです。なのでスパムで作った汁なのです。

明日は、妻娘は帰ってきてくれるかなぁ。。。

目玉丼☆しらすとネギのトッピング

目玉丼

お昼ごはん。

美味かったぁ。

ホントはご飯の上に焼き海苔をちぎってしいて、しらす、ネギ、目玉焼きでわさび醤油といきたかったのだけど、海苔がどこにあるか分かんなかった。けど十分美味しかった。

ジャーマンポテトスパム

ジャーマンポテトスパム

夕飯。

ジャーマンポテトのスパム入り。
レシピ ジャーマンポテト☆スパム入り〜レモン風味 by みみじろー
こちら参照。

クックパッドのレシピでは最後にレモン汁をかけ、さわやかな風味にして出来上がりなのだけど、我が家にレモンもレモン汁も見当たらない。妻にメールしてみると「ない」と返信。しかし続いて、代用品として酢とクエン酸で何とかなると書いてある。クエン酸と重曹は並べておいてあるから気をつけろとも。

つか、重曹のリスクを背負ってさらにそんな実験的なことまではさすがに面倒くさい。申し訳ないけどパス。ということで決め手と思われるレモン風味無しで作った。それでもこんなん美味しいに決まっている。

冷奴はしらすとネギをトッピング。なにやらビールなメニューに見えてきたので珍しく晩酌した。



生卵納豆ご飯

シメに生たまご納豆ご飯。大好物なんだなぁ。

しらすご飯

しらすご飯

お昼ごはん。

ご飯にしらすをかけただけ。

じゃ、味気ないと思って、ネギと生姜をトッピング。

ネギ豚味噌炒め

ねぎ豚味噌いため

夕飯。

ネギと豚を味噌で炒めた。摩り下ろした生姜が隠し味。目玉焼きをトッピング。



ウィンナー汁

そしてウィンナー汁と納豆と茶碗蒸し。

本当は今日の最終便で家族が帰ってくる予定だったんだけど、ニコがウイルス性胃腸炎やっちまったようで帰島延長。またしばらくウィンナー汁がつづく。

玉葱がなくなっちまったんだよなぁ。

醤油とんこつラーメン

醤油とんこつラーメン

お昼ごはん。

ネギと卵。チャーシュー無し。

ククレスパゲティ

カレースパ

夕飯。

スパゲティにククレカレー。

あと、納豆オムレツ。

ポークピカタ

ポークピカタ

お昼ごはん。

レシピ 簡単・美味しい♪ポークピカタ by くちかーざ
こちら参照。

『肉に小麦粉を薄くまぶし、、、』というのをやるのを忘れた。そのためか卵がはがれてしまった。けど美味しかった。

ちなみに昨日はかなり酔っぱらつちまつた。イヒ。

豚の生姜焼き

豚のしょうが焼き

ちょいと、妻と子供たちの帰島が日曜日まで伸びたため、自炊をすることに。
レシピ 豚のしょうが焼き by つくにゃん
↑こちらを参考にした。
レシピによっては摩り下ろしリンゴを入れたりするのもあったが、このレシピは簡単だった。工程の長引くものはイヤ。

豆腐ねぎ焼き

豆腐ねぎ

夕飯。

【豆腐ねぎ焼きのレシピ】

・ねぎを4cmくらいに切ります。

・白い部分はギュッてやって中をくりぬきます。

・豆腐にザクザク刺します。

・何らかの味付けをすると良いと思います。

・焼きます。

・食べます。


うーん、味付けによってかなり美味しいものになると思う。あと、焼いていると豆腐がゆるくなるのかトロリと出てきてしまうのが問題。いっそフライにすればよいのだろうか?

ツナキャベツスパゲティ

ツナキャベツパスタ

お昼ごはん。

この手のものはニンニクが絶対だな。

ベーコン巻き巻き豆腐と納豆オムレツ

ベーコンまきまき豆腐と納豆オムレツ

夕飯。

ベーコン巻き巻き豆腐はCOOKPADから。レシピ ベーコン巻き巻き豆腐 by crehime12

簡単だった。

ご飯が少なかったので納豆オムレツも作った。

俺、一人でも結構がんばれるかなと思ってきたけど、

やばい、ウインナー汁はそろそろ飽きてきた。

ベーコンキャベツ焼きそば

キャベツ焼きそば

お昼ごはん。

オムそばにしたかったけど面倒くさくなった。

豆腐オムレツ

豆腐オムレツ

晩御飯。

オムレツに豆腐とネギを入れてみた。

うーん、、、何がいけなかったのか。。。



ウインナー汁なくなったのでまた作った。



自炊って、意外と楽しい。

ベーコンエッグ

ベーコンエッグ

お昼ごはん。

お昼は時間がないからさっくり作れるメニュー。

ウインナー汁大活躍。

ウインナー汁

角煮とウインナー汁

実は僕、案外野菜の皮をむくのがうまい。ジャガイモも結構きれいにむけてる(と思う)。ウインナー汁は玉葱、ジャガイモ、レタス。明日の朝ごはんにもなります。

お昼のおかずはどうしようかなー。

豚の角煮ラーメン

角煮ラーメン

今日のお昼。

手打ちうどんの作り方



以前手打ちうどんを作ったとブログにUPしたところ、スーパーあさぬまブログ、『八丈島のおいしい暮らし』(←面白いので見てみるべし)の管理人の海風おねいさんから取材をさせなさいと頼まれていたのを本日行う。

ぶっかけうどん

それなりの手間がかかるが、やはり打ちたて茹でたてのうどんは美味い。
今回は茹でた後水でしめない釜揚げうどんにしてみた。鰹節、ねぎ、温泉たまごのトッピング。





まぜる

このとおりぐちゃぐちゃに混ぜていただく。ねぎも鰹節ももっといっぱいのほうが美味いな。

調理の過程は後日、『八丈島のおいしい暮らし』にUPされるので、要ちぇけらっちょ。

手打ち風ぶっかけ明日葉うどん

手打ち風ぶっかけ明日葉うどん

妻がホームベーカリーで作った明日葉うどん。手で打ってないから手打ち風。

こねるところまでホームベーカリーがやるので後は寝かせて伸ばして切るだけ。手で打ったり足で踏んだりしないんだけど市販のものより格段美味い。

茹で上げたうどんに鰹節とねぎと温玉をトッピングしてぐちゃぐちゃに混ぜていただく。麺から明日葉の香りもほんのりして、「美味い!」


手打ちうどんの作り方


いきなり黄金伝説の1ヶ月1万円生活でよゐこの濱口がうどんを作るたびに、(俺もうどんを打ってみたい。。。)と思っていた。

いっちーも3歳の誕生日で、妻はバースデーケーキを焼いている様だし、それじゃとーちゃんはバースデーうどんでも作ってやるかなと、よく考えると誕生日とは縁の無い話ではあるが張り切った。


とりあえず手打ちうどんのレシピなんぞまったく分からないのでググッてみて、出だしの文章が素敵だったのでここの作り方で挑戦。

料理に疎い僕はまったく知らなかったのだが、小麦粉と言うのは何種類かあるらしく、いわゆる一般的に小麦粉と言うと『薄力粉』と言うヤツなのだが手打ちうどんで使うのは『中力粉』と言うものらしい。妻に聞いてみたところ我が家には無い代物だ。

それではと三根のスーパーに行ってみるも、残念ながら置いてない。八丈島では手に入らないものなのかと思ったがあさぬまにあった。

中力粉

1kgで250円だった。すばらしいよあさぬま。ありがとう日清。

後は簡単な話だ。ここに書いてある通りの作業を進めると手打ちうどんが出来あがる。アレンジ無しでまったく書いてある通りに作った。手でこねたり足で踏んだり棒で伸ばしたりした。

手打ちうどん作る

中力粉500gの分量で作ったうどんを5玉に分ける。1人前がどんな量なのかよく分からんが、僕と妻といっちーの3人で食べるのに3玉茹でてみた。

手打ちうどん完成

先ほどレシピに書いてある通りに作ったと言ったが、項目で言うと7番、麺帯を伸ばす作業を甘く見ていたようでごんぶとうどんが出来上がった。ホントに(こんなに薄くて大丈夫なのか!?)って言うくらい薄く伸ばしたほうが良いようだ。

特に均等に伸ばしているつもりでも端よりも中央部分のほうが厚みがある。しかし厚みを見るときは端で見るので中央部分が十分伸びきっていないのに満足してしまう。うどんが太すぎると茹でるのに時間が掛かるし茹で上げの見極めが難しくなる。

それでもこれ、正直すっごく美味かった。妻も美味しいと言ってくれたしいっちーもペロリと食べてくれた。これは嬉しい。

思った以上に簡単に作れたし市販されているうどんより圧倒的に美味い。そして安く上がる。粉もあと500gあることだし近いうちにまた作るぞ。


手作りクリスマスケーキ

メレンゲ作ってます

メレンゲ作ってます。




容器に入れて焼きます

容器に入れて焼きます。




絵本を読みます

絵本を読んで待ちましょう。




クリスマスケーキの出来上がり!

生クリーム塗って、イチゴ乗っけて、ポッキー挿したりして、

クリスマスケーキの出来上がり!

男の昼飯 焼きそば丼!

焼きそば丼

今週半ば仕事中ふと思いついた。
(焼きそばを卵でとじて丼にしたら美味いんじゃないか?!)
つまりカツ丼や親子丼の焼きそばバージョン。
で、やってみた。

【焼きそば丼の作り方】
材料:焼きそば、ごはん、卵、キャベツ、ヤマキのめんつゆ

1:フライパンで焼きそばを作るっ!!
2:水で割っためんつゆをダバっといれるっ!!
3:卵でとじるっ!!
4:ごはんにのせるっ!!

出来上がりっ!!
お好みで紅しょうがを添えればいいじゃんっ!

超簡単。洗い物もフライパンとドンブリのみ。上記レシピにビックリマークを多用しているのは、男の料理には勢いが必要なため。

写真ではあまり美味しそうに見えないが、味もまあそんなもん。あー、いやいや、今回はめんつゆが少なかったため卵が固まりすぎているが、トロトロに仕上がればもっと美味かったはず。



朝食はにんにくごはん

にんにくご飯

すっかり真夏の八丈島。
暑いです!
こんな日はがっつりスタミナがつく『にんにくごはん』ですな。

レシピは、カリカリにんにくをオリーブオイルにつけ、ご飯にぶっかける。
簡単、おいしい、くさい。の3拍子そろった優れもの。

昨日を反省し早く起きた。

なんとかサンド

朝食は妻が作ってくれたなんとかサンド。
なんとかって言うパンにナントカやなんとかを挟んで食べる。
うまいっす。

今日は、昨日引き篭もった分活動的に行く。

今度こそイカを食う。

いかの一夜干し

4月19日の日記でTobiuo氏からもらったイカを食べたように書いたが、あれは実は違う。本日食べたのがTobiuo氏からいただいたもの。

なぜ嘘まがいに紛らわしく書いたかというと、特に他意はないのだが偶然にもいただいたその日の夕飯のおかずがイカバター炒めだった。と言うだけ。

じゃあ、そう書けばよかったのだが、(まあ、いイカ)とでたらめな人生を送っている僕は思ってしまったのね。スマソTobiuoさん。

と、言うわけで今日こそTobiuo氏からいただいたイカを食べた。いただいたものは一夜干しなので焼いて食べた。先日紹介したイカバター炒めは生イカのレシピなのでTobiuoさん気をつけてね。

ボディはプリプリ、げその吸盤はカリカリでこれマジで美味かった。今度こそ本当に感謝!

ねぎ豚味噌いため

ねぎ豚味噌いため。

妻はまだ上京中。
夕飯は、弁当でも買ってきて食べりゃあ良いのだけど、珍しく自分で作ってみようかと思ったりした。実際作った。その名も「ねぎ豚味噌いため」。

作り方はその名の通り、ねぎと豚を味噌で炒める。こう書くと非常に簡単そうに思えるのだが、いや、とんでもない。繊細で綿密な工程を経て調理され皿に盛られていることをここに記そう。

まず材料である。
ねぎぶた材料
↑僕はとりあえずこれだけのものを用意した。
ねぎ、ぶた、味噌は料理名に使われているのでもちろん必要。その他のものは日本酒、豆板醤、玉子どうふ、茶碗蒸し、にんにく、海老かつバーガーである。必要であれば皆様の好きな食材をいくらでも用意してもらえば良い。

しかし、先ほども記したが、名前が「ねぎ豚味噌炒め」なので、ねぎ、豚、味噌の3点があれば基本的にOK。だがちょっと想像してみよう。ねぎと豚にピリリと辛味が効いたほうが美味いでしょう。なので豆板醤は入れたほうが良い。
もうひとつ大事なのが日本酒。豚肉を炒めているときに日本酒を入れると、味にどのような効果があるのかまったく分からんが、(オレって料理してるぅ。。。)という感覚に浸れるので普段あまり料理をしない人には特にオススメ。

さらに材料の解説を進めよう。にんにく。まあ、入れたほうが良いでしょうな。入れなくても良いかもしれないので好き好きで。

玉子どうふ。僕は玉子どうふが大好きなのだ。これは夕飯後に食べる。つまりデザート。もうひとつ茶碗蒸しも大好きなのだ。小腹が空いたときに食べる。

海老かつバーガー。これは明日の朝ごはんとして買ってきた。なので明日の朝食べる。

他に好きな食材があれば自由に用意して自由に食べると良いと思う。それはまったく個人の自由だ。

しかし、ねぎ豚味噌炒めを作る上ではこれ以上の調味料を使うのは良いが、これ以上の食材を使ってはいけない。名前が変わってしまうからだ。例えばニンジンを入れるとしよう。すでにそれはねぎ豚味噌炒めではない。「ねぎ豚ニンジン味噌炒め」になってしまう。ピーマンや茄子をいれても名前に変化が生じることになる。なので、ねぎ豚味噌炒めを作る上で守らなければならないことは、食材はねぎと豚。そして醤油で炒めず必ず味噌で炒める。

では調理法を解説しよう。
ねぎぶた調理中
じゃん。
1:ネギと豚を切る。
2:フライパンで炒める。
3:ある程度火が通ったら味噌を入れる。

出来上がりである。
お好みで塩やコショウで味を調えても良いし、前述したように日本酒を入れて料理気分に浸っても良い。味に関しては皆様の自由だ。最終的においしく仕上げればよいと思う。その工程は皆様にお任せだ。

そして食す。

豚にあわせるのがネギだけというところが良い。あまり野菜の種類を増やすと、野菜炒めになってしまう。またネギと豚という組み合わせが実にフランクでシンプルにお互いを引き立たせうまみを引き出しあう。1+1=3の組み合わせだ。いろんな種類の野菜を切らなくて良いところも楽。そしてとてもおいしい。

僕にしては珍しくレシピらしいレシピを書いてみましたが、皆様参考になりましたでしょうか? ぜひコメントください。

本命手作り茶碗蒸し。

本命手作り茶碗蒸し。

いやあ、妻の手作り茶碗蒸し(ビッグサイズ)ですよ。うはは。
この巨大サイズは間違いなく本命ですなぁ。
娘からはもらえなかった。まあ、まだ2歳なんでね。バレンタインもバルタンも区別つきませんからね。いいんです。

しかしですよ。今日は仕事中にレディからチョコをいただいたのですよ。
うほー! これはほんとに嬉しかった。ビバ!バレンタインデー。
自慢じゃないが(ホントに自慢じゃないが)ここ数年チョコなんてもらってないのですよ。それがだよ、仕事中にお客様から、と言うかこのレディは僕にチョコを渡すためだけに来てくださったのです。しかも手紙つきだったのでこりゃあまた本命間違いなしだろ。うはー! 妻よスマンなぁ。モテモテ旦那で心配かけるなぁ。オレも罪作りだぜい。うははぁ!
はみかみながら僕にチョコを渡し、ママンの待つ車へ走っていったのんちゃん。
この春2年生だね。また僕と娘と遊んであげてください。

バースディケーキ。

バースディケーキ。

妻がケーキを作ったぞ。
おいしそうだねぇ。

ケーキにかぶりつく

かぶりつきっ!

クリスマス的に過ごす。

クリスマスケーキ

都内に住んでいればクリスマスが近づくにつれ、街の色がクリスマスムードに染まり否が応にも体内スケジュールに「クリスマス」の文字が刻み込まれるのだが、これは周りの環境がそうさせているのだと思う。
八丈島に住んでいると、クリスマスと言うことは気づいていてもなんとなく認識されないままその日を迎えるという気がする。実際は我が家だけの話かもしれないのだが、都内ほどクリスマスをクリスマスらしく感じている人は少ないと思う。
ひとえに街の環境がクリスマスを意識させる雰囲気になっていないからであろう。特にその必要もないし。
それでもそこここにクリスマスツリーがあったりするが、クリスマス商戦一直線! と言うことが無いから雰囲気が薄いのだろう。

そんなこんなで我が家はほとんどクリスマスを意識していなかった。それでも昨日の夕方、スーパーへ買い物へ行ったとき、(ああ、クリスマスかぁ)と思いフト目に付いたシャンパンを買って帰った。
船橋電気で衝動買いした『ハウルの動く城』のDVDも、クリスマスプレゼントと言う理由は後付だった。妻にプレゼントと言って渡したが、「妻へ」と言うか「我が家へ」が正しい。

ハウルの動く城

(↑まだ観てない。楽しみ)

それでも季節ものなのでケーキを食べたりして雰囲気を味わった。ケーキは妻が作ったもの。生クリームがたっぷりで嬉しい。娘も喜んで食べていた。

ところでスーパーで買ってきたシャンパンなのだが、栓を抜きワイングラスへ注ぎ夫婦で乾杯し一口飲んだところで気がついた。ノンアルコールのシャンメリー。
145円で激安だと思ったんだよなぁ。

黄身が二つ!

黄身が二つ!

今朝、朝ごはんに生卵ご飯を食べようとしたところ、
黄身が二つ!

たいしたことじゃなくてすいません。
けど、久しぶりに見て嬉しかったのです。。。

再びお菓子の家。

再びお菓子の家。

お菓子の家、また作った。
もちろん妻が。
娘はまじまじと観察し「フォ〜!」「キレェー」と感嘆の声を上げ
とても喜んでました。
生クリームとかチョコレートとかでもっとデコレートしてゴージャスにしたい。
星(スター)もあったらうれしいね。
僕は星好きだからね。

お菓子の家を作った。

お菓子の家

クッキーを張り合わせて壁を作りました。
柱を使っていないので、いわゆる2×4のつくりです。
飾り付けアイテムでデコレートし、粉をふりかけて雰囲気を出します。
家の周りにあるのはソーメンではなくココナッツです。
はい、お菓子の家の出来上がり。やったー!

豚の角煮丼。

豚の角煮丼。

さて、昨日の続き。
本日完成した豚の角煮を丼にして食してみました。
ほとんど料理をしない僕が作った豚の角煮、果たしてお味はいかに?

。。。

まあ、美味いには美味いが、豚の角煮の醍醐味と言えば、
あのトロトロ感である。
かろうじて角肉としての形を保っているものの、
箸でもするりと切り分けられるあのゆるさが嬉しいのだと思う。
しかし、そのようなトロトロ感はなくもっと固いものだった。
カチカチと言うわけではないが理想のやわらかさには遠い。
調理過程に問題があるのか? 肉の質か?

豚の角煮(途中経過)。

豚の角煮

我が家には9月頃から圧力鍋がある。
味彩工房と言うところのステンレス圧力鍋と言うやつ。
「ほしい!」と思っていたわけではないがなんとなく手に入ったもの。
とりあえずご飯を炊いてみたら、これが美味いではないか!
それ以来我が家の電気炊飯ジャーの出番はめっきり減り、
その座をすっかり圧力鍋に奪われる形となった。
妻もすっかり気に入り煮物などいろいろ作ったりしている。
しかし、圧力鍋と言えば豚の角煮。
圧力鍋料理の代名詞は豚の角煮と思い込んでいるのだが、これはまだ作っていない。
そして僕は豚の角煮が大好きなのさ。
と言うわけで、珍しく僕が料理に挑戦! やったるで豚の角煮!
と意気込んだところでレシピなんぞまったく分からん。
ネットで検索し、ここを参考に作ることにした。
で、ただいま途中経過。
ここのレシピでいうと11番の箇所。
もうほぼ出来上がりなのだが、本日はすでに夕飯を食べ終わり
お腹がいっぱいなので食するのは明日。
一晩寝かせて味が更にしみたところをいただくことにする。
結果報告はまた明日。

柿とハヤト瓜の和え物(ゴマだれ)。

柿とハヤト瓜の和え物(ゴマだれ)。

11月28日の柿とハヤト瓜の和え物のゴマだれバージョン。
いける。美味いぞ。
けど、組み合わせがウンヌンと言うのではなく単にゴマだれが美味いのでは?
という見解もある。
はやと瓜とは何ぞや? とはるるさんからコメントがあったが、
↓これ。右の白いやつ。
はやと瓜とは?

「ハヤトウリだ」と言われ貰った物なんだけど、
ハヤトウリが正式名称なのかは不明。
食感が良い。
大根のように「シャキ」ではなく「サク」と歯が通る。
味噌汁に入れても美味い。

柿アイス。

柿アイス。

これで料理ネタはひと段落か?
「柿アイス」
生クリーム、柿、卵黄、牛乳などをミキサーにかける。
卵白はメレンゲにしておき前記のものと混ぜあわす。
「柿とゴマは良く合う」と信じているのですりゴマを入れる。
冷凍庫に入れる。
簡略して書いたがレシピは以上のような雰囲気。
クリーム多めでまろやかに作りたいところだが、
今回は牛乳多め且つメレンゲをあまり潰さなかったために
空気が多く入りすぎて食感がシュワシュワ過ぎるものになってしまった。
味は良いので食感がもっとクリーミーになればです。
PR
カウント




プロフィール
月別
コメント
八丈島動画

【八丈島1周(時計回り)】


【八丈島1周(反時計回り)】


【おっちょで飛び込み】
LINK達
PHOTO LIBRARY
QRコード
QRコード
ランキング的なもの
  • ライブドアブログ