大沼一周→覚満淵一周→鳥居峠の展望台

   台風一過の青空の眺望見たさに赤城山に行ってきた。ホントは黒檜山に登って頂上からの眺望を楽しみたかったんだけど風が強そうだったのととにかく何となく気が向かなかったから黒檜山の登山口までは行ったんだけどそのまま大沼一周してきた。



































 












   











 湖一周するだけなんでアップダウンもなく特別疲れるようなこともない。物足りないから覚満淵を目指す。道中ピザがうまくて話題の赤城湖畔のトレッキングカフェを発見。ツイッターで知ったんだけど脱サラした店主がこの建物をDIYしながらイタリアンレストランに改装したそうで店主さん赤城山の登山ガイドもやってるんだってさ。そんな器用な生き方俺もしたかった。次来る時はここで食べたい























   青木旅館さんも発見。一回泊まってみたいな。別館の親子丼がうまいらしい。今度食べるぞ。
























   覚満淵へ。大沼一周コースもそうなんだけど覚満淵は完全にデートスポット。















































  1





















 1人で歩いてるの多分俺だけだったと思うよ。
 2時間も歩いてなかったけどそこそこ疲れたので駐車場に戻り着替えてから鳥居峠へ。
























   














   

 数年赤城に来てるけど筑波山見たのは初めて。一番奥に見えるのが筑波山ね。景色とは真逆でテンションは下がっていった。

























  朝握ってきたおにぎり。美味しかったんだけどこれ食べてる時泣きそうになったよね。やっぱり独り身は寂しいんだわ。食べた瞬間わかった。美味しいんだけど美味しさが寂しさに拍車をかけたな。





































   





 赤城の麓にあるこの温泉に来た。

























   泉質のことはよくわからんのだけど草津の湯に近い感じがして気持ち良かった。なんかちょっとしょっぱかったw


   今回は台風が来た後で風が強かったりしたのもあったから登山はしなかったんだけどやっぱり登って汗かかないと体調がいまいちだな。最近何のために登山してるのかわからなくなる時がある。登る時きついしな。倦怠期かもしれない。来週は登る。絶対登る。土曜日が巻機山か武尊山で日曜の朝に妙義の大の字登る。絶対登る

日本百名山その8〜両神山

  




























    土曜日朝5時起床。前日に作っておいたサンドイッチを持って自宅を出たのが6時くらいだったかな。藤岡を抜けて埼玉入って秩父方面に適当に向かって両神へ。登山口周辺の道が狭いので少し不安になる。不安になると同時にまた便意が。登山口駐車場のすぐ近くに公衆トイレがあるのでそこで軽く踏ん張った。(和式の汲み取り式)




   




































8時30分登山開始。





















 


   












   弘法の井戸。湧き水が美味しかった。
   休憩して30分ほど歩くと清滝小屋。
  
    10時40分清滝小屋

























   ゆっくりだったけど2時間以上休まずに来た。予想以上にヘトヘトでここで引き返そうと思ったんだけどぼっち登りしてる同士(全く知らないおじさん)と話してるうちにやる気が出て来て両神神社までは行こうと思った。行ってダメなら引き返せば良いと思ってた。


   ポテトサラダとツナマヨのサンドイッチを食べて11時登山再開。ここでトレッキングポールをリュックにしまう。仕事でも使ってる作業用手袋の出番。



   両神神社までに数回鎖場があった。鎖場は簡単なアスレチックだと思えばむしろ楽しく登れてスイスイいける。この山のポイントは最高峰が1723メートルと標高が低いから木がやたら生い茂っているので登っても登っても登った気がしないところ。眺望の開けるところがなかなか出てこない。先週登った四阿山とは真逆。




   ただ両神神社にたどり着くとなんとなく先が見えて来てペースが不思議なくらい上がってきた。これもクライマーズ・ハイなのか。登るのが楽しくなってきてほとんど走って登ってた。








































頂上到達が12時30分くらい。


頂上には群馬の上野村から登る八丁峠コースから来た人がいた。アップダウンがかなりあるところらしい。いつかそのコースでも登ってみたい。


  下山する時にきつく感じることは今まであまりなかったんだけど今回はきつかった。16時20分くらいに下山出来たから8時間近く歩き続けていた。登山に必要な体力がまだまだ足りてない。くだりの休憩中に足が2回攣った。



    両神山は道中の清滝小屋に炊事場があるし清滝小屋の少し手前に弘法の井戸があるので水には困らない。清滝小屋にトイレもあるのでその心配も無用。逆に沢登りみたいのが多いから雨が降ったりすると増水するし鎖場は滑るしできついだろな。そういう意味では9月のこの晴れの日が1番良いタイミングだったと思う。暑くもなく寒くもなく登りやすかった。



   余談だけど炊事場や頂上付近で夫婦?もしくはカップルみたいな人たちが登山用のボンベでカップラーメン食べたりコーヒー飲んだりしていた。俺もこのボンベ買いたいなと思ったんだけどボンベ買ったからってこの子と付き合えるわけじゃないんだよと神からのお告げがあったのでまだ買いません。自分でおにぎりサンドイッチ作って持って来ますよー。


   なお今回も山ガールと仲良くなるような出会いはありませんでした。来週は日曜日に武尊山に行く予定なんで暇な山ガールは特定して会いに来てくださいw




日曜日は赤城でリハビリ

   四阿山単独登頂成功の次の日、筋肉痛のケアと絶景見たさで赤城山に行って来た。自宅を9時に出て10時20分くらいには赤城大沼湖畔に着いたのだがこの日も自転車の赤城ヒルクライム?みたいのをやっていて道中なかなか大変だった。登山同様自転車もかなりブームが来てるみたいだね。ラブライブの服とか来て自転車乗ってる人もいてびっくりした。






   


















大沼とコバルトブルーの空のコラボレーション。 これだけでもうお腹いっぱい。

























いつもの登山口。黒檜山〜駒ケ岳ルート。ここから登り始める。だいたい1時間くらいで登頂成功して絶景スポットへ。


























































頂上から見えるのは群馬周辺の名山らしいんだがどれがどれかさっぱりわからなかった。もっとたくさんいろんな山に登ればその山を見ただけで色々と思い出されていろんなと感情がでてくるんだろな。 

















 























   帰宅してから気付いたんだけどいつも見てる百名山データベースってサイトに山頂からのパノラマ展望図みたいなのがあってそれ見れば良かった。今度山頂に着いたら見てみる。





  赤城は四阿山よりも寒かった。赤城おろし恐るべし。群馬の風最強・最恐!標高は1800メートルで四阿山より黒檜山の方が500メートルも低いのにこっちの方が寒いんだよね。



   で、この日も山頂は満員。みんなボンベで湯を沸かしてカップラーメン食べてた。一方、ナイフを使って梨をむいて食べてる初老の紳士もいてこれはこれでかっこいいなと思ったからいつか真似してみたい。


   土曜日疲労困ぱいで太もものあたりはパンパンだったのだが月曜日の仕事に差し障りなかったので筋肉痛のケアは出来ていたと思う。筋肉痛には有酸素運動気味に身体をよく動かすのが1番だ。これは継続したいな。土曜日にきつめの山に登って日曜日は赤城や妙義や榛名でリハビリみたいなローテーション

メッセージ

名前
メール
本文
最新コメント
livedoor プロフィール