このたびの大型台風によりお亡くなりになられた方々に
心よりお悔み申しあげますとともに、被害を受けられた
皆さまに心よりお見舞い申しあげます。


本日で中越大震災から13年を迎えました。


小千谷市では中越大震災の教訓を忘れることなく継承し、
市民一人一人が防災意識を高め、安心・安全に対する誓いを
新たにする日として、10月23日を「中越大震災の日」として
定められています。
 
たくさんの方々に支えられて復興することが出来た"感謝の心"、
そして人の優しさ・温かさ、人と人との"繋がり"の大切さ、
災害への"備え"の心、今日は改めて強く実感しております。
 
皆さまもぜひご家庭や地域など、身近の備えや防災への
備え等について話しあいをしてみてはいかがでしょうか。