2011年

[真島文夫さん]

真島文夫さんの田んぼです。

真島さんの田んぼは7月末日の大雨で田んぼや山が抜け、大きな被害を受けました。

撮影に行った日は、大雨の日から一月ほど経っていましたが、
まだまだ、多くの傷跡が残っていました。

CIMG8452

田んぼに行くまでの道のりの復帰作業や、
コンバインの刃を傷めないように田んぼに入った石を取り除く作業を
ようやく終えた所だそうです。

CIMG8451

下の写真の田んぼは、もともと手前まで全て稲が広がっていましたが、
土砂崩れで埋まってしまいました。

CIMG8454

美しい棚田が広がっていた、真島さんの田んぼ。
本当に大きな被害を受けていてとても悲しい気持ちになりました。

ですが、残った稲はとても丈夫に育ち、どっしりと大地に根付いていて、
改めて稲の力強さを実感しました

撮影日 2011/9/3

 

[渡辺勝正さん]

『こだわり米』とは…
(「おぢやファンクラブブログ」内記事に飛びます)


渡辺さんの田んぼを訪ねました。
7月末に見舞われた豪雨の被害にも負けず、稲は丈夫に育ちました

CIMG8422
CIMG8425
穂は頭を垂らしています!刈り取りまでもう少し
今年も美味しいお米が収穫できそうです

CIMG8423
美味しいお米を作ってくれた鴨たちも稲と一緒に大きく成長しています



 撮影日 2011/9/3 

[城倉栄一さん]

『こだわり米』とは…
(「おぢやファンクラブブログ」内記事に飛びます)


城倉栄一さんの田んぼを訪ねました。

CIMG8432
CIMG8443
城倉さんの田んぼを訪ねると、いつもトンボやバッタが出迎えてくれます
自然豊かな田んぼで稲がすくすくと成長しています

CIMG8435
ふっくらと豊かな穂を実らせています 稲刈りまでもう少し
今年も美味しいお米になりそうです


風が吹くとゆらゆらと揺れ、とても気持ち良さそうです

 撮影日 2011/9/3

 


[真島文夫さん] はざ作り


真島さんちのお米をはざ架けするための“はざ”作りが行われました

DSC_0067

この場所は風通しが良く、
また杉の木を利用したはざかけは雨が当たらず、
より美味しいお米ができあがります

DSC_0069

もう少しするとここに、稲がかけられます。
ずらーっと並ぶはざ架けは壮大です

DSC_0073

撮影日 2011/8/31

 

[渡辺勝正さん] 大雨後の田んぼ

『こだわり米』とは…
(「おぢやファンクラブブログ」内記事に飛びます)


7月末に記録的な大雨に見舞われた新潟県ですが、
小千谷では川が氾濫し、一部土砂崩れが起きたものの、
大規模な被害はなく、平穏を取り戻しつつあります。

渡辺さんの田んぼも大雨で被害を受けました。
今は青空が広がり、何事もなかったかのように見えますが・・・

CIMG8213

田んぼの近くの川が氾濫し、大きな木や、根が田んぼの中に入ってしまいました。
取り除く作業も一苦労です。

CIMG8207

CIMG8209

大木も流されるような大雨の後でも、稲はどっしりと大地に根付いています

CIMG8201

そして・・・ あいがも達も元気いっぱいに大合唱していました
今年も美味しいお米ができそうです

 撮影日 2011/8/5

記事検索
最新コメント
twitter


おぢやファンクラブとは
「おぢやファンクラブ」は、新潟県中越大震災の時にいただいた、全国の皆様のあたたかい心を忘れることなく、全国の皆様からお寄せいただいた気持ちに感謝し、復興のまち小千谷を実現するために設置されました。

おいしさ満載、楽しさ満載、見どころ満載
おぢやの楽しさをお届けします

≪詳細はこちら≫
ブログQRコード
携帯板ブログはこちらから!