自然の恵みいただきます♡親子わくわく栽培体験

待望の第2弾!!カリフラワーをつかった料理を紹介☆~きょうの献立はきみに決めた!~

───────────────────────────────

小千谷では小千谷を活性化させるために新潟大学の学生による
「ブランディングプロジェクト」という活動があります。
ここではその中の食班の皆さんに活動の内容をご紹介いただきます。

■小千谷ブランディングプロジェクトとは・・・
新潟大学経済学部の長尾ゼミに所属する学生による、
小千谷を活性化させるためのプロジェクトです!
20名の学生で、日頃学んでいるマーケティングの知識を活かし、
小千谷がより魅力的なまちになることを目指して活動しています!

≪詳細はこちら≫

───────────────────────────────

メリークリスマス!!
街はすっかりクリスマスムードですね~


仲の良い友達と、にぎやかなパーティー・・・

街へ出かけ、シェフの作るステキな料理・・・

家族団らん、あたたかな料理を囲みサンタさんを待つ・・・


さまざまな過ごし方があると思いますが、この時期にはみなさん、、

「あたたかいステキな料理」を食べたいという思いは共通なのではないでしょうか・・・





そこで!おすすめの一品!!


新潟グランドホテル・フレンチレストラン「ベルビュー」様ご考案

カリフラワースープ デュ・バリー風


10419595_395832093914402_5748266881957533429_n


デュ・バリー風とは??


ルイ15世の公妾・デュ・バリー夫人のこと。
ルイ15世がカリフラワー料理を好んだことから、フランスではカリフラワー料理を称してルイ15世に愛されたデュ・バリーという名前を付けるようになったそうです。
(デュバリー夫人がカリフラワー好きだったとの説も)



カリフラワーのスープ デュ・バリー風は「ベルビュー」様Xmasディナーのメニューにて提供されています。

ぜひ足を運んでみては...!



生産量全国1位小千谷産カリフラワーの新たな魅力を味わって頂ける料理です!!

パーティーのステキなおもてなしに、食卓に彩りの一品に




以下簡単なレシピを教えていただきました。



~材料~ (出来上がり450g 約2~3人前)


・カリフラワー 200g
・玉葱(スライス) 50g
・バター(炒め用) 10g
・チキンブイヨン 300g
・塩 2g
・牛乳 80~100cc
・生クリーム 16g~
・塩(調整) 適量



  ~作り方~


・玉葱(スライス)をバターでソテー

*弱火で玉葱が汗をかくようにゆっくりとチキンブイヨン、小房にほぐしておいたカリフラワーを入れて10分程度煮込む

・ミキサーにかけた後、鍋に移して塩、牛乳、生クリームを加え沸騰させる。

・微妙な味の調整で塩を適量加えて完成。


ベルビュー様にて提供されている「淡雪風」は、最後にハンドミキサーをかけ泡立たせて、全体的に軽い感じに仕上げております。


・写真はドライトマトスティックをスープに添えております。

*ドライトマトを細かくしてパイで包み揚げた物






カリフラワーをつかった料理を紹介☆~きょうの献立はきみに決めた!~

───────────────────────────────

小千谷では小千谷を活性化させるために新潟大学の学生による
「ブランディングプロジェクト」という活動があります。
ここではその中の食班の皆さんに活動の内容をご紹介いただきます。

■小千谷ブランディングプロジェクトとは・・・
新潟大学経済学部の長尾ゼミに所属する学生による、
小千谷を活性化させるためのプロジェクトです!
20名の学生で、日頃学んでいるマーケティングの知識を活かし、
小千谷がより魅力的なまちになることを目指して活動しています!

≪詳細はこちら≫

───────────────────────────────

 


みなさま、こんにちはー



突然ですが、今晩の献立はお決まりでしょうか…?

まだ決まっていないそこのあなた!朗報です!生産量全国1位を誇る小千谷産のカリフラワーのレシピを載せますので、ぜひ献立の仲間にいれてみてはいかがでしょうか…!

 


JA越後おぢや様より提案

☆カリフラワーの中華炒め
  ・材料
(2~3人分)

   カリフラワー250g           料理酒 50

   ピーマン2個               鶏がらスープ 小1

   牛薄切り200g             水 100

ごま油 大2               オイスターソース 大1

にんにく 小さめ1かけ          上白糖 小2分の1

                        水溶き片栗粉 片栗粉大1+水大3

 


1.      ピーマンは乱切り、カリフラワーは5ミリほどに薄切り、牛肉は適当に切ります。

また、にんにくはみじん切りにします。ここで、料理酒から上白糖までの調味料を混ぜておきましょう。

 


2.      フライパンにごま油を引き、にんにくを入れて火にかけます。香りが出てきたら牛肉を炒め、火が通ったら1の野菜もいれまます。

3.      カリフラワーはすこし焦げができる程度に炒めます(お好みです!)

そして、コショウを少々ふりかけましょう。

 


4.      野菜に火が通ったら、1で混ぜた調味料を入れ、2分ほど煮ます。

5.      その後、具をフライパンの端の寄せ、空いたスペースに水溶き片栗粉入れます。入れたらすばやく混ぜ、とろみがついたら全体にからめます。

6.      お皿に盛りつけて、完成―!

 


 

カリフラワーはあまり知られていませんが、とてもとよく合う野菜です!

今回紹介した中華炒めはもちろん、栽培体験でも行った素揚げや天ぷらなどもおススメですよ☆

IMGP1665
 


 


ぜひごはんのお供に、レッツクッキング~!


アルバム作成中!

───────────────────────────────

小千谷では小千谷を活性化させるために新潟大学の学生による
「ブランディングプロジェクト」という活動があります。
ここではその中の食班の皆さんに活動の内容をご紹介いただきます。

■小千谷ブランディングプロジェクトとは・・・
新潟大学経済学部の長尾ゼミに所属する学生による、
小千谷を活性化させるためのプロジェクトです!
約20名の学生で、日頃学んでいるマーケティングの知識を活かし、
小千谷がより魅力的なまちになることを目指して活動しています!

≪詳細はこちら≫

───────────────────────────────


おひさしぶりです!

栽培体験の全てのプログラムが終了して
1ヶ月ほど経ちましたが

みなさんいかがお過ごしでしょうか^^?

今回の栽培体験で栽培したカリフラワーが

小千谷の特産品であることは
以前のブログでお伝えしましたが、

実は10月のカリフラワーの出荷量
小千谷が全国1位なのです!!


今月はスーパーなどでカリフラワーを見かける機会が
多かったのではないでしょうか…?

この体験を機に、小千谷産カリフラワーを
目にとめていただく機会が増えれば嬉しいです!





さて、現在私たちはというと
栽培体験の様子を撮った写真を集めて

アルバムを作成しています!

S__4087872

いい写真がたくさん撮れたので
素敵なアルバムが仕上がる予感♪

みなさんのもとに届く日を
楽しみにしていてくださいー!



 


 

カリフラワー収穫祭!!

───────────────────────────────

小千谷では小千谷を活性化させるために新潟大学の学生による
「ブランディングプロジェクト」という活動があります。
ここではその中の食班の皆さんに活動の内容をご紹介いただきます。

■小千谷ブランディングプロジェクトとは・・・
新潟大学経済学部の長尾ゼミに所属する学生による、
小千谷を活性化させるためのプロジェクトです!
約20名の学生で、日頃学んでいるマーケティングの知識を活かし、
小千谷がより魅力的なまちになることを目指して活動しています!

≪詳細はこちら≫

───────────────────────────────

こんにちは!新潟大学経済学部3年神田です!

これまで7月種まき、8月定植と続けて
ついに!9月23日収穫をむかえました

収穫の秋ということで足早に、早朝日の出を拝みつつ農園ビギンさんの畑へと向かいました!
日の出

畑につくとそこは一面青々とカリフラワー
畑

こんなにもすくすく育って、みずみずしいカリフラワーをいざ収穫
カリフラワー


真っ白できれいなカリフラワー
この白さを作るのは葉がけというカリフラワー独自の作業があるからです

葉がけ

このように葉を折り、上からかぶせることで日光を遮り変色を防ぎます

中割れ

これは肥料の加減で成長が早すぎて中が割れてしまう現象です

真っ白できれいなカリフラワーを育てるには、その分丁寧な栽培をしなければなりません。。。

収穫が終わり次は箱詰め!葉を箱に合わせザクザク切り落としていきます!
箱詰め

そして...待ちに待った試食
素揚げ
カリフラワーを素揚げにして頂きました

油と相性の良いカリフラワーは、素揚げや天ぷらにして頂くとよりいっそう甘みが増し、
さくさく、ふわふわの食感が味わえます


そして、、最後に参加者の方には
親→10年後の我が子へ、子ども→10年後の自分へ
手紙を書いていただきました。
手紙


この栽培体験、カリフラワー、そして小千谷を10年後思い出していただくことができれば、、
と!わたしたちは願っております


この栽培体験はここで一区切りとなりますが、今後は小千谷野菜を使ったレシピなどを更新していく予定です
今後もお楽しみによろしくお願いします

以上、農業男子かんだがお伝えしました

収穫が近付いてきました

───────────────────────────────

小千谷では小千谷を活性化させるために新潟大学の学生による
「ブランディングプロジェクト」という活動があります。
ここではその中の食班の皆さんに活動の内容をご紹介いただきます。

■小千谷ブランディングプロジェクトとは・・・
新潟大学経済学部の長尾ゼミに所属する学生による、
小千谷を活性化させるためのプロジェクトです!
約20名の学生で、日頃学んでいるマーケティングの知識を活かし、
小千谷がより魅力的なまちになることを目指して活動しています!

≪詳細はこちら≫

───────────────────────────────



こんにちは、新潟大学経済学部の林です。

 

「親子わくわく栽培体験」で種まき・定植と行ってきた

カリフラワーの様子を、先日実際に見に行って参りました


DSC_2633


葉の様子だけでも、立派に育ったなぁと感じますね~

その葉を開いてみると、ついに…
 

 DSC_2630


小さいながらも、私たちがよく知っているきれいな白色の部分が


農園ビギンさんに大切に育てていただいているおかげで、

しっかりと成長していました(^O^)

 

7月の種まきから見守ってきたこのカリフラワー。

今月の下旬には、いよいよ最後の体験となる

収穫が実施できる予定です

DSC_2631

記事検索
最新コメント
twitter


おぢやファンクラブとは
「おぢやファンクラブ」は、新潟県中越大震災の時にいただいた、全国の皆様のあたたかい心を忘れることなく、全国の皆様からお寄せいただいた気持ちに感謝し、復興のまち小千谷を実現するために設置されました。

おいしさ満載、楽しさ満載、見どころ満載
おぢやの楽しさをお届けします

≪詳細はこちら≫
ブログQRコード
携帯板ブログはこちらから!