ライバルに勝つためのミニースパイ活動も引き受けます
皿強力なライバル店の出現に悲鳴をあげたラーメン店の依頼
 日本の市場ほどスパイが活動しやすい国はない。他の先進国と比べてもそれが歴然としている。また発展途上国レベル、いやそれ以下の現状である。それだけ日本人は危機管理や自己防衛、企業防衛に興味がない国だと痛感している。
 ある国で情報部隊、いわばスパイとの接触に成功したことがあるが、彼らいわく、日本は一部の企業を除けばスパイし放題のスパイ天国なんだそうである。世界の中で最も活動しやすいスパイパラダイスとその諜報員は言うのだ。海外では情報はすべてマネーであるが、日本という国ほど情報が安い国はない。日本では情報はタダ同然の品物である。アメリカに探偵の友人がいるが、彼が言うにはアメリカで知り合いの医師に道で会って体の病状を質問したら、次の日請求書が届くほど情報はマネーなんだと言う。では日本で同じことを医師がやったら、あの医師は不誠実だとか銭ゲバだとか罵られるだろう。それだけ他国との差がある。
川越探偵