岡本法律事務所のブログ

2015年03月

1 加害者として相談する場合
交通事故の加害者になった場合
民事
刑事
行政
の3とおりの法律関係が問題になります。

自陪席保険・任意保険等でしられる交通事故損害賠償保険は民事責任を扱います。交通事故証明書があり、保険会社がある程度関与した段階ですと、加害者と被害者とのあいだでの抽象的な過失割合は算定可能になります。

刑事事件は罰金や懲役・禁錮というものです。死亡事故で損害賠償が完全にできなかった場合は懲役の実刑になる、というのが平成になってからの量刑感覚です。

行政は免許の取り消し・停止等を含む原点や制裁金です。
過失相殺の割合等によって最初にいわれたときより処分がかわる場合もあります。

2 被害者として相談する場合
2-1 死亡事故
被害金額の算定・過失割合等が争いになりやすい類型です。
2-2 傷害事故
傷害の程度、後遺症の程度、過失割合が争いになりやすい類型です。
2-3 物損事故
損害の程度、中古としての原価算定が争いになりやすい類型です。

いずれの場合もこちらの言い分、交渉が先行するなら相手方の言い分をメモ等にまとめておくと相談がはやく効率的にすすみます。

ユイゴンとイゴン 相続の基礎知識

質問

わたしは古稀をむかえるので、この機会に遺言をつくっておことおもいます。ユイゴンといったりイゴンといったり、なんだかいろいろのものがありそうですがユイゴンとイゴンはどう違うのでしょうか。

回答

 法律用語でない、ふつうのことばでユイゴンという場合は、人の死後のために残すすべての言葉を意味することがおおいようです。法律上の遺言はイゴンと読み、自己の死亡とともに身分上あるいは財産上の法的効果を発生させる目的で一定の方式に従って行う、相手方のない単独の意思表示です。法律上の遺言を書面に記載したものが遺言書です。これを法律的に成立させるには記載方法の厳格な決まりを守る必要があります。

岡山市 岡本法律事務所 所長 弁護士 岡本哲

このページのトップヘ