岡本法律事務所のブログ

2016年11月

幻冬舎新書328

もうブラック企業しか入れない

会社に殺されないための発想

ニ〇一三年十一月三十日 第一刷発行

著者 福澤徹三

発行人 見城徹

編集人 志儀保博

発行所 株式会社幻冬舎

ISBN978-4-344-98329-8

C0295


目次

まえがき

第一章 なぜブラック企業が増えるのか

成果主義がブラック企業を生む

中間のないピラミッドはもろい

消費者の欲求が企業をブラック化させる

富の寡占化は家庭をも滅ぼす

若者の大半はブラック企業にしか入れない

ブラック企業は病と貧困を生む

わたしのブラック遍歴──その①

第二章 ブラック企業に入らないために

ブラック企業は求人広告でわかる

八ローワークに頼るな

ブラック企業は面接で見破れる

求人していない会社こそ優良企業

おやじが遊んでいる会社は健全である

わたしのブラック遍歴─その②

第三章 ブラック企業に入ってしまったら

第一節 基礎知識篇

ブラック企業とは主観の問題である

給料分だけ働くとは、どのくらい働くのか

給料は労働の対価ではない

コモディティ化した職場ではスキルが育たない

快適なブラック企業もある

正義漢は自分の首を絞める

第ニ節 行動篇

同僚は赤の他人である

職場いじめは、はじまる前に解決する

厭がらせの証拠を記録せよ

相手を潰すには、この手を使え

セクハラ・パワ八ラは弱みを握るチヤンス

クビを賭けるなら、トップに意見しろ

サービス残業の真実

未払賃金を回収せよ

どんな会社もその日で辞められる

わたしのブラック遍歴──その③

第四章 ブラック企業を恐れるな

仕事には、ぶれない軸を持て

情報に踊らされるな

転職でキャリアアップしろ

なぜ就活自殺が起きるのか

自殺を考える前に希望を探せ

活路は非効率にある

幸福の追求が不幸を生む

参考文献

 

相続の法律相談

質問1 ローンが残っている物件

両親が死亡し、仲の悪い姉妹が相続人です。

遺産としては土地が2億円、その土地上に賃貸用建物2億円の不動産があり、建物をたてるときに3億円の借入をして抵当権が土地建物についています。

あととりは姉のほうで、妹のほうは資産がさしひき1億円あるのだから半分の5000万円を現金でよこせと言っています。姉は不動産は値下がりしていて、プラスマイナス0だと言っています。

 妹を代理していますが調停を不調にして審判を求めるべきか、妥協案をつくるべきでしょうか。



回答

審判を求めることは、あまりおすすめできません。

遺産分割対象は積極財産だけですので姉に不動産全部、妹に価格賠償の審判がでても4億の半分か3億の半分かが賠償の対象となり、5000万円を用意できないひとが用意できるわけはありません。解決のためには抗告をしてまた話し合いをはじめるだけのことです。

 不動産を競売して代金を双方でわけるということになりますが通常市価の半分程度になるので、本件では2億でうれても3億の負債があり、姉妹とも借金をかかえることになります。

妹側としていやがらせとして審判を求めてもいいのですが、解決が長引くことになります。また、競売による解決がなされると通常は当事者全員が損をします。一族全体の財産維持を考えた場合は5000万円と0とのあいだのどこかで妥協することをおすすめします。

岡山市 岡本法律事務所
所長 弁護士 岡本哲
岡山弁護士会所属



 


 

このページのトップヘ