http://www.moj.go.jp/kokusai/kokusai02_00026.html

3月1日の第3回シンポジウム参加者公募が1月7日から応募がはじまっています。

国連犯罪防止刑事司法会議(コングレス)とは


ドーハコングレスの様子
 国連犯罪防止刑事司法会議(コングレス)は,5年に一度開催される犯罪防止・刑事司法分野における国連最大規模の国際会議で,事務局は,国連薬物・犯罪事務所(United Nations Office on Drugs and Crime (UNODC))が務めています。  

 コングレスでは,犯罪防止・刑事司法分野の専門家が,世界の犯罪防止・刑事司法分野の諸課題について議論しつつ,その知見を共有し,コミュニケーションを図ることで,様々な分野における国際協力を促進し,より安全な世界を目指して協働することを目的としています。      

 コングレスでは,犯罪防止・刑事司法分野において国際社会が直面している諸問題や解決すべき喫緊の課題に対して,世界各国が協力して取り組むべき方策を取りまとめた「政治宣言」を参加国の全会一致により採択されます。  

 コングレスは,1955年以来,世界各国で開催されています。    
 2015年カタールのドーハにおいて開催された第13回コングレス(ドーハコングレス)には,タミーム・カタール首長,藩基文国連事務総長(当時)を始めとして約150か国から約4,000人が参加しました。その閉会式において,上川法務大臣(当時)からのビデオメッセージが議場で上映され,ドーハ宣言(原文和文仮訳)(PDF)に基づく新たな責務を果たしていくこと,2020年コングレス日本開催