借主の無過失と10年の取得時効 最高裁昭和53

民法判例百選Ⅰ 第8版 46事件

土地所有権確認等請求事件

最高裁判所第2小法廷判決/昭和52年(オ)第658号

昭和53年3月6日

【判示事項】      占有の承継が主張された場合と民法162条2項にいう占有者の善意・無過失の判定時点

【判決要旨】      不動産の占有主体に変更があつて承継された2個以上の占有が併せて主張された場合には、民法162条2項にいう占有者の善意・無過失は、その主張にかかる最初の占有者につきその占有開始の時点において判定すれば足りる。

【参照条文】      民法162-2

            民法187

【掲載誌】       最高裁判所民事判例集32巻2号135頁

            訟務月報24巻2号308頁

            最高裁判所裁判集民事123号167頁

            裁判所時報738号1頁

            判例タイムズ362号208頁

            金融・商事判例547号19頁

            判例時報886号38頁

            金融法務事情858号33頁

【評釈論文】      金融・商事判例555号47頁

            ジュリスト669号79頁

            ジュリスト臨時増刊693号61頁

            別冊ジュリスト77号146頁

            別冊ジュリスト104号140頁

            判例タイムズ370号40頁

            判例タイムズ390号30頁

            判例評論238号136頁

            法学協会雑誌102巻9号137頁

            法曹時報33巻11号157頁

            法律時報50巻11号124頁

            民事研修252号18頁

            民商法雑誌80巻1号49頁

            LawSchool2巻4号114頁

 

       主   文

 

 原判決中、被上告人らの上告人に対する第一審判決添付別紙第二物件目録(三)ないし(七)の各土地に関する請求部分を破棄する。

 前項の部分につき本件を東京高等裁判所に差し戻す。

 

       理   由

 

 上告代理人貞家克己、同仙田富士夫、同岩渕正紀、同遠藤きみ、同村長剛二、同仲村参郎、同冨田穰、同小山内宏、同山内敏男の上告理由について

 一〇年の取得時効の要件としての占有者の善意・無過失の存否については占有開始の時点においてこれを判定すべきものとする民法一六二条二項の規定は、時効期間を通じて占有主体に変更がなく同一人により継続された占有が主張される場合について適用されるだけではなく、占有主体に変更があつて承継された二個以上の占有が併せて主張される場合についてもまた適用されるものであり、後の場合にはその主張にかかる最初の占有者につきその占有開始の時点においてこれを判定すれば足りるものと解するのが相当である。

 しかるに、原審は、原判示第二物件目録(三)ないし(七)の土地に関し、上告人から提出された、訴外Aの占有から訴外国の占有を経て訴外Bに至る占有期間中に一〇年の時効が完成した旨の抗弁を判断するにつき、占有主体に変更があつて悪意又は有過失の者が善意・無過失の者の占有を特定承継した場合には、前主の占有に瑕疵のないことについてまで承継してその者が瑕疵のない占有者となるものではなく、かつ、瑕疵のある中間者から更に占有を特定承継した者について取得時効の完成をいう場合には、前々主及び自己の占有に瑕疵がないときであつても、瑕疵のある中間者の占有期間を併せて主張する以上は全体として瑕疵のある占有となる旨の判断を示したうえ、本件の場合、右にいう中間者である訴外国の占有に過失があつたことを理由として取得時効の完成を否定し、上告人の右抗弁を排斥したものであつて、前記説示に照らせば、原審の右判断には民法一六二条二項、一八七条一、二項の解釈を誤つた違法があるというべきである。そして、右違法は、原判決中前記土地に関し被上告人らの上告人に対する所有権確認並びに所有権移転登記手続及び引渡しの各請求を認容した部分につき、その結論に影響を及ぼすことが明らかであるから、論旨は理由があり、右部分は破棄を免れないところ、上告人の主張にかかる最初の占有者である訴外Aの善意・無過失の点につき更に審理を尽くさせる必要があるから、右部分につき本件を原審に差し戻すのが相当である。

 よつて、民訴法四〇七条一項に従い、裁判官全員一致の意見で、主文のとおり判決する。

    最高裁判所第二小法廷

        裁判長裁判官  吉田 豊

           裁判官  大塚喜一郎

           裁判官  本林 讓

           裁判官  栗本一夫