戦国三大美少年と岡山
 『双月高校、クイズ日和』を読んでいたら戦国三大美少年なぞ常識というのがありましたが、わたしは名古屋山三郎しか思い出せませんでした。
 戦国三大美少年の一人名古屋山三郎は晩年岡山県の津山藩で森家(森蘭丸の弟が当主、山三郎の妹が嫁いだ)ですごしています。森家は赤穂浪士事件のあとの赤穂藩にいくので、現在は直接のつながりはなくなっています。