岡本法律事務所のブログ

カテゴリ: 農業

シートン 第1章―旅するナチュラリスト

谷口ジロー

評者は50代ですが、この世代の男の子なら小中学生のときにたいがい読んでいた「シートン動物記」。犬マンガの巨匠谷口ジロー先生がおとなの劇画としてロボと対決するシートン側の描写も重厚になされています。

※ネタバレ注意! 以下の文には結末や犯人など重要な内容が含まれている場合があります。

小学生時代に読んだひとは、バカメス・ビアンカのせいで命をおとすロボをはがゆくおもったことでしょう。「ウルトラセブン」のアンヌや「仮面ライダー」の山本リンダ(ほんとに出演していたのです)が宇宙人や怪人におそわれるたび、あんなあしでまといのバカ女は見捨てればいいのに、とおもっておりました。

おとなになって家庭をもってから読み返すと、バカ妻にふりまわされる組織のボスというロボの立場にいろいろと共感してしまいます。

2014年現在では狼の害獣としての扱いもかわっていますので、またちがった解決があったのかもしれません。


シートンSETON
…旅するナチュラリスト
第1章『狼王ロボ』
2005年4月28日 初版第1刷発行
著 者 谷口ジロー
原 案 今泉吉晴
発行者 佐藤俊行
発行所 株式会社双葉社
ISBN4-575-93939-0
C9979
雑誌50165-18

目次

その1 カランポーの群狼
その2 ウルバー
その3 荒野へ
その4 足跡
その5 毒餌
その6 初めての敗北
その7 鉄の罠
その8 ルー・ガルー
その9 白い狼
その10 ブランカの死
その11 哀しい遠吠え
その12 捕獲
その13 別れ
その14 眠れるオオカミ

人類5万年 文明の興亡(下)

なぜ西洋が世界を支配しているのか

2014年3月25日 初版第1刷発行

2014年6月5日 初版第2刷発行

著 者 イアン・モリス

訳 者 北川知子

発行者 熊沢敏之

発行所 株式会社 筑摩書房

ISBN978-4-480-86128-3

C0022

 

目次

Ⅱ 興亡 文明隆盛と衰退の法則(承前)

第7章 東洋の時代

 東洋のリード/

 戦争と稲作/

 武則天の世界/

 末裔たち/

 予言者の言葉/

 中心は持ちこたえず/

 圧力を受ける/

 暗い悪魔のような工場

 

第8章 世界へ向かう

 マルコ・ポーロの見たもの/

 悪魔の戦争/

 銃、病原菌、鉄/

 様々な川/

 テノチティトランの鄭和/

 偉大な人間とへまな愚か者/

 生まれ変わる/

 孤立の利点/

 一五二一年

 

第9章 西洋が追いつく

 上げ潮/

 納屋の鼠/

 帝王の王冠/

 固い天井/

 ステップを封鎖する/

 外洋に向う/

 時計にたとえる/

 望遠鏡による公開試合/

 鉄の法則

 

第10章 西洋の時代

 世界中が欲しがるもの/

 蒸気の喜び/

 大きな分岐/

 グラッドグラインドたち/

 世界は一つ/

 戦艦ネメシス号/

 東洋の戦争/

 世界の戦争へ/

 「何もかも」の時代/

 人民の楽土/

 夏の風、西の風

 

Ⅲ 未来 歴史が指し示すもの

第11章 なぜ西洋が支配しているのか…

 生物学・社会学・地理/

 人間の意思の意味/

 バック・トゥ・ザ・フューチャー/

 夜来る/

 「ファウンデーション」

 

第12章 ……今のところは

 歴史の墓場で/

 チャイメリカ後/

 二一〇三年/

 最悪のシナリオ/

 大レース/

 やがて来るものの姿/

 東と西が出会うとき

 

補遺 社会発展指数について

 四つの反論/

 エネルギー獲得量/

 組織化/

 戦争遂行力/

 情報技術/

 誤差の許容範囲/

 結論

 

謝辞

訳者あとがき

参考文献

地名・国名・事項索引

人名索引

人類5万年 文明の興亡(上)

なぜ西洋が世界を支配しているのか

2014年3月25日 初版第1刷発行

2014年6月5日 初版第2刷発行

著 者 イアン・モリス

訳 者 北川知子

発行者 熊沢敏之

発行所 株式会社 筑摩書房

ISBN978-4-480-86127-6

C0022

 

目次

はじめに

 パルモラル城のルーティー/

 大昔から固定されていた?/

 幸運に見舞われる/

 歴史の全体像/

 怠惰と不安と貪欲/

 「地理」こそすべて/

 本書について

Ⅰ 黎明 東西世界の誕生

 

第1章 「東洋」と「西洋」の生まれる前

 「西洋」とは何か?/

 人類の登場/

 東洋と西洋の始まり?/

 最初の東洋人――北京原人/

 最初の西洋人――ネアンデルタール人/

 よちよち歩き/

 ふたたび、アフリカから外へ/

 先史時代のピカソたち

 

第2章 西洋がリード

 エネルギーの大いなる連鎖/

 エデンの園/

 日々の種/

 失われた楽園/

 変化する楽園/

 広がり、増殖する/

 運命と自由意思/

 エデンの東/

 「煮る」と「焼く」、頭蓋骨と墓

 

第3章 過去を測る

 進化する考古学/

 人類学の退化/

 何を測定すべきか?/

 どうやって測るか?/

 いつ、どこを測定するのか?/

 過去のパターン/

 スクルージの問いかけ/

 

Ⅱ 興亡 文明隆盛と衰退の法則

第4章 東洋の追い上げ

 群盲、象を評す/

 神々とのホットライン/

 神になった王たち/

 西洋コアの混乱/

 兄弟の絆/

 天の下には一万の「国」/

 最高位の祖先/

 西洋コアの崩壊す

 二輪戦車の東洋への伝来/

 黙示録の騎士

 

第5章 接戦

 退屈の利点/

 安上りの王権/

 変化の風/

 ハイエンドに向って/

 古典/

 端っこの帝国/

 はじめての接触/

 

第6章 衰退と崩壊

 すべては最前/

 新しい世界秩序/

 旧世界交換/

 天の負託を失う/

 恐るべき大変革/

 小さくなる世界/

 忍耐と小心

 

地名・国名・事項索引

人名索引

このページのトップヘ