岡本法律事務所のブログ

カテゴリ: 将棋

 2019年5月17日は姪人戦第4局の2日めとなっている。豊島名人が誕生するかもしれない。

 『りゅうおうのおしごと!』10巻まででは、主人公がまだC1組なので名人戦そのものはでてこない。

10巻では小学校5年生の神鍋馬莉亜ちゃんを主人公の九頭竜八一竜王が抱き上げて頬ずりする場面がある。イラストではえらい小さく描かれているようだが、だきあげてほおずりができるのは通常は体重が3対1くらいの差がないとムリである。八一は中肉中背のようであるから60キロとして20キロということになり、小学校1年くらいの体重にすぎないことになる。
 通常の40キロくらいの小学校5年からすると八一は120キロくらいないといけないが、そこまでの巨漢は将棋界にはあのひととあのひとしかいなかったと記憶している。

 鳥山明先生のドクター・スランプ アラレちゃんでもアラレの背が連載がつづくにつれて小さくなっていったが、長く続くと背が小さくなる傾向はミッキーマウス以来の伝統でもある。『りゅうおうのおしごと!』11巻以降に出てくる登場人物は小さくなっていくのだろうか。

https://www.asahi.com/articles/ASL4D6WYZL4DOIPE02C.html
 将棋の高校生棋士、藤井聡太六段(15)の偽のサイン色紙を売ったとして、愛知県警は12日、東京都文京区水道1丁目、派遣社員富岡恵美子容疑者(43)を詐欺の疑いで逮捕し、発表した。「小遣い稼ぎだった」と話し、容疑を認めているという。

 瀬戸署によると、富岡容疑者は昨年8月4日ごろ、藤井六段の偽のサイン色紙をフリーマーケットアプリ上で大阪府豊中市の会社員男性(26)に売り、5670円をだまし取った疑いがある。藤井六段は、サインとして自作の詰将棋を書くことで知られ、今回の偽物も詰将棋が書かれていた。

 ニセ色紙をホンモノとだまして売ったので詐欺罪(刑法246条)になります。
 有印私文書偽造罪になるかどうかですが、色紙は事実を証明する文書ではないのでならないとしたのでしょう。

 ばれた理由は字が違うのと詰将棋が香車が1枚たりない、ということでした。

詰め手順はといてみましたが以下のとおり。
限定香打ち2回、移動合1回で25手詰め。将棋世界の将棋サロンの一番難しいものよりちょっと難しい
くらいの中編です。
3一銀 同玉 3三香 2二玉 3二香成 同銀 2五香(ここをまちがえやすい) 同飛 3三角 同銀 2四香 同飛 2三香 同飛 32桂成 1一玉 2一成桂 同飛 3三馬 2二飛(移動合) 2三桂 2一玉 3二銀 同飛 1一馬まで。盤駒つかわずにとけたら弱いアマ4段くらいでしょう。強い大学将棋部のレギュラーになれるかなれないかくらい。

 

このページのトップヘ