http://yosukenaito.blog40.fc2.com/blog-entry-4849.html
ナチス・ドイツによるホロコーストを何度も否定しては有罪判決を受け続け、“言論の自由”を理由に控訴していた“ナチスばあちゃん(Nazi Oma)”ことウルスラ・ハーバーベック被告(ドイツ人・89歳)の裁判で、ドイツ最高裁判所は、ホロコーストを否定する行為は言論の自由には該当せず、、“治安を脅かしている”との裁定を下し、禁錮2年6月を言い渡しました。
 ドイツ式の戦う民主主義では民主主義を脅かす言論については言論の自由がないことになる例ともいえます。
禁固刑というのも。懲役刑ではなく、労働蔑視のキリスト教的世界観なのか高齢を考慮したのかではなかろうかとか思います。。