岡本法律事務所のブログ

カテゴリ: 行政対象暴力

行政対象暴力と首長の勇気

                   弁護士 岡 本  哲(おかもと てつ)

2011年にかいたものです。
 2011年5月に日本弁護士連合会の民事介入暴力対策委員会の全国大会が三重県四日市市でおこなわれた。さまざまなアトラクションと研究会がおこなわれたが、岡山の事例がいくつか先進的事例として紹介されていた。行政対象暴力への弁護士会のバックアップ体制などである。民事介入暴力対策委員としてはほめられているような気分になった。

そのなかでは行政対象暴力に対する報告がおおかった。平成8年に町長がなにものかに暴行をくわえながらも断固として暴力団排除をつらぬいた御嵩町長のインタビューは感銘を受けるものであった。

 筆者は宮崎総合法律事務所に平成3-4年いたが組事務所の使用差し止め等の先端事件の現場にいた。ただ、このときは弁護団事件であり、頼もしい味方が複数いた。

 ひとり孤独に立ち向かう自治体首長は心身ともに大変だったと思う。

現在であれば、組織犯罪対策法の活用、弁護士による役所を代理しての調停や裁判、暴力団組長に対する損害賠償請求というさまざまな対抗手段が考えられる。

 対反社会勢力に対する基本はノット・ロンリー・バトル、ひとりでたたかうな、ということである。そのために弁護士は力強い味方でありたいと思う。現在は岡山県内の市町村長クラスであれば弁護士相談ということは頭にうかぶようになっている。

 弁護士は法的な用心棒なのだ。

行政対象暴力と首長の勇気

                   弁護士 岡 本  哲(おかもと てつ)

2011年にかいたものです。
 2011年5月に日本弁護士連合会の民事介入暴力対策委員会の全国大会が三重県四日市市でおこなわれた。さまざまなアトラクションと研究会がおこなわれたが、岡山の事例がいくつか先進的事例として紹介されていた。行政対象暴力への弁護士会のバックアップ体制などである。民事介入暴力対策委員としてはほめられているような気分になった。

そのなかでは行政対象暴力に対する報告がおおかった。平成8年に町長がなにものかに暴行をくわえながらも断固として暴力団排除をつらぬいた御嵩町長のインタビューは感銘を受けるものであった。

 筆者は宮崎総合法律事務所に平成3-4年いたが組事務所の使用差し止め等の先端事件の現場にいた。ただ、このときは弁護団事件であり、頼もしい味方が複数いた。

 ひとり孤独に立ち向かう自治体首長は心身ともに大変だったと思う。

現在であれば、組織犯罪対策法の活用、弁護士による役所を代理しての調停や裁判、暴力団組長に対する損害賠償請求というさまざまな対抗手段が考えられる。

 対反社会勢力に対する基本はノット・ロンリー・バトル、ひとりでたたかうな、ということである。そのために弁護士は力強い味方でありたいと思う。現在は岡山県内の市町村長クラスであれば弁護士相談ということは頭にうかぶようになっている。

 弁護士は法的な用心棒なのだ。

このページのトップヘ