2006年04月01日

地産地消・木の家づくりセミナーの開催

地元大阪の木でつくる「地産地消の住まいづくり」をテーマにしたセミナーが
3月19日マイドームおおさかで開催されました。

吃堯Т霙換岷蕁嵬擇瞭胆など」京都大学助教授高部圭司氏
局堯В錬縫優奪箸僚斬雜Φ羃颪離僖優襯妊スカッション

 建築関係者、林業家、これまで木の家をたてられた方、これから家を建てようと思っている方、などなど、様々な分野の方、約80名のご参加をいただきました。

木の家づくりセミナ三宅室長
 大阪府環境農林水産部みどり・都市環境室長 三宅氏より挨拶のあと、京都大学の高部圭司助教授より「木のよさ、木のこころやからだによい木のひみつ」と題して基調講演をしていただきました。まだまだ知られていない木材の利点や、地球環境における森林と木材の関係など、わかりやすくお話いただきました。
木の家づくりセミナ高部助教授. 木の家づくりセミナ高部助教授







 第2部として、専業林業家であり、OKネットの運営委員長でもある、奥野壽一氏より「大阪の林業と自ら手がけるおおさか河内材の生産。そしてその材を活用した家づくり」の取り組みについての事例報告が行われました。
基調講演、事例報告をふまえて、消費者、林業家、大工、建築家のみなさんによるパネルディスカッションが行われました。それぞれの立場から、地元の木材や木の家について思いやこだわりが語られました。違う立場の方々のなかで、いろんな話を聞くことができました。
地元の木をつかうことのすばらしさ・大切さや、地元の木を生かしていくことが地球環境をまもっていくことになるということが改めて参加者の確信となったセミナーでした。


木の家づくりセミナ奥野理事 木の家づくりセミナパネラー 木の家づくりセミナー全体  

2006年03月06日

OKネット 広報部会開催

OKネットが昨年6月に設立されてから、8月7日に設立イベントの開催、新月伐採の研究、3月19日予定の地産地消・木の家セミナーの開催と取り組みがすすめられていますが、もっともっと多くの方にOKネットのことを知ってもらい、そして参加してもらうために、第4回の運営委員会で広報部を設置することが決まりました。
 早速、2月6日に第1回の広報部会を開催し、今年度の計画とスケジュールを決めました。今後も部会の報告を行っていきますので、ご意見をお寄せください。


今年度の計画


○ブログの充実とホームページの開設
○パンフレットの作成
○会報の発行


月2回(隔週の水曜日)ウッドベースかわちながので、作業部会を行います。だれでも参加していただけますので会員の皆さん覗いてみてください。


会議の様子  

2006年02月28日

地産地消・木の家づくりセミナーの案内

自分の家がどんな素材で、どのように建てられたか知っていますか?
住宅を手に入れることは、一生に一度経験できるかどうかの大きな仕事です。
シックハウス症候群や耐震性の不安など自分たちの住む家だから、完成後に不満が
でないよう、安全安心して暮らせる家とはどのような家か知ることが大切です。
このセミナーを通して、真に安全で安心して暮らせる家とは何か、木の家はどうして
からだやこころによいのか、木の家を手頃な値段で建てるためには、といったことを
学びます。皆様のご参加をお待ちしています。

   
    〜おおさかの木で安心安全な家づくり〜
     地産地消・木の家づくりセミナー


◆主 催 :おおさか河内材利用促進ネットワーク協議会(略称「OKネット」)
◆共 催 :大阪府
◆後 援 :大阪府森林組合、社団法人大阪府木材連合会、大阪府林業改良普及協会


◆日 時 :2006年3月19日(日) 14:00〜16:30(開場13:30)

◆場 所 :マイドームおおさか(大阪市中央区本町橋2−5) 地図 8階 第1研修会議室

◆プログラム : ■基調講演 木の家に住むこと 
         〜木のよさ、こころやからだによい木のひみつ〜
            高部 圭司 氏(京都大学 助教授 農学博士)

           ■事例紹介 地元おおさか河内材で木の家をつくる取組み
           奥野 寿一(おおさか河内材利用促進ネットワーク協議会)

           ■パネルディスカッション 自然素材にこだわる家づくり
           住まい手(ユーザー代表)、林業者、大工、設計士を予定

          ■質疑応答

◆参 加 費 :無 料
◆定  員 :100名(定員になり次第締め切らせていただきます)

◆申込方法 :本セミナー参加ご希望の方は、電話またはFAXでお申込下さい。
       ■電話 06−6944−6747
       ■FAX 06−6944−6749

◆締め切り :2006年3月10日(金)

◆問合せ先 :木の家づくりセミナー事務局
 大阪府環境農林水産部みどり・都市環境室 森林課 活動支援グループ 

 電話 06−6944−6747 

木の家づくりセミナーのチラシ  

2005年11月29日

新月の伐採作業2回目

平成17年11月28日、河内長野市の石見川 字名柴ノ谷山にて
2回目の新月の伐採作業が行われました。

新月11.28.1
山道を登っていく途中で撮影しました。
木々の間から太陽の光が差し込んできて
神秘的できれいな光景でした。



今回は、初めて入る山での伐採作業なので
山の神に祈りを捧げる「山始めの儀式」を行いました。

山始め始めに伐る樹の前に
洗い米、塩、酒、作業用具などを並べて
山の神様に作業の安全を祈願します。
山の恵みに感謝する気持ちで気がひきしまります。
祈願をしたら、酒などを樹のまわりに撒いて
お清めをします。


伐った樹は、杉と桧合せて60本程でした。
半年ほど葉枯らし乾燥させてから玉切りをして
その後、また半年ほど乾燥させた後に製材をする予定です。
新月11.28.2新月11.28.3新月11.28.4




  

2005年11月18日

満月の伐採作業

平成17年11月16日は、満月です。

満月1

前回、新月期に伐採をしましたが、
新月に伐採した樹と、満月に伐採した樹で
材質に差が出るかを検証する為に、
平成17年11月14日、
前回の新月伐採と同じ場所で満月の伐採が行われました。


樹齢約90年の樹木をそれぞれ上向き、横向き、下向きに倒し
伐倒方向による葉枯らしの効果についても検証していくそうです。


満月2満月4満月6









樹齢90年というと、大木をイメージしてしまいます。
でも、こちらの地域では、目の詰まった良材を作るために
昔から密植が行われてきました。
今回伐採した樹も、株の部分が直径30CM程度で年輪を数える事が困難な
場所がある程、目が詰まっていました。

今後も数回に渡り、新月伐採と満月伐採の樹のサンプルを切る予定だそうです。
  

2005年11月11日

新月の伐採作業

平成17年10月31日、河内長野市石見川の山で新月の伐採作業が行われました。
伐採者は河内長野市の林業研究グループのメンバーです。伐採樹種は杉。
当日はあいにくの天気でしたが見学者も集まりました。
山の中はマイナスイオンに満ちていて森林浴で良い気分です。

新月1新月伐採方法とは、
月の満ち欠けのサイクルを利用した伐採方法で
新月直前に伐った樹木を谷側に倒し、
長期間「葉枯らし乾燥」をさせることで、
カビが生えにくく腐食や虫に強く、
割れや狂いが生じにくい良材になると言われます。
新月の時期に伐った樹木は満月の時期に伐った樹木に
比べて、デンプン量が少ないそうです。

伐採現場の迫力に参加者から歓声が上がっていました。

今回伐採した木はデンプン量の測定などのサンプル材として研究に使われます。
伐採時期による効果の確認が期待できます。

まだまだ未知の領域ですが、OKネットでは今後も
新月伐採について記録していきます。

新月2新月3新月4







新月伐採の動画  

2005年08月07日

木工教室と丸太切大会

OKネット設立記念イベントの木工教室と丸太切大会を
平成17年8月7日(日)に河内長野市林業総合センター「木根館」で開催しました。
当日は15組40名の多数の方々にご参加をいただきました。

木工教室では、端材を使ってご自分の好きな作品を作りました。
参加者の皆さんは、普段使わない釘や、かなづちなどに苦労しながらも、
指導を受けながら真剣に取組んでいました。

暑い中ご参加いただいた皆さんありがとうございました。
木工教室丸太切ヨーヨー釣  






 △アドバイスをうけながら          △真剣です          △ヨーヨー釣りで休憩     

2005年06月07日

おおさか河内材利用促進ネットワーク協議会の設立

設立総会が開催されました・・

大阪市北区の天満宮にある大阪グリーン会館という会場で、6月3日18:00から、「おおさか河内材利用促進ネットワーク協議会」の設立総会を開きました。

おおさか河内材利用促進ネットワーク協議会

(1)課題
(2)活動内容
(3)組織方針

かわち材 01
  
Posted by ok_net at 14:45Comments(0)TrackBack(1)ネットワーク

2005年05月19日

6月3日(金)総会のご案内 

◆平成17年6月3日(金)午後6時〜
◆大阪グリーン会館
◆記念講演 黒田武義氏
 有限会社 夢千年の暮らし PURODUSE&DESIGN 

総会案内  
Posted by ok_net at 09:27Comments(0)TrackBack(1)協議会

2005年05月04日

「森林環境教育ネットワーク」の事例

「森林環境教育ネットワーク」の事例に学ぶ

設立趣旨
 全国各地で行われている森林環境教育を一部の森林・林業関係者やNPOばかりではなく、多くの方々に広く知っていただくとともに、様々な形で行われている森林環境教育活動が「点」から「面」へと広がり、行政や森林組合等の林業関係者やNPOはもとより、小中学校等の教育関係者や社会貢献の場としての企業等を巻きこみ、大きな社会的な「うねり」となることを目指すとともに、森林環境教育実践者の方々の情報交換・相互交流や地域における連携・協力を進めるために、「森林環境教育ネットワーク」を設立します。

森林ネットワーク "left"/>  
Posted by ok_net at 09:25Comments(0)TrackBack(0)ネットワーク

2005年05月03日

設立までのスケジュール

設立までのスケジュール

第一ステップ  16年10月〜12月
  おおさか河内材利用促進説明会の開催 3回

第二ステップ  17年 1月〜 2月
  おおさか河内材利用促進協議会の開催 3回

第三ステップ  17年 4月〜 
  おおさか河内材利用促進ネットワーク協議会の設立
  6月3日(金)
  
  
Posted by ok_net at 11:35Comments(0)TrackBack(0)ネットワーク

2005年05月02日

おおさか河内材利用促進ネットワーク 組織方針

組織・財政の確立とその方法

組織方針
[会員の定義]
本会の目的に賛同し、会費を納入した者を会員とし、正会員と賛助会員からなる。会員となるためには、当会の定める様式による申込をして、運営委員長の承認を得るものとする。
[役員]
運営委員長 1名、副運営委員長 2名、
運営委員 5名〜10名、監査 2名、事務局長 1名
[役員の任務・選出方法]
1)運営委員長、副運営委員長は、運営委員の互選によって選出され、本会を代表する。
2)運営委員は、会員の中より推薦され、総会での承認を受け、本会の運営に当たる。
3)監査は、運営委員会が委嘱し、本会の会務・会計を監査する。
4)事務局長は、運営委員会が委嘱し、本会の運営を執行する。
[任期]
役員の任期は2年とする。ただし再任を妨げない。
[会議]
1)本会の総会は毎年1回開催し、事業報告並びに決算報告を行う。
2)運営委員会は年3〜4回開催され、会務について協議、決定する。

  
Posted by ok_net at 00:22Comments(0)TrackBack(0)ネットワーク

2005年05月01日

おおさか河内材利用促進ネットワーク協議会の事業内容

事業内容について

・独自のH・Pの作成
・宣伝物の作成と活用
・展示会、イベント参加
・木製品展示場の開設
・補助金、利子補給等の行政からの支援要請
・林業体験セミナーの実施 
・製材所見学会
・森林ボランティア活動・家づくりセミナーの開催
・施工研究会 ・出荷時のブランド名表示

具体的な事業内容
 ζ伴のH・Pの作成。宣伝物の作成と活用
・展示会、イベント参加
・木製品展示場の開設

◆κ篏金、利子補給等の行政からの支援要請
・地元材を活用することが、自然、環境、防災等、市民生活にとって
良いことかをまとめる

・林業体験セミナーの実施
・製材所見学会
・森林ボランティア活動

ぁΣ箸鼎りセミナーの開催
・家作り見学会の実施

ァ施工研究会
・新素材、新製品研究会

Α出荷時のブランド名表示、
・含水率表示、ヤング係数表示



河内長野 

大阪府森林組合 「木 根 館」 0721-64-8151

電車・バス
南海高野線・近鉄長野線・河内長野駅下車
南海バス高向・日野行き・中高向停留所下車(約10分)、徒歩(約15分)


国道170号線(外環状線)和泉方面・上原交差点左折、国道371号線バイパス下高向交差点右折、中高向バス停左折、約800m進む


  
Posted by ok_net at 08:10Comments(0)TrackBack(0)ネットワーク

2005年04月30日

ネットワーク協議会の課題

 ◇利用促進ネットワーク協議会の課題

1)広く大阪府民におおさか河内材の宣伝・普及をはかる。
2)地元材活用を広げるための提言・施策づくりを行なう。
3)森林に親しみ、大阪の木にふれ、林業を身近に感じられる取り組みをすすめる。
4)無垢の木や自然素材で創る家づくりこそ、真に健康な住まいであることをアピールしていく。
5)無垢の木や自然素材を使った家創りを継承・普及していくための人材育成をすすめる。
6)無垢の木で創る家づくりを発展させるための研究・交流をはかる。
7)おおさか河内材のプランド化をはかる。そのために品質の向上、規格明示、品質表示等による商品化をはかる。

森林組合  
Posted by ok_net at 03:23Comments(0)TrackBack(0)ネットワーク

2005年04月29日

おおさか河内材利用促進ネットワーク

ビジョン・目標 

○大阪の山の再生と大阪の林業の振興をはかり地元材を使った真に健康な家づくりの輪を広げる

○山と町、林業と消費者の身近な関係づくりをすすめ、大阪の山は都市にとっても大切な環境であり、地球温暖化防止に必要であることを知らせていく


おおさか河内材  
Posted by ok_net at 03:33Comments(0)TrackBack(0)協議会

2005年04月28日

6月3日(金) 創立総会を開催します

 本日、4月28日(水)午後2時〜4時
 大阪府森林組合の会議室で準備会を開催して、創立総会にむけた準備についての協議を行いました。
 
 準備会

◆創立総会の企画(案)

 6月3日(金)午後6時〜 
 グリーン会館2F小ホール
 
 設立総会
 記念講演 

 講師 黒田 氏
  
 日本民家再生リサイクル協会(JMRA) 民家を保存、再生、リサイクルするための、全国規模の非営利団体。

 懇親会
 




◆イベント企画(案)

  8月7日(日)午前10:00〜午後4:00

  木根館(河内長野市立林業総合センター
  
  木工教室


  
  

  
  
Posted by ok_net at 03:23Comments(1)TrackBack(0)協議会

2005年04月27日

林業体験ツアー

◎林業体験ツアーを行いました!(3月26日)
植林・枝打ち・間伐・伐採の見学など、河内長野の山で実際に体験していただきました。林業体験を通じて、“おおさかの山”そして“おおさか河内材”に愛着を持っていただけたかと思います。



森林体験

  
Posted by ok_net at 10:06Comments(0)TrackBack(0)ブログ

2005年04月25日

4/27 次回のご案内

次回のネットワーク協議会の開催

 

◇4月27日(木)午後2時〜4時

◇大阪府農林会館 大阪府森林組合会議室

◇議題

 1) イベント部会と設立準備部会からの報告

  2) 設立に向けた取り組み

  3) H・Pの準備状況

 







お手数ですが、ご出席の可否をご連絡賜りますようお願いいたします。


 


大阪府森林組合・ウッドベースかわちながの  


TEL 0721−69−0240  FAX 0721−69−0414


出 席  ・  欠席 


名 前  (              )


                会社名  (              )


 






 

  
Posted by ok_net at 09:13Comments(0)TrackBack(0)協議会

ブログサイトを設置

おおさか河内材利用促進ネットワーク協議会のブログサイト です。 


おおさか河内材利用促進ネットワーク協議会


 


 


 


 


おおさか河内材利用促進ネットワーク協議会の開催の様子


協議会


 


 


 


 


 大阪府森林組合ネットワークについて提案をする会員


 


 


 


 大阪府森林組合の事務所


 


 

  
Posted by ok_net at 08:23Comments(2)TrackBack(0)ブログ