スライド1
日本の労働人口減少問題が深刻化する中、安倍政権も管理職など指導的な立場の女性の比率を2020年に30%にする目標を定めていますが、そもそもなぜ、日本の女性管理職や役員が少ないのか、原因を考えてみました。

スライド2
まず、海外と比較して、日本の女性管理職や役員がどれほど少ないか、調べてみました。女性の就業者の割合はほぼ同等ですが、管理職は海外だと30~40%ですが、日本では10%程度です。また、役員になると海外では10~30%程度ですが、日本は2%となっており、非常に少ないことが分かります。

スライド3
厚生労働省の調査によると、女性管理職が少ない理由は、「仕事への経験不足」と「管理職を希望しない」ことが主な理由として挙げられています。

スライド4
また、日本では男性よりも女性の家事・育児にかける時間が非常に多く、子育て期の30代女性の就業率が大きく減少しています。

スライド5
したがって、日本の女性管理職と役員が少ない原因として、海外と比較して日本の女性は男性よりも家事・育児の時間が非常に多く、仕事を任されやすくなる30代の就業率が低下しているため、男性よりも経験が少なくなり、管理職につけなくなってしまうことが考えられます。また、家庭を優先する考えが強く、管理職や役員というキャリアを自ら希望しないことも要因として挙げられます。