2018年08月13日

★海よりもまだ深く

東京に来て初めて知ったことに「新盆」「旧盆」がある。明治の改暦後、新暦に行われるようになったのが一般的な8月のお盆(旧盆)、旧暦のままで行うのが「新盆」(新旧の付け方が交差しているので覚えにくい)だということを知ったのだが、7月の新盆を行う地域も東京、金沢などごく一部に限られているので、やはりお盆と言えば全国的には今の8月のお盆ということになるのだろう。

ちゃんと盆正月に帰省していた学生時代ならともかく、社会人になってからはお盆だから帰省してご先祖様のお墓参り、という殊勝?なことはほとんどしなくなってしまった。一応自分のルーツであるご先祖様に思いを馳せることはあっても、5分、いや1分もすれば、目の前の出来事に追われそんな気持ちも霧消している。

以前働いていた古書店でもお盆は一番の稼ぎ時だったので、頭の中は仕事でいっぱいだったように思う。今年は少し早い日程だったが、たいていお盆の最中にビッグサイトで行われている某イベントにも良く(会社の営業として)足を運んでいたものだ。この仕事に就いてからも、お盆は平常時よりも商売の温度は高めになるので、仕事の方に意識が向いている。

今年は、ちょっと私的な理由でお盆には帰省して手を合わせようか、とも思っていたのだがどう考えても無理なので見合わせることにした。先週会った友人からは「日帰りでも絶対に帰るべき」と手厳しく言われたのだが、無理は無理。ずっとボンクラ長男で通して来たので、今回も弟たちに(手を合わせる対象が全くズレているが)手を合わせてお願いすることにした。こうして段々と帰省しにくくなるように、自分で自分の首を絞めているのだろう…。



okaasandaihyou at 20:00|PermalinkComments(0)ど~でも良いこと 

2018年08月10日

★麦酒

夏になると、なぜか横溝作品の映像がにわかに目に入ってくるような気がする。

この前BSで「悪魔の手毬唄」ほか市川作品をやっているな、と思っていたら、スーパープレミアムでは「諏訪満男」こと吉岡秀隆が金田一役で「悪魔が来たりて笛を吹く」。横溝作品は原作と映像作品は切り離して楽しむことにしているので、今回の作品(演出はあまちゃんの吉田照幸)もホントに楽しめた。NHKにしては大胆な描写もあったし、作り込みもしっかりしていたので、原作至上主義の方はともかく、多くの横溝作品ファンの方々にもアピールできたのではないだろうか。次回はどうやら「八つ墓村」今から楽しみではあるが、それはさておき。

新宿おかあさんテンチョがビールと焼酎を箱買いしているので、何事かと思っていたら、どうやら暑い中足を運んでくださるお客様にお配りしよう、という企画を立てているようだ。すでにサイトやツイートで告知しているように今日からスタート。飲めない方もおられるので栄養ドリンクも準備しているとのこと。入客目的だけの企画ではなく、ちょっとしたお客様への感謝の気持ち、渇いたのどを潤していただこうという素直な気持ちからの企画なので、こういったことはこれからも思いついたらどんどんと企画してもらいたいと思っている。経費面で経理部長に却下されない範囲で…。



okaasandaihyou at 20:00|PermalinkComments(0)半分仕事 

2018年08月07日

★芋粥

カープがどうやらリーグ3連覇しそうな気配が濃厚になりつつある8月。

2年前、25年ぶりにリーグ優勝が決まりそう、いやもう確定だろう、という空気になった時は、それでも実際にその日が来るまで不安だったのだが、昨年、今年とだんだんそんな不安はなくなって、むしろ「まず間違いない」と思い安心して試合を見ていられるようになった。ホントに慣れというのは恐ろしい。が、今のような状態はこれから先ずっと続くわけもなく、必ずまた低迷期もやってくることも分かっているので、調子の良い時くらいは元気に応援しようと思っているワケだ。さて、そんな贔屓チームの話はさておき。

スタートトゥデイ前澤社長の「この国をどうしたいの?」という質問に対して書かれた「仕事を楽しむ労働者を増やし労働生産性の高い国にしたい」という回答についての記事、「なんて分かりやすい文章なんだろう」と思って読んだ。読んだ方の多くはそう思われたのではないだろうか。

「仕事を楽しむ」簡単なようで難しくも思うが「苦しい仕事を楽しめる」もしくは「どんなに苦しい仕事でも苦しいと思わない」人もいるのだろう。もしかしたら苦しい仕事に飛び込まず、いつも楽しいことを選んで仕事が出来る人もいるのかもしれない。そんな人がホントの天才なのだろうか。

なんてことを堂々巡りのようにしばし考えていたのだが「自分はどうか」と考えてみると…やっぱり今まで仕事してきて苦しいこともいっぱいあったな、と。ただ、その苦しい時には、だいたい私とタイプの違う仲間がいてくれて「ま、考え方切り替えてもっと気楽にやろうよ」とか「早くこれ終わらせて飲みに行こう!」と言ってくれていたような、いや確実に言ってくれていたな、と思ったのだ。

前澤社長は、そういった環境の会社を多くの社員に対して作っているのだろう。いや、そういった環境の会社を作ってきたからこそ、あれだけの大企業になったのだろうか。

成功している経営者の本や言葉を読むと、足元ということすらおこがましく、影の先っちょにすら及ばないワケで、ただ「あ~すごいな」と感嘆するだけのことが多いのだが、今回の記事には何だか本田(宗一郎)さんの本を読んだ時のようなすがすがしい感動があった。仕事が苦しい時に読み直すと、少しは何かが救われるような気がする。

できれば仕事が苦しくならないように仕事をするのが正解なのだろうが。。


okaasandaihyou at 23:39|PermalinkComments(0)徒然 

2018年08月04日

★ブログを止めるな!

 3日前、テンチョから「これから毎日みんなで交代してブログ更新をしよう!」と号令がかかったので、また3年前のようにブログマラソンに参加しようと思う次第。ということで…

 是枝監督の最新作「万引き家族」を観てきた。

 映画を観る時、何が一番引っかかるかというと「ここでこのセリフは普通言わないだろう」とか「どうしてこの二人の間だけ時間が止まったかのように周りが関係なくなっているんだ?」とか、如何にも映画的なご都合演出だ。強烈なテーマをこれでもか、と突きつけてくるような映画なら、多少映画的饒舌も気にならないが、見る側それぞれがいろいろとテーマを考察できるような懐の深い(?)良い映画なら、少しでもそういった箇所があれば一気に醒めてしまうもの。そんな私的な映画の見方の範疇で言えば、是枝監督作品はいつも安心してスクリーンに没頭できる。それがずっと是枝映画を観続けてきた一番の理由かもしれない。

 今作も安定して集中して観る事が出来た。そしていつも通り、観た後、各断片を脳内に反芻して余韻を楽しめる作品だった。ここのところ「父性」とは?と問いかけてくる作品が目立つ監督だったけど、今回は「母性」もしっかりと感じる作品でもあった。

 さて、相変わらず長いマクラはここまでにして。

 新宿おかあさんに8年勤めたオカンが先日ついに引退した。隠れファンも多かった名物女性スタッフ(56)だったのだが、諸事情によりついに現場を去った。オカンのことは、彼女が新宿おかあさんに来る前から私は知っていたので、もうスタッフというよりも、何と言うか…初代新宿店長と同じくらいの戦友という存在でもあった。

 先日の投書箱にもオカンの引退を偲ぶコメントをいただいたが、おそらく他にもたくさんのオカンファンの方がおられたに違いない、と改めて思っのたのだ。

 これで新宿事務所は男3人+時々4人(池袋カワサキ)の男所帯となった。いままでチョコチョコとオカンがやっていた細かな事も、このメンバーでやっていくことになるのだろう。在籍おかあさん達もしばらくは喪失感を感じるのは仕方ないが、そこは何とか私達でカバーしながらやっていくしかあるまい。

マクラの方が長くて、本題の方が短いという不格好な内容になってしまったが…オカンについて書こうと思ったらあまりにアレコレありすぎて、一番言いたいことが薄れてしまいそうなので全て割愛。

 オカン、今までありがとう、そしてお疲れ様でした。
カメラ


okaasandaihyou at 20:00|PermalinkComments(0)仕事の話 

2018年07月06日

★新テンチョ誕生

 先日の人間ドックで初の「再検査」結果を受け取ったので、最近は脂モノを極限まで減らし、(肝臓は全く異常なかったけど)酒量も半分以下、ごはんの量も徹底的に減らしているのだが、タバコだけが減らない。アイコスなどの加熱式タバコは絶対に吸う気はないので、止めるならスパッと止めるつもりなのだが、如何せん意志の弱さが邪魔をする。検査結果票にも「是非禁煙をおススメします」と書いてあるし、まもなく「天命を知る」年齢になる身としては、その日までに何とかケリをつけたいと思っているのだが、そんな個人的なことはさておき。

 この7月1日付けで、新宿おかあさんスタッフのケンが新宿店長に就任した。もともと店長としての経験と貫禄は持っていたし、本人もハナから「店長になるつもり」で入社してきたので、入社1年を経たこのタイミングで新宿おかあさん5代目店長になってもらった。

 店長はその役職名を背負ってからが第一歩。ホントの意味で店長になれるかどうかはこれからの彼の仕事にかかっているだろう。店長という役職を渡すのは私の仕事だが、ホントの店長にしてくれるのは、お客様や在籍おかあさん達、そして一緒に働く仲間であるスタッフ達だ。彼にはそこを肝に銘じてこれから新宿おかあさん店長として頑張ってもらいたいと心から思っている。

 ということで…日々ご愛顧いただいてる皆様、頑張って働いて下さっているおかあさん達、どうか今後とも新宿おかあさんをよろしくお願いします。ご意見、ご要望がございましたら遠慮なくお知らせください。新テンチョをビシビシと鍛えていただければと思います。
用心棒




okaasandaihyou at 23:09|PermalinkComments(0)仕事の話