kofun果てしないと思うほど田圃が広がる田舎の風景。
その田圃の真ん中に何故かボツンと小山があった。
小山には木々が生い茂り、なにか怪しい者が潜んでそうな雰囲気を醸す。
ポツンと言ったが存在感は凄く、何者も足を踏み入れてはいけないと思わせる神聖さがあった。
それもそのはず、この小山は古墳であり、どこの寺の管轄かは分からないが墓地ともなっていたからだ。
当然こんな場所は子供達の格好の心霊スポット扱いになり、幽霊が出たとか骨が放置されているとか様々な噂が立ち上っていた。

「あの小山には洞窟があるらしいよ」
誰かがこう言っていた。
恐いもの見たさに心がウズウズする。
探検してみたい。
しかし、1人で行けるほど肝は座ってない。
「なあ、あの墓のある小山を探検してみない?」
と僕はマコちゃんに言った。
マコちゃんを誘ったのは、彼の家がこの小山に近かったからで、何がしかの情報を持っているだろうと思ったからである。
「まえにお婆ちゃんと墓参りで行った事あるよ。なんでも昔のお墓だったみたい」
「洞窟があるの?」
「あ〜なんか穴があったよ。中に入ろうとしたらお婆ちゃんが罰が当るから止めろって言われた」
「ねえ、行ってみようよ。骨とかあるかもよ」
「じゃあ、シンちゃんも誘って行こうか」
「行こう!行こう!」
となった。

マコちゃん家に集合し僕等は小山を目指した。
踏切を渡り、高校を通過したら小山が見えて来た。
三人は小山に向かって田圃の中の畔道を進む。
小山に到着すると僕等はその雰囲気に呑まれ恐れを感じた。
森までは行かないが木々は林を形成し、山の斜面は所狭しと墓石が立てられている。
線香?腐葉土?何なのだろう墓地特有の匂いがする。
怖じ気づく三人。
恐る恐る墓石をぬい小山を上ってみる。
すると頂上付近に見下げる感じで穴が開いていた。
石室と言う穴なのだろう。
そんなことを知らない僕等は、冥界への入り口の様に感じた。
更に怖じ気づく三人。
そして誰が先に入るのか揉める。
穴は横一列で入っていける広さではないからである。
「じゃあ、じゃんけんで決めよう」
となった。

「じゃんけんぽん!」
負けたシンちゃんが先頭、次が僕、しんがりがマコちゃんと決定する。
三人は恐怖の為、グレイシートレインさながら、それぞれ前の者の肩を掴む体制になる。
斜面を下がって行くと穴は横に折れ、続く道には水が溜まっていた。
溜まった水には何故か蛙が生息していて落葉やゴミも沈んでいた。
懐中電灯を持ってくれば良かったと後悔する。
水に浸っている真っ暗な横穴は凄く不気味に映った。
これでまた更に怖じ気づく。
三人で恐る恐る横穴を伺っていたそのとき
ガァ〜〜〜ンンンンン!
鐘の様な音がした。
穴に反響したなんとも不気味な音。
冥界からの警鐘か。
その音が鳴ると同時に僕等は脱兎のごとく逃げ出していた。
走る走る走る。
恐怖に支配され、もう聞こえるのは風を切る音だけだった。

高校の近くまで来たところで僕等は立ち止まった。
息が切れ汗が吹き出る。
「なんだったんだろうあの音は... はぁはぁ」(汗)
「凄い音がしたよ... はぁはぁ」(汗)
僕等はさっき起った恐怖体験を語りだした。
そのとき
「...ごめん、あれ俺が石油缶蹴ったんだ」(汗)
とシンちゃんが告白。
何でも横穴の前に石油缶(一斗缶)が落ちていて横穴を覗こうとしたら思わず蹴ったようだ。
神経を張りつめていた僕等は、シンちゃんが誤って蹴った一斗缶の音に恐怖し逃げ出したと言う訳。
自然と笑いが起り僕等は腹を抱えて笑った。
なんともお粗末な結末。
でも凄く楽しかった。

それ以来、僕等はその古墳へは行っていない。
何か禁忌なものを感じたのか、興味が他のものへと移行したのか。
帰省した時に車窓からその小山を見る事ができた。
周辺は整備され道は広く住宅が立ち並んで当時の雰囲気とはかなり違っていた。
しかし、その小山を見た瞬間頭の中に音が響き渡った。
ガァ〜〜〜ンンンンン!
思わず笑みがこぼれた。
久々の投稿です。
え〜とですね...
寝て起きたら8ヶ月経ってたと...  (ーー;)