質問:
 岡田さんの予想通り、ガンダムのリメイクが安彦さんから発表されました。
 初代テレビとオリジンとは別物だと僕は思っていたので、非常に嫌な気分です。

 劣化したアニメばかりでは、テレビドラマみたいに、もう誰もアニメを見なくなりそうで将来が暗くなります。
 ネットでは喜んでいる人が多いようですが、私のような人間は少数派なんでしょうか? 偏屈なのでしょうか?

 今、富野さんがやったとしても、初代は超えられないと思います。
 新しいアニメに挑む制作者はいないのでしょうか?


――――――――

 ええとね、まず、マスコミの人たちや報道する側の構えとして、「ガンダムオリジンを安彦さんが作る → それに関しては批判もあるが~」なんて文脈は、誰も期待してないと思うんだよ。
 マスコミの人が期待しているのは、「ガンダムが30年ぶりにリメイクされる → ファン大喜び!」っていう結論であって、最初っからその流れで報道したいと思っているんだ。

 なにより、俺以外の……「俺以外の」って言ったら変なんだけど。少なくとも、“まともなアニメ評論家”は全員喜んでいるよ。
 やっぱりね、最近しみじみ思うんだけど、“アニメ評論家”っていうのは、アニメ雑誌とか、アニメのDVDボックスとか、そういう公式な媒体にレビューを書ける人のことを言うんだよ。
 だから、俺みたいなヤツは、正確には“アニメ雑談家”なんだよね(笑)。
 そういう、公式の媒体でアニメのことを発言したり、アニメ雑誌に寄稿したりする人っていうのは、やっぱり、メーカーとかプロダクションに関してネガティブなことは基本的に言わないって。
 その意味では、俺は『ヤマト2202』については「何が良いんだか!」って思ってるし、『ガンダムTHE ORIGIN』についても「本当に、安彦さんは晩節を穢してるよな!」って思ってんだけど(笑)。

 いや、でも、そこも微妙な話でね。「安彦さんは晩節を穢してる」と言いながらも、オリジンって、安彦さんがこれまでに作った『ヴィナス戦記』とか『巨神ゴーグ』というアニメに比べたら遥かに面白いんだよね。なので、実は何が悲しいかって、「安彦アニメとしては、オリジンが最も面白い」というところなんだよな。
 だから、“安彦さんにとっては”ガンダムオリジンをやることは大正解なんだけども。ガンダムにとってオリジンはどうかなと思うんだよね。

・・・

 「ネットを見ると、まあまあ歓迎する意見も多い」というのに関してはね。
 うーん、今時のガンダムを見ている人たちにとっては、初代ガンダムの絵が、いわゆるデジタル的な新しい絵になっているだけで、かなり嬉しいというのもあるだろうし。
 あとね、予告編が上手い! 俺、毎回、騙されるもん! 今度のヤツも、予告編に流れたルウム戦役のシーンを見るだけで面白そうなんだもん!
 ……いや、わかってるんだよ? オリジンの映画なんだから、面白いはずがないんだけども(笑)。
 でも、あの予告編を見たらね、またね、俺、金を払っちゃうと思うんだよ。新宿ピカデリーに行って、出口で苦い顔をしているやつがいたら、それは俺だよ! 「チクショー」って。

・・・

 あとは、「新しいアニメに挑む製作者はいないのでしょうか?」って書いてるけど、いや、そんなことはない。それは言い過ぎ。新しいアニメに挑む人はいっぱいいます。
 先週、俺が「良いよ」って言った『Re:ゼロ』もそうだし、今週になってやっと見始めた『Re:CREATORS』も面白い。
 ……いや、あの、こんなことを言ったら、またコメント欄が荒れると思うんだけど。Re:ゼロにしても、Re:CREATORSにしても、これまで、コメント欄とかお便り欄で「面白いから見てください!」と言われたやつばっかりなんだよ。そう言われても俺は「そんなの見ないよ!」って答えてたんだけども。見てみたら、面白いんだよな(笑)。

「両方イマイチです」(コメント)
 そうですか、はい。

・・・

 「ガンダムのリメイクが不満だ」という気持ちはわかんだるけども。
 もうね、今、ガンダムファンとして残ってくれてる人たちっていうのは、「お台場に実物大のガンダムが出来た → 見に行きましょう」とか「今度は新しくユニコーンが出来た → ちょっと違うなと思うんだけど、まあいいじゃないですか」とか、「シャア専用ザクが出来た → うーん、まあ、気にはなるから見てみましょうか」っていうような“同窓会的なノリ”で見てる人が多いんだよね。
 そういう“同窓会フィルム”としては、『ガンダムTHE ORIGIN』というのは、けっこう良いと思うよ。これだけネガティブな俺ですら、予告編を見て「見に行こう」という気になってるんだから。
 そして、新しいクリエイターは、ちゃんと新しいアニメを作っておりますので、そこらへんは間違わないであげてください。


**************************************

この記事は『岡田斗司夫ニコ生ゼミ』9月3日(#194)から一部抜粋してお届けしました。

動画や全文が気になった方、【ブロマガチャンネル】メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ(月額2,160円)のご入会はこちらから!