ニコ生今夜20:00からのニコ生は、
『ナニワ金融道』で学ぶ『風の谷のナウシカ』、『耳をすませば』でさぐる宮崎駿のすごさ

『風の谷のナウシカ』に関しては、”高畑勲がナウシカは30点と宮崎駿に告げた”点に注目し、その理由に焦点をしぼって解説します。
それは、若かりし二人がマルクス主義者であったことから語る必要があります。
とはいえ、唯物主義とか、マルクス主義とかは、とっつきにくいので、『ナニワ金融道』を使ってわかりやすく解説したいと思います。

前回『ブラ・ナウシカ』コーナーで話しきれなかった4分間のオープニング解説もあります。

『耳をすませば』は、宮崎駿がコンテを描き、近藤喜文が監督した作品。近藤喜文が監督したことで、どこが宮崎作品と違っているのかを探ります。

1/13(日)【ニコ生】『岡田斗司夫ブロマガチャンネル』 岡田斗司夫ゼミ#264 
 タイムシフトはこちら→ https://bit.ly/2FpotuV