岡田斗司夫公式ブログ

  • 岡田斗司夫YouTube
  • 岡田斗司夫アマゾンプライムビデオ
    • 岡田斗司夫ゼミ
    • 岡田斗司夫ゼミ・プレミアム

    カテゴリ:人間関係 > 「4タイプ」の記事一覧

    【4タイプとは?】岡田斗司夫が提唱するメソッド「4タイプ」は、人間関係を円滑にする特効薬です。4タイプは人間を欲求のタイプにより4つに分類します。欲求の方向が外向的か、内向的か欲求の認識が抽象的か、具体的か の組み合わせで4つです。外向的・具体的=司令型外 ...

    「質問です。もしエヴァのキャラクターをそれぞれ(岡田斗司夫の)4タイプに当てはめるとどんな分布図になりますか?例えば注目型のシンジと法則型のゲンドウ、司令型のレイと理想型のアスカは、それぞれお互いにお互いのことを理解できないとか。そういった人間関係はアニメ ...

    この記事は『岡田斗司夫ニコ生ゼミ』2月18日(#218)「シャーデンフロイデの謎とサイコパスのススメ!」から一部抜粋してお届けします。補足:オーバーロード(overlord)は英語で「支配者」もしくは「封建領主」の意。ここでは個人の属する文化集団などの「上位概念」のこと ...

    『へうげもの』の中で描かれる織田信長も、もちろんあの本能寺の変で殺されます。でも、内情がかなり違うように描かれています。「光秀は詰めが甘いから火をかけるだけだろう。そんなものでは安心できない。」と秀吉が考えるんです。そこで、秀吉自身が忍者の格好をして本能 ...

     林先生っているじゃないですか。 「今でしょ!」の林先生ですね。 あの人が友達論というのを語っていて、それがちょっとネットのニュースで炎上していて面白かったんですけども。 昨年の11月に放映された『林先生が驚く 初耳学!』っていうテレビ番組があって、その中で ...

    スタジオ・ジブリを4タイプ的に言うと、宮崎駿は理想型で、高畑勲は法則型、鈴木敏夫は司令型ですね。僕の4タイプを知っている人だったら、もうもうおわかりだと思いますけど。4タイプが何かというのは、勝手に調べて下さい。ただ宮崎駿は、理想型と言ってもやや注目の方に寄 ...

    【4タイプ】1月9日の記事の続きです三田紀房さんの『インベスターZ』は、今年『モーニング』での連載が終わったマンガです。この漫画をベースに、司令型の漫画は「絵が図解みたい」というのはどいうことかを、具体的にコマを見せながら説明しようと思います。これは、主人公 ...

    今回の『4タイプ』のコーナーです。4タイプは、人間を4つのタイプに分ける僕の分類法です。左半分は、効率性や具体性が大事。数値に置き換えて考えたりする司令型、法則型。右半分は抽象的・感情的に考える注目型・理想型です。人間性や人間関係が大事な人たちです。上半分 ...

     4タイプを思いついたのは、だいたい20年くらい前。 その当時は、「これは使える!」って思って、一生懸命、本にしたりしてたんですけど。 最後に本にしたのが10年くらい前で、その時から、「うーん、すごい使えるんだけど、なんか伸びにくいな」と思いだして、もうかれこ ...

    (大学の講義で4タイプの話を)学生にしてる時にふっと思い出したんですよ。そういえば前々から思ってたけど、4タイプはほぼ外見で、というか着ている服で見分けがつくなと。というのは、注目型って、基本的に服がイタいんですよ。これね、俺を含めてそうなんですけどね。 ...

    ↑このページのトップヘ