【蒼天已死】~岡田斗司夫の公式ブログ

オタキング・岡田斗司夫のブログ
【蒼天已死】 そうてん すでに 死す

蒼天=国家システム
已死=すでに滅んでしまった。
国家や民主主義システムはすでに死んでしまった。
いま、時代は「乱世」である。

ほぼ毎日、更新しています。
直接、岡田斗司夫と対話したい人は、ぜひオンラインサロン『岡田斗司夫ゼミ室』に参加してください! https://lounge.dmm.com/detail/103/
お仕事の依頼は gfg04070アットマークnifty.com まで。

DMMサロン

【岡田斗司夫ゼミ室通信】ホワイトベースの指揮系統『機動戦士ガンダム』より

ブライトが、汗をダラダラとかいて、からだもフラフラしています。
(中略)
結局ブライトは、自分が座っている指揮官の椅子から、崩れ落ちて倒れてしまいます。

倒れるブライト
    画像(倒れるブライト) https://bit.ly/2RpF2ug
(中略)
慌ててミライが駆け寄ろうとします。
それを見てセイラが、「戦闘中よ。」と言って止めます。
この、「止める」が大事なんですよ。
続きを読む

【岡田斗司夫ゼミ室通信】マゼラ・トップの魅力『機動戦士ガンダム』より

解説
     画像(全景)  https://bit.ly/2NJowY2

案外かっこいいんですよ。マゼラ・トップが。
これまでねぇ、割とダサいメカの代表だったんですよ。

続きを読む

【岡田斗司夫ゼミ室通信】ハモンの優秀さと冷たさ『機動戦士ガンダム』より

ホワイトベース模型
状況をもう一度まとめると

ホワイドベースがエンジン不調で故障中。
    ↓
故障中のホワイトベースに、ホバークラフトが爆薬を積んで迫ってくる。
続きを読む

【岡田斗司夫ゼミ室通信】ハモンの死に場所 『機動戦士ガンダム』より

マゼラ・トップの中のハモン、真正面のシーンです。

ハモン
     画像  https://bit.ly/2MlZBEp

タチ中尉の作戦注意を思い出しています。
「第一波の攻撃を敵の最も弱いと思われるところにかけます。」

この部分ですね、矢印指してる所。
続きを読む

【岡田斗司夫ゼミ室通信】手塚治虫にはできなかった実写的演出術 『機動戦士ガンダム』より

前回の「死闘!ホワイト・ベース」でランバ・ラルの精鋭部隊はホワイトベースに乗りこんだけれど全滅、ランバ・ラルも死んでしまいます。それでも、ランバ・ラル隊にはまだ残された者がいて、まだ戦意があったというところで前回が終了、今回の「激闘は憎しみ深く」になります。

ではシーン1からいきましょう。

今回シーンという言い方をしてみます。実写映画で撮ったらどういうふうなシーン進行やカット割りになるのかという視点で解説していきます。

シーン1、いきなり砂漠の夕日から始まります。夕日をなぜこんなデカく描いているのかというと、これ、砂嵐が起きている時の夕日なんですね。だから、ギラギラ光っています。おまけに風が吹いて、太陽がユラユラユラユラしているところから始まります。

続きを読む
[無料]メルマガ 毎日配信中!
            
  • メールアドレスを入力して送信でOK!
  •         
  • 規約
[無料]表放送が生で観られる
[無料]表放送が後で観られる
[有料]裏放送もいつもOK
_SS500_

会費:月額500円(税抜)   登録はコチラ
[有料]全アーカイブ見放題!
_SS500_

会費:月額2,000円(税抜)   登録はコチラ
[有料]会いに行けるサロン!
_SS500_

会費:月額5,000円(税抜)   登録はコチラ
Twitter
記事検索
QRコード
QRコード