2008年02月05日

第14回岡崎塾定例会☆

最近は寒いですね…

横田です

先日の第14回、岡崎塾定例会では…

●「社会人面談100本ノック」についての報告

●メルマガ取材について

が主なテーマでした☆

その中で出てきた話題について…

「自分がしている仕事の意味、世の中にどういう影響を与えているかが感じられないと、仕事に対してのモチベーションが上がらないのではないか」
というような話がありました。
(言い方はちょっと違いますが、おそらくこのようなことを言いたかったのでしょう。)

その例えのひとつに「社会貢献ができる仕事」という話が出てきました。
岡崎社長曰く

「最近社会貢献を自分の軸に挙げる人が多い」

ですが、
世の中のほとんどの仕事は社会貢献的な意味を成している
のではないかと私は思います。

先ほどの話の結論としては、仕事の意味は外に求めるものではなく、

自分の中での考え方なのだということになりました。

少し話は変わりますが、
最近、モチベーションについて考えるところがありました。

人間のモチベーションが生まれるのは、
何かをやり遂げたときに感じる報酬により引き出されるのだそうです。

人から褒められる、何か賞をもらう、人から認められるなど、
どんなちいさなことでもよいから、

成功体験を積んでいくことが重要なのです。


脳の中では何らかの成功体験=報酬が得られると、
そのような結果をもたらす原因となった行動にさかのぼり、
その回路を強化するような学習が起こる。
情動系で働く神経伝達物質が、そのような学習を促進するのである。
(茂木 健一郎「脳の中の人生」より抜粋)

一日必ず目標を立てることの大切さはよく言われますが、
このドーパミンを生み出すため、という風に考えれば納得がいきます。

さらに、このドーパミンは「苦しい状況を打開した」時に大きく分泌されます。つまり、ある程度の負荷を自分にかけてやるってことですね。

「気合」や「根性」といったものは、
この負荷にどれだけ耐えられるかということなのでしょう。

何にせよ、この

モチベーションを引き出すための仕組み作り

成功体験によるドーパミンを放出させる習慣作り
が重要ってことですよね

これはまさに自分の中で生み出していくものだと考えさせられました。
長くなりましたが、僕もこうやって3期生の先輩として定例会に参加
していく中で、色々な発見があるのです☆



 



2008年01月30日

第13回定例会☆3期生メルマガ配信開始☆

こんにちは

横田です。

2月1日より、岡崎塾3期生による

社会人訪問メルマガ配信が開始されます

このメールマガジンは、
岡崎塾3期生7名が社会人にインタビューを行い、
読者の方々の「就職観」、「職業観」、「人生観」を考えるための
ヒントやきっかけを掴んでもらうためのメルマガです。

メルマガは、平日5日間、
3月末まで毎日更新してまいりますので、乞うご期待ください。

就職活動が忙しくても、色々な方の生き方が学べます♪
メルマガ「就活生必見☆社会人インタビュー」
ご登録はコチラから→ http://www.mag2.com/m/0000256842.html

 

 

 



2008年01月24日

第12回岡崎塾定例会☆

こんにちは

岡崎塾事務局の横田です。
今週は、社会人訪問メルマガPJについて、

「メルマガ配信の準備と計画について」
がテーマでした。

前回と同様、3期生に話し合ってもらって…

配信開始日 

 2月1日から配信
配信スケジュール(週何回配信?)

 週5日、平日配信
目標配信件数

 2期生(42件)超え
目標読者数

 2期生(300人程)超え
3期生ブログの作成

 担当井上
メルマガ告知について

 担当寺田

となりました☆
2月1日の配信開始に向けて頑張ってください



2008年01月18日

第11回定例会★〜メルマガPJ指導!!〜

こんにちは★
岡崎塾事務局の横田です

1月17日水曜日、岡崎塾定例会が行われました!
今回の議題は…

■「社会人100人面談」のルール決めとやり方

■自分の就活方針発表

■メルマガ編集長及び3期生リーダー決め

■メルマガ準備と計画

まず、「社会人100人面談」ですが、これは3期生で
10分間グループワークをしてもらい、ルールとそのやり方を
決めてもらいました。

話し合った結果…

◎面接が本格化する4月までに100人達成
◎社会人に、自分の仕事観を伝え、フィードバックをもらう。
◎定例会の前日に、MLで状況報告

となりました。
目標に向けて、3期生一丸となって頑張っていただきたい!!

その後、3期生それぞれが自分の就活方針を発表。
みんな以前より伝え方がうまくなっていました。成長を感じます★

最後にメルマガ編集長が紅林君に決まり、次回から本格的に
社会人訪問メルマガが開始になります!!!

紅林君、頑張ってください!!


3期生のみなさん、今後の活躍を期待してます★

 



2007年12月26日

第10回定例会☆〜年納め!〜

こんにちは☆

岡崎塾事務局の横田です
昨日、岡崎塾の第10回目の定例会が行われました

今年最後の定例会ということで、お酒を交えながら
遅くまで談義が続きました。

今回は、岡崎塾1期生の柴田さんや、
東京外語大学4年の森高といちゃん、友達の中原瞬君に
参加していただき、大盛り上がりで1年を締めくくることが
できました☆

第10回定例会

 

 

 

 

岡崎塾3期生のメイン活動である

「社会人訪問メルマガPJ」も始まり、

お互いが仕上げた記事に対して意見を出し合いました。

ここで私が感じたのが「仮説を持つことの大切さ」

「人によってはなかなか本音を出さない人もいる。だからこそ、
自分なりの仮説を持って質問をぶつけていく必要がある」

と私は思います。

岡崎塾3期生、これからの取材記事の発展が期待できそうです(^∀^)

定例会の最後の方で、また改めて自分の軸についての議論が…

最終的に、軸とは「自分の譲れないこだわり」だということに。
1期生の先輩の言葉を借りれば、

「自分の信念」ということですネ

 



2007年12月19日

第9回定例会☆

こんにちわ

岡崎塾事務局の渡辺です。

12月17日に第9回岡崎塾定例会が行われました!

 

今回はトレンド・プロの社長、岡崎の旧来の親友、

呂さんと、呂さんのご紹介で大学院生のタケヨシさんを迎え、

定例会を行いました。

 

今回話題になったのは 「最初の企業は重要か。」

 

就職活動をはじめる際、学生は特に受ける企業や行く企業を、

規模で選んでしまいがちな印象を受けます。

また、後悔したくないと、コレと納得するところと縁がでるまで

こだわりを持って頑張る方もいます。

 

どちらも 最初に 就職する企業を重要に考えているからでしょう。

重要だと思うのは、ずっとその企業にいることや、何らかの目的に

間違いなく”最短で”着きたいということを考えているからなのではないでしょうか。

 

呂さんは、その点に関して逆に

「転職に対してどのような認識がある?」と塾生に問いました。

 

これに対して、一つの答えはありません。

 

しかし、呂さんは現在の状況になってみて、感じることがあると

話してくださいました。

 

一つ目の企業から受ける影響は大きいということです。

会社といっても、人間のかたまり、組織です。

 

企業ごとにおどろく程 「文化の違い」 があるそうです。

 

そして、最初の企業の価値観は、

その人の何らかの判断や行動に対し、確実に影響を与えていく

そうです。

 

そのような点を踏まえ、呂さんは、

2・3社、違う文化を経験しておいても良かったと感じるそうです。

 

 

この、企業文化の話でも、前回の 「軸」 の話が話題にのぼりました。

 

企業には世間の常識とはまた違った常識がたくさんあります。

会社に勤め続けるには、その文化に抵抗を感じても、

受け入れていく気持ちが必要です。

 

しかし、その慣習に染まるだけではその方の成長にならない場合もある。

周りと一緒でなくとも、自分の成長にとってすべき行動はとっていくのがよい。

 

成長を続けるためには、受け入れた上で

 

自分の行動を決めていく必要があるのです。

 

それには、自分の中にぶれない軸が必要なのです。

 

今回は、違う観点からも、軸の重要性を再認識しました。

 

 



2007年12月12日

第8回定例会☆〜自分の「軸」って?〜

こんにちは
事務局の横田です。

12月10日に、岡崎塾の第8回定例会が行われました

今回話題になったのが自分の仕事、いわゆる「軸」について。
説明会などに参加する中で、ピンと来た企業を受ける人がいます。
就活は恋愛に例えられることがよくありますが、

 

そこには大きな落とし穴があるのです

説明会に参加すること自体は全く問題ないのですが、
企業は、学生確保のために、多少なりとも演出が
含まれていることを忘れてはいけません。

物事の本質を見極めることが出来なければ、

それは非常に危険なことなんです!!

では、どうしたら見極めることができるのか?

その判断基準となるのが「自分の軸」なんです。

今回の定例会のあとに、

『今日のディスカッションの中で「軸」の大切さについてやっと理解できました。
そして、OB訪問でなぜ「どういう人が、どういう考え方で、どういう仕事をして、
どういう成果を得ているか」を聞くのが大切か、という意味がわかりました。』

というコメントを残してくれた3期生。

来週からは、ついにOB訪問メルマガPJも指導するようで、
ますます楽しみです

最後に、先週土曜に行われた
「岡崎塾クリスマス&忘年会」の写真を載せておきます☆


 岡崎塾クリスマス会

 

 

 

 

みんな、だいぶイイ感じに酔っ払ってます(笑)
中には、この日の記憶がないという塾生も・・・



2007年11月23日

第6回定例会

こんにちは。岡崎塾事務局の渡辺です。

少し遅れてしまいましたが、11月19日(月)に行われた、

 

 第6回 岡崎塾定例会 のご報告です。

 

前回の定例会で一つ、宿題がありました。それは、

「OBと一人連絡をとり、訪問してみる。」

 

そこで今回は、一人一人が訪問した方について

意見をシェアしあいました。

 

その中で、一人起業家を目指し、銀行に勤めている方の

話がありました。

銀行に勤めていた方の話が二つでてきたことで、

思っていた以上に、銀行というところの体質が特殊(?!)なもので

あることが理解できたように思ったのですが、

 

さらに、社長から一言。

 

「起業したいのなら、早いうちにやめるべき。

銀行は特に、とにかく失敗させない、冒険させない方針。

 

経営者になりたいと思ったら、それに染まってはおしまいだ!」

 

目指すところが、一つ目で就職した企業で上に行きたい

というものなら、エリートコースを進んで行ってもそれは

問題ないでしょう。

 

ですが、起業を目指しているならば、

その企業に優秀さを見初められたからといって、

位を上げられズルズルとそこに身を置いていると、

取り返しのつかないことになることもあるのかもしれません。

 

私はまだ実際に働いているわけではないので

実感がないですが、染まるということが本当にあるそうです。

 



第5回定例会

こんにちは。岡崎塾事務局の渡辺です。

少し遅れてしまいましたが、11月12日(月)に行われた、

 

 第5回 岡崎塾定例会  のご報告です。

 

岡崎社長は、「今の意見、君はどう思った?」

と必ず三期生の皆にふりますが、

第六回は、そこで答えた三期生の一人に、檄が飛びました。

 

「●●の話を聞いてどう思ったか、聞いたんだ。それを肯定もせず、

否定もせず、なかったことにして自分の意見にすり替えてしまう

のは、失礼に当たる。」と。

 

私も自分を振り返ってみると、人の話を聞いて、同意も否定もせず、

自分の価値観を述べてしまうことはやはりあります。

今後意識して気をつけていきたい点だと感じました。

 

 

さて、今後三期生は、OB訪問がはじまります!!

 

その意義と、目的について、確認がありました。

聞くべきことは唯一つ。

 

それは、

『 どういう人が、 どういった考えで、

どういう仕事をして、どういう成果を得ているか。 』

 

何人にも聞いていくと、

どのような人物がどのような成果を上げているのか、

段々とわかってくるということで・・・

 

今後を、是非期待したいと思います!!

 

 

 

 

 



2007年11月06日

第4回定例会

こんにちは。岡崎塾事務局の渡辺です。

11月5日(月)第4回定例会が行われました!

 

本日は、GDに取り組みました。

1回目の議題は、「学生と社会人との違い」について。

答えはあってないようなものなので、

話し合いの結論が見えず、あっという間に時間が過ぎ去り、

結果、不満足なものとなってしまいました・・・

 

いい点悪い点もそれぞれありましたがそれは、割愛します。

 

このように、就職活動のGDを想定したものでも、

社長は仕事と結びつけてアドバイスをしてくださいました。

 

 仕事上で問題が発生したとき、

  それは視点の多い人が必ず勝つ。解決できる)

 

 

◆.▲ぅ妊△鬚箸砲く承認していくこと。

 

 否定的なことは言わず、「それいいね。」しか言わなくてもかまわない。

 承認されれば、メンバーはどんどんアイデアを出したくなり

 生産的な話し合いになる。

 

 流れを作っているのが承認している人だというのは、

 外から見ていてもわかるもの。ポイントは高い。

 

 

 さて、その後プレゼンの極意も教わり、第二回目のチャレンジ!!

 

 『公園に木が一本あり、その一番太い枝が折れています。

 原因はなんでしょうか。』

 

第二回目は、それぞれが意見を承認しあい、

とにかく多くの視点を出すことを目標にしました。

そして出てきた意見を最後ひとつにまとめるのではなく

(今回の場合は)カテゴライズする結果になり、

とてもいい流れで、結論にたどり着くことができました。

 

 

第一回目と2回目を比べると話し合いのやりやすさも、

アイデア量も違い、さらに結論もしっかりと導きだすことができました!!

素晴らしい

 

意外にも(?!)GDを通して、承認の大切さを改めて実感することが

できました!

 

 

 

 

 



  ★岡崎塾3期生ブログ★

岡崎塾3期生によるブログ
「岡崎塾生就活日記」はコチラ★
    ★岡崎塾って??★
螢肇譽鵐鼻Ε廛社長岡崎充による、学生と共に学び成長する人生塾。
「どんな時代、どんな会社でも、通用する人間になるための成功哲学」を学ぶことを目標としている。
   ★塾長岡崎の素顔★
過去の活動(メルマガPJ)
就活生必見!!社会人内定者訪問記 メルマガ登録はこちら

登録解除


powered by まぐまぐトップページへ
訪問者数