2018年10月23日

25日から、イギリス入り

慌たゞしく、準備している
女王さまが微笑んでる

寒い土地だからアレコレ、あったかグッズ詰め込んだ
なんとかなるとは思っても、ヒースローからブライトンまで
1人移動は緊張するし、体力がいる
なにしろ、小さい身体は子供に見えるらしく
入国の質問がやたらに、多いのだ!

新しいイギリスの版画材料求めに
あらたなモチーフ探しに
イングランドのヒカリと色を観に
1ヶ月程、遊学?です

版木たちよ、留守番お願いね!

IMG_1311IMG_1309IMG_1310

(14:25)

2018年10月06日

大判刷り

UK入り前の一仕事
2019の手帳カバー、80名のためにデザインプリント

小さい私のカラダに合う大判刷りは
版をおくりながらの地道な作業
型染めの様にひと刷り、ひと刷り、おくりなが刷る
楽な様で。かなりの集中力と体力が必要
何より、感覚と遊びココロが一番!

仕上げに金銀のラメをおとしこむ
モチーフのトリのくちばしにポツリ、ポツリとおとしこむ
ひとつひとつ、ヒカリをあつめ
あたらしい年へとむかい、輝きがひろがるように、、、

ちいさな力でおおきな面にむかいながら
そんなことを希いながらに
思いが伝わり、叶うことをも希いながら、、、


IMG_1109IMG_1108IMG_1115IMG_1113

(17:15)

2018年10月03日

作品が
額装されると、なぜか人の作に感じる
なぜだろう?
額縁屋さんの、職人の手と息が入り込むからだろう
なぜかそうみえる

版画生活22年ほど、ワガママな長いお付き合いのK額縁屋
今年で、閉められるそうだ

最後の依頼の作品たちを並んでながめる
落ち着いた空気が流れる

お嫁入りする前の儀式の様にご挨拶
新たなる思いを抱くココロがみえる

そして、大きく息を吸い込んだよ

IMG_1112IMG_1110

(11:51)