2018年07月03日

路線価発表 その結果は・・

国税庁は、相続税や贈与税の算定基準となる2018年分の路線価を公表しました。
全体的に上昇し、都道府県別は上昇率トップは沖縄県だそうです。
ちなみに全国最高路線価は、33年連続で東京・銀座の鳩居堂前で、1崚たり4432万円です(た昨年の4032万円)1坪で1億4600万円とは・・)  

Posted by okaken44 at 06:00Comments(0)

2018年07月02日

日銀短観悪化

日銀が発表した6月の企業短期経済観測調査(短観)は、大企業製造業の景況感を示す業況判断指数(DI:業況が「良い」と答えた企業の割合から「悪い」と答えた割合を差し引いた数値)が前回3月調査から3ポイント下落のプラス21となり、平成24年12月以来5年半ぶりに2期連続で悪化したようです。
3カ月後を示す先行きはプラス21で横ばい。原材料価格の高騰や人手不足に加え、トランプ米政権の保護主義的な通商政策も企業心理の悪化に影響したようです。
なかなか景気が良くならないですね。  
Posted by okaken44 at 10:14Comments(0)

2018年06月27日

日銀、企業の4割の大株主

日本株市場で日銀の存在感が一段と高まっています。
上場投資信託(ETF)を通じた保有残高は時価25兆円に達し、3月末時点で上場企業の約4割で上位10位以内の「大株主」になっており、そのうち5社では実質的な筆頭株主。
日銀はETF購入を国債購入と並ぶ2%物価目標達成の手段としており、株価が上がっていますが、いつかは売却しなければならないので日経平均はいつか暴落すいるかも・・・
金融市場ではいびつな形態になっています。  
Posted by okaken44 at 14:55Comments(0)

2018年06月11日

医師のためのFPサイト開設

ドクターにこそFPが必要!弊社では厚生労働省などの官公庁や大手企業にてFP顧問やセミナーを手がける独立系FP会社です。(FPとはファイナンシャルプランナーの略です。)
医師に特化したマネー相談をしており、ライフプラン、節税対策、資産運用、保険、住宅、相続に関する相談もしています。
詳しくはホームページにて記載しています。アドレスは以下の通りです。
http://14fp.com

このホームページ開設による、3点のメリットをご案内致します。
■豊かで安心した生活設計が可能
ライフプラン、キャッシュフロー作成でお金の流れを見える化できます。
保険の見直しで、多く払っていた保険料が減らせます。
節税対策、お得情報あります。

■真の独立系FPによるマネー相談が可能
保険や金融商品などを斡旋しません。
医師相談の経験豊富なファイナンシャルプランナーが在籍しています。

■リニューアルオープン価格で相談料が安い
通常20,000円のところ、なんと今なら5,000円/回です。
1回5,000円で、時間制限はありません。納得がいくまで相談が可能です。

この件で何かご不明な点がありましたら、お気軽にお問合せ下さいませ。
今後とも弊社をどうぞ宜しくお願い致します。
---------------------------------------------------------------
  
Posted by okaken44 at 12:44Comments(0)

2018年06月01日

教育費が払えない

大学進学者の半分以上は奨学金を借りているようです。つまり現在40代~50代の人たちは教育費の形成ができていないことになります。最近の20,30代はしっかりと教育費を貯めているのに。
その理由は・・・
これは児童手当(こども手当)が2010年から支給されているからであって、それまでは手当代わりに税金が安くなってつかってしまているのです。
また40代~50代の人は住宅ローンを思いっきり借りて、定年後までローンが残る人も多いです。毎月の返済額を抑えるために長い期間で借りてしまうと、定年後までローンが残ることも考えられます。
子どもたちには社会人スタートがマイナススタートにはしたくないですね。
しっかりと早いうちから教育費貯めておきましょう!
  
Posted by okaken44 at 11:36Comments(0)

2018年05月22日

2040年度に、社会保障給付費は188兆、やばい!

65歳以上の高齢者数がほぼピークを迎える2040年度に、社会保障給付費は188兆〜190兆円(現在の1.6倍)となるとの推計を、政府が公表しました。
高齢者の医療や介護、年金にかかる費用が増えるためですが、このままでは国家破たんで、やばい!
間違いなくこれから社会保障費が厳しくなるので今一層の自助努力が求められます  
Posted by okaken44 at 08:41Comments(0)

2018年05月17日

金利40%の定期預金

一瞬疑いました。外貨預金で年利40%の金利です。
SBI銀行の外貨(南アフリリカランド)1ケ月の定期預金キャンペーン金利が南都40%です。
もともと金利高く通常でも6%ですが、40%とはすごい。
しかし円高リスクがあることはもちろん注意ですよ!  
Posted by okaken44 at 07:30Comments(0)

2018年05月16日

年収1500万円の手取り額

「年収1500万円の手取り額」を計算してみましょう(扶養者無、保険等など加入無)

所得税:給与所得控除 220万円 + 社会保険料控除 217.5万円 + 基礎控除 38万円 = 475.5万円
課税対象額:年収1500万円 - 所得控除 475.5万円 = 1024.5万円
課税対象額 1024.5万円 x 10% -97500円 = 92.7万円×1.021(復興増税)=94.6万円
住民税:給与所得控除 220万円 + 社会保険料控除 217.5万円 + 基礎控除 33万円 = 470.5万円
課税対象額:年収1500万円 - 住民税控除 470.5万円 = 1029.5万円
所得割 1029.5万円 x 10% + 均等割 5000円 - 調整控除 2500円 = 103.2万円
所得税住民税=1,978,000円

社会保険料は年収の約14.5%ですから1500万円×14.5%=217.5万円
よって1500万円ー197.8万円ー217.5万円=1084.7万円
約1084.7万円になります!
  
Posted by okaken44 at 16:13Comments(0)

2018年05月15日

年収1000万円の手取り額

続いて、年収1000万円の手取り額」を計算してみましょう(扶養者無、保険等など加入無)

所得税:給与所得控除 220万円 + 社会保険料控除 145万円 + 基礎控除 38万円 = 403万円
    課税対象額:年収1000万円 - 所得控除 403万円 = 597万円
    課税対象額 597万円 x 10% -97500円 = 49.95万円×1.021(復興増税)=50.99万円
住民税:給与所得控除 220万円 + 社会保険料控除 145万円 + 基礎控除 33万円 = 398万円
    課税対象額:年収1000万円 - 住民税控除 398万円 = 602万円
    所得割 602万円 x 10% + 均等割 5000円 - 調整控除 2500円 = 60.45万円
    所得税住民税=1114,400円
社会保険料は年収の約14.5%ですから1000万円×14.5%=145万円
よって1000万円ー111.44万円ー145万円=744万円
約744万円になります!
子の年収アあたりから所得税増税で、年収に対する手取り率が下がってきますね。
  
Posted by okaken44 at 12:39Comments(0)

2018年05月14日

年収750万円の手取り額

前回(年収500万円)に続いて「年収750万円の手取り額」を計算してみましょう(扶養者無、保険等など加入無)

所得税:給与所得控除 195万円 + 社会保険料控除 108.7万円 + 基礎控除 38万円 = 341.7万円
    課税対象額:年収750万円 - 所得控除 341.7万円 = 408.3万円
    課税対象額 408.3万円 x 10% -97500円 = 31.08万円×1.021(復興増税)=31.7万円
住民税:給与所得控除 195万円 + 社会保険料控除 108.7万円 + 基礎控除 33万円 = 336.7万円
    課税対象額:年収750万円 - 住民税控除 336.7万円 = 413.3万円
    所得割 413.3万円 x 10% + 均等割 5000円 - 調整控除 2500円 = 41.58万円
    所得住民税=732,800円
    社会保険料は年収の約14.5%ですから750万円×14.5%=108.7万円
よって750万円ー73.28万円ー108.7万円=568万円
約568万円になります!

  
Posted by okaken44 at 14:58Comments(0)

2018年05月11日

ドクターのためのFPサイトがオープンしました

医師歯科医師に特化したFP相談サイトである「ドクターのためのマネークリニック」がオープンしました。ドクターに特化したFPサイトです。
ドクターには非常に好評のサイトです。ぜひご覧ください。
オープン記念として相談料が通常20,000円→5,000円です。
ドクターの皆さまぜひご活用下さい!
http://www.14fp.com
  
Posted by okaken44 at 10:59Comments(0)

2018年05月10日

年収500万円の手取り額

前回「年収380万円の手取り額」の反響が大きかったのでこのシリーズを年収ごとに続けます
今回は「年収500万円の手取り額」を計算してみましょう(扶養者無、保険等など加入無)
所得税:給与所得控除 154万円 + 社会保険料控除 72.5万円 + 基礎控除 38万円 = 264.5万円
    課税対象額:年収500万円 - 所得控除 264.5万円 = 235.5万円
    課税対象額 235.5万円 x 10% -97500円 = 13.8万円×1.021(復興増税)=14.08万円
住民税:給与所得控除 154万円 + 社会保険料控除 72.5万円 + 基礎控除 33万円 = 259.5万円
    課税対象額:年収500万円 - 住民税控除 259.5万円 = 240.5万円
    所得割 240.5万円 x 10% + 均等割 5000円 - 調整控除 2500円 = 24.3万円
所得税住民税=383,800円
社会保険料は年収の約14.5%ですから500万円×14.5%=72.5万円
よって500万円ー38.38万円ー72.5万円=389万円
約389万円になります!  
Posted by okaken44 at 17:59Comments(0)

2018年05月07日

年収380万円の手取額は?

年収380万円の手取り額はいくらでしょうか、計算してみましょう(扶養者無、保険等など加入無)
所得税:給与所得控除 130万円 + 社会保険料控除 54万円 + 基礎控除 38万円 = 222万円
    課税対象額:年収380万円 - 所得税控除 222万円 = 158万円
    課税対象額 158万円 x 5% - 0円 = 7.9万円×1.021(復興増税)=8.06万円
住民税:給与所得控除 130万円 + 社会保険料控除 54万円 + 基礎控除 33万円 = 217万円
    課税対象額:年収380万円 - 住民税控除 217万円 = 163万円
    所得割 163万円 x 10% + 均等割 5000円 - 調整控除 2500円 = 16.5万円
所得税住民税=245,600円
社会保険料は年収の約14.5%ですから380万円×14.5%=55万円
よって380万円ー24.65万円ー55万円=301万円
  
Posted by okaken44 at 08:47Comments(0)

2018年05月01日

今日は「メーデー」

今日から5月、メーデーともいわれます。
日本では働く人たちの集会の日のようですが、メーデーは「May Day」つまり「5月の日」で、世界各地で毎年5月1日に行われる祭典のことです。ヨーロッパでは夏の訪れを祝う意味を持った日。一方「労働(者)の日」(Labour Day)とも言われます←日本はこちらですかね
ゴールデンウィーク真っただ中で10連休の会社も(うらやましい…)  
Posted by okaken44 at 14:27Comments(0)

2018年04月27日

新入社員「プライベートを優先したい」過去最高

「2018年マイナビ新入社員意識調査」結果によると、「プライベートを優先したい」が63.2%で、調査開始以来最高。「仕事優先」(36.7%)とは26.5ポイントの差。11年の調査開始以来減少傾向にあった
「仕事への期待」では、「期待している」が74.1%で過去最高(前年比6.1ポイント増)のようです。
働き方改革と言え、仕事もっと頑張りましょうよ、新入社員の皆さん!  
Posted by okaken44 at 16:25Comments(0)

2018年04月19日

65歳以上人口27.7%

総務省によりますと。総人口は1億2,670万6,000人で、前年比22万7,000人(0.18%)減で、減少は7年連続。その中でいわゆる「高齢者」(65歳以上)人口は3,515万2,000人(同56万1,000人増)でその割合はなんと27.7%となり過去最高となりました。
高齢派の割阿賀27%4人に一人ですよ。そのうち3人いひとりでしょう。
しかしいまや65歳以上を高齢者というのでしょうかね?  
Posted by okaken44 at 08:38Comments(0)

2018年04月13日

日本の総人口 7年連続減少

総務省が発表した人口推計によりますと、日本の総人口は1億2670万6000人で、前の年よりも22万7000人減って、7年連続の減少となりました。
出生数より死亡数が多いので当たり前ですが、このまま日本の人口減ると国力が落ちます。子供たちの世代が将来心配です・・・  
Posted by okaken44 at 16:30Comments(0)

2018年04月09日

物価上昇、要因は肉?!

政府がデフレ脱却で重視する消費者物価指数は2月に前年同月比0・5%上昇と8カ月連続上昇しました。その要因としていろいろとありますが、値上げ要因の一つが「肉」とは本当でしょうか。    今は “肉ブーム”で内閣府もそれを認めているようです、食品の中でも生鮮肉が指数の伸び率が多いようです。
最近は「肉フェス」開催などが相次ぎ、赤身肉や熟成肉が大人気となる中、需要の高まりが肉の値段を押し上げつつあるようですね。  
Posted by okaken44 at 11:07Comments(0)

2018年04月06日

ソニ―生命の架空契約多発

ソニー生命保険の社員から架空の生命保険契約で現金をだまし取られる被害が相次いだ問題で、金融庁が同社に立ち入り検査に入っているようです。業務の成果に応じて賃金が支払われる「完全歩合制」の給与形態が事件を招いた可能性があるとして、実態の把握に乗り出した。
被害は、顧客からの問い合わせで発覚し、ソニー生命が昨年7月に発表した。香川県内で営業を担当していた元男性社員が2009年9月〜17年4月、6人の顧客と架空の生命保険契約を結び、計1億3521万円をだまし取ったという。昨年9月には、広島県内の元男性社員が同様の手口で複数の顧客から現金数千万円をだまし取っていたことも判明。広島県内の男性社員は今年1月に逮捕された。
外資系は完全歩合制だから、契約の件数や金額によって年数千万円を稼ぐ社員もいる一方すぐやめる人もいます。完全歩合のひずみが出ていますね。  
Posted by okaken44 at 09:16Comments(0)

2018年04月03日

「保育園落ちた」4人に1人

今年4月の入園に向けて保育所に申し込んで落選した子供が60,000にもなり、4人に1人が落ちた計算になります。
待機児童の問題が特に都市部に集中しておりなかなか解消しません。
このままではまた「保育所落ちた本死ね」と投稿されるかもしれません。日本発展のために重要なことですから政府はもっと対策をとってほしいですね。
  
Posted by okaken44 at 09:16Comments(0)