2017年07月20日

物価上昇、またまた先延ばし

日本銀行は物価見通しを下方修正し、目標とする「物価上昇率2%」の達成時期を、これまでの「2018年度ごろ」から「19年度ごろ」へ1年間先送りしました。
日銀の想定通りに企業の賃上げが進まず、物価上昇に波及していないためのようですが、これで南海先延ばししたのでしょうか。
物価上昇率の見通しは、17年度平均は4月時点の1・4%から1・1%に、18年度は1・7%から1・5%、19年度は1・9%から1・8%にそれぞれ引き下げました。
雇用情勢は改善しているのに賃金が上がらない....。
当社は賃金上げたのに.....
  

Posted by okaken44 at 13:34Comments(0)

2017年07月19日

国の赤字が続く・・・

政府は国と地方の財政収支を2020年度にプラスにすると計画していましたが、バブル並みの経済成長しても8.2兆円の赤字になると見通しです。バブル並みの景気はありえないでしょうし、ますます国の謝金が増えるのでしょう。いったい日本はこの先どうなるのでしょうか、行く末が心配です  
Posted by okaken44 at 09:01Comments(0)

2017年07月18日

ふるさと納税、昨年度は過去最高

2016年度のふるさと納税額は2,844億円と4年連続で過去最高を更新したようです。地元の3品や被災地復興支援などで人気のようです。一方で高額返礼品で納税者の関心を引きつけているようです
しかし自治体によっては過度な返礼品で総務省にストップをかけられている事自体もあります。また都市部の自治体の税収間も懸念されています。
ふるさとので少し騒がれすぎなのでのでするなら早くした方がいいかもしれませんね!
  
Posted by okaken44 at 09:25Comments(0)

2017年07月14日

物価がgいまいちあがらない

日本銀行は、2017年度の物価上昇率の見通しを下方修正する方向で調整に入ったようです。景気回復で人手不足感が強まり、賃金は上昇していますが、消費者の節約志向は根強く、価格に転嫁できない企業が多いためのようです。確かに節約志向は高いと思います。
日銀は4月に示した「1・4%」から、1%強に引き下げる公算が大きいです。18年4月に、目標とする「2%」を達成するのは極めて難しいようですね・・・  
Posted by okaken44 at 09:14Comments(0)

2017年07月12日

アルゼンチン100年国債の申込殺到

アルゼンチンの100年国債への申込が投資家から殺到しているようです
150億ドルの新発債に対し、入札額は650億ドル以上に達したといいますから、驚きます。
100年ですよ。しかもアルゼンチン。アルゼンチンは過去6回も破たんした国です。
債務不履行(デフォルト)に陥った国の100年債を購入するとは考えられませんが、やはり魅力は金利7.9%という高金利やアルゼンチンの成長性でしょうか?政界のお金がタブついているのがよくわかりますね。  
Posted by okaken44 at 08:17Comments(0)

2017年07月11日

貯蓄1000万円以上の人の割合は?

「40代の単身者」で貯蓄1000万円以上の人の割合は?という調査がありました。
年収によって貯蓄額が変わりますが、
・年収300万円未満:9.1%・年収300〜500万円未満:18.2%・年収500〜750万円未満:40.4%・年収750〜1000万円未満:71.4%、だそうです。
40代では、年収300〜500万円未満の人ではおよそ2割が、年収500〜750万円未満の人ではおよそ4割の人が、1000万円以上の貯蓄があると答えています。年収750〜1000万円未満の人では、なんと7割以上になります。
以上の結果から、どのように感じたでしょうか?「1000万円貯めている人が意外多い!」と驚いた人もいるかもしれません。ボーナスシーズンです、これから貯蓄をがんばりたいと思っている人は、ぜひ参考にしてください。  
Posted by okaken44 at 08:00Comments(0)

2017年07月10日

公務員ボーナス

すっかり勘違いしていました。公務員の夏のボーナスを7月10日と思っていましたが(冬が12月10日だから)
公務員にはすでに6月30日に夏のボーナス(期末・勤勉手当)が支給国家公務員の場合は人事院勧告により、昨夏と比べて約1万2000円増え、5年連続のプラスとなりました。
民間企業は、これからでうちの会社もお陰様で夏の賞与出ます(基本的に夏は支給ないのです)
ボーナス出た皆さんは何に使いますか?それとも貯金?  
Posted by okaken44 at 11:45Comments(0)

2017年07月06日

薬を買えば税金安くなる

すでにご存じの方も多いでしょうが、今年の1月からの1年間(1月1日〜12月31日)に世帯で購入したスイッチOTC薬の購入額が合計で12,000円を超える場合に、88,000円を限度に総所得金額から控除されます。つまり税金が安くなるのです。
「スイッチOTC」とは、もともと病院で処方箋を受けなければ手に入らなかったお薬が、安全性・有効性両面から鑑みた際、医師のもとでなくても使用することができると判断された際に一般薬であるOTCに切り替えられたもの。花粉症治療薬の「アレグラ」や、痛み止めの「ロキソニンS」などが挙げられます。
12000円は意外と超えますね。くすりの領収書を集めておきましょう!  
Posted by okaken44 at 08:45Comments(0)

2017年07月05日

今度は本気で郵便局が投資を販売する

日本郵政グループは本格的に投資信託の販売体制を拡充するようです。これまで約800の郵便局が投資信託を販売していましたが、これを17,000に拡大して行く予定です。
低金利が長期化し預金貯金ではお金が増えないと考える人が増えています。一方で金融庁も個人投資家の長期運用に適した商品へのシフトを促しています。
郵貯の預貯金は180兆円(国民は1000兆円)ありますが、投資信託の残高は約1兆円。かなりの販売拡大できる余地はありますね。
しかしゆうちょ銀行には無理な投信販売推進はやめてほしいです!  
Posted by okaken44 at 08:16Comments(0)

2017年07月04日

サブプライムローン(自動車ローン

2009年サブプライムローンで世界経済は混乱しました。
その時はサブプライムローンは住宅ローンが多かったようですが、今回は自動車のサブプライムローンが急増して、アメリカの自動車ローンの貸倒率が1割に迫っているようです。
このまま自動車のサブプライムローンが増えていけば、またリーマンショックのようなことが起こりえます。
アメリカに注目しておかなければなりませんね  
Posted by okaken44 at 09:17Comments(0)

2017年07月03日

銀座の路線価、バブル期を超え!!

驚きの発表がありました。国税庁は3日、相続税や贈与税の計算基準となる2017年分の路線価(1月1日時点)を公表しました。全国平均は前年を0・4%上回り、2年連続で上昇。上げ幅は0・2ポイント拡大した。
その中で、東京・銀座では、バブル期の水準を超え、路線価の最高額(1孱苅娃械暇円)を更新しました。
一坪1億3000万円です!バブルより景気良いと思えませんが、少なくとも土地だけはバブルでしょうか?!
不動産需要が堅く、都市部での再開発、訪日客増加が引っ張ったようですが、いったいいつまで続くのか心配です・・・  
Posted by okaken44 at 16:40Comments(0)

2017年06月26日

出生数、初の 100 万人割れ

厚生労働省の発表によると2016年に生まれた子供の数は97万人で、初めて100万人を切りました。しかも出生率は1.44とマイナス。
さらに婚姻件数は62万人前年より減り、戦後最小。ちなみに離婚件数は21万件です(3組に1組は離婚ですね)。
このままじゃぁ日本は衰退していきます。政府はもっともっと少子化対策より婚活対策に力を入れてほしい。未来の日本のために。。  
Posted by okaken44 at 09:04Comments(0)TrackBack(0)

2017年06月24日

60歳以上の2割、子や孫へ生活費 ほぼ賄うケースも

内閣府の調査によると、60歳をすぎても、18歳以上の子や孫の生活費を一定以上負担している人が2割いるとのことです。生活費をもらう子や孫の8割は働いていて、収入が足りない若い世代を親世代が支え続けているようですが、このままでよいのでしょうか?
調査は昨年6月、全国の60歳以上の男女約2千人から聞き取りで実施、83・4%は学生を除く18歳以上の子どもや孫がいて、生活費について尋ねたところ、16・3%が「一部まかなっている」と答え、「ほとんどまかなっている」も4・6%。「親のすねかじって」とは昔よく言われたものですが本当にかじっているみたいですね。将来が心配。。。。
  
Posted by okaken44 at 11:23Comments(0)TrackBack(0)

2017年06月22日

まだまだ熱い 住宅ローン競争!

電車のつり革みていたら、「住宅ローン変動金利0.444%」が目につきました。さらによく見ると団体信用生命保険料と8疾病保険料は銀行が負担、さらに2万円キャッシュバック、、、、やりすぎでしょう!と思いながらいつまでこの住宅ローン競争は続くのでしょうか?  
Posted by okaken44 at 08:45Comments(0)TrackBack(0)

2017年06月20日

有効求人倍率、バブル経済以来の高水準に

景気が良いのでしょうか?厚生労働省によると2016年度平均の有効求人倍率は1・39倍と、バブル経済の90年度(1・43倍)以来26年ぶりの高水準。3月単月の同倍率(季節調整値)も1・45倍と、90年11月以来26年4カ月ぶりの高水準です。
バブル以降の高水準とはそんなに景気が良いのでしょうか?求人は確かに飲食店やコンビニではいつもスタッフ募集していますが、景気の良さは全く感じませんね、、、
人材を確保しようと賃上げするのはが続けば、中小企業をはじめ企業の収益は圧迫され、政府が6月にも策定する新成長戦略でいかに労働生産性を引き上げるか試されます。  
Posted by okaken44 at 08:41Comments(0)TrackBack(0)

2017年06月19日

値上げが止まらない

6月からいろいろなものが値上げされます。まず郵便料金のはがきの値段が52円から62円と大幅値上げ。原材料や人件費の上昇で乳製品が12%、小麦粉やビールそしてタイヤなども上がります。小麦粉やバターが上がればパンなども上がります。2年前の2014年ちょうど同じようなことがあって物価が2%上昇し物価は2.6%上昇しました。
5月からも電気代場ども上がってますしね。今年もこのままいけば物価が上がりそうですね・・・  
Posted by okaken44 at 09:02Comments(0)TrackBack(0)

2017年06月14日

ちかん保険が人気

電車などで痴漢の疑いをかけられた人に迅速に弁護士を派遣し、相談費用も補償する保険「ちかん保険」の契約件数が急増しています。痴漢容疑者が線路に逃げてトラブルが拡大する事例が相次ぐ中、「逃げるよりも、まず弁護士を呼んだ方がいい」との認識が広がっているようですね
 この保険は、ジャパン少額短期保険が2015年9月に販売と始め「痴漢冤罪(えんざい)ヘルプコール」がついています。
契約者の8割は男性だが、痴漢被害に遭った際にも利用可能のため、女性の契約者も2割いる。冤罪以外の場合、補償されないのですが、すごい世の中になりましたね。  
Posted by okaken44 at 09:24Comments(0)TrackBack(0)

2017年06月12日

アメリカ人の家計の借金最高

米国の家計の借金が、金融危機以来の過去最高水準を更新したようです。以前のような住宅ローンではなく、学生ローン、住宅ローン、クレジットカードローンの3つの負担が重くなっているようです。
NYダウが最高値になるなどアメリカの景気は良くなっているようですが、一方でアメリカ国民の謝金が増えているようです。
09年のサブプラムローン問題ならないように願います。
  
Posted by okaken44 at 08:53Comments(0)TrackBack(0)

2017年06月07日

タンス預金が止まらない

日本人の金融資産のうち現金は約900兆円あると言われてます。そのうち自宅などに現金を待つ人の金額は30兆円とも40兆円とも言われています。
なぜこれだけの多額を自宅なので保管するかと言うと、いろいろな理由がありますが、その要因は「マイナス金利」と「マイナンバーの導入」です。マイナス金利で銀行においても利息が増えないし、マイナンバーで資産が把握されてしまうからです。また2016年の確定申告から3億円以上の財産を持つ人などは資産の内訳を明記した調書の提出が必要になりましたした、
ますます富裕層のタンス預金が増える様子ですが、あなたの実家にもダンスを開けたら預金お金があるかもしれませんから、探してみましょう。
  
Posted by okaken44 at 15:33Comments(0)TrackBack(0)

2017年06月03日

公的年金支給70歳以降も・・・

公的年金の受給開始年齢を70歳より後(75歳とか)にも選択でき、その分受給額を増やせる仕組みの導入を、自民党のプロジェクトチームが政府への提言案に盛り込むようです。超高齢化社会に備える政策を議論しており、元気で働ける高齢者に長く働いてもらうよう促す狙いですが、だれが70歳に伸ばすのでしょう。
今の制度でも60〜70歳までの間で選ぶことができ、70歳では65歳で受給するのに比べて最大30%減額、遅いと最大42%増える仕組みで、今回の提言ではこの上限年齢を広げて70歳以降を選んでも受給額が増える制度の導入を求めました。
厚生年金発足時(昭和19年)は支給開始年齢は55歳でした。それが60歳となり65歳となり、そのうちに70歳ですか、、、、
  
Posted by okaken44 at 08:24Comments(0)TrackBack(0)