March 2011

「ORGANIC RELATIONSHIPS〜反復 反響する次世代へ」 Center for COSMIC WONDER OSAKA (後)

0863dc49.jpg

《画像1》 J.Parker Valentine 「UNTITLED」 2010・2007 (DUCK)

4d38162b.jpg

《画像2》 Anders Edstrom 「UNTITLED」 2002-2004

b890bb38.jpg

《画像3》 Stephen Sprott 「DRUM ROLL」 1999 Hi-8 Video 2'10" 「ANCIENT WOUND (SCREEN TEST)」 2008 Digital Video 6'00"

c702540f.jpg

《画像4》 Jay Chung and Q Takashi Maeda (2人による66人のインタビューが掲載されているアーティストブック)


 じっくりと作品と向き合うと、答えが自ずからたたき出されてきます  。

週末、春服と春アートに着替えてみませんか?  



グループ展 「UNDULATIONISM (波動主義)」 MORI YU GALLERY KYOTO (モリユウギャラリー[京都])

モリユウギャラリー [京都 ]さんのグループ展


中山 玲佳 さん

アリエマキ さん

小沢 さかえ さん

浦郷仁子 さん

黒田アキ 氏





★ グループ展 「UNDULATIONISM」 MORI YU GALLERY KYOTO (30日まで、12:00-19:00、日月祝休) 京都市左京区聖護院蓮華蔵町4-19 TEL075-950-5230 ★




ed83925e.jpg

《画像1》 中山 玲佳 作品


『2011 VOCA賞』 を受賞して、今一番注目されていると思われる若手作家さん  。

この日常と非日常の情感がたまりません。




b74a4034.jpg

《画像2》 アリエマキ 作品


黒田アキ氏のアシスタントを務めたアリエマキさん。

この映像、ターンテーブルの上に金魚がグルグル回っていて、サッ!と少しアングルが変わったりします  。


平面は、黒田氏の影響もみてとれます。




9d199217.jpg

《画像3》 小沢 さかえ 作品


東京店の4月の個展間近の小沢さん、これが最新作だそうです 。

東京展が楽しみですね  。




d2833877.jpg

《画像4》 浦郷仁子 作品


昨年はケープタウンの大自然をモチーフに、「自然は人にみな平等に存在する」 とケープタウンで個展を開催された浦郷さん  。

その時より抽象化されているのが、興味深いところですね。




83a0279f.jpg

《画像5》 黒田アキ 作品


バックの黒と線が黒田氏らしい作品ですよね 




いかがでしたか?

この春、桜色の花見と共に5色の作品も是非 

上野王香 「offering」 Port Gallery T

それは、


offering。



お供え物 




★ 上野王香 「offering」 Port Gallery T (4/16まで、12:00-19:00※土18:00まで、日・祝休) 大阪市西区京町堀1-8-31 安田ビル1F TEL06-6185-3412 ★




638d0cdb.jpg
4cfbe53c.jpg
652f02dc.jpg
e6625df0.jpg
4919e0ce.jpg

《画像1-5》 展示作品


今回ガラスのない作品もあり、コラージュされている質感がストレートに伝わってきますし、ロンドンに移り住まれてからモチーフの装飾品や額装のセンスが欧州っぽくなり、どこか王家のような気品さえ感じさせます  。


上野王香さんの今に対する感謝と、茶目っ気が顔を覗かせながらも、シュルレアリスム的な楽しみ方もできそうな今回の展覧会  。



春はもう、すぐそこ  。

おめかししてこの展覧会に出掛けてみませんか? 

今日の ・ ・ ・ 50歳

本日

三十路ならぬ


五十路 突入   



え〜還暦 迎えるために、突っ走ります




50代  とやらを



 バースデーメッセージを下さった皆さま、心より感謝致します。 

仕事関係のK氏からは、こんなメッセージが届きました   。



「けんたさんをみていると、50歳もいいなと思います!」


 励みになる一言、ありがとうございます  。

50歳になってよかった  と思える1年を過ごせるよう、頑張ります 




3d2a0ec5.jpg

《画像》 本日3月28日で50歳になったおかけんた (NHK「バラエティ生活笑百科」のメイク室にて)

「帰ってきた りったいぶつぶつ展 〜現代作家による立体アート〜」 Bunkamura Gallery (前)

一昨年、渋谷に鎮座したあの強者ども、








 




「帰ってきた りったいぶつぶつ展 〜現代作家による立体アート〜」 Bunkamura Gallery (29日まで、12:00-19:00、会期中無休無休) 東京都渋谷区道玄坂2-24-1 TEL03-3477-9174 ★




30名以上の立体作家の作品が、ブンカムラギャラリーさんに集結。



上原浩子、江本創、大畑伸太郎、柿沼千栄、加藤智大、金巻芳俊、北村奈津子、木下雅雄、木村繁之、甲秀樹、作元朋子、桜文鳥、佐藤久雄、新宮さやか、杉山健司、住吉明子、高木まどか、Chapuri、築山有城、徳持耕一郎、富田菜摘、中野浩二、中村弘峰、野原邦彦、葉栗剛、服部正志、林浩己、深木シゲミ、福長千紗、 BOME、待場崇生、向井正一、矢沢俊吾、山崎龍一 他



ではその内の、個性溢れる10点をご覧下さいませ。




e86fa451.jpg

《画像1》 富田菜摘 作品


普段、道を歩いていても、どうしても作品の材料探しに没頭してしまうという富田さん。

エリマキの傘がオモシロイですね。




b748aacf.jpg

《画像2》 徳持耕一郎 作品


影が作品の幅を広げ、音色が聴こえてきそう。

鉄なのにしなやかさがあり、春をも感じさせてくれます。




4371e4b8.jpg

《画像3》 野原邦彦 作品


まるで冬眠しているかのような静寂に、ついつい添い寝!?したくなります。

染み入る作品です。




c9eef640.jpg

《画像4》 木下雅雄 作品


バネと力強さを兼ね備えた作品。

光沢が生命感を讃えています。




2904ac96.jpg

《画像5》 山崎龍一 作品


『どうせ誰も助けてくれない』 と名付けられたこの作品。

逆に「皆で助け合おうよ!」 と教えられ、勇気がもらえますよね。




つづく

「帰ってきた りったいぶつぶつ展 〜現代作家による立体アート〜」 Bunkamura Gallery (後)

9f1ef043.jpg

《画像1》 葉栗剛 作品


この迫力!

外国人の方々にも、是非観ていただきたいです。





83b4e61e.jpg

《画像2》 中村弘峰 作品


オルゴールの人形のようなオモシロさがありますよね。

目線が、動きを大きくみせている作品。




cfa226a7.jpg

《画像3》 江本創 作品


右後ろ足のフォルム、なんかグッグッ!っときませんか?

瞬発力が伝わってきます。




ba5ee67e.jpg

《画像4》 Chapuri 作品


キノコの妖精?

透明感のある肌が、心を裸にしてくれます。




90d7a5f0.jpg

《画像5》 大畑伸太郎 作品


アトリウムの前に佇む女の子。

大畑氏らしい、シネマな作品。




いかがでしたか?

作品は、フィギア系やエロチシズム溢れるものもありますので、是非ギャラリーに足を運びご堪能下さいませ 


Yさま、画像ご提供を心より感謝致します 


 今日の ・ ・ ・ 「DONATIONS!! 東日本大震災被災地のために」 GURA

 作家の林勇気氏より、東日本大震災のチャリティアートイベントのメールが届きましたので、掲載させていただきます。



 本日3/26(土)、京都のGURAで開催される「DONATIONS!!」に参加させて頂きます。

■DONATIONS!! 
東日本大震災被災地のために

開催日時 2011年 3月26日(土)
時間:12:00〜18:00 まで
場所:GURA (612-8082 京都府京都市伏見区両替町15-141)
入場料:無料 (19:00以降 G祭の入場料 500円)
作品価格:全作品 定額1万円
参加作家:厚地朋子、伊藤彩、伊東宣明、岩名泰岳、内田文武
、遠藤一郎、大小島真木、佐竹龍蔵、須藤絢乃、高嶺格 、谷
澤紗和子、中田有美、仲摩洋一、林勇気、藤井俊治、マコトフ
ジムラ、宮永亮、八嶋有司、矢津吉隆、山下耕平


詳細はこちら http://donations-gura.jimdo.com/

(以下 ホームページより抜粋)
京都/伏見にある元酒蔵「GURA」というアトリエスペースの一
角を会場とし、作家同士の呼びかけや賛同により、年齢、キャ
リア、表現方法や国さえも軽やかに横断し、幅広く活動する気
鋭の作家たちが、被災地復興支援に向けたチャリティー販売を
開催いたします。本企画では「より多くの人にアートを通じて
支援への関心を持って貰い、被災地への支援の輪を広げて貰い
たい」という思いから、全作家の全作品を定価1万円として販
売、売り上げ金の全額を日本赤十字社を通じ被災地への義援金
とします。皆様のより多くの方のご来場をお待ちしています。





 私も、うかがわさせていただこうと思っています。



                      おかけんた

今日3/25(金)の ・ ・ ・ SUN TV 「ひるカフェ」  (前)

 阪神タイガースの野球中継でお馴染みのサンテレビに、私おかけんたがMCとして出演。


毎週金曜日、お昼 1:55〜3:23 の生放送情報バラエティ番組



『ひるカフェ』




b118dfd8.jpg
《画像1》 今日の ♪え〜衣装♪



今日の特集カフェ



★ 「春休み映画特集」



ゲストは、



映画案内人 の

森川みどり さん




5a4487f4.jpg
《画像2》 森川みどり さん


春休み映画の特徴は、2/28(月※日本時間) に発表された、 『第83回アカデミー賞』 関連の映画が多いこと。


上映中の 『英国王のスピーチ』 は、 ″ 作品賞 ″ ″ 監督賞 ″ ″ 主演男優賞 ″ ″ 脚本賞 ″ ″ を受賞。

『ザ・ファイター』 は、 ″ 助演男優賞 ″ ″ 助演女優賞 ″ を受賞。

『トゥルー・グリット』
は、アカデミー賞10部門ノミネート。


そして、ハリウッドスター (サンドラ・ブロック100万ドル※8100万円など) や監督、作品、韓流スター (ぺ・ヨンジュン10億ウォン※7500万円など) が、今回の地震に対して義援金を送っているというお話。



そしてこの春に上映される映画のご紹介。

今回、 【邦画】 【洋画】 【アニメ】 と計9本ご紹介したんですが、私が印象に残ったのは、4/16(土) 公開の 『ダンシング・チャップリン』 (周防正行監督、草刈民代主演) 。

バレエ作品 『ダンシング・チャップリン』 をテーマに、ドキュメンタリーとダンサーのパフォーマンスによる2部構成という異色作。

             
1991年初演のローラン・プティ氏振付、ルイジ・ボニーノ主演のバレエの名作 『ダンシング・チャップリン』 を、ルイジと草刈民代さんの共演で映画作品にする企画がスタート。

この 『ダンシング・チャップリン』 は、チャールズ・チャップリン氏の映画のワンシーンが出てくるというユニークな演目。

演出の構想を携えてプティのもとを訪れる周防正行監督だったが、プティ氏は簡単には首を縦に振らない。


そして本番、13演目からなるバレエのステージが幕を開ける。


第1幕では演出家のローラン・プティ氏と周防監督との打ち合わせや、草刈民代さんやルイジ・ボニーノ氏といったダンサーたちの練習風景などクランクインするまでの舞台裏を明かし、第2幕ではパフォーマンスを映し出します。


バレエの舞台は、見れば見るほど興味がわくと知り合いから聞いているので、初心者の私としては見ておかなければいけない映画のひとつ。


春は、映画館でエンジョイ!しましょう。



 そして、商店街を勝手に応援する!? 『笑店街SHOW』 で3週ぶりの登場は、 女と男 のお2人!




f69570f5.jpg
《画像3》 女と男 (和田、市川)


 今回は、演歌のCDやデカいビフカツを勝手に応援!


大人の事情? で2週お休みだったこのコーナー。

楽屋で私が和田ちゃんに、 「来週もあんのかいなぁ〜」 と聞いたところ、



和田 「はい、あります!」

市川 「和田ちゃん、まだロケ決まってへんし行ってへんやんかぁ〜 。」


 これひょっとして、ほんまに勝手に応援!かもしれん ・ ・ ・ ではなく、来週は時間がないのでまた次回! ということだそうです。




つづく

今日3/25(金)の ・ ・ ・ SUN TV 「ひるカフェ」 (後)

そして今日、サプライズが !


『ひるカフェ』 の皆さんが、ひと足早い私の50歳の誕生日 (3月28日) を祝ってくれました。


まずは、スタイリストのミヤタケさんからのバースデイケーキ。





b0fe8c77.jpg
《画像1》 スタイリストのミヤタケさんが用意してくださったバースデーケーキ


 これがまた美味い!

続いて、 『ひるカフェ』 出演者の皆さんからもプレゼントが!




1e387e72.jpg

《画像2》 「男の元気な飲む酢」


 最初にしょうがの 「カァー!」 がきて、次に酢の酸っぱさがきて、さらにオレンジの味がしてきて、そしてお腹に入ると再び



「カァー!」



 本番前に俺をその気にさせる !? なんて、 『ひるカフェ』 が 『よるカフェ』 になりそうなテンション。


そんなテンションの中、番組のサポーターの皆さん (日高京子さん、石田まきさん、森口まち子さん、高垣裕子さん、藤井佳子さん) とサポーターのお知り合いの方 (あーちゃんさん) からもプレゼントが!


さらに、昨年 『ひるカフェ』 のディレクターをされていた久保さんからシャンパンが!



そしてそして、番組終了後 『ひるカフェ』 番組関係者の皆さんからもバースデイケーキが!!





01297854.jpg
《画像3》 「ひるカフェ」 関係者からのバースデイケーキ


 そして、チョコレートに書かれていたこととは ・ ・ ・ 



” Happy Birthday いつまでも男でいて下さい。 ”





d0dca01a.jpg
《画像4》 チョコレート 


 おかけんた50歳、枯れずに突っ走り ・ ・ ・ たいものデス。



 そして最後は、出演者の皆さんと記念撮影!





834d1d99.jpg
《画像5》 記念撮影


 実は、『ひるカフェインフォメーション』 を担当している 高島裕子さん も3月17日(木)が誕生日で、スタッフやサポーターの日高さんからサプライズプレゼントをいただいていました。


 『ひるカフェ』 の出演者他、関係者の皆さん。

お心遣いに感謝、



ありがとうございます。



 こんなアットホームな皆さんと番組ができて、私は幸せ者です。

『ひるカフェ』 も、視聴者・関係者の皆さまのおかげをもちまして、3年目に突入します。


来週は、恒例 『若手演芸大会』 です。



 お楽しみに!


 




Kodama Gallery Project 27 杉本 圭助 「rules」 Kodama GalleryKyoto 2F

それは、ギャラリー入口から



仕掛けられていた ・ ・ ・   。





bfa770cc.jpg

《画像1》 インスタレーション風景




★ Kodama Gallery Project 27 杉本 圭助 「rules」 Kodama GalleryKyoto 2F (4/2まで、11:00-19:00、日月祝休) 京都市南区東九条柳下町67-2 TEL075-693-4075 ★




どこか、舞台セットのような空気感が漂う展示  。


ef7cc501.jpg

5b5ec4fc.jpg

《画像2・3》 展示風景




偶発的に描かれたのではなく、蓄積された何かが杉本氏を動かしている  。


15aa7c87.jpg

《画像4》 展示作品




増殖していくイメージ  。


3459b2fb.jpg

《画像5》 展示作品部分アップ




杉本 圭助 氏は、この日パフォーマンス : chanting 9「の石」を披露するという。

この作品群が、どのように関わっていくのか?



残念ながら時間がなくパフォーマンスは拝見できませんでしたが、お話をうかがえる機会があればまたブログで書かせていただきます  。


【 杉本 圭助 「rules」 インスタレーションビュー 】

http://gallery.me.com/kodamagallery#100708


〔2009年にアップされた杉本圭助氏のパフォーマンスのYouTube動画〕

梶原 航平 「Wildfire」 Kodama GalleryKyoto

  昨年、我々のド肝を抜いた宮殿の大スペクタル・ペインティングから年 。


今回は



走馬灯現象




★ 梶原 航平 「Wildfire」 Kodama GalleryKyoto (4/2まで、11:00-19:00、日月祝休) 京都市南区東九条柳下町67-2 TEL075-693-4075 ★



スタンドの前にドットのベールが立ちはだかる、タイムラグ・シチュエーション  。


462ef430.jpg

《画像1》 展示作品




ゴミ袋の放射線上のナチュナル・ビーム  。


8fa1691e.jpg

《画像2》 展示作品




迷宮共同体  。


b9e92208.jpg

《画像3》 展示作品




幾何学的あやとり  ・ ・ ・ 


c626f074.jpg

《画像4》 展示作品




反面教師なスナイパー  。


00751b99.jpg

《画像5》 展示作品


画像5は、ジグザグに展示された小品の内の1点で、完成度の高さには驚かされます。

特に山に向かって歩いている人を描いた作品は、ベストショット!のようにキマっている 


あと、ブルーのジャケットを着た12組の男女がキスをしている作品は、何か儀式的な匂いがする妄想活劇にも見えます  。



他の展示作品は、ギャラリーサイトの ″ インスタレーションビュー ″ でご覧になれますので、是非 

                

【梶原 航平 「Wildfire」インスタレーションビュー 】
http://gallery.me.com/kodamagallery#100687 


【梶原 航平 「Wildfire」プレスリリース 】 
拝啓 時下益々ご清祥のこととお喜び申し上げます。 
児玉画廊(京都)では2月26日より4月2日まで梶原航平個展「Wildfire」を下記の通り開催する運びとなりました。
梶原は2010年に個展「Flashback」において、おそらく作家の初期を代表する事となるであろう「パレス」と題された一連のシリーズで、他と一線を画する独自の世界観を余す事無く描き、反響を得ました。
「パレス」シリーズはそのタイトルにあるように宮殿や神殿を舞台に繰り広げられるまるで夢かSF映画のような「あり得ない」ワンシーンを描いたものです。
梶原のペインティングの一つの特徴でもあるスナップショットのようなスピード感のあるやや荒い筆触は、その非現実的な情景をかえって生々しく思わせるに大きな役割を果たしていました。
敢えて大雑把な表現をすれば、「パレス」シリーズは一つの様式であり、梶原の言うように構図や色彩にルールを設けてそれに基づいて描く事、即ち着想の自由に対応するべきはずの描画の自由に制限を課すことで、自らコントロール出来ない状態から新しいイメージを探り出す為の試金石であるとも言えるでしょう。

 今回発表される新作では、「パレス」シリーズとは異なり、その(様式的な)制約を排除して描いたのだと梶原は言います。
それを踏まえて今回の新作を見るに、例えば、雑誌やネットの画像を元に描くという作品では、
まるで目新しくもないその行為が俄に別のニュアンスを帯びてきます。イマジネーションに制限を課した状態で描くこととそうでないことの比較において、梶原自身の表現上でのダイナミクスを追求するという表立った目的とは別に、「描写する」ことと「表現する」こと、ともすれば背反する絵画の二面性のバランスを何処で取るか、自らの見極めを完遂しようとしているように思えます。
90年代のニュー・フィギュラティブ、70-80年代にはニュー・ペインティング、さらにはシュルレアリスムと、過去を遡れば多くの答えが提示されてきたように思いますがしかし、具象が殊更マーケットにおいては飽和しつつあり、ますますシビアに選別される運命にある状況の中で梶原の作品が異彩を放つのは、そこに未だ示されていない何かが潜在するからに他ならないでしょう。
「Wildfire」が敵陣に投げつける炎を意味する如く、この展覧会においては、梶原の放つイメージに我々の視覚は無防備のままに晒されるばかりです。
「走馬灯現象の空気を纏わせる」とは自らの作品を指した梶原の表現ですが、この言葉は恐らくは幻想や錯視という類いの意味でもなければ、シュルレアリスト達の標榜したあくまで現実に即するという意味での「超現実」の感覚とも異なるでしょう。
記憶と現実の重ね合わせ(Flashback)、そして「描写」とは異質なイメージの強制的な投入(Wildfire)を経て新たな視覚についての概念を模索し、まるで一瞬の「走馬灯現象」のように絵画の中においてイメージを彼我の別なく併存させようとする意思を示しているように思えます。
つきましては、本状をご覧の上展覧会をご高覧賜りますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。

敬具
2011年2月
児玉画廊 小林 健


「Oh Su Jin展 -Reflection People- 」 Yoshiaki Inoue Gallery (前)

この写実力、例えるならスーパーリアリズムを超えた



ハイビジョン 



★ 「Oh Su Jin展 -Reflection- 」 Yoshiaki Inoue Gallery (30日まで、11:00-19:00日祝休) 大阪市中央区心斎橋筋1丁目8-10 心斎橋井上ビル2・3F TEL06-6245-5347 ★




昨年の 『アートフェア東京2010』 での Yoshiaki Inoue Gallery ブースで、通路側のパテーションに展示され衝撃の日本デビューを果たした、 O Su Jin (オ・スジン) さん  。


2009年、2010年に、韓国・ソウルの Gallery LVS でのグループ展で、新人作家として高い評価を受け、今回本国の韓国より先に日本で初個展という快挙を成し遂げました  。

インターネットや雑誌の掲載写真を題材に、国内外のスターや広告のモデルを中心に作品を制作しています  。


では、2009年に韓国の弘益大学を卒業した、類いまれな若き才能の持ち主の仕事を見よ 




88019e26.jpg

《画像1》 「Reflection People」 72.5×72.5cm oil on canvas 2011

5c10eff2.jpg

《画像2》 「Reflection People」 145×112.2cm oil on canvas 2010

6f9f309b.jpg

《画像3》 画像2 部分アップ

4bda268b.jpg

《画像4》 「Reflection People」 145×112.2cm oil on canvas 2010

79cd3dc3.jpg

《画像5》 画像4 部分アップ




 目にブルーの線を描いているのが特徴的  。

それが、写実+コンセプチャルな魅力があり、実にミステリアス  。


それにしても画像5の鼻の産毛と特徴的な唇の描写は



スゴイ 




 つづく

「Oh Su Jin展 -Reflection People- 」 Yoshiaki Inoue Gallery (後)

5be3d7c0.jpg

《画像1》 「Reflection People」 145×112.2cm oil on canvas 2010

4d2e8a23.jpg

《画像2》 画像1 部分アップ

51f1e95f.jpg

《画像3》 「Reflection People」 145×112.2cm oil on canvas 2011
0af2aabc.jpg

《画像4》 オ・スジンさんと 「Reflection People」 145×112.2cm oil on canvas 2011

4468c55f.jpg

《画像5》 画像4作品 部分アップ




 画像3は中国の有名人、画像4は韓国の有名人  。

オイル・キャンバスという手法にもかかわらず、ナント画像4の作品は



5日で描き上げた 



というから驚き 


 打ち上げの際、デジカメで興味深げに撮影していた今風の女の子という感じの姿からは、想像もできないハイスピード  。

韓国ではアトリエから一歩も出ず描き続けておられるそうで、大阪ではその仕事から解放され、つかの間のショッピングを楽しんでいたそうです  。



 韓国の著名なコレクターさんが推薦し、今回 Yoshiaki Inoue Gallery で日本デビューを果たしたオ・スジンさん。


こりゃ、しばらく目が離せなくなりそうですぞぉー 



韓国の名門、弘益大学を2009年に卒業した若い画家、オ・スジンの肖像画は現代的なクローズアップの顔を描いているが、アメリカ現代美術やドイツ写真とはひと味違った独自な視点を感じさせる。
オ・スジンのモチーフとなる人物は、インターネットや雑誌から選び出され、本人とは何ら関係のない人たちと聞く。
オ・スジンは語る「私は実際には彼らを知らず、彼らも私を知らない。
私たちの間にはマスメディアだけが存在する。だから私の絵は非常に軽い」と。
また「私の絵はどんな問題意識を持って出発しない。
私の興味を引くとか主要関心事、または強烈なイメージで始まる。
それでも問題意識を持つことができるのは、それが本来の位置から絵に移してきたからではないかと思う。
これはリチャード・プリンスの再撮影技法が持っている力ともにていると思う。」と自己分析してみせる。

 時代の顔を選び取り表現するオ・スジンのまなざしは、驚異的な技術に裏打ちされた描く力と表現力を持ち、観る者を唸らせるのに充分な説得力を持って迫ってくる。


(加藤義夫/OhSuJinカタログより)





 

「上須元徳展 RE:Assemble」 YOD Gallery

2009年 『画廊の視点 gallerism』 (大阪府立現代美術センター) で、私とYOD Gallery さんの山中氏とある作品の前に立った時、共に発した言葉がコレ!



「いいですよねぇ〜」 




★ 「上須元徳展 RE:Assemble」 YOD Gallery (26日まで、11:00-19:00、日月休) 大阪市北区西天満4-9-15 TEL06-6364-0775 ★




そのアーティストが、上須元徳氏  。

1年半前は、街中や工事現場などの風景をシャープで現実感に満ちたタッチで描き、私と山中氏の心を捉えた上須作品。


さて今回も独特の観点と色彩に溢れた作品かな? と思いきや ・ ・ ・




a20b210a.jpg

《画像1》 「Dome-2」 130.3×193.9cm アクリル・キャンバス


裏切られた、ポジティブ的に 




79328e97.jpg

《画像2》 画像1 部分アップ


以前から、こういうドーム型の建築物を描いておられて、今回はそれをより完成度の高いものに仕上げた作品。

個人的には、近未来の超高速車両がカーブに差し掛かったようなスピード感とクオリティがあり、どっしりとした威光を放っていますよね  。




82bead64.jpg

《画像3》「Cycad」 112.1×162.1cm アクリル・キャンバス



今回は、 ″ 自然 ″ と ″ 人工的 ″ なモチーフに分かれていて、画像3 は自然  。




bda41a47.jpg

《画像4》 画像3 部分アップ


一見リアリズムというものに目を奪われがちですが、こうやってアップにすると地面が迷彩模様で構成されていて、視覚と画面のトリミングの面白さに驚かされます  。




72a75b7b.jpg

《画像5》 「Leaves」 130.3×193.9cm アクリル・キャンバス



 コチラは、” 自然と人工的なもの ” 両方を持ち合わせた作品  。

この斜めからのアングルが、自然と人工的なものが持つ可能性を示唆しているのと、モノトーンなだけに忍び寄る危機感みたいなものも併せ持っているような気がする作品  。



 光と影、そのコントラストによりいろんな意味での推移を実感させられた今回の展覧会。

うーん、やっぱり自然と人工的なもののフォルムと速度って



オモロイなっ 

「ほんをさがして」 福岡道雄、藤本由紀夫、かなもりゆうこ、森末由美子、柴田精一 Gallery Hosokawa 【ギャラリーほそかわ】

  ″ ほん ″ は読むもの  。


がしかし、この ″ ほん ″ をテーマにしたこの5作品の意図は、皆さん



読めるかな 




★ 「ほんをさがして」 福岡道雄、藤本由紀夫、かなもりゆうこ、森末由美子、柴田精一 Gallery Hosokawa 【ギャラリーほそかわ】 (26日まで、12:00-18:00まで、日祝木休) 大阪市浪速区元町1-2-25 A.I.R.1963ビル 3F TEL06-6633-0116 ★




2b4ac5e7.jpg

《画像1》 福岡道雄 「素描」 1962


これは、福岡道雄著の 「何もすることがない 彫刻家は釣りにでる」 の装丁の原画。

ただ小さい丸を描いただけの表紙には、ヤラレました  。


その本と共に、アーカイブも展示しています。




db549fa3.jpg

《画像2》藤本由紀夫 「BOOK-AWAY/PB1」 2011 鉛


藤本氏、初の鉛作品。

照明に反射する表面が、 ″ A WAY ″ をより引き立てています  。



本のページが開かれている
そして
本のページが閉じられている
そこでは
それぞれ別の物語が展開されている


 藤本由紀夫



本を開くと展開する本のストーリー、本を閉じると展開する読み手本人のストーリー。

スマートで、スケールのデカイ作品ですよね 




b898ad68.jpg

《画像3》 かなもりゆうこ 「Alphabet of Acanthus(アルファベータ オブ アカンサス)」 2011 DVD 11min model:Emi Maya, Chiaki Ohara sound:(Overture)mama!milk ※ワンシーンを撮影


何気ない日常を、時にはアカデミックに、時には舞踏の如く、mama!milkさんのアンビエントな音楽と共に楽しめる映像作品  。

モニターの木製の額縁と、真っ白な円柱型のBOSEスピーカーも、要チェック 



それは、池に浮いていたあるものを拾い上げたことから始まる ・ ・ ・ 。

細かく記した制作ノートも必見です 




d13ccd05.jpg

《画像4》 森末由美子 「本」 2011


これは、一冊の本を徹底的に削ってヘレンケラー女史とシュバイッツアー博士を浮かび上がらせた作品。


その手順と仕事の丁寧さも作品の重要なポイントです 




e0d72cfc.jpg

《画像5》 柴田精一 「13篇の短編小説として」 2011 和紙、アクリル ※13点中3点を撮影


 上から、『羅生門』芥川龍之介著、『椒魚』歌集、『性的人間』大江健三郎著 をイメージして制作された作品。

市販の色紙ではなく、紙を一枚一枚製作してそれを切り抜いて制作した短編小説のカレイドスコープ、



咲き乱れ





皆さんは5つのほん、読めましたか 

今月の ・ ・ ・ 「Meets Regional 4月号」

今月4月号の 『ミーツ リージョナル』 の特集は


″ 弁当は捨てよ、街へ出よう。

昼めし、
行かへん? ″




74fb3d17.jpg

《画像》 「ミーツ リージョナル 4月号」 表紙




うわさの昼めし。

コラボおにぎり、新世代のかやくご飯、オムライス食べ放題、洋食の名店の昼めし革命のモーレツ定食 など ・ ・ ・   。


オフィス街 間違いない昼めしMAP付  (梅田、淀屋橋、本町、なんば、河原町、烏丸、三宮、元町)




そして私が執筆している



『おかけんた ♪えぇアートコレクター♪への道』



の展覧会3本は ・ ・ ・  


マイハートを撃ち抜いたニッポン画の展覧会、ノルウェー北極圏に3ヵ月滞在したアーティストのリアルな作品展 (2展終了、作品はお問い合わせ下さい) 。

あと、今年もあります私のガイドツアーもある、東京国際フォーラムで開催される国際的アートフェア。



詳しくは、今月のミーツ リージョナルを見ればわかる  

今日3/18(金)の ・ ・ ・ SUN TV 「ひるカフェ」

阪神タイガースの野球中継でお馴染みのサンテレビに、私おかけんたがMCとして出演。


毎週金曜日、お昼 1:55〜3:23 の生放送情報バラエティ番組




『ひるカフェ』





c1dbe6a7.jpg

《画像1》 今日の ♪え〜衣装♪



今日の特集カフェ



★ 「東日本大震災・今私たちにできる支援」



ゲストは、



ボランティア専門で、神戸学院大学教授、そして 『防災・社会貢献ユニット長』 の

前林清和 先生




93419cba.jpg

《画像2》 前林清和 先生


前林先生は、国内外の災害被災地での支援活動に携わってこられた方で、神戸学院大学で 『防災・社会貢献ユニット』 とは阪神・淡路大震災の教訓を後世に生かしていこうと2006年に開設された、各部を横断した専門コース。

学生の皆さんは今週月曜日から募金活動を行っているそうです。



【3大学の協定について】

神戸学院大学は、仙台の東北福祉大学と東京の工学院大学との間で 『防災・減災ボランティア協定』 を結んでいて、定期的にネットや電話で交流をされていて、今回、東北福祉大学が被災。

地震発生当日は一言二言しか繋がらなかったそうですが、現在はメールと電話で連絡を取り合っているそうです (大学内は立ち入り禁止になっています) 。


この3大学のネットワークは、東北、関東、関西と三ヶ所に分かれていて、こうして3地方に分かれていることにより、ひとつの地域が被災しても残りの地域がヘルプできるようになっています。


今回の東日本大震災の場合、東北福祉大学のみならず、震災や計画停電などで東京の工学院大学も被害を受けていて、関西の神戸学院大学が動くというカタチになっています。


大学が推進するボランティア、それもノウハウがきっちりしているので心強いかぎりです。



【被災地支援・ボランティアについて】

まずはできることから始める。

神戸では(他の地域も)、厚手の服やタオルなど生活必需品の援助の受付を開始していて、まずはこちらのボランティアが先になります。


その後、いつからボランティア活動を受け入れてくれるかボランティア団体などに問い合わせるのが適切。


先生のお話によると、あと2週間くらいでいけるのではないか? というお話をされていました。


ただし、現地に行っても衣食住は自己負担 自己責任となることを頭に入れて行動して下さいというお話でした。

で、気になることがひとつ、



「今、乾電池や水が被災地や東京のみならず、関西までもが不足気味になっていますが、これは慌てて備蓄するのでなくなっているのか? それとも被災地に送られていて不足しているのか? どちらでしょうか??」



前林先生がおっしゃるには、



「必要な物資、乾電池や水などは被災地優先で作業が進められていますので、ご安心下さい。」



とのこと。


前林先生、今日17時に関係者と共に4台のバスで被災地へと向かわれました。

今私たちができること、それは義援金他を送れる方はそれを送り、ネットワークのある方は知り合いに呼び掛け、力のある方は力を必要としているところで力を貸し、そして都合で支援できない方は心を送る。


1日1日と状況は変わっていきます、その時その時によっての対応を心掛けましょう。



被災地の皆様、並びに被害を受けられた皆様に哀悼の意を捧げると共に、1日でも早い復興をお祈りしております。





★ 今日のゲストカフェは、神戸を拠点に活動されている4人組のユニット



クーリー ハイ ハーモニー さん




50475e63.jpg

《画像3》 クーリー ハイ ハーモニー


まずはオープニングに



♪ Dear 〜明日への君へ〜 ♪



を披露。



 クーリー ハイ ハーモニー さんは、長宗さん (バリトン) 、中井さん (テナー) 、宮本さん (ベース)、 大石さん (ハイテナー) というメンバー構成で、音楽系の専門学校で出会ったそうです。

♪ Dear 〜明日への君へ ♪ は、エコをテーマにした曲で、非常にタイムリー。


そしてクーリー ハイ ハーモニー さんといえば、阪神淡路大震災をテーマにした曲



♪ しあわせ運べるように ♪







をカバーされ、話題になりました。

今回の東日本大震災、チャリティーとして ♪ かわらないもの ♪ のCDを500円 (通常1500円) で期間限定で販売し、その全額を寄付されるそうです。



そんな クーリー ハイ ハーモニー の皆さんの、結成15周年のライブがあるんです。


「Cooley High Harmony 15th Anniversary
(クーリーハイハーモニー15周年アニバーサリー)」は、4月24日(日)に大阪市天王寺区にある「一心寺シアター倶楽」で開催されます。

当日は、2回公演になっていまして、昼の部は午後2時〜、夜の部は午後6時〜。

料金は全席指定で、前売 4000円、当日 4500円となっています。


二回公演なんで、二度美味しいですね。


【チケット購入と詳細はスケジュールの4月24日をクリック!】
http://www.cooley-h-h.com/schedul.html


そしてなんと、もう一曲スタジオで歌って下さいました。



♪ Just Come Ture ♪







 そして本番終了後、『ひるカフェ インフォメーション』 担当の高島裕子さんが昨日 3月17日 が誕生日ということで、ななナント、毎週月曜日に ″ 神戸CASH BOX ″ で行われているレギュラーライブで披露している アカペラ ♪ ハッピー バースデー トゥ ユー ♪ を生アカペラ!




6a0143dc.jpg

《画像4》 クーリー ハイ ハーモニー さんと高島裕子さん


高島さん、かなり感激したようで控室でも



ぽぉ〜



クーリー ハイ ハーモニー の皆さん、ありがとうございました 。



\(^o^)/ m(__)m



そして高島さん、ウン歳?の誕生日 ♪ おめでとぉー ♪ 。




来週の特集は、『春休み映画特集』 です。


お楽しみに!

「現代芸術創造事業 ブレーカープロジェクト 絶滅危惧・風景」 大阪市立近代美術館(仮称)心斎橋展示室 【1】

大阪って、やっぱり



おもろい!




「現代芸術創造事業 ブレーカープロジェクト 絶滅危惧・風景」 大阪市立近代美術館(仮称)心斎橋展示室 (21日まで、11:00-19:00※入館18:30まで、入館料:一般500円/高大生300円、水休) 大阪市中央区南船場3-4-26 出光ナガホリビル13階※旧出光美術館大阪 TEL06-6615-0654 ★




ブレーカープロジェクトとは、2003年から新世界や西成地区(山王、飛田、太子)などで、現代美術の作家と市民が参加して開催される、大阪市が推進するアートプロジェクト。

タイムスリップしたかのような昭和の町並みと、コテコテで人情溢れるこの地域が、今では老朽化の一途をたどり高齢化の波が急激に押し寄せ、あと数年でその情緒が消えてしまうのではないか? と危惧されています。


私も幼い頃、父親の自転車の子供用の前椅子にチョコン!と座り、この界隈を巡ったものです。

新世界のミックスジュース、おばちゃんの声で「28番!」とアナウンスするジャンジャン横丁の数字の書いてあるボールのゲーム、たばこの煙が雨雲のようになっていた将棋場、環状線の高架下で開いていた出店、飛田商店街のごちゃごちゃしたお店 ・ ・ ・ 。



懐かしい。



そんな新世界・西成地区を壊滅させたらあかん!と実施されてきたこのプロジェクト。

今まではまちなかで開催されてきたこのプロジェクトですが、今回は芸術と社会、芸術と ″ ハコ ″ の関係を再構築すべく美術館でこの企画展を開き、アーティストが表現するまち並み・人・資源の魅力を〔失われつつある風景〕 として、見事に作品化し展示しています。



参加アーティストは



下道基行 氏

西尾美也 氏

パラモデル さん

トーチカ さん

藤浩志 氏



の5組。


今回、美術館なのに撮影OK!ということで、作品の一部をご紹介させていただくことが可能になりました。



\(^o^)/



では、ご覧下さい。



73fceefb.jpg

《画像1》 西尾美也 「家族の制服」 展示風景

8572cbe6.jpg

《画像2》 西尾美也 「家族の制服」 写真作品


昔撮った古い写真と、同じ人・同じ場所・同じ服、同じポーズで再撮影した写真を2枚セットで展示した、西尾美也氏の 『家族の制服』 。

昔着たものと同じデザインのものを着るということは、その当時の自分が、まちのざわめきと匂いと共に下りてくるんでしょうね。




f16868d5.jpg

《画像3》 下道基行 「Sunday Creators」 2010 展示風景


 そう、新世界、西成界隈の日曜芸術家さんの作品。

画像3右上には、「捨てるな! ○○子」 と書いた箱がありその下には色紙で作った動物たちが展示してあったり、お好み焼き 『狐狐』 のご主人が休みの日に木でバイク作るんですが店に飾っていると油でギトギトになっていたり ・ ・ ・ (下から2段目) 。





f029a5ac.jpg

《画像4》 下道基行 「Sunday Creators」 2010 作品部分アップ


 そして画像4は、喫茶 『タマイチ』 のおかあさんの作品。

暇な時に紙ナプキンに絵を描き、それをレジにそっとしまっている ・ ・ ・ らしい。


なんともいえん可愛らしさがたまりませんよね。


あと大量のカラフルな新聞広告の裏に、



【朝風風鈴 涼気漫喫】 

【三輪素麺 揖保乃糸】



などと書かれた作品もあり、じっくりと楽しめます。 


 

06865a4b.jpg

《画像5》 トーチカ 「ピカピカ in ナニワ」 2010 部分アップ


 トーチカさんは ナガタタケシ氏とモンノカヅエさんによって2005年に結成され、人型にライトをかざしながら撮影することによりモデルの市民がオーラを放つような光に包まれる作品を発表。

右上の ” ヤングサロン 「マハラジャ」 、お立ち台があってボディコンのおネエさんがフィーバーしているのだろうか?


 そしてその展示エリアにあるスペースを覗くと ・ ・ ・ 




 つづく

「現代芸術創造事業 ブレーカープロジェクト 絶滅危惧・風景」 大阪市立近代美術館(仮称)心斎橋展示室 【2】

24cc80fb.jpg

《画像1》 トーチカ 「ピカピカ in ナニワ」 メイキング映像 部分


 このメイキング映像は爆笑モノ!

ベタベタなおばちゃんからホームレスのおっちゃんまで、自分がピカピカする画像見て喋る喋るぅー。


作品に参加して下さった皆さんには甘酒が振舞われ、皆さん大喜び。

私も、今度トーチカさんが引っ張っているリヤカーみたら撮ってもらいたいなぁ〜。




ecb05d67.jpg

《画像2》 パラモデル 展示風景

946b8227.jpg

《画像3》 パラモデル 展示作品部分アップ


 私のブログでもおなじみのパラモデルさん (林泰彦氏、中野裕介氏) の作品。

サイコロキャラメルの作品は、駄菓子屋での子供時代と建設現場での大人の世界が交錯し、あぁ男の子ぉ〜んって感じですよね。




643bf8b2.jpg

75cfe6d4.jpg

《画像4・5》 藤浩志 展示作品


 日常のもので作品を制作。

画像5の鉛筆で制作した飛行機はカッコよく、アナログな私は、



「元々設計図はすべて鉛筆を使った下書きから始まってたんやなぁ〜」



と、ふと考えてしまいました。



 いかがでした?

皆さんもこの展覧会をキッカケに、自分の生まれた町を輝かせてみませんか?


そう、子供の頃キラキラとしていたあの町の風景のように!

「丸尾末広展」 トランスポップギャラリー

815a5556.jpg
8e85587d.jpg
83d25700.jpg
de9774df.jpg
89b9098f.jpg


 2009年、第13回手塚治虫文化賞新生賞受賞で、国内のみならず海外でも人気の、乱歩文学なスパイスが効いたアヴァンギャルドでプチ楚楚な


丸尾 ワンダーランド 




★ 「丸尾末広展」 トランスポップギャラリー (20日まで、12:00-19:00※日18:00まで、月火休) 京都市左京区田中関田町22-75 TEL075-723-1780 ★




《画像1-5》 展示作品


漫画、イラスト等を手掛ける丸尾末広氏の、原画、プリント、ポスター (サイン付) を展示した展覧会  。


ポスターのサインが、時期によって異なるのも見どころ  

グッズ、サイン本もあり、どっぷり幻想世界に浸かれますので、是非 

「Goahti (ゴアティ) 福重明子」 The Third Gallery Aya (ザ サード ギャラリーAya)

 マイナス40℃のノルウェー北極圏に3ヶ月滞在して、インスパイアされたものとは 




★ 「Goahti (ゴアティ) 福重明子」 The Third Gallery Aya 【ザ サードギャラリー Aya】 (19日まで、12:00-19:00※土17:00まで、日月休) 大阪市西区江戸堀1-8-24 若狭ビル2F TEL06-6445-3557 ★




海外で地元の住民と共に過ごし、感じたありのままの風景を作品にされている、福重明子さん  。

今回は2010年に、マイナス40℃にもなる極寒のノルウェー北極圏Maze に3ヶ月滞在し、北極地方の自然や Maze の民族であるサーミ人との交流を元に、作品をシルクスクリーンとペンで制作 。



fbc3a979.jpg

《画像1》 「Pond」 edition4


描かれているのは、厳しい寒さの中で懸命に生きている自然と動物   。

右のキノコ、実物はかなりばかデカいそうで、現地で食べることのできる数少ないキノコだそうです  。




0776cf09.jpg

《画像2》 「Maze Life」 3 点で1 set

094ee8cd.jpg

《画像3》 画像2 部分アップ


 画像3 は、サーミ人の方たちが集まる Goahti(テント) 。

ここで話したり、歌ったり、踊ったり、つまりカフェであり集会所のような憩いの場 


中でたき火をするそうですが、天井に穴が開いていて点火するようなことはないそうです 



リズムものんびりしていて、「来週 Goahti で!」 と別れ、日にちも決めずに訪問するそうで、迎える側も 「おぉー、まぁ上がりぃーな!」 と実にアバウト   。

だって、セカセカしても始まらん ・ ・ ・ って感じのマイナス40℃ですから  。




25de77f2.jpg

《画像4》 「Snow Flake 1-4」 


 
「ほんと、このまんまの雪の結晶のカタチで降ってくるんですよ。
めちゃくちゃキレイですよ!」 



と、目を輝かせて私に説明して下さった福重さん   。

あっ、オーロラも堪能されたそうです 。



「最初、暗い感じであまり動かなかったんですが、次の瞬間、かなりアップテンポでオーロラが変化していって、もぉー凄かったです  」



とにかく何気ない風景やモノなど、そのすべてが驚きと感動に満ちているそうです  。


次回の旅は、メキシコの予定  。



どんな作品が飛び出すか、乞うご期待 




c671539a.jpg

《画像5》 福重明子さんと炎が幻想的な展示作品 「Goahti」  

坂井 淑恵 展 ″ Green in Spirit ″ 〔新作絵画〕 GALLERY ZERO

1999年、芦屋市美術博物館で開催された 『Green in Spirit 』展  。


この具象絵画の新星たちを紹介した展覧会から12年  。



″ Green in Spirit ″

 若々しい精神




健在 




★ 坂井 淑恵 展 ″ Green in Spirit ″ 〔新作絵画〕 GALLERY ZERO (19日まで、12:00-18:00、日祝休) 大阪市西区京町堀1-17-8 京ビル4F TEL06-6448-3167 ★




今回、<Part1> 3/7(月)-3/19(土) が 〔新作絵画〕 、<Part2> 3/22(火)-4/2(土) が 〔栃木県立美術館「INNOCENCE」展の作品を中心に〕 という2部構成の展覧会になっています  。


今回はその <Part1> で、 〔新作絵画〕  。

ではその一部の作品をご覧下さい  。




50df8705.jpg

《画像1》 「Idea」 2010 22.7×22.7cm oil on canvas


aa7a4b97.jpg

《画像2》 「お天道さま(The Sun)」 2011 22.8×22.8cm oil on canvas

281e2fad.jpg

《画像3》 「Veil」 2011 33.4×19.1cm oil on canvas

300b70a7.jpg

《画像4》 「Pool」 2011 80.3×80.3cm oil on canvas

3610bc82.jpg

《画像5》 「Moonlight」 2011 90.9×116.7cm oil on canvas




画像5が、一番最近の展開だそうです  。


こちょこちょっと感性をこしょばされるようなユーモア、ナチュラリズムな詩のような画面構成  。

卓越した、色使いと塗り 


そして何より、



いつ観ても新鮮な感動



を与えて下さる、坂井 淑恵 画 


キャンバス生地の荒々しさまでもが若々しく見える、ほんと



若々しい精神 



が宿った展覧会でした  。

「現代アートの世界に輝く新星展 in CASO」 海岸通ギャラリー CASO (1)

障がいのある方々を対象に2010年3月に実施した公募展で入選された作品が、CASOに勢揃い!


そして昨日3月12日(土) 14:00から、



ギャラリートークショー

建畠 晢 氏(京都市立芸術大学学長/前国立国際美術館館長) + おかけんた(よしもとクリエイティブ・エージェンシー/アート愛好家)



を開催!




『「現代アートの世界に輝く新星・発掘プロジェクト!!」 入選作家作品展 現代アートの世界に輝く新星展 in CASO』 海岸通ギャラリー CASO (本日13日まで、11:00-17:00) 大阪市港区海岸通2-7-23 TEL06-6576-3633 ★



b7ec2450.jpg

《画像1》 展覧会チラシ


展示室C+Dで開催されたこの展覧会。

私はNGKの2回目出番 (12:55) を終え、タクシーで海岸通ギャラリー CASOへと移動。


入口で、本日トークをさせていたたぐ 建畠 晢 氏 と合流。



14:00 、司会者の紹介により、建畠 晢 氏 + おかけんた のトークショー (手話あり) がスタート。



まず私が 建畠 氏 に、いきなりこんな質問をぶつけてみました。



けんた 「なぜ私をトークショーの相手として選んでいただいたのですか?」



すると建畠 氏、



建畠 「『アートフェア東京』 でナビゲーターをされているのを拝見して、おもしろく分かりやすくお話をされていたので、今回是非とも!ということでお招きさせていただきました。 あと、話し方もいろいろ教えていただこうと思いまして ・ ・ ・ 。」



建畠 氏 は、ベネチア・ビエンナーレ日本コミッショナー(90・93)、横浜トリエンナーレのアーティスティック・ディレクター(01)、コロンビア大学客員研究員(02-03)をお務めになり、愛知トリエンナーレ芸術監督に就任(08〜)。

昨年まで国立国際美術館の館長をされていて、この公募展の審査員でもあり、今年からは京都市立芸術大学学長に就任し、4月からは埼玉の美術館の館長にも就任されるそうです。

詩人としては、91年に『余白のランナー』で歴程新鋭賞、2005年に『零度の犬』で高見順賞を受賞。


そんな方からご指名をいただいたからにはご恩返しをしなければ ・ ・ ・ と、トークで使えるつかみネタを披露。



けんた 「我々芸人には最初に登場してきた時にお客さんを惹き付けるということで、定番の ″ つかみネタ ″ というのがありまして、たとえば ・ ・ ・ 『今日は、空席を除けばほぼ満席!という状態でぇ〜』(笑) 」



内心、ウケてよかったとホッとしたところでお馴染みの♪えー声♪で



♪おりがとぉー♪



と拍手喝采を受けたところで、ギャラリートークショーの始まり始まりぃ〜。



最初は、建畠 氏のアウトサイダー・アートの説明と、描くことが大好きで同じモチーフを繰返し描くという卓越した集中力で描いていること、アウトサイダー・アートの代表的アーティストである草間彌生さんのお話、そして私なりのセルフトート・アートのお話をさせていただいた後、建畠 氏と2人で会場の展示作品を巡り、1点1点寸評をさせていただきました。




89f221bc.jpg
aeebdcb4.jpg
04e80fa2.jpg

《画像2〜4》 公募展 展示作品


優秀賞、佳作、入選とあり、画像4の右から4点目までが優秀賞作品。


4点共に、ハッ!とするような表現方法で、オリジナリティに溢れています (画像1チラシに掲載されている4点)。




つづく

「現代アートの世界に輝く新星展 in CASO」 海岸通ギャラリー CASO (2)

8936b47b.jpg
95d13c5d.jpg
3cc574b4.jpg
0a20f633.jpg

《画像1〜4》 展示作品


(1)全作品と(2)画像1 までが展示室Cでの展示作品。

画像2〜4 が展示室D の作品になります。



建畠 氏 と私は、ギャラリートークショー会場の展示室Cを飛び出し、横の展示室Dへと移動し、



けんた 「今から横の展示室に移動しますが、ご覧になりたい方は一緒に移動をお願いします。 そのまま座っておきたいという方は、私たちの音声でイマジネーションを働かしてお楽しみ下さい。 (笑)」



とお伝えすると同時に、大勢のギャラリートークショー観覧者の皆さんが移動。



ありがたやぁ〜。




つづく

「現代アートの世界に輝く新星展 in CASO」 海岸通ギャラリー CASO (3)

f60ccfac.jpg
7796b87f.jpg


《画像1・2》 公募展 展示作品

全作品をご紹介したところで、ステージへと移動。

ここで質疑応答に移り、こんな質問がありました。

Q 「今回の障がいのある方の公募展を、 ″ 現代アート ″ というカタチで紹介されているのですが、垣根があるのか?ないのか?そのお話を聞かせて下さい。」

この質問に対して建畠氏は、

建畠 「今回、アウトサイダーの作品を現代アートとして捉えるというのは、作家が誰であるということやアウトサイダーということを一旦真っ白にして、作品だけを見て評価させていただきたかった。 つまり、今回の公募展の皆さんの中から1人でも多くのスターが生まれ、現代アート界で活躍してほしいという願いを込めて、そうさせていただきました。」

現代アート界のトップを走っておられる、アウトサイダーを代表するアーティストの草間彌生さんの研究もされている建畠氏ならではのお話、聞き応えがありました。

続いて私おかけんた。

けんた 「アウトサイダー、セルフトート・アートですが、 アートを大きく分けると、現代美術、近代美術、宗教画などがあり、その現代美術の中にも様々なジャンルがあります。 美術雑誌 『美術手帖』 などでも紹介されていますが、現代美術には、コンセプチャルアートやミニマルアートなど、最近ではグラフィティアーバンアートなんかも加わり、そのカテゴリーは広範囲に及びます。
その様々なカテゴリーの中にアウトサイダー、セルフトート・アートがあり、それを大きな大きな枠組みとして現代アートというカタチで紹介されているんだと思います。
本展のチラシの冒頭にも ″ 障がいがある方を対象に ・ ・ ・ ″ とアウトサイダー、セルフトート・アートであることが記載されていますし、それが現代アートという芸術のカテゴリーとして紹介されていることが、この文章でも理解できます。
私は今回、作家と作品と2つの捉え方だけではなく、作品、描く側、観る側、主催者側、会場、公募展、季節といろんな立場に置き換えて今回の展示を捉えることにより、すべての見解を分け隔たりなくフラットにすることができ、拝見させていただきました。
で今回、私から皆さんにお願いがあります。
もしお好きな作品がありましたら、是非とも作家名を覚えて帰って下さい。
そうすることにより、またどこかでその作家さんの展示を観た際、『あぁ、あの時の作家さんだ!』 という喜びがあります。
その時、もし作家さんの作品が自分の予想を大きく上回っていたら、心地よい感動と 『あぁ、私の予想を上回るということは、私よりこの作家さんの方が著しく成長しているということ。
『よぉーし、今日から感性の競争や。 俺も負けずに頑張ろう!』 という戒めにもなり、なにより励みにもなります。
これが作品との対話になると同時に、作家さんを応援するということに繋がります。 これこそがアートの持つ力なんです!
今回のこの障がいがある皆さんの公募展の作品からは、 ″ 描きたいという力 ″ が満ち溢れています。
皆さん、どうか、どうか1点でも多く作品と作家名を覚えて帰って下さい。 宜しくお願いします。」

今回のギャラリートークショー、作品からビンビン伝わってくる強さと発想の豊かさとずば抜けた集中力から、あらためて出品者の皆さんの才能を再認識し、とても勉強になりました。

今回お声をかけて下さった 建畠 晢 氏 、公募展の作家さん、ギャラリートークショーにお越しいただいた皆様、そして関係者の皆様。

心より感謝致します。

ありがとうございました。

そんな気持ちを胸に、NGKの3・4回目の出番へと向かう ♪え〜声♪ であった ・ ・ ・ 。

f3c8723c.jpg

《画像3》 建畠 晢 氏



『今日の ・ ・ ・ ギャラリートークショー 建畠晢氏 + おかけんた」  海岸通ギャラリー CASO

bfd89e4e.jpg
a9d76dd4.jpg

障がいのある方々を対象に実施しました、公募展の作品を展示。


そして今日14時から、海岸通ギャラリーCASO でトークショーを開催。



当日でもご覧いただけますので、是非お越し下さいませ。




『現代アートの世界に輝く新星展 in CASO ギャラリートークショー』 海岸通ギャラリー CASO (3/12(土)、14:00〜15:00)

 
建畠晢氏 (京都市立芸術大学学長 【前・国立国際美術館館長】) + おかけんた (よしもとお笑いタレント/アート愛好家)




《画像1・2》展覧会チラシ

今日3/11(金)の ・ ・ ・ SUN TV 「ひるカフェ」

854ce279.jpg
6f6092c6.jpg
8874890a.jpg

阪神タイガースの野球中継でお馴染みのサンテレビに、私おかけんたがMCとして出演。

毎週金曜日、お昼 1:55〜3:23 の生放送情報バラエティ番組

『ひるカフェ』

《画像1》 今日の ♪え〜衣装♪

今日の特集カフェ

★ 「朝晩ダイエット」

ゲストは、

京都医療センター 予防医学研究室長

坂根 直樹 先生

《画像2》 坂根 直樹 先生

朝晩ダイエットとは?

★ 朝と晩に体重計に乗って、朝と晩の体重差を知り 『太りやすい食べ物』 『痩せやすい食べ物』 をみつける。

やり方は、朝起きてトイレに行った後に体重計を計り、夜寝る前に体重を計り、夜の体重から朝の体重を引く。

その差が、自分が寝ている間の体重減少量 (MY体重差) より少しでも減っていればOK!

つまり、自分の基礎代謝から自身の生活 (食生活) を見直すきっかけにとなるわけです。

晩と朝の体重差は、個人差はありますが平均して500gくらいの変化があり、その差が大きい人ほど基礎代謝が活発でダイエットしやすい人だそうです。

ちなみに体重が増える食べ物の一位が、カレーライス。

ご飯を多い目に入れてしまうからだそうです。

あと、食事前に500ミリリットルの水を飲むとダイエットがしやすくなるそうです。

それと野菜を食べてから他のものを食べるほうが、ダイエット効果があるそうです。

いろいろあるんですね。

そして 『デンタルカフェ』 では、八重歯やホワイトニングの特集。

リポーターは、植田奈津子 さん

《画像3》 植田奈津子 さん

残念ながら今回がラストの出演。

またご一緒できることをたのしみにしています。

というわけで来週の特集は、 『人生が変わる!? 収納術』 です。

お楽しみに!

 〔東北関東大地震〕へのお見舞い 

 『ひるカフェ』 の ” デンタルカフェ ” のコーナーの時、スタジオで頭上のライトが大きく揺れるほどの地震があり、速報で東北大地震の原稿が届き 「宮城県北部 震度7」 と書かれていたときは阪神淡路大震災を思い出し、被災地の方々の安否が心配になりました。

尋常じゃない被害が広がっていますので、国の一日でも早い対応を望むばかりです。

被災者の皆様、並びにご親族の皆様、心よりお見舞い申し上げます。


「具体コレクション展 with GUTAI You see me. 443」 LADS GALLERY (ラッズギャラリー)

  これは、一人のカメラマンの 『具体(美術協会)』 の記録写真と、 『具体(美術協会)』 の作家の作品との、コラボレーションだ




★ 「具体コレクション展 with GUTAI You see me. 443」 LADS GALLERY 【ラッズギャラリー】 (17日まで、12:00-19:00※最終日17:00まで、月休) 大阪市福島区福島3-1-39 メリヤス会館1F TEL06-6453-5706 ★




フリーライターの鎌田容美さんが、じっくりと対話するように 『具体』 にシャッターを切り出したのは、1990年イタリア

トリノで別件を取材中の鎌田さんが、現代美術家の嶋本昭三氏の紹介でローマ行きの電車に飛び乗り、国立ローマ近代美術館 の 『具体』展 へと移動  。


それ以降 『具体』 を追い続け、1994年にアメリカ・ニューヨーク、ソーホー・グッケンハイム美術館 の 『戦後日本の前衛美術展』 で ″ 具体 ″ が紹介された同じ時期、同じニューヨークで初めての写真展を開催  。



そんな鎌田さんの写真と、 『具体』 の作家さんの作品をご紹介しているのが今回の展覧会  。



ハッキリ言って、かなり貴重です  。


『具体』 とは? という皆さんには是非ご覧いただきたい展覧会  。



では、その展示作品の一部をご覧下さい 




f8c47ed1.jpg

《画像1》 鎌田容美撮影「あこがれのモード」 【田中敦子『電気服(ドレス)/1956』】 撮影/1990年 国立ローマ近代美術館


あの伝説の ″ 電気服 ″ です 


鎌田コメント 「ファションに興味のない私が唯一、着てみたい服である。」




4cb082e6.jpg

《画像2》 山崎つる子 作品


海外でも絶大なる人気を誇る山崎さん  。

まだまだ現役バリバリです  。





2fbaa60f.jpg
《画像3》 鎌田容美撮影 「充実感」 【村上三郎『紙破り/1955』】 撮影/1991年 ダルムシュタッド・マリルデンヘーエ美術館


精神統一された後、一気に紙を破りにいく瞬間を捉えた写真  。





c5e1f2af.jpg
《画像4》 村上三郎 作品


美術館でしかお目にかかれない、貴重な村上氏の作品 


 
鎌田コメント 「してはいけないことをしている罪悪感はいつしか充実感に変化する。」





44ed7ddc.jpg
《画像5》 鎌田容美撮影 「イタリア修学旅行記念」 【山崎つる子作品の前で記念撮影】 撮影/1993年 ヴェネチア・ビエンナーレ


皆さん、お若い 

わかります、メンバーの方々?



近々開催される第2弾は、鎌田容美撮影写真と田中敦子作品の展示が予定されているそうです  。


コチラもかなりレアな企画展  。



お見逃しなく 

「momo個展 -momoの節句-」 展現舎

3月3日 とは



″ m o m o の 節 句 ″ の始まりだよぉ〜ん  




★ 「momo個展 -momoの節句-」 展現舎 (16日まで、12:00-18:00、日休) 大阪市西区江戸堀1-23-19 グランビルド江戸堀403(新作)・1004号(旧作) TEL0664413677 ★




アートフェア系への参加が著しかったmomoさん、今回の個展は 『桃の節句』 に因んで



『momoの節句』  



でおめかし日和 




21519dc0.jpg

《画像1》 展示作品

e74543bc.jpg

《画像2》 画像1を含む3点


クールビューティ日和 




7912cbcd.jpg

《画像3》 展示風景


コスメティク日和 




4c4495ce.jpg

《画像4》 展示作品


おでかけ日和 




cac6157e.jpg

《画像5》 展示作品


オーガニックカフェ日和  



サンシャイン momo"  


スプリングしに来ない?

「コレクション展」 TKG EDITIONS KYOTO 【TKGエディションズ京都】

強者揃いのTKGのコレクション展 




★ 「コレクション展」 TKG EDITIONS KYOTO 【TKGエディションズ京都】 (19日まで、11:00-19:00、日月祝休) 京都市下京区西側町483番地(西洞院通/新花屋町通 西南角) TEL075-353-9992 ★




6354ec87.jpg

《画像1》 Naomi Fisher 【ナオミ・フィッシャー】 「Ladyies Triptych」 (6/7/2005 with hand 5/10/2005) 2005 ink on vellum 61.0×48.0 each


女性美に対する執念が強烈に迫ってくる3点ですよね  。




6d6dc63f.jpg

《画像2》 vibeke Tandberg 【ヴィベケ・タンベルグ】 「Winehouse Flower #1」 2010 B/W pigment print on llford archival paper 35×35cm


セルフポートレートをデジタルコラージュという技法で制作された作品で、自己や人間の多面性への問題意識を投影されているそうです  。




5525b346.jpg

《画像3》 Gelitin 【ジュラティン】 右 「untitled」 2009 plasticine,wood 50.2×51.5×3.5cm  左 「Public Toilet Nr.5」 2009 plasticine,wood 43.5×41×18cm


 4人のアーティストからなるジェラティンさん、身近にあるものを独自の視線で構築しているんですが、今回の作品のぶ厚さはユーモアやイマジネーション、それにある種の危うさへの警告に満ちています  。




71420c51.jpg

《画像4》 Gert & Uwe Tobias 【ゲルト&ウーヴァ・トビアス 】「untitled」 2008 mixed media 32.0×28.0cm


 双子の兄弟のゲルト&ウーヴァ・トビアスさんはルーマニア生まれで、現在はドイツのケルンで制作活動を行っていて、魔女や悪霊などの古い民話を思わせるモチーフが物語性をより深遠なものにしています 




da23f3df.jpg

《画像5》 ランプ Gelitin 【ジュラティン】 「untitled」 2009  skirt,iamp ca.30×29×31cm  平面右 Tom Friedman 【トム・フリードマン】 「untitled」(Best of Clnb) 2005 lambda print image:117.2×86.2cm


 ジュラティン作品のランプからは非現実的なトリップ感があり、トム・フリードマン作品のスキャンダラスなワードが刷り込まれたプリントからは現実的なメッセージがあり、この2点の対比も、実にオモシロイ 



 ご紹介できなかった作品もありますので、是非ギャラリーでお楽しみ下さい  。 
profile
♪えぇ〜声♪の人
おかけんたです。
私のプロフィール等は
HP本館をどうぞ

■ おかけんたカレイドスコープ
コメント
Archives
ブログ内検索
♪えぇ〜訪問者数♪
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ