2020年07月10日

闘う気持ちを失うと、オノレの気持ちも失うもんだねぇ、、の巻

 ご承知のとおり、アタシャ、回遊魚である。 常に行動(頭の中も含めてです)してないと、止まってしまうと、止めてしまうと、、そこらにほかっておいた自動巻きの時計みたいに、エナジーが生み出されず、止まる=オダブツな人間なのである。 ああ、可愛そうなヤツなのだ。
DSC08157













一方、イチロウ君などは、静止を苦にしない、ま、座禅しすぎて足がなくなってしまった、だるまさんみたいである。 たとえば、こんなことありませんか、「・・・・・たしか、あの道具を使ったのは、3年前の夏、そのあと・・・ツシへあげたわね、どれどれ・・・」と、ツシ=屋根裏の物置にあがってみたら、そのままそこにあったりする。 そうイチロウだるまは、そのまま座っていて、「、、おい、ぼつぼつ、飯の時間かえ?」などと、さも平然と言いそうなのである。
DSC08155















そんなどっかとした、イチロウ先輩とは正反対の、ハツカネズミイワコは、あっちをうろうろ、こっちをうろうろ、動き続けていないと、、停止してしまうと、心身ともにあかんようになるのだよ。

ニシヅカ君と、イチロウ君は、「・・・オマエ、そんなに支部長やりたけりゃ、言えばやらしてやったのに・・・」などと、まるでオイラが、そんな立場にすがりついてるみたいに言うが、そうじゃないのだ、アタシャ、、何かエラッソなヤツや、コンジョウ悪と、アタマも含めて闘っていないと、ぷしゅぷしゅぷしゅ、、って、油が切れてしまうだけなのです。

決して立場なんかじゃなく、何かと闘い続けるしか、・・・自分を維持できない、ああ、気の毒な性分なのだよ。
DSC08162














やはり、アジサイはさ、シンプルが一番だね。

花を愛し、一方で、ヒトと闘う、、そんな生き方しかオイラにゃ、出来なかったようです。

ああ、カッコいい終わり方だねえ、だるまイチロウ君や。キミャ、あのハシビロコウみたいだぜ、うへへへへ。









okakousan at 04:00|PermalinkComments(0)

2020年07月09日

愛の言葉をキミにささやく・・・

 「愛の言葉をキミにさしゃく・・だけど、今は・・・意味などない・・・」の出だしの曲は、浜田省吾でしたかね。

さぁて、アタシは、歳は重ねたが、こころは若いままなのです。 だから、愛の言葉だって、ほんとうはここでも、常に貴女さまに、ささげたいんです。 が、・・・・・あの恐怖の、「オマエ、そんなクッサイこと、よう・・・恥ずかしげもなく言えるよなぁ、オラァ、体中が痒くなってきてしもうたし、、サブケがするわ」 などと、イチロウ君が苛めるから、我慢しているのです。


じゃぁ、いっぺん・・・ささやくよ。

「〇〇ちゃん、ボクはさ                




     だから、いっしょに・・・歩いていこうね。   」 

この途中の、美しい・・・まるでポエムのような言葉を、イチロウオヤジに聞かせるのは、もったいないから直接、言うね。ま、画像で表せば、こんなふうな・・・・風景かな。

DSC07405」花ならこうだね。
風景なら・・・・

DSC04516

こんな水の流れかな。
11058136_474342672740996_2178400355449490262_n[1]

さて、そんな美しい詩を奏でながら、
生きていけたらいいな。

愛の言葉は、イチロウ君に聴かれないようそっとささやくもんだねえ。

うへへへへへ。


       
17412_432210013620929_2657628167547897823_n[1]



















時は移ろうけれど、こころだけは、衰退させたく・・・ないね。    

たぶんであるが、あれほどクダラナイ、おもしろいオヤジジョークのカタマリみたいなイチロウ君は、キレイな、かしこまった・・・「愛のささやき」はまったく苦手なんだろうと思うぞ。 だから、オイラのサクラの舞いおちるがごとき、美しい奏でるような言葉が、、うらやましいのだろうねえ。 

ああ、あはれな・・・・ミズタニイチロウである。

がはははは。

・・・・・・と、その頃・・・
「ああ、コイツ(イワコ)、また・・・妄想の世界にはいっちまったねえ、モテナイやつは、どこまでいっても、自己満足の哀しいもんしか、できんのやなぁ。センズラ、センズリ、センズル、センズレ、センズロウ・・・だねえ」 と、言ってるだろう。      

お互い、ボクとイチロウちゃんは、ナィ〜ブな子なんで、似たようなことを、、思ってる、やってるもんらしい。                   
                                                                                                                   

okakousan at 04:00|PermalinkComments(0)

2020年07月08日

紳士とは・・・

 私には人生の師匠となる・・・二人のおひとがござる。


言わずと知れた、ミズタニイチロウ先輩と、ニシヅカアキヒコ先輩である。私の生涯はこのおふたりのお導きによって、マチガイを起こさずここまで来れたようなもんである。
DSC05576














「さて、紳士とは、なんぞや? 」
  「さらば、世の中では、“ちんち”のことを口に出さぬ者のことを、そんなふうに思っておる輩が多いが、逆なのじゃ、ちんちんは、世代をつなぐ大切なもの、それをまるで汚いモノのように触れようとしないのがまちがっとる。」

「さすが、、アタシもたまに触れていますが、先輩は毎日触れておられるそうな、」
  「とほほ・・・・バカ者!そりゃ、ハナシの中で触れるということじゃわ・・・ちと、オマエは、正確に理解しておらぬようじゃがのう、まあ、致し方ない。ホンモノの紳士とは、吾輩のように、その話題を、さらり・・・・と、みなに感じてもらえる者なのじゃ、平生がスガスガシイ わらわのような、聖人は、なかなかおらぬであろう、、」

「すばらしい、同じスガスガシイでも、先輩の清々しいと、菅菅しい、、はえらい違いですもんね、ありゃ、表情変えずにいかに国民騙すかの修行みたいですやん」
  「そうじゃ、顔にでておろうが、ワシの神々しさ。」

「はい、平安時代じゃお多福こそが絶世の美女だったとか、先輩のそのスケベくさいお顔も、神代の時代には・・・拝めるお顔かもしれません・・・」
DSC05571
















「さて、次に・・・ニシヅカ先輩、紳士とは?」
   「・・・・・・(ポカンとした、アホ顔で・・・考えているさま)」

「ははぁ、、先輩の生き方にゃ、わからんかなぁ、先輩・・・あばれんぼうですからねえ、」
   「バカモノ! 親鸞聖人は、オノレを・・・愚禿親鸞と呼んだのじゃぞ、人間などそのようなものなど、ひとりもおらぬわ! すべてが凡夫よ、煩悩に支配された、あわれな生き物よ・・・」

「・・・・なかなか、達観したようなこと言われますなぁ。 されど、心底じゃ、アタシのこと、、『なんであんな紳士がおるんやろ、オレの生涯で初めて出会ったわ』とか、想ってるんでしょ、そりゃ、アタシも先輩の14年間の苦痛を・・・取り去ってあげましたからねえ」
   「うるせえ! あれはオレにカネがないと、、相手が悟っただけじゃわ、なあ、イチロウさん、」
DSC_0956
















さて、アタシャ、ライオンズの他のクラブの人にね、「・・・・なんで、例会にそんなキチンとしたスーツ姿でやるんですの?」って訊いたとき、「ライオンズクラブは、紳士淑女の集まりなんです、ヒンカクを保つためには、まずは服装と、話す内容をらしくしなけりゃ、と思っています」と、言われた。

ああ、そんなもんやないがなぁ、、とボクは思う。 紳士を国語辞典でひくと、「上品で礼儀正しいひと」となってた。 つまり、人の前で・・・そんなふうに振舞えばいいのかい? 例えば言葉、トウキョウ弁を使い、うやうやしく慇懃な態度するやつ、たいていはそのようなヤツほど、まったくのコンジョウが悪い欲のカタマリみたいなヤツなんだよな。

そういえば、ニシヅカ君は、そんなひとの後悔の涙にもらい泣きしたことがあったそうなのだが、よくよく聞いてみると、相手は後悔などしておらず、泣いたフリして、「べぇ〜」って舌だしてたらしい。 ああ、そんなもんに騙されて、涙みせてしまうニシヅカ君こそが、紳士なのかも知れませんね、

ただし、イチロウオヤジとは、長い付き合いだが、一度たりとも涙を見せたことがない。 こりゃ、樹にくくっといて、玉ねぎの汁でも頭からかぶせるか、はたまた目ん玉のとこを、ぶんなぐるくらいしかないよなぁ
 
DSC05105











おっと、冒頭の漢字の入力を間違えたです。 正確には、「私には人生の支障となる、、」が、正確かも知れない。

お詫び・・・・文中、不適切な画像がございます。 決して拡大して、チェックしないように。不埒にも、四万十川の沈下橋の上から、ニシヅカオヤビンが、てんてんてんしてるお姿だす。


okakousan at 04:00|PermalinkComments(1)

2020年07月07日

武勇伝、、娘に・・・とどかず、、の巻

 上のいけず後家目前の娘はちょいとは仕事上、土建屋のことも知ってる。

んで、お父さんであるワタクシは、土建屋の大変さを、教えようとしている。

  「・・・・ええか、オマエらのじいちゃんは、弱いもんには優しく、強くエラッソなもんには、徹底的に戦ってきたぞ、オレもな、あそこまではいかんけど、ニシヅカのおじさんとともに、この地域のええ土建屋さんを守ろうとして、うざこいヤツらと闘っておるぞ、怒鳴り合いのケンカしてまで、頑張っとるんやぞ。 この前逮捕された・・・」
とか話しだすと、

「ああ、また・・・武勇伝のはじまりやわ、アンタ(本来なら尊敬すべき父親=アタシ)、そんなこと・・・ようするワケないやん、ニシヅカおじさんは強そうやから、わからんけどなぁ」 とか言いさがるのだ。

  「アホこけ、オレは12年もこの地域の土建屋さんに支持されて、弱い立場の人たちのために、行政とかけあって、いいひとが残れるよう、やってきたんやぞ」

「アンタにそんな力があるワケないやん、また武勇伝やな、老い先短いと思うもんで、今のうちに・・・アタシらに、立派な父親やったと思ってほしいんやな。」

  「とほほほ、オマエねえ、オレはなぁ、ある時は畑を、一生懸命耕し、またある時は、そんな権力と闘う人間なんやぞ、なかなかオレのほか、そんなんおらへんぞ、ニシヅカおじさんや、イチロウおじさんも、『余人をもって、替え難し』と言ってくれるんやぞ」

「・・・・そのわりには、支部長クビにされたって、この前風呂のなかで、ぶつぶつ独り言しゃべっとったやろ、ああ、ミジメくさいなぁ」

  「げえ! 聴いてやがったんけ、あれはなぁ、そういう風に言うとハナシとしてオモシロイんで、笑わかすために作っとるんやんけ。」

「・・・・・そうは、思えんがなぁ・・・」
DSC08061














さてさて、確かにアタシもカワリモノなんで、娘も、その血を引いてるんに決まってる。

三十路を超えると、夢みる少女から、やたらと現実的なおばはん的思考になってくる。うううう、

まあ、父親がそこらじゅうでケンカしてくるような暴力魔じゃなく、そんなひとに声を荒げるようなことをようせん、畑で草取っておるだけ、、と思われてたほうが、いいのかも知れません。

BlogPaint















死神が昼寝してる口に、オシッコをひっかける三平君を、笑えるのは、、大人として成長したのか、はたまた・・・・父親のように、堕落したのか、、問題であるねえ。

ああ、今日は・・・・七夕である。

娘たちよ、チミらの父親は、彦星君と、織姫さんの出会いのような、、美しい世界を追いかけている、すばらしいオトコなんだがねえ。

わはははは、うひひひひ、えっへへへへ、・・・・・うううう、ああ、とぼしいオヤジである。





okakousan at 04:00|PermalinkComments(0)

2020年07月06日

田舎の朝、、ええこと、かなわんなぁ、、のこと

 ボクは、家を朝の6時過ぎにでて、会社に来ている。むろん、仕事などしていない、このバカブログ書いたりだ。
で、その前に家のメダカさんたちの食事をあげたり、コケへの水蒔いたり、草取りだってしたりする。

で、朝はやくから、回遊魚のアタシは動いているのですが、「こりゃ、かなわんのぉ」は、一番が・・・庭を歩いてて、朝一番、、顔に蜘蛛の巣がひっかかることである、これ、、いと・・・わろし、今風の表現すれば、テンションいっぺんに下がるなぁ、、とほほほ、、である。

都会の方々は、そんなときこういわっせるだろう。「蜘蛛さんも生きてるんだし、そんなん一回とっちゃえば、そんなに言うほどのことじゃないじゃない、大げさねえ」  おいおい、蜘蛛さんはね、いっくらとってもいちにちのうちに、また張るのだ。そうして、目には見えないから、虫がひっかかるのであるから、人間にも見えないし、もっと薄情すると、ボクらの世代は、「何処にあったのか」なんてすぐに忘れちゃうから、毎日ほど、、その策略の網に・・・・ひっかかるのだよ
DSC07911
























これは、「テキトウな画像」ではなく、「蜘蛛の巣」が写らんだけである。 カメラよりさらに、疎い、アタシやイチロウオヤジの目には、さらに確認でけず、餌食となる。  オイラたちが、虫さんだったら、あの世行きだね。


DSC07909














今日の教訓・・・・これこれ、前から美人がきたなぁ、、などと、キレイなもんばかしに目を奪われてると、ドツボにはまるもんでござんすよ。

イワコ一句、、
蜘蛛の巣に・・・ひかかり我は、しかめつら・・・
  あさから気分、いとわろし・・・・

イチロウ返句、、
よるの蝶・・・せしめし我は、、しめしめしめ・・・
  気づいてみれば・・・蜘蛛の巣のなか・・・

上句は、ワタシやイチロウ君の、かわいい失敗談である。 いっぽう、下のは意味が深いぞ、利権であぶくぜにをせしめ、悪銭身につかずで、カネができると、、目がいくのはお美しい女性に決まってる。 札束で頬をなでなで、せしめたと(わが物にしたと)思いきや、、朝になったら、(いいことをした後の朝)、相手は蝶とおもってたら、怖いの世界のおとりの蝶でござった。 後悔しても、もう遅い、ひっかかったのは、こっちであり、もう・・・身動きとれずに、蜘蛛(黒い世界の方々)の思うがままにされてしまう。

ああ、どっかの団体のチヨウ(長)さん、あれほど、、そこそこにしておけと、忠告してきたのになぁ、、

DSC07891

















朝から、蜘蛛の巣にひかかるのは、気分悪いもんであるが、、夜にひかかると、もうとれないもんになっちまう。

ああ、みなさん、、人生は、相手は自然にしましょう。 人間を相手にすっと、深い深い穴にはまっちまいますのよ。

注 土建屋関係の方々には、ようく理解できるオハナシでごんした。 悪の世界の方がた、、あしからず。



okakousan at 04:00|PermalinkComments(0)