こんにちは。


web内覧会、一階はまだワークスペースがのこっているのですが、先に階段行っちゃいます。


リビングのドアを開けて左手、洗面所の向かいに、階段があります。
18-02-01-14-37-01-216_photo


洗面所との距離はこのくらい。
18-02-01-14-36-45-377_photo


洗面所の方が少し奥まっているので、階段から降りてきた人とぶつかる事はありません。


スタートは真っ直ぐ。
18-02-01-14-37-15-495_photo



覗く感じで少ししゃがむと、こんな感じ。

18-02-01-14-37-27-030_photo


上で回っています。
照明は一つ。


回る手前に窓があります。
18-02-01-14-37-56-031_photo



上がりきってから覗くと…

18-02-01-14-38-25-984_photo




手すり

18-02-01-14-37-35-173_photo





間取りを決めるに辺り、階段の三段回りが気になっていました。

色々調べていくうちに、三段もリズムに乗って上り下出来るので急に感じないという結果になり、三段になりました。

広いお家で、制限を受けずに建てられるならもっと緩やかな階段にしたかもしれません。



失敗だったのは、電気のスイッチの位置。

階段を上る道中にしたかったのですが、洗面所のスイッチとまとめた方が綺麗だというアドバイスを受けて、それならそうします。とこちら側に。

18-02-01-14-39-07-563_photo


やっぱり階段の上り口にすれば良かった。


「気にならないですよ」と監督さんは仰ったのですが、私は駄目だったみたいです。



家を建てる時、イメージが大切と言われます。


帰ってきて、電気を付ける。


それだけではなく、例えば、買い物帰りに荷物を持っていたら。
どこからどのルートを通り、どの電気を付けて、どこに荷物を置いて、どの電気を消すのか。


雨が降っていたら、傘はどこに置いて、靴はどう脱いで…

と考えていくだけで、ぐっと現実に近づきます。

にほんブログ村テーマ いえづくりのこだわりへ
いえづくりのこだわり

にほんブログ村テーマ 住まいに関する事へ
住まいに関する事


実際、私も悩んでいた箇所が後悔ポイントになっています。


最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 インテリアブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ