2004年09月

原油価格、$50寸前!!

ヘッジ・ファンドは、商品で失地挽回作戦展開中と書きましたが、原油価格が今晩は$50寸前です。
景気は減速と言われる中の、原油価格の高騰は腑に落ちない部分ではありますが、世界の景気がガクンと失速しているわけではないし、短期の相場は長期のトレンドとは無関係に動くこともあるし、こんな時は流れに逆らうな!と言われています。
あせって、値ごろ感から原油のカラ売は慎みたいですね。こんな時は、金持ちけんかせずの気持ちです。



共和党大統領の1年目は株はダメ

いよいよ米国大統領選挙も終盤です。
これから、ブッシュVSケリーのTV討論会が3回あります。
ベッティング・サイトによると、ブッシュの勝率予想は68%(9月26日)です。

一般的に共和党が株にとってOKで、民主党はXという報道がなされてますが、事実は逆です。戦後、1945年以降の歴史的事実によりますと、共和党の大統領の1年目は、株は平均で▲2.4%下落してます。
民主党の大統領1年目は、株は+14.3%上昇してます。
さて、今回はどうなるでしょう?

ちなみに、共和党大統領の4年目は、株は平均で▲0.2%です。今年は????

ダイエー

今日、久しぶりにダイエーに行きました。
少し前に、ダイエーは食料品販売以外は、専門店にスペースを貸す形で撤退をするという記事を読んだことを思い出しました。その後の推移は知りませんが、その記事を読んだ数日後に、ダイエー・ホークスとロッテの合併が持ち上がったのも、ダイエーが本格的リストラを迫られている現われだと感じました。

ただ合併話は、チケット・物品販売権、放映権などに関する、ホークスタウンと福岡ダイエー・リアル・エステート(FDRE)とコロニー・キャピタルとの裏契約(毒饅頭)とも取れるような内容が報道され消えてしまいましたが、、、、
野球ファンとしては、こんなドロドロした話は聞こえてきて欲しくないのすけど、
写真の鷹の人形はいつまでダイエーで見られるのでしょうか?


東京の地価が下げ止まりから反騰に転じつつあります。全国の地価の下落も終局に向かいつつあります。
まさにこの時期に、『地価の持続的上昇を信じて、巨額の借金をして不動産(店舗用など)を買いまくった』ダイエーが実質的に解体されつつあるのは、皮肉なものです。

株式市場は失敗した人が株を底値で売らされて始めて、次の上昇を始めると言います。
ダイエーは、まさにつぼにはまった事例として、歴史に名を残すのでしょうか、


”こねた”と、”コネタ”の統合

今日は、絵で見るコネタをここに統合する作業をしています。
古いBLOGの記事がアップされていますが、ご容赦ください。
(午後1時)

一件ずつ、記事と写真を、コピー&ペーストして、やっと終わりました。
一発で記事を移動させるワザがあるのでしょうか?
(午後5時)


ドルが暴落しなかったので、ヘッジ・ファンドは大損??

2004年のヘッジ・ファンドの成績は悲惨だという記事を読みました。
その原因は、『売っときゃ下落してくれたUS$が下がらなかったからだ』と書いてありました。まあ、単に相場観がハズレたということですね。
しかし、中には“私は正しい!相場がおかしい!”などと、言い訳をする三流ヘッジ・ファンドもあるそうです。

さて、その記事で私が面白いと思ったのは、言い訳の中の以下の部分です。
===
歴史的に為替の介入がトレンドを変えたためしは無い。日本政府の為替介入(2003年後半から2004年春)も結局は破綻し、ドルは100円を割れる水準に下落するだろう。
そういう正しい相場観で2004年の初めから“ドルを売って、円を買っていた”が、介入が終わっても何故かドルは下落しなかった。
===
ドルが下がらなかったことは事実ですから、ドル以外のユーロ、円が対ドルでの“魅力”が低下したという事実を認識すべきなのでしょう。為替相場での魅力とは現在の魅力ではなく、“将来の魅力”ですから、『2004年当初に心配されていた2004年後半のアメリカの経済状況は言われているほどが悪くないぞ』と、為替相場は教えてくれていたということになります。そういう風に考え方を定めて、年末までの、金利や株のことを考えたほうが良さそうだと感じております。
ただ、来年のことは別に考えなければならないのでしょうが、、、
ちなみに、ヘッジ・ファンドは原油や非鉄金属で今年のここまでの負けを取り返そうと必死で戦略を練っているとも書いてありました。



PDAは、単独では生き残れない(3)ボーダーフォンの新携帯!!

ボーダーフォンが、3Gの世界戦略商品を出し始めました。11月以降、日本でも攻勢が始まります。
日本では折りたたみ型全盛ですが、ノキアの"V702NK"は面白いかも知れません。
==NEWS記事===
手のひらにすっぽり収まる、丸みを帯びたストレートタイプのデザイン。パソコンで管理している予定表やアドレス帳などのデータを携帯電話に同期させて持ち歩ける「Nokia PC Suite(スイート)」に対応。パソコンなどのインターネットEメールが使えるEメールクライアントとして利用可能。重さは約127g、続通話時間/待受時間は約190分/約260時間。外部メモリには対応していない。
カラーバリエーションはアルミニウムシルバー、ボルドールージュ。
==========
仕事中心に使うとしたら、下線部分はポイントですね。


これは、モトローラ製です。
===V702MO===
本体前面と背面にそれぞれモバイルカメラを配置した、ツインカメラ搭載モデル。手のひらに収まりやすい、丸みを帯びたコンパクトデザイン。パソコンで管理している予定表やアドレス帳などのデータを携帯電話に同期させて持ち歩ける「PCシンク」に対応。重さは約140g、続通話時間/待受時間は約130分/約220時間。TransFlashメモリカード(T-Flash)に対応で、16Mが同梱される。
カラーバリエーションはアークティックブルー、リコリッシュブラック。
==========


これも、モトローラ製
===V702sMO===
本体前面と背面にそれぞれモバイルカメラを配置した、ツインカメラ搭載モデル。コンパクトながらもスタイリッシュなストレートタイプ。パソコンで管理している予定表やアドレス帳などのデータを携帯電話に同期させて持ち歩ける「PCシンク」に対応。重さは約140g、続通話時間/待受時間は約130分/約220時間。TransFlashメモリカード(T-Flash)に対応で、16Mが同梱される。
カラーバリエーションはコズミックユニバース、ブラックシルバー。
==========


賭けで占うアメリカ大統領選挙_1

以前、賭けで知る人気度という記事を書きましたが、今日はその後のチェックです。
例の賭けのサイト(右の写真)を見ると当時よりブッシュがかなり盛り返し、決定的(?)なリードになってきております。


下の写真は、上の右下の部分(過去の推移)を拡大したものです。


原油価格

原油価格の高騰は、なかなか終焉しませんね。
物価調整をすると、70年代の価格は今の値段に弾きなおすと$60以上だそうです。


しかし、一旦原油価格のピーク・アウトと思って株を買った人も、一旦退却したのが昨夜だったのでしょうね。
さて、たった今始まった今夜のNYはどうなるのかしら?
明日の日本の株式市場に影響大ですからね。


BLOGはネット渋滞の元凶?

6月に"RSSはネット渋滞の元凶?"という記事を見つけたことを書きましたが、今度は"Blogはネット渋滞の元凶?"という記事を見つけました。CNETに出てます。全文はリンク部分をクリックしてください。

ポイント部分は、
===
Blogのシンジケーションは現在、より多くの情報をより効率的に共有するための最良のツールの1つといえる。しかし、情報量が多くなると必要な帯域幅が増えるが、帯域幅はタダでは手に入らない。ネットワーク管理者らは、サーバに新たな負荷をかけるこの需要をどう満たすかで、厳しい選択を迫られる。

一般的なBlog、そして特にRSSは、ビジネスや個人の生活のなかに深く浸透していることを示していると言える。Blogはもはや、企業や開発者のコミュニケーション方法としての地位を確立したといえる。RSSはReutersやCNET News.comをはじめとするニュースメディアの重要な配信技術であるだけでなく、個人ブロガーが仕事や家庭に関する記事を配信する一般的なツールにもなっている。

RSSの仕組みは破綻しているかもしれない。何万人もの人々が、何千もの異なるRSSフィードに登録して、数分ごとにフィードを得ようとすれば、今の仕組みでは対応できないかもしれない。また、RSSはその維持管理方法に関しても非難を浴びており、Atomという新しい競合シンジケーションプロトコルの追い上げを受けている。
===
という部分かな思いますが、困った時は人間は常に工夫をして問題を解決してきました。
Atomをまだ私は知りませんが、今のBlog&RSSより、安い、簡単、早い、便利、であれば、Atomがあっという間に席巻するでしょうね。
調べてみる必要がありそうですね。新しいところには、常にチャンス(金儲けも)がありますので。



PDAは、単独では生き残れない(2)

PDAは、単独では生き残れない(1)を書いた後、NEWSをチェックしていいたら、HPがデジカメ付きのPDAを出してきた記事を見つけました。これに、電話機能がつけば、完全に携帯電話との競争になりますね。
現状では、DocomoやAUから補助金が出ている携帯が安く見えます。でも見かけだけですね。きっちり高い通話料金で後払いさせられてますからね。
でも、この部分もSoftbankの進入で変化するかもしれません
いずれにしても目が離せません。

===記事===
日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は9月22日、PDA製品系列HP iPAQ Pocket PCの新製品、小型軽量のHP iPAQ rz1717 Pocket PC、カメラ内蔵の同rx3715 Mobile Media Companion、VGA液晶画面搭載のハイエンドモデル同hx4700 Pocket PCという3モデルを発表した。9月末より順次販売を開始する。なお、rz1717は同社の直販サイトであるHP Directplus向けの専用モデルである。

OSは、いずれもPocket PC用OSの最新版であるWindows Mobile 2003 Second Edition software for Pocket PCを搭載。横画面での使用が可能となり、ウェブや表計算ソフトウェアなどの画面を見やすく表示できるという。また、バッテリ切れの際でもデータを保持できるよう、ROM領域をiPAQ FileStoreとして使用可能にした。




各モデルの主な仕様、HP Directplusでの税込み価格、発売日は以下の通り。

【HP iPAQ rz1717 Pocket PC】
プロセッサ:Samsung S3C2410(203MHz)
画面:3.5インチ型、6万5536色表示、半透過型カラーTFT液晶
メモリ:32MバイトSDRAM(ユーザー領域14Mバイト)、64MバイトフラッシュROM(ユーザー領域21Mバイト)
カードスロット:SDIO/MMC
サイズ:70×13.4×114mm
重さ:約120g
価格:2万4990円
発売日:9月末

【HP iPAQ rx3715 Mobile Media Companion】
プロセッサ:Samsung S3C2440(400MHz)
画面:3.5インチ型、6万5536色表示、半透過型カラーTFT液晶
メモリ:64MバイトSDRAM(ユーザー領域41Mバイト)、128MバイトフラッシュROM(ユーザー領域83Mバイト)
カードスロット:SDIO/MMC
無線機能:無線LAN(IEEE 802.11b)、Bluetooth ver.1.1
サイズ:71×16×114mm
重さ:約158g
価格:4万9980円
発売日:10月下旬

【HP iPAQ hx4700 Pocket PC】
プロセッサ:インテル PXA270アプリケーションプロセッサ(624MHz)
画面:4インチ型、6万5536色表示、VGA半透過型カラーTFT液晶
メモリ:64MバイトSDRAM(ユーザー領域46Mバイト)、128MバイトフラッシュROM(ユーザー領域74Mバイト)
カードスロット:SDIO/MMC、CF Type II
無線機能:無線LAN(IEEE 802.11b)、Bluetooth ver.1.1
サイズ:77×15×131mm
重さ:約187g
価格:6万9930円
発売日:10月下旬

記事検索
最新記事
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
*****
  • ライブドアブログ