2011年04月

HK中国は、3連休前の利益確定売りが増えた

世界中の株が短期的には大幅な反発をしたので、おっかなビックリ感が出ている。
ただタイミングは各地で微妙にズレているので、「世界同時*+*+」という事にはなっていない。
中国も今週は3連休だ。週の後半は利益確定売りがそこそこ出ていた。
上海_香港_20110429

HKと上海の値段の格差だが、1年近く「100の近辺を推移している」ので、解消したと考えてよいだろう。
今後は、大幅なかい離が生じたときだけ、このチャートを掲載することにしたい
A_Hスプレッド_20110430

上海は横ばい相場が続いている
実績EPSが横ばい、PERも横ばい、、、変な動きが起こっているわけではない
上海A株_月次_20110430


預金準備率は、20%の大台を超えている
この状態では景気過熱は起こらない。

当局は銀行の自己資本比率を引き上げる方針を出している
将来発生するであろう地方政府傘下の企業向け貸付の焦げ付き処理への対策が水面下で始まっていると思う
中国_RRR_20110430

短期金融市場は平穏とまでは言えないが、変調でもない
上海MM_20110430

人民元の対ドル・レートは急速に上昇(チャートでは下降)してきた
人民元_短期_20110430
4月末は6.5を割れた
年末〜12年3月に6.0だと判断している
人民元長期対ドル_20110430
香港ドルと人民元の格差が大きくなった。
香港ドルがUSドルにリンクしているから当然だ。
HK市場に上場している中国の内需企業の利益は人民元だ。そして彼らのEPSはHKドルで表示される。HKドル安=EPSの増加要因だ。
人民元_HKドル_20110430

前回ピーク近辺からのセクターの動きを見ると下図のようになる
リーマンショックによる景気悪化に対応した金融緩和で大幅に上昇した不動産は、その後の金融引き締めで沈んだ。
そして、内需景気の恩恵が大きい商業が主役に躍り出た。
2010年までの動きは素直な反応だ。

2011年になってからは、商業が利益確定売りに押されている半面、不動産や金融・コングロがじりじりと反転を始めている。
金融引き締めの終了を織り込み始めたのだ
上海_セクター_長期_20110430
セクター内の個別の動きを見る
年初来結構な上昇を示した銀行は、今週は利益確定売りを浴びていた
銀行_HK_20110429

保険は、2011年はダメ、、、こういうコンセンサスが証券会社にはある。
保険 < 銀行、、、という事のようだ
中国人儒は普通の決算(投資家は予想を上回る決算を期待していた)だったので保険セクター全体の売りを誘った。
平安保険、中国財険はこれまで反発が大きかったが、全体トーンには抗しきれなかった
保険_HK_20110429

どん底からはい上がってきている不動産だが、今週はさすがに頭を押さえられた
不動産_HK_20110429


流通は個別でバラバラな動きだ
流通_HK_20110429

製造業は表示している企業数が少ないが、ここも各企業でバラバラな動きだ
製造_HK_20110429

不動産の底打ちの次は、食品セクターが来ると思っている。
あと数カ月でハッキリするだろう
食品_HK_20110429

ネットもバラバラではあるが、総じて元気が良い。世界中で共通のようだ
ネット_HK_20110429

1

震災相場から脱出しようとトライする日本株

今週は4月の最終週だった。
1.原発の冷温停止にむけた報道の累積で、実態は別だろうが、国民の危機感が低下しつつあること、
2.経団連の度重なる「免責に該当する」というバック・アップ発言と、東電の「部分的非免責」主張、
3.破壊され止まった東北製造業の復旧報道
4.投資家の「今年はあきらめたが、来年はOK!」期待
これらがあいまって、買い戻しの動きが出た。
とくに震災の影響が少ない新興市場は上昇が大きかった
短期_日本株_20110428

大型株では、水曜、木曜と、キャノン(7751)が相場を元気づけた
震災前の3800円に戻ってきた。今年、来年ともに業績が下方修正された。
しかし、もうこれ以上予想EPSが下がらない、悪材料出尽くしだ、そういうレポートが山のように出てきた。
2011年12月期予想EPS=180円:PER=21.1倍
2012年12月期予想EPS=275円:PER=13.8倍
2012年を期待しよう!・・・そういう事になったようだ

7751_canon_20110428


各指数間で差が拡大してきた
weekly_日本株_20110429

銀行・・・リーマン前に戻らない景気+東電支援+震災モラトリアムで債権放棄懸念
鉄鋼・・・原材料高+競争激化は不変+リーマン前に戻らない景気
海運・・・リーマン前に戻らない景気
まだまだ辛そうです

Jリート・・・OKでしょう
sector_日本株_20110429

マザーズ市場の堅調に代表されるようにネット企業は他企業に比べれば元気だ
震災の悪影響である巣篭もり・他人の目を気にする節約行動も、ネット企業にはほとんど無関係だ。
想定通りZOZOに代表されるネット&通販は、震災の好影響組だった。
それは今朝の日経消費面でも確認できた
ネット_日本株_20110428

ネット企業も長期で見れば明確にパフォーマンスの格差が出ている
週足で分類すれば、、、
1.非常に好調・・・サイバーエージェントスタートトゥデイ
2.好調:DeNA、グリー
3.ジリジリ来ている:エムスリー、Monotaro
4.その他
、、に分けられる
weeklyネット株_日本株_20110429

会社四季報ベースのみの情報だが、サイバーエージェントスタートトゥデイは割高感がない
その他、下記に掲載した銘柄は、まあOKかもしれないと感じた企業だ
それ以外は、真面目に追跡しなければ判定ができない

当面は、サイバーエージェントスタートトゥデイを継続調査しようと思う

PER_ネット_日本株_20110428


Jリートは底堅い。 1050以下は短期間だった
Jリート_日本株_20110428

小売
ユニクロだが、最近の製品は布地が薄くなったという感想を女性から聞くようになった。
コスト・カットだろうが、顧客は満足していないと思う
小売_日本株_20110428

消費者金融・・・もう一回何やら荒れそうな気がする
カードサラ金_日本株_20110428

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

月次チャート
ニトリの家具だが、通常使用の商品としては「質&価格」で割安だと思う。
良品計画の家具と比較してそう感じた。
高級品、ブランド品を志向する方々には無縁だが・・・
ニトリ_任天堂_ユニクロ_20110429

原子力損害賠償紛争審査会の「第1次指針」

今日は4月最後の取引日だったが、用事があって休んだので、夜になって市場の様子を見ている。

振り返れば、3月11日の3時前から今日まで、地震、津波、東電に明け暮れた。
3〜4月を連続通算して、やっと一月が終わったような感覚を覚える。
それほどあの日から今日までの密度が濃かったのだろう。

さて、4月28日、原子力損害賠償紛争審査会から、賠償範囲を定める第1次指針が出た。
下記はその部分抜粋だ。上のリンクをクリックすれば全体を読める。
原子力損害賠償紛争審査会_20110423

骨子は以下のようなものだ
(1)
放射性物質の検出で出荷制限や自粛要請を受けた農水産物は保障の対象

(2)
避難・屋内退避を指示された計画的避難区域や緊急時避難準備区域の住民は、避難のための交通費、家財道具の移動費用、宿泊費が賠償される

(3)(2)の区域内で営業休止を余儀なくされた事業者の損失や職場に出勤できない人の給与も対象


(4)農水産物の風評被害や、避難生活に伴う精神的な苦痛も対象とする方向だが、
具体的には別途検討する

(5)審査会は緊急性の高い損害から2次、3次指針を追加し、7月には賠償範囲の全体像を示す

これに対して東電は、株主向けの説明会で、免責規定に非該当という政府の考え方に異を唱えている

春山の推定だが
毎年の東電の利益を超える範囲は政府が税金から支出するという姿を想定している。
========================
政府の「1.幅広く賠償したい。2.それによる東電の債務超過&国有化は避けたい」の考え方と、
東電の「a.完全に非免責を受諾することからの株主裁判を避けたい、b.チッソ方式は避け、金額を限定確定させたい」の意向、この双方を玉虫色に解決することに主眼が置かれる、と考えている。
総論では一見なんでも無制限に賠償するように見せるが無制限や青天井という言葉は使わない。
別途定める各論で制限的な賠償にする、という決着が採用されるだろう。
口では精神論(=東電やり玉)を述べて国民感情や被害者のガス抜きをし、具体的には別途定める「厳しい認定基準」で東電の国営化を避け(=税金を投入)るという手法だ。
=========================
形式的には、1200億円の保健支払い + 東電の利益 +国民の税金 =損害賠償全体金額 となる

下は東電の株価

東電_20110428


単なるチャート : 高値から、▼35%も下がっている"モンゴル"

3月11日に地震が起こって以来、手首が少し痛くなるほど色々調べ、話を聞き、。。。色んな作業をしました。
ようやく、それも峠を越したので、今日から少しノンビリです。

ランチ・タイムに心地よい音楽を聴きながらボーッとしていたら、、、、地震の直前にモンゴル・セミナーが開催されて、初めてモンゴル市場を調べた事を思い出しました。

参考過去記事:3月9日モンゴル 国民にばら撒く資金を得るために高値で国有ポジションを売却する必要がある

あれからどうなった????

なんと、2月25日に付けたピークから、▼35%という暴落を演じています。
それでも年初来は、+44.5%(円ベース)ですから、化け物ですね・・・

MSETOP_20110427

何が理由か何も知りません。
GW中に、少し調べてみようと思います

US : 安値面合わせの住宅指数

全米20都市の住宅価格(2月分)が出ました。
2009年4月に記録した「139.26」と、ほぼ安値面合わせ「139.27」でした

ピークから約▼33%という水準です
ケース・シラー_20110427

宅建業者の株価も、安値を記録した両時点を比べて、ほとんど同じ株価です。
S5HOME_20110426


中古住宅価格ですが・・・・
平均価格は、下落が止まったとは言えないような動きです
中古住宅価格平均_20110427

こちらは、中心価格ですが、こちら下落が止まったとは言えないような動きです
中古住宅価格中心_20110427_2

ここまで低迷が継続すると、住宅に対するアメリカ人の考え方も、「住宅価格は下がらない、資産形成の手段として最良だ」という過去の認識に復帰するのが困難になる可能性が出てきます。

日本も1995年頃までは、「日本の住宅価格は下がらない、不動産は資産形成の最良の手段だ」という考え方に後ろ髪を引かれていた人が多かったと記憶しています。
それを完全に変えたのが、阪神淡路大震災だったように思います。

敷地の高さ(海抜:何m?)が命運を分けた

10m 重大事故(福島第一:東京電力)
12m 事故
(福島第二:東京電力)
14.8m 軽度の事故
(女川:東北電力)
運命は、敷地の高さで分かれた

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

前回書いたように、東京電力が免責されない理由で、地震の強さは安全基準の想定内だったが、津波は想定を超えていた。そして、今回の地震が引き起こした津波被害に際しては、原子炉の設置された場所の高さが命運を分けた


原子炉建屋・タービン建屋の土地の海面からの高さだが、

重大事故を起こした福島第一の敷地の高さは、海抜10m(1967年着工)、

難を逃れた福島第二の敷地の高さは海抜12m(1975年着工)

たった2mの差が重大事故か否かの境目になった。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


東電HPにわかりやすい情報開示(http://www.tepco.co.jp/tepconews/pressroom/110311/index-j.html)がある

上のURLをクリックして表示されるページの下の部分にある「ダウンロードの所と、赤丸青丸のこちら」のリンクをクリックすれば、第一、第二の津波被害を確認できる


福島第一&第二_press_20110426


福島第一原発の津波被害だが、ほぼ全施設が水没した。
下記写真は、津波に襲われている最中の福島第一原発の様子だ。
福島第一原子力発電所津波(動画 2011年3月11日撮影)よりキャプチャーした。
津波の高さの凄まじさがわかる

福島第一原発の津波_20110426


そして下図が、被害状況
図の下半分を見れば、全設備が水没(黄色部分)した事が示されている
福島第一原発の津波被害_20110426

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

こちらは、第二原発の津波の様子、
左が津波前、右が津波中だ。
津波の様子がわかる
福島第二原発の津波_20110423


そして下が、被害状況
原子炉設備の一部(図の下半分の黄色部分)が水没したと示されている
福島第二原発の津波被害_20110426

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

津波対策に関しては、東北電力の方が真剣に取り組んだように思う。
東北電力の資料を見れば、過去の様々な津波を地質調査も含めて検討して、原子炉設備の設置の海抜を14.8mに決定したことが理解できる。


東北電力女川原発_20110426

震源に近い東北電力女川原発(1980年着工)だが、最大13メートルの津波に見舞われたが、敷地の海沿いに設けた斜面および海抜14.8mの場所に設置してあった為、地震で1メートルの地盤沈下があったものの、直接の津波到達は無く、海岸線に最も近い2号機の原子炉建屋の地下が浸水、また3号機の冷却系に海水が侵入するにとどまっている

=============
(目次)東北関東大震災
=============

蒙牛 : 食中毒報道と、予定される否定のアナウンス

追記:26日夜に「問題なかった」とアナウンスされました

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
週末に、食中毒報道が出ている蒙牛です。
250人に生徒の具合が悪くなたったと報道されています。
下記記事のオリジナルはこちらです

蒙牛_食中毒_20110426

2008年のメラミン混入事件で投資家は手ひどい目に会いましたので、今回も何はともあれ売リだ!と反応したのでしょう。
寄り前の時点では、▼10%も下がっていました。

私が得た情報では・・・・某アナリストが会社にコンタクトを取ったところ、「白と判明したので、地方政府当局と蒙牛の共同コメントが出る予定」・・・だそうです。

蒙牛_20110426

日本時間の18時現在、発表があったとは確認できていません。
結果は今週末には出ていると思います

次々と主役が変わっていく春後半

気温が20度を超すようになると初夏ですね
庭の様子も一気に変化して5月が近いことを教えてくれます。

ハナミズキが満開です
夜暗くなって帰宅する時に、玄関の明かりに照らされたハナミズキの姿は、ライトアップされた夜桜のような華やいだ雰囲気を醸し出してくれます
ハナミズキ_20110424

気温が上がったので、カンパニュラータが開花を始めました。
ユリ科シラー属だそうですが、一回球根を植えればドンドン繁殖します

カンパニュラー_20110424_1

暑くなりかけた時期に、涼しげなブルーが清涼感を呼んでくれます
カンパニュラー_20110424_2

ラベンダーも開花が進んできました
これは、フレンチ・ラベンダーです。
あまり大きくならない種類だと思います。
レースラベンダーイングリッシュラベンダーも、以前は植えていましたが、あまりにも大きくなったので、ご退場しただきました
ラベンダー_20110424

来週はいよいよモッコウバラが開花しそうです
モッコウバラ_20110424

1

5兆円ではなく、6.4兆円の支払い超過:年金ファンド

年金ファンドの支払い超過という事態は、昨年から何回か書いている。
最近の過去記事:
2011年2月13日:借金に頼った福祉の弊害は、社会全体が多重債務者になることだ(その7) "食いつぶし"になっている年金収支
2011年3月22日:借金に頼った福祉の弊害は、社会全体が多重債務者になることだ(その10)ルビコンを渡る年金制度
2011年4月11日:年金ファンドからの資金流出

2011年の不足金額は、5兆円だと想定していた。
しかし、もっと悪化して6.4兆円の不足になるようだ
(下記のオリジナル記事はこちらです)

6.4兆円GIPF_20110424

先週まで、今年の年金の株や債券の売り起こし金額は、
5兆円 + 年金支払いの国庫補助2.5兆円の撤回 =7.5兆円
と想定していた。
しかし、今日からは
6.4兆円 + 年金支払いの国庫補助2.5兆円の撤回 =8.9兆円
になる。

市場関係者には、2.5兆円は早急に返してもらえると言う人もいる。
私は、政治家の甘言にすんなりとだまされる投資家は、もはや皆無だと考えている。

PERの低さ + ドル安 =粘り腰のUS株

さまざまな懸念はあるものの粘り腰を発揮して、まさに「懸念の坂を登っている」のが現在のUS株だろう。
US株_20110422
粘りの要因は、
(1)低いPERがもたらす長期的な割安感、それに
(2)ドル安が運んでくる「輸出企業の労無きEPS増加」の恩恵だ。

PERは、
米国 SP500:13.65倍(2011年12月期予想EPSベース)
日経平均:14.49倍(2012年3月期予想EPSベース)
上海:13.99倍(2011年12月期予想EPSベース)

各国かなり接近してきているが、まだ3カ国中で最も低い
欧州は私の記憶の範囲だが、1980年代からずーっと他地域よりPERが低いが、理由は分からない
WPE_20110423


ドル安だが、昨年の中間選挙で大敗したオバマ政権は2012年の大統領選挙での再選を目指して、あからさまなドル安政策を実施している。
これは、1994年の中間選挙で大敗したクリントン政権が、1996年の大統領選挙での再選を目指して、ルービン財務長官+グリーンスパンFRB議長のコンビで遂行したドル安政策と瓜二つだ。
対ドル主要通貨_20110422

短期市場はどんどん落ちつき、低下基調になっている。
インフレ懸念とそれによる引き締め懸念など、どこにもない
US LIBOR_20110422

長期金利も静かだ
US 10y Norte_20110422

長期失業者はジリジリと減少が続いている
長期失業者_20110422

新規失業者は減少トレンドが崩れたわけではないが、一喜一憂させる動きが続いている
新規失業者_20110422

住宅は低迷が長期化している。
2007年秋にサブプライムが崩壊したとき、2010年までは住宅市場は復活しないと言うと、「何を過度に悲観的な事を言うのだ。ここは日本とは違う。アメリカ人は前向きに行動するのだ」と毎度のごとく反論された。
今は、2011年がボトムだという声すら聞こえてこない。興味が失せてしまったのだ。
住宅着工_20110422

アメリカ経済やアメリカ株が復活する=消費株が復活する、ということだ、少なくとも株式市場的には
sector_US株_20110422

Web2.0銘柄はGoogle以外は、好調な決算が戻ってきた。
CEOが変わったとき、2〜3Qは移行期になるのが普通だ。
Googleとてその宿命から逃れるにはかなりの努力とラッキーが必要だろう
Web20_US株_20110422

Web1.0銘柄は二極化が続いている
Web10_US株_20110422


4月になって農産物から卒業しようと述べてきた。その意見は変わらない
農産物_20110422

原油とゴールドは景気とは別の要因(=ドル安)で高騰が続いている
両者の価格高騰は、ドル安が終わらないと変化しそうにない
商品_20110422

景気のバロメータである船賃は低迷が続いている
もっとも、2007年〜2008年がバブル景気だったわけで、あの船賃が戻ると考えるほうがおかしいのだと思う
船賃_20110422

ドルは下がり続けている
DXY_20110423

ユーロは上がり続けている
ユーロ_20110423

ドルという不換紙幣よりも現物ゴールドが好まれている
通貨別ゴールド_20110422

円とドルは世界最弱通貨コンビになりつつある
予想チェック_20110422

1
記事検索
最新記事
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
*****
  • ライブドアブログ