2014年6月1日:投資家の焦点は、ウクライナから「中国と周辺アジア諸国」にシフト

2014年5月:サマリーの「5個のレポート」
1:歴史
2:歴史
3:紛争の現状(5月6日までの情報の整理)
4:ドイツとロシアの関係
5:投資への影響

2014年4月22日:レトリックの時代
2014年4月21日:今後の予想
2014年4月21日:ロシアとドイツの関係
2014年4月19日:そもそもUS−ロシアの蜜月を破壊したのは、ブッシュ大統領

2014年4月18日:ウクライナの歴史(2010年〜)

2014年4月18日:ウクライナの歴史(ソ連時代〜2010年)

2014年4月16日:ウクライナの歴史(ソ連に組み込まれるまで)

2014年4月14日:ヤヌコビッチ政権打倒へのUS関与に関するメモ
2014年4月5日:After「クリミアのロシアへの編入」
2014年4月3日:こっちの水は、甘〜いぞ!
2014年3月31日:ウクライナの不安定が固定される
2014年3月31日:三極の冷戦
2014年3月30日:プーチンの言動を振り返る過去記事
2014年3月24日:新東西冷戦
2014年3月13日:ウクライナ・セミナー・メモ
2014年2月17日:頭の体操、南北朝鮮の統一

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

<2014年3月24日追記>
2013年夏は下記のようにアジアを心配していたが、中東&ロシア東欧が先に爆発してしまった。
2013年12月以降のウクライナで新冷戦が始まってしまった。
2008年10月まで考えていた懸念のほうが先に始まったのだ。

〜〜〜〜〜〜〜以下、2013年7月13日の記事〜〜〜〜〜〜〜

2013年7月現在

冷戦=世界の分裂、という意味でとらえれば、
1:世俗主義・経済優先陣営 VS 宗教主義・宗教規律が経済に優先する陣営
これは、イスラム諸国 VS その他諸国
2:中国 VS 米国
という2つの可能性がある

1:イスラム諸国 VS その他諸国

2:中国 VS 米国
2013年7月12日:可能性は低いので、投資的にはまだ考慮は不要だが、新冷戦時代の想定


2008年10月までは・・
プーチンは、我慢に我慢を重ねながら、しかし周到に準備をしてきた・・・・そう確信した。

過去に書いた関連エントリー・・・今となっては、的外れもあろうが、とりあえず集めてみました。


2008年10月21日:アイスランドに続き、パキスタンも事実上の国家破産・・
2008年10月19日:ハンガリー、ウクライナへのIMF支援の思惑
2008年10月8日:10月7日のハイライト:誰かが死んだ・・(2) アイスランド & プーチンの戦略
2008年9月26日:格下げ攻撃
2008年9月15日:冷戦か、譲歩か、、本当に試されているのは、アメリカからの国際政治的な独立
2008年9月15日: アメリカの認識ギャップ(FT記事)
2008年9月14日:ロシアの外貨準備の使われ方にいらだつアメリカ
2008年9月14日:中国の外貨準備の使われ方にいらだつアメリカ
2008年9月10日:ロシア-ドイツのガス直通に反対するポーランド
2008年9月1日:本気で仲間に入れてくれるの?? 言われて困る欧州
2008年8月29日:挑発するプーチン
2008年8月29日:二つの解釈 : 振り上げた拳が下ろせない・・・困った欧州
2008年8月26日 : 一つ駒を進めて様子をさぐる
2008年8月24日:2011年のイラクからの米軍撤退(2) 何故、PERが低下するか
2008年8月23日:2011年のイラクからの米軍撤退(1) 事実上始まった冷戦
2008年8月14日 : リーダーは俺だ! それは、こっちの台詞だ! <キューバ危機の再来へ??>
2008年8月13日 : 今年一番重要な写真 : リーダーは俺だ!
2008年8月9日 : 週末の定点観測 : 全体観(1) さまざまな反転相場
2008年8月3日 : 週末の定点観測 : 全体観(穀物輸出事業の国営化)
2008年3月7日 : 無力で貧乏な民主主義
2007年12月11日:2008年の投資戦略を考える (6)ヒラリーを半分だけ織り込んで事態の推移を見守る
2007年10月23日 : 迷走する年金(2)、2000年にあるコラムに書いたエッセイ
2007年11月11日 : ロシア VS 西欧
2007年2月26日 : 太陽と北風、、、+ロシア
2007年2月18日 : 週末の雑感
2007年1月3日 : 大勝負に出ているロシア(5) ついにベラルーシのガス・パイプラインの奪取の成功!
2006年12月22日 : 大勝負に出ているロシア (4)エピローグ_2 :独裁恐怖政治を完成させたプーチン
2006年12月16日 : 大勝負に出ているロシア (3)エピローグ_1: EUは、トルコをどうする?
2006年12月16日 : 大勝負に出ているロシア (2)
2006年12月13日 : 大勝負に出ているロシア (1)
2006年12月13日 : 理性は、感情を説き伏せられない + トルクメニスタン
2006年12月9日 : ロシアは、まっとうな商売が通用する範囲が、急速に縮小していると思う


=======================================================
上記以前のロシア関連記事
高飛車にでるGazprom、、勇み足か? 磐石の支配体制か?
ロシアの横暴 良くなっているような気がします、、外交の新フェイズ入りも、関係すると思う
(雑感)資源エネルギー相場と、BRICs株式市場と、相場の格言
石炭を使おう、いやオイル・サンドだ、あのーロシアのガスあります、、、、
超長期の相場観 (3)
IMFの金を返して、アメリカの呪縛から逃れて、こっちの仲間に入りなさい
欧米のロシアへの反撃開始、複雑化する資源・エネルギー価格形成
エマージング市場上昇の構図の復習
アメリカのジレンマ
資源価格の高騰でスーパーパワーを失うアメリカの苦悩
大国の威信の復活に賭けるプーチン VS 1998年の恩を仇で返すのかと怒る欧州
壮大な資源エネルギー相場の仕上げ段階か
買占めは、結局破綻する、、、、それが年金によるものであっても、、、
資金の偏在・集中は、中東(オイルマネー)発で、欧州エマージングにより顕著に発生している
資源消費国の反発と、BRICs相場の行く末
原子力発電
独占の終焉は、利権の高値売却か?
お金は、天下のまわり物 (2)
流動性の引く時の恐ろしさ (2)
流動性の引く時の恐ろしさ (1)
侮辱されたプーチン大統領=緊張が高まる世界情勢、冷戦2の序章 (3)
侮辱されたプーチン大統領=緊張が高まる世界情勢、冷戦2の序章 (2)
侮辱されたプーチン大統領=緊張が高まる世界情勢、冷戦2の序章 (1)
プーチンのイスラエル訪問
外交の季節 (1)
ロシアのドル離れ

facebookコメントヘ