この本はロンドン在住の天才投資家から、私が一番苦しい時にプレゼントされた。

今日でも、私がこの業界に存在できているのは、彼とこの本のジンワリと浸透する第一級の漢方薬的な暖かい価値の恩恵だと確信している。

Tape Reading & Market Tactics

Tape Reading & Market Tactics_1

英語の本だが、高校生でも十分に読めるレベルだ。
知らない単語が出てくるだろうが、証券投資を志す者なら知っていた方が役に立つ単語なので、覚えた方が良いと思う。

目次は裏表紙に書かれているが、14章以降から先に読むことを推薦する。
できれば、14章以降を3回連続で読んで、頭に入れてから、全体を読むほうが、筆者の意図が手に取るように分かると思う。(これは私の経験ですが・・・)

Tape Reading & Market Tactics_2

P.142以降の目次は・・・

目次


この本は、筆者の苦い経験のエッセンスだ。
Tape Reading & Market Tactics_3

そして、内容は
座右の精神安定本 : 本間宗久相場三昧伝 & 三猿金泉秘録
と、瓜二つだ。
相場は世界共通、古今東西を超越しているのだ。
本間

私が持っているのは、2000年の第12版だ。
Tape Reading & Market Tactics_4

アマゾンで、約1000円で買えるので、チャレンジしてはいかがでしょう!
Tape Reading & Market Tactics_5

英語の本を読む時、
声に出して朗読すれば、理解が深まります。
手足を動かしながら、作業をすると、記憶力が高まるからです。

コメントは、こちらへ
========
推薦図書の目次
========