HP_Stream Mini 200-020jpを購入して、色々と遊んでみた。
HP Stream Mini
結論としては、
1:早い、安い、シンプル、静か
2:ネット、メール、SNSが中心なら、増設などは不要
である。

起動は数秒(体感的には、3−4秒)
負荷のかかる処理をしない限り無音、負荷がかかると基盤からCPUが頑張っているという音がする。
小さく軽く設置場所の自由度が高い。
安価なので、色々遊べる。仮に壊れても諦めが可能だろう。

搭載されているSSDは32GBだ。
Win8.1の初期設定をした状態では、OSサイズは16GBだが、同時にWindowsアップデートをすれば、OSのサイズが約20GBまで膨らむ。
この状態での、SSDの空きスペースは、約5GB

システムを初期化して工場出荷状態に回復するための「回復パーティション」が5.47GBも占有しているから、空き容量が少ないのだ。

Hp mini_1

7月、8月にWin10が出る。
春山がWin10評価版をインストールして試してみたが、OSサイズは約13GBだ。
そして、Win10をつj買うようになれば、「Win8.1の回復パーティション」も削除できる
何かあっても、Microsoftからダウンロードすれば良いと推定できるからだ。
そうなれば、SSDの空きスペースは約15GBなので、かなりの事ができる

もっとも、Win10のWindowsアップデートが現在と同様に、どんどんOSのファイルを増殖させて20GBを超えるようなモノであれば、空きスペースはWin8.1同様に少なくなる。この点は今は判断できない。

HP_Stream Mini 200-020jpは、内部に2.5インチHDD、SSDの増設スロット部品がある。
写真や音楽のデータは、その増設SSDやHDDに保存すれば便利だろう。
勿論、外付けでもOKだ。

HP-miniは、内部に2.5インチの増設スロットがあるが、普通のHDD、SSDを刺すもので、M2-SSD用のスロットでは無い。

また、無線LAN部分のM2スロットは、32GBのSSD部分のスロットと接続部分の形が異なる。
当初刺さっているSSDと同じ形式のものを購入したら、無線LANの部分のM2スロットには刺さらない。

なお、win8.1を使うには、増設したHDDまたはSSDに、win8.1をクリーンインストールできる。
32GBのM2-SSDは、刺したままで大丈夫だ。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

なお、32GBのSSDのクローンを作成しようとチェレンジしたが、失敗した。

これ(http://jp.easeus.com/backup-software/free.html)でやったが、作成したクローンSSDでは起動できなかった。

春山のやり方が不順文なのかもしれないが、EFIシステム・パーティションがコピーできていない事が原因かもしれない。
EFIシステム・パーティションのファイル・システムは、FIT32
OS部分のファイル・システムは、NTFS
この違いがあるので、無料版のEaseUS Todo Backup Freeでは、完全なクローンが作成できなかたのだろうか??? 

もしかしたら、これを使えば可能かもしれない。
イメージを、そのまんま複製するマシンだからだ。
玄人志向 HDDスタンド USB3.0接続 KURO-DACHI/CLONE/U3 パソコンなしでHDDのまるごとコピー機能付き

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

遊びでWin10をインストールした。
内部に増設したSSDに入れれみた。
下記、ご参考にどうぞ