6月〜年末までのテーマは、まずは、
1:出遅れUS株のキャッチアップ
2:1年で2.5倍以上になった中国株のスピード調整
だと判断している。
だから、US株は減らす必要はない

そして、個別株の変動幅>インデックスの変動幅、、これが顕著だという想定
相場全体が調整することはないのだが、個別株が順番にスピード調整をするのだ。

上昇し過ぎた銘柄を現金化して、その分を年末までを考えた銘柄に入れ替える。
この効果が大きいのが2015年だ。

20個も30個も保有するような投資家は、現金にする効能を軽視する傾向があるが、一流への道を目指すなら「現金化」は取得すべきスキルだ。