Win10にアップグレードしたら、有線無線LANが不安定になったという話を聞いていた。
私は被害がなかったが、最新のWindows10 Pro Insider Previewにしたら不調になった。

何が起きたか?
1:NTTから配布された光ファイバー用のルーターが初期化されてしまった。
これは、再度初期設定(ISP:プロバイダーのID&PW)をして解決した。

2:無線LAN化するために、ルーターに上乗せしていた無線ルーター(NEC  WR8700N)がインターネットに繋がらなくなった
これは、WR8700Nの背面のAP/RT切り替えスイッチをAP側(アクセス・ポイントとして使用)にすることで解決した。


NEC_0008

これまでは、RT(ルーターとして使用)にしていても問題が起こらなかった。
推定だが、Win8までは、OSがルーターをコントロールしていなかったが、Win10はルーターが正しく設定されているかをコントロールするようになったのかもしれない。

つまり、WR8700Nには、ISP情報が書き込まれていないのでインターネットに繋がらない、という判断をWin10はしているように推定している。
WR8700Nの先にあるNTTから配布された光ファイバー用のルーターまではチェックしないで、アウト!の判断をしているのだろう。

だから、WR8700Nはルーターじゃなくて、AP(アクセス・ポイント)ですよ、と正式にWin10に情報を与える必要があるのかもしれない。

なお、下記の記事に書いていることも試してみた。

Windows10へのアップグレードと、Wi-Fi接続不具合の対処

改善したように思う。

facebookコメントヘ