捏造マスコミと共産主義者に騙されない富裕層のためのブログ

共産主義者ばかりの日本において、歪められている情報に騙されないようにするための知識と知恵を考えるために立ち上げたブログ。向上心がなく他人の足を引っ張ることしか考えないルサンチマンで金持ち嫌いの方は来なくて結構です。あくまで富裕層と富裕層になるために努力している人のためのブログです。

NHK受信料の割増金制度を総務省が国会提出

 何度も書いてきたことながら、今時地上波を見るためにテレビを買う人なんて老人以外はほとんどいないのが現状だろう。ネットフリックスがあればテレビを見る機会なんてほぼないし、フェイクニュースばかり垂れ流す地上波を好んでみるのは情弱の老人が中心で、嘘を垂れ流す報道番組を誰が見るというのか聞きたくなる。
 今回の米大統領選挙を見ても、明らかに不正選挙があったのにオールドメディアは全然報道していないではないか。中国様にとって存在が不都合なトランプ大統領のことを必死になって叩きまくる異常な報道っぷりに怒り心頭な人はかなり多いはずだし、アンティファの奴がトランプ支持者に変装して連邦議会に突入して、ジョン・サリバンというリーダーを逮捕したことを報道したなんて聞いたことがない。オールドメディアはあくまでトランプ支持者がトランプに煽られて議事堂に侵入したと産経新聞まで報道する捏造っぷりにあきれ返っている人ばかりだろう。
 NHKがどう大統領選挙を報道しているのかはわからないが、どうせ似たような報道しかしていないのは目に見えている。モリカケの時から加速度的にどんどんひどくなっていくオールドメディアの暴走っぷりを見たら、どうせNHKも捏造報道印象操作を繰り返して国民を洗脳しているのは否定できないだろうし、国民を中国のプロパガンダで洗脳するために受信料を払っている人はいない。NHKは公平な報道をしていると信じて受信料を払っているのだ。

 だからこそ捏造報道ばかり垂れ流すことを知っている多くの人はNHKみたいな反社会組織に受信料を払いたくないのであって、本気で受信料を払ってもらいたいのなら真実を報道しろと言いたくなる。それなのに受信料を払わない人に割増金制度を設けるなんて時代と逆行している政策を国会に提出する時点で既得権を守りたいだけの利権集団でしかないし、反日プロパガンダの捏造を許すために受信料を払うことほど馬鹿なことはない。
 さすがにこんな馬鹿な提案が国会を通るわけはないと思うが、もしこんな馬鹿な提案が国会を通ったら自民党は大敗してしまう危機感をもってもらいたい。もちろん自民党が大敗しても反日野党はもっと大敗するだけだから、この点は問題ないとして、日本第一党みたいな新興勢力がいきなり登場する契機にはなるとは思う。そうなったら一気にテレビ局を全部潰しにかかってくるかもしれないから、この提案が国会を通ったとしても長い目で見たら悪くはないかもしれない。

 どうせNHKや民放に天下りしているであろう総務省の最後の悪あがきだと思うが、私から見たらなぜそこまでして合法的に国民から金を奪い取って自分達の贅沢を満たそうと思うのか。国民のために国家公務員になるのではなく自分の私利私欲のために国家公務員になるのなら、仕事を辞めて自分で事業を立ち上げて金儲けすればいいのだ。

朝鮮人と中国人が嫌われる理由

 最近ベトナム人の犯罪が物凄く増えた感じがして、日本での労働条件をもっと厳しくした方がいいと思っている。もちろん業界によっては外国人労働者がいなければ倒産するしかないって企業が多いのは理解できなくもないが、もう看過できるレベルではなくなっているから、図面通りに施工できたり溶接などができる高度技術者あたりに限定する時期がきたのではないか。
 しかしベトナム人の犯罪数は激増しても反越(はんべと)感情はあまり生まれないのに、反韓感情や反中感情は非常に激しいのは、説明するまでもなく日本と日本人を散々貶める行為をやってきたからなのを否定できる者はいないだろう。

 東京に住んでいると部落と称する馬鹿どもは一切話題にならないが、主に関西に沢山いると言われるあいつらが嫌われているのも同じ理由で、散々差別されたとうそぶいて税金をむさぼり、自分達を特別扱いしろと言い続けてきたからである。単純に「えた」という仕事を独占してきた奴らが明治以降に自由化されて誰でも「えた」の仕事をできるようになったため、独占事業をしていた人間が失業して差別されたと騒いで威張り散らしてきただけだ。
 今の在日朝鮮人が差別されたと騒いでいるのとまったく同じ構図で、面倒だからって役所も税金を使って黙らせてきたことで既得権を生み出してしまっている。だから、既得権を持っていない日本国民は当然頭にくるから攻撃対象になる。とくにネットのおかげで部落や在日朝鮮人の本当の実態がどんどん明るみになっているから、いくらマスコミが報道しない自由や捏造された「士農工商えたひにん」の歴史を世間に垂れ流したところで、真実を知った一部の国民が拡散して攻撃するようになる。

 普通に考えて、平気で嘘の歴史を垂れ流して相手を貶めたり、差別だのなんだのと喚いて役所をビビらせて税金をむさぼって贅沢する奴らを好きになれと言う方が無理な話で、なぜかそのことを理解していない朝鮮人や中国人が意外と多い気がする。普通の日本人的常識があれば、口は災いの元ということわざがあるように、相手の悪口を言えば自分に返ってくるってことは十分に理解できそうなものだ。
 ただ、特定アジアの人間はそれが理解できない割合がかなり多い。儒教がDNAにしみついているせいなのか、元々そういう人種なのか、教育の影響なのか、あるいは全部が理由なのかはわかりようはないが、日本で暮らしたいのなら日本や日本人の悪口を言ったり、差別だのなんだのとバカ騒ぎして税金を奪い取ろうとする悪行をやめることだ。もし一部の人がそういうことをやっているのなら、みんなで一部の人の暴走を止める努力をしないと全体が疑われることも自覚して行動するべきだ。
 どこの国でもそうだが、この人はいいけどこの人は駄目とは決して言わない。日頃から嫌われる言動を吐いていたら、何か事件が起きれば朝鮮人は出ていけと言われるし、当然中国人も日本から出ていけと言われてしまうのだ。例え一個人が善良な生活をしていても、全体で最低限の努力をしなければ忌み嫌われる存在となる。

 とは言っても、在日朝鮮人でも反日発言をやらずに結果を残している人は嫌われていないのも事実で、たとえば格闘家のチェホンマンだったと思うが、あの人が嫌われている話を聞いたことがない。格闘家としての実績を実力で残しているし、そもそも反日発言を聞いたことがない。
 パクロミという声優(エドワード・エルリックやハンジの声の人)も実力で現在の地位を手に入れて仕事をしているし、そもそも反日発言を聞いたことがないから嫌われている話は聞かない。つまり、不正で仕事をしていたり、反日発言していなければ問題はほとんど起きないのだ。
 日本人アーティスト(所属事務所は韓国の会社)のNiziUがいろいろ炎上しているのは、デビュー前に紅白に出場が決定する特別扱いだからだろう。散々テレビが気持ち悪いくらいに持ち上げて、苦労せずにいきなり大スター扱いされる気持ち悪さを見たら、長年売れずに苦労して、ようやく売れ出した人達が浮かばれないし、見ているこっち側もあまりいい気分はしない。私から見たら不正アーティストそのものである。

株バブルはどこまで行くのか?

 知らない間に日経平均は3万円近くまで上がっていたことにちょっとびっくりしてしまった。なんでこんなに上がっているのか謎ではあるが、バブルの時の上昇はいつも謎なので深く考えても仕方ないだろう。
 じゃあ何が上がっているのかを調べたら、やっぱりソフトバンクといったところか。そしてファーストリテイリングも信じられない高さになっている。他には半導体関連は非常に上がっている印象で、他はちょこっと上がっている感じではあっても値動きは地味な印象。ようするに上がっている株は極端な上昇を見せていて、上がらない株はいつまでも低迷したままというのが第一印象だった。

 アメリカではテスラみたいな赤字会社が時価総額80兆円になっているなど、もはや意味不明な価格になっている。トヨタ自動車でさえ時価総額25兆円しかないのに、トヨタの10分の1未満しか車が売れていない会社で、更に赤字なのに時価総額が80兆円以上はどう見たってバブルだろう。
 電気自動車なんて補助金が無くなったら一気に売れなくなるのは想像に難しくはないし、実用性ではガソリン車に遠く及ばない。せいぜい静かということぐらいしかメリットはなく、そんな車しか作っていない会社がトヨタの3倍以上の時価総額なのは、上がるから買う連鎖が続いているせいではないか。

 ファーストリテイリングも時価総額がまもなく10兆円に達しようとしている。PER(時価総額から利益を割った数字)は56倍もあるわけで、水物商売とは言わないけども将来性を考えると疑問しか残らない株価まで上がっている。特別凄いものを作っているわけではないし、ユニクロじゃなければ買えない商品は見当たらないから、こんな株価がいつまでも持つとは個人的には思えない。
 私個人としては反日企業に対して感情的なこともあってユニクロやGUでは二度と買うつもりはないため、その反日ぶりがどんどん露呈したら将来は危ういのではないかと思ってしまう。柳井はかつて日本人は劣化したなどとふざけた発言をしていたことを忘れてはなるまい。
 もうユニクロじゃなきゃ変えない商品なんて存在しないし、あんな店で買う意味って何かあるだろうか?せいぜい同じ品質の商品の値段がちょこっと安いぐらいで、他の店でもいくらでも安く買えるのだから、あんな反日企業で買う必要はどこにあるのだろうか?
 どこの企業でも作れるものを売っているだけだから、いつ業績が悪化するかもわからないのに、よくこんな価格で株を買う人がいるもんだとバブルの怖さを感じてしまう。今後も株価に業績が追いつくことがないとは言えないが、競争の激しい業界でいつまで快進撃が続くのかは疑問しか残らない。

 ソフトバンクの上昇も凄まじい。時価総額がもうすぐ18兆円に達しそうで、もはやITバブル時代の時価総額にまで達している。アリババが今後どうなるかわからないのに買う人は勇気あるなとしか思えないけども、こういう会社は超水物なのでハイリスク覚悟で余裕資金で投資しないと死んでしまうから要注意だろう。

 一部の銘柄だけはもはや理解不能なレベルまで株価が上昇しているから、もし投資するなら現在バブル前提で買うのがいいのではないか。世の中って意味不明に上がる会社の方が更に上がる傾向にあるようだから、今から儲けたい人は大博打で大損害を受ける覚悟が必要だろう。

オバマゲート事件を日本時間17日の深夜に公開するもよう

 最近表に出て来なくなったオバマがでっち上げ事件でマイケル・フリンを逮捕して、最後はトランプの逮捕まで持っていこうとしたと言われる話が公開されるとの話がネットで話題になっている。
 あまり詳しいことはわからないとはいえ、元大統領が仲間のCIAやFBIの奴らと共謀して大統領をやっつけようとした国家反逆罪が公開され、場合によっては死刑台送りにまでいく可能性もある大事件である。もしこれにバイデンも関わっていることが露呈したら、第59回大統領就任式とやらは中止になるかもしれない。そもそも第46代大統領就任式ではないことが私には不思議で仕方がないが、まあそこはご察しでいいと思う。

 私の希望としては、就任式直前に逮捕されるのが一番面白い。沢山のテレビ局が来ている前で逮捕されればいいなと思っている。ハンター・バイデンと3Pしていたレディー・ガガも来るそうだから、DS側の人間をテレビの前で一掃してもらいたい。
 それはそうと、オバマゲート事件が公開されれば事件の真相だけではなくオバマの出自も公開されるかもしれない。前から言われているように、オバマは全く違う人物で、オバマになりすました誰かが大統領になったとも言われている。ようするに大統領になる資格もないのに、その資格を得るためにオバマになりすましていたという説が本当だったら非常に面白い。今まで都市伝説だったことが事実になったら大騒ぎになるだろう。そして、もし都市伝説が真実ならバイデンにも容疑がかかってきてもおかしくはない。

 そして連邦議会を妨害したアンティファのリーダーが逮捕されたことが報道された。この件についてはどうせ反日テレビ局は報道していないんだろうなと予想する。アメリカもそうだが、日本のテレビ局も左派系の極左暴力集団が起こした事件は報道しない自由をやるのはいつものパターンである。そして右派系の人間はちょっとしたことですぐ大騒ぎするのが反日オールドメディアなのも忘れてはなるまい。
 だいたい演説する場所から議場までは歩いて30分~40分かかると報道されていて、トランプ演説後3分後ぐらいに議場に突入したのは明らかにおかしいし、トランプのせいで突入が始まったのは明らかに大嘘である。最初からトランプ支持者に変装した極左暴力集団とお仲間の警察が協力して侵入しただけだろう。
 それをトランプ支持者が連邦議会を潰そうとしたと捏造報道。まさに左派メディアと極左暴力集団が共謀した大犯罪である。ちなみに逮捕されたアンティファのリーダーが左派メディアのCNNに出演していた模様。これこそ共謀罪だろう。

KAZUYAがトランプ再選を投稿した人はレクサスを買えるほど儲かったと揶揄するバカ投稿


 経験則で言えば、トランプ再選とかバイデンは逮捕されるみたいなことを言って連日動画を投稿していた人達は、この2ヶ月でレクサスのそこそこの車買えるくらいは稼いだだろうと見ている。そういうこと言った方が視聴数が伸びたし、ビジネス的には正しいのかもしれないけど、言論としてはおかしい。

 ということをKAZUYAが投稿していた。ツイッターを消すかも知れないから念のため書き写しておいた。
 KAZUYAって左翼側に寝返ったのか、あるいは最初から左翼側の人間で、保守側にいるように見せていた奴だったのか、あるいは持論を否定されて頭にきて喧嘩を売っただけなのか。たぶん頭にきただけの単細胞なのかもしれないが、やっていることはレッテル貼りする左翼と同じ行動である。
 トランプ再選、バイデン逮捕のどこが言論としておかしいのか詳しく解説を聞きたいものだが、こういう奴らは論理も糞もないから結論ありきのレッテル貼りでその場をしのぐのがいつものパターンである。
 もう何度も書いたことだが、誰がどう見たって不正があったとしか思えない現象が数々確認されていて、逆にそういう現象についての反論をKAZUYAは一切せずに、不正はなかったと決めつけた結論で相手を叩くやり方は左翼と同じで嫌われるだけだとなぜ理解できないのか。
 最初の頃は若いこともあって少しは期待はしていたが、結局ただのバカだったと結論を出させてもらう。年齢的にも改心は難しいかもしれないし、柔軟性はゼロなのでもう無理だろう。
 素直に水物商売のユーチューバーを辞めて就職したらどうだろうか?その方が社会的には有意義である。


 そしてKAZUYAのツイッターのスレッドをいくつか見てみたところ言論に偏りがあったから、もしかして気に入らない相手をブロックしているのかなと思ったら、案の定やっていた。ブロックするしないは自由とは思うが、以前にブロックはしない宣言をしたのなら発言を撤回ぐらいしてもいいのではないか。

 最近のKAZUYAの暴走は上念を超えていて、人のレッテル貼りも何のそのでやっていることは左翼と何ら変わるところがない。政治思想を変更するのは自由ではあっても、自分が気に入らない相手をレッテル貼りすれば、今度は攻撃をやり返されることを少しは理解しろと言いたい。

 客観的に物事を見ることができなくなって、フェイクニュースを垂れ流すマスコミの情報のみを信じるようになったらディープステートにとって都合のいい洗脳しやすいお馬鹿さんである。オールドメディアばかり読むと、今後はいかに馬鹿になるのかがよくわかる事例としてKAZUYAは扱われるだろう。
ギャラリー
  • NHK軍艦島ドキュメンタリーに事実の改ざん
  • ワシントンD.C.に緊急事態宣言が発令!
  • 連邦議会にナンシー・ペロシが見当たらない
  • 百田尚樹と上念司が大喧嘩!
  • ビジネスユーチューバーが年収2000万円
  • 朝日新聞の葬式はネトウヨが出す
  • 12月2日のトランプ大統領声明「自分の人生の中で一番大事なスピーチ」
  • CNN社長が電話会議で指示「トランプをまともじゃない人物に見せかけろ」
  • ジョージア州で不正選挙が行われた証拠映像
アクセスカウンター

    記事検索
    カテゴリー
    • ライブドアブログ