関西の番組で東国原が「政策的には石破さんの方が圧倒的に政策力あるし、未来の希望もありますわ」なんて言っていたことがデイリースポーツの記事にあった。一文だけだから前後の話を含めたらどう言っていたかは実際のところわからないながらも、東国原はフジテレビのしかめっ面の坂上の番組で「安倍が~!」をやっていた過去を考えると、言葉通りの石破推しなのだろう。
 しかしながら石破の政策力って何なんだろうか?こういうパヨク界隈の奴って具体的には言わずに曖昧にして褒めたたえる傾向があるから、あくまで抽象的に印象操作で石破を褒めたたえているだけだと予測する。

 ところで石破って何かやったのだろうか?自民党が野党になったら離党して、自民党が与党になったら戻ってくるような裏切り者だし、そもそもこいつの政策って何かあっただろうか?自称軍事の専門家らしいけど、防衛大臣時代に自衛隊員に責任を押し付けてしまったため、自衛隊内では評判が物凄く悪いと聞いているし、敵国の中国の関係者に自衛隊基地を見学させるとんでもない輩である。
 そしていつも野党のごとく仲間であるはずの安倍政権のやることにマスコミで文句ばかり言っているのが石破である。味方を後ろから撃ったり、野党は嫌だからと離党したりと、もはや自民党内部でも嫌われ者なのは否定できまい。

 そんな石破を圧倒的に政策力があると言っている東国原は何を見てそう思ったのか聞きたいものだ。理由を説明せずに結論だけ出すのなら馬鹿でもできることなのだから、元政治家らしく論理的に誰もが納得できる説明をしてほしい。とは言ってもこの手の反日マスコミの手先に成り下がった奴は信用できないし、年齢を重ねて本性を出してきている印象が強い。
 以前は保守っぽく見せていたから、この変わりように驚きがある人もいるだろうが、これがこいつの元来持っている本性で、全共闘世代から少しずれてはいるものの、本音は日本なんてどうでもいいと思っている売国だろう。だいたい反日マスコミに重用されている時点で本性がどんな奴なのかは最初から予想はできていた。だからこその石破推しだろうと思う。
 そこには理由などはなく、単純に反日だからだろう。スパイが日本で活動しやすいように夫婦別姓を追い求める石破の政治力の何に期待しているのかは謎だし、だからこそこんな奴を推している人間は信用できないのだ。