2007年02月23日

長文原稿が消えた・・・・・   (外資の裁定取引) ●1

昨日トレード無し(2/22 木曜日)
 ドル円ロング中



 裁定取引のスパイラルについて書いたんだが・・・・消えた。

簡潔に
 ブラックマンデーの原因が裁定取引と見られ規制法案が出来た。
(下落スパイラル)
1990年代後半の世界金融経済危機のとき、裁定取引規制の法案が逆に
状況を悪化させたとの声があり、法案を変更した。
 


個人の推測文

“裁定取引システム” 別名「相場から資金吸い上げシステム」
              ※勝手に命名

 外資が積極的に裁定取引を取り入れてる。(証券・ファンド)
先物売り(買い)現物買い(売り)の組み合わせ。
金融理論で数値を出し、安い時は買い、高い時は売る。(現物・先物)
何十年と先を見たらものすごい複利になる。
それだったら、外資の投資信託でも買った方がいいかもしれん。(笑)
鉄鋼株が上がろうが下がろうが、外資には関係ありません
全体で利益を抜き取ってくるから。
システムトレードで有名なのは、“オプティマルf ”かな?


                            以上

追加分
 最近、ジョージ・ソロスの「市場は常に間違っている」がとても
興味深い。市場はバイアス(偏り)が常にあると。
日経は今まで売られすぎと言う偏りがあって、今、修正されてる
所なんだろうか?
個人的には買われすぎの偏りにみえるんだが・・・・。
 
 個人的には、相場は心理戦だとつくづく思う。
根気負けした方が負け。
相場に入る前の心構え・準備環境で、ほとんど損するか得するか
が決まってると思う。

 個人的に、投資で大きく儲けた人を崇拝するのは好ましくない。
やはり、自分で投資法を確立して自分のスタイルを確立しないと、
相場に流されっぱなしになると思う。(参考はしてもいいが)
なるべく自分に分があるような取引を心がけたい。

okanesaburou888 at 02:00│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔