福井県庁前 公開質問状つづき NHK福井 & 朝日新聞記事

NHK福井でも、夕方、夜と報じられました。

県庁前デモ控える要請で質問状
04月21日 19時01分

...

福井県庁前で行われている、原子力発電所に反対する市民団体のデモについて、県が「快適な通行環境を確保するため」などとして活動を控えるように依頼したことに対し、市民団体は21日、活動の自由が制限されるおそれがあるとして県に質問状を提出しました。
県庁前では、原発に反対する市民団体が県公安委員会の許可を得た上で約4年8か月にわたって平日の昼や金曜日の夕方にデモを続けていますが、3月31日、県は「県民の快適な通行環境を確保するため」などとして県庁前での活動を控えるよう文書で依頼しました。
これに対し、市民団体の代表ら4人が21日、県庁を訪れ、活動の自由が制限されるおそれがあるとして、公開質問状を提出しました。
この中で、活動を控える依頼は、県の内部規則に基づいているのかやそもそも県の担当部署の業務に含まれるのかなどと質問しています。
これに対し、県の担当者は「持ち帰って検討したい」と答えていました。
県は依頼の理由について住民や観光客などから「景観が好ましくない」とか「通行の妨げになる」といった苦情がこれまでに10件寄せられたためだとしています。
面談のあと、県財産活用推進課の大川淳一郎課長は「景観がすぐれないという意見にも耳を傾け、活動を控えてもらえるよう理解を求めていきたい」と話していました。
また、市民団体「サヨナラ原発福井ネットワーク」の若泉政人さんは「市民による活動が萎縮してしまいかねず、行政としておかしいことをしていると気付いてもらいたい」と話していました。

4月22日 朝日新聞朝刊

htm 2


福井県庁3・31公文書へ抗議の公開質問状 

福井県庁前再稼働反対金曜デモ のWさんのFacebook投稿を転載します

本日(4月21日)、第243回「再稼働反対!金曜デモ」無事終了。参加者計14名。
午後、県に「市民活動を控えるようお願いする」公文書に対する公開質問状提出。今朝取材依頼を知ったにも関わらず、メディアの取材多し。NHKは夕方と夜のニュースで放送。県の記者室でも「これはおかしい」との一致したとのことだ。

福井県に提出した公開質問状「私たち宛に出された今年3月31日付の公文書について回答してください」。
文書を出した県総務部財産活用推進課の規則のどこに、今回のお願いの公文書を出すことが規定されているのかを質問している。規則外のことを行うことは規則違反だ。

先週14日に同課長にも面談した際に話したが、県の上層からの指示でやっているとしか考えられない。わざわざこのような個人の権利に関わるような問題に、あえて規則外のことを行って要請した結果、どのようなことになるかは容易に想像できるからだ。
安倍夫人付の谷氏のように、責任を被せられるようなことになっていると思えてならない。

画像に含まれている可能性があるもの:3人、立ってる(複数の人)
自動代替テキストはありません。
画像に含まれている可能性があるもの:テキスト
画像に含まれている可能性があるもの:テキスト

このページのトップヘ

見出し画像
×