【不思議な話】スローモーション


私は以前、仕事で精神が擦り切れて心療内科に通うことになった。
ただその通院した医院はヤブだったせいか、過剰に薬を与えられて逆に悪くなってしまい、
奇妙な体験を何度かすることになった。

ある日、ながい睡眠から覚めた後、自分の身体がとても重く感じた。
何というか、重い水の中を動いている感覚だった。身体をゆっくりとしか動かすことができない。
気晴らしに外に出て歩いてみたのだが、周りの人やモノもゆっくりとしか歩いていなかった。

散歩した後、特にすることが無かったので、近くのゲーセンでシューティングゲームをすることにした。
『怒首領蜂 大往生』と『ケツイ ~絆地獄たち~』という難易度が恐ろしく高いゲームをプレイしたのだが、
どっちもあっさりと初クリアしてしまった。
いつもは途中であっさり死んでしまうのに。

店員さんが「すごいですね、よくあんな速い弾かわせますね」と褒めてくれたが、
基板が故障でゆっくりとしかゲームが動かないんだから誰でもクリアできるよ、と思っていた。

当時の人や物の動きをゆっくり感じる感覚は、
恐らくプロスポーツ選手が集中したとき、ボールなどがゆっくり動く、止まって見える感覚と同じようなものだろうが、
私の場合は薬のせいで脳内のバランスがおかしくなったせいで、それが普通の感覚になってしまったのだろう。

通院、薬を止めてから一年以上たって、体調も精神も普通に戻ったと思っているが、
今でも普通の時間の感覚に戻っているかといわれると、あんまり自信が無かったりする。

【不思議な話】仏様


母方の祖母は『不思議な力を持っている人』と親類の間で言われていました。
なんでも、仏様の力を借りてイロイロ見えない物が見えるとか、予知とか出来たみたい。
私はあまり信じていませんでしたが。

ある年、母が倒れ緊急入院する事になりました。
医者が言うには末期の卵巣腫瘍で、「もって半年」との診断。
私達家族は当然ショックを受けたんですが、
こんな刺激の強い事をおばあちゃんに話してショックで倒れたらいけないという事になり、
彼女には「悦子(母)は過労で入院した」と話しました。
するとそれを聞いた祖母は、普段は気丈すぎる程に燐とした性格なのに、
その時に限って「悦子が可哀想だ・・」とシクシク泣きだしました。
過労って言っただけなんですが。

その夜から祖母は、信仰している仏様(私にはよく分りませんが)に向かってひたすらお祈りを始めました。
物凄い集中力だったそうです。

そして一週間程経過したある日、祖母は倒れて入院しました。
同時に、いつ死んでもおかしくない母の体調が急激に回復し、あっと言う間に越えれる筈も無い峠を越えました。
医者は「こんな事有り得ない。信じられない」とさかんに首を捻っていました。

一方、倒れて入院した祖母ですが・・
元々は太った人だったんですが、私がお見舞に行った時には別人のように痩せ細っていました。
癌との診断で、彼女は入院して数日で亡くなりました。
もう、どう考えても祖母が母の身替わりになったとしか考えられないんですよね・・。
医者も「奇蹟だ」みたいな事言ってたし、
母は当然「おかあさんが身替わりになって守ってくれた」と言って涙していました。

霊的なモノじゃないかも知れませんが、母が子を思う気持ちには凄まじい力があるんだなぁと、実感しましたね~。

祭り【不思議な話】


大学生のときの話。

当時俺は福岡に住んでて、ある夏の日に友達居なかったから一人で夏祭りに行った。
まぁ一人だとあんまり楽しくなかったからもう帰ろうとしたとき、一人でキョロキョロしてる男の子を見つけた。
迷子かなと思って声をかけてみたんだ。
そしたら、「お父さんとお母さんが、一人で行きなさいって言ったから一人で来たの」だと。
なんか可哀相になったから、ちょっと食べ物おごってやったり、いろいろ屋台につれていってあげた。

そして、だいぶ夜も更けてきたから、せめて家まで送ってあげようとして一緒に夜道を歩いてた。
んで帰り道の霊園に差し掛かったところで、
「お兄ちゃん今日はありがとう!」って言って、突然霊園の中に走って行った。
俺は一瞬ポカーンってなったけど、急いで霊園の中に入った。
でも結局見つかんなかったな。

もしかして幽霊だったのか、人間だったのか今はもうわからん。
ギャラリー