[WebStorm]スコープ(ブロック)単位での一括削除など。はスコープ(ブロック)単位で一括削除する方法だったのですが、今回は選択したコードをifやwhileなどで囲んでしまう便利機能です(WebStormには Surround selected code fragment with if, while, try/catch or other construct と書いてある)

では、やってみましょう。

2011050401


まずは、囲みたいコードを選択します。
選択しない場合は、現在行を選択したものとして動作します(っぽい)

2011050402


そして、メニューの Code -> Surround With... を実行します。
キーボード派なら「Ctrl + Alt + T」を押せばOKです(例によってショートカットキーはカスタマイズ可能)

2011050403


すると、何で囲むかを選択するポップアップが表示されるので、囲みたいものを選択します。
ここでは while を選択することにします。

2011050404


すると、選択した部分が while で囲まれました!(゚∀゚)
他にも try/catch/finally や関数リテラル等に対応しているので、気にしながら使っていけばかなり楽ができるのではないかと思います♪

P.S.

こういう制御構文はあまり使わないことも多そうですが…(・ω・;)