2016年06月18日

オーダー枕

当店の人気 No.1 商品『オーダー枕』。

昨日の夕方来られたお客さんお二方、
それぞれご紹介でのご来店でした


観音寺市内にお住いのIさんは
つい先日奥さまがご紹介によって来店され
その後オーダー敷布団のご注文もいただいた方。

納品はまだですが
今回はご主人を連れてきてくださいました

そしてご主人のオーダー敷布団もご注文くださいました。

おもしろかったのは
おそらく納期は1週間くらいの差なので
「2台揃ってから連絡しましょうか?」
とお尋ねした時

奥さまは即答で
「いやいや。私のが入ったらすぐ連絡ください。
近いのですぐに取りにきます
とのこと。

一刻も早く使いたい様子でした。
そういっていただけると私も嬉しい


もう一人の方はお隣四国中央市(愛媛県)の方。

職場の席の両隣の方たちが
当店のオーダー枕をお使いで
「以前から噂は聞いていました」
とのこと。

どうやら職場でも話題だそうで
そんな風に言っていただけると
これまた嬉しい


オーダー枕を始めて10年を超えますが
徐々に地域に浸透してきたようで
このところご紹介で来店される方が
増えてきました



自分たちが作ったオーダー枕で
喜んでいただけるのは本当に嬉しいことです

ただし皆が皆、満足しているとは限りません。
体は複雑ですし、好みもありますから。

それでも、少しでも喜びの声をいただけるように
頑張りたいと思っています(o^∇^o)ノ


l-kaiminseibu780
↑『オーダー枕』『ベッド』『寝具』専門店 快眠ショップ『ふとんのせいぶ』新ホームページ↑

l-hirahp480
↑『オーダー枕』のお店 ふとんのせいぶ(西部製綿株式会社)ホームページ↑


okashigasuki at 14:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年05月27日

浴衣の生地で夏ふとん

このところすっかり暑くなりました。

我家でもふとんは夏ふとんに衣替え。


最近当店ではこんなおふとんを作っています↓

浴衣のふとん












見た目にも涼しい
浴衣生地を使った夏ふとん。


そして・・・

浴衣のふとんー2












この写真の浴衣は
ナントふとん生地

本麻の夏ふとんの生地を
浴衣に仕立てました(^∀^)


最近では
羽毛ふとんを使う人が増えていますが
綿を薄く入れて仕立てる夏ふとんは
とても気持ちがいいんです


使わなくなった綿ふとんを
こんな涼しげな夏ふとんに仕立て替えるのも
とても素敵です


お手持ちの着物の反物でもお仕立ての
依頼を受けることもあります。


当店では綿製品はすべて自社工場で
手作りしております。


「押入れのおふとん、どうにかしたい」
「おふとんのサイズを変えたい」
「綿を減らして軽くしたい」

などお悩みの方は
是非ご相談くださいませm(⌒-⌒)m



l-kaiminseibu780
↑『オーダー枕』『ベッド』『寝具』専門店 快眠ショップ『ふとんのせいぶ』新ホームページ↑

l-hirahp480
↑『オーダー枕』のお店 ふとんのせいぶ(西部製綿株式会社)ホームページ↑
浴衣のふとん

okashigasuki at 13:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年04月29日

こども店長、初温泉!!

一昨日の水曜日。

早めに保育所に
息子(こども店長)を迎えに行き
松山、道後へ行ってきました。


私はデパートで
みたいものがあったのですが、
ちょっと買い物をする間も息子は大暴れ。

そりゃぁ退屈ですよね〜


アンパンマンの車に乗って
機嫌を持ち直したこども店長の図↓

松山H280427











という訳であまりゆっくり見る間もなく
デパートを後にし
道後温泉へ向かいました。


温泉に入り夕食を食べました。

午後に家を出ての日帰りだったので
結構忙しかった


息子にとっては初温泉
私も久しぶりの温泉でした。

私は特別温泉好きでもないのですが
たまには広いお風呂もいいですね〜


息子は初めての大きなお風呂で
物珍しげに周りを見ていました。

お風呂で暴れられなくてよかった


でも、この落ち着きのなさをみると

「やっぱりしばらくは
子供連れのおでかけはムリだな〜

と思いました。


来年か再来年になったら
もうちょっとお出かけしやすくなるかなぁ。

今度は1泊でもできたらいいなー。



l-kaiminseibu780
↑『オーダー枕』『ベッド』『寝具』専門店 快眠ショップ『ふとんのせいぶ』新ホームページ↑

l-hirahp480
↑『オーダー枕』のお店 ふとんのせいぶ(西部製綿株式会社)ホームページ↑


okashigasuki at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)