空を見上げて
トップページ » 2007年02月
2007年02月

この上昇トレンドに乗れてないです・・・。 5

フィスコ村瀬さんの記事です。

「先駆株一服なら内需出遅れ、ハイテク、新興市場への投資魅力高まる」
 
 昨日の新日鉄などへの利食いの動きは想定範囲内であろう。先駆銘柄が目先的な調整を
行っている間に出遅れ銘柄がリバウンドし、調整一巡後に再び先駆銘柄の強い動きがみら
れればベストであろう。新興市場の中小型株の一部でみられた出直りの動きも本格的とい
うよりは、先駆銘柄の幕あいつなぎとみておいた方が、良さそうである。NYダウが調整
する一方でナスダックが出遅れ修正の動きを強めており、ハイテク株への見直しにつなが
る可能性もありそうだ。

 18000円レベルでの強弱観や3月SQが接近するにつれて裁定残高への警戒も強まると考
えられるが、TOPIXの1800Pがサポートとして意識される間は強気スタンスといった
ところであろう。基本的には強いものに付くといった流れが継続しているが、先駆株が調
整となれば、内需の出遅れやハイテク、新興市場への投資魅力は高まることになるとみて
いる。  (村瀬)

⇒おかていコメント
本当にこの上昇トレンドに乗れてません。日経平均銘柄をほとんどもってないんだから仕方ないですが・・・。唯一任天堂ぐらいでしょうか・・・。それにしても、ご報告が送れていますが、アサックス、アドソル日進とストリームも続いていい感じに売却できましたが、ショックなのが、アサックスで、初値近くで売却後、ストップ高連発!!売却後ですでに20万くらい上がってます・・・。

まあこんなこともあるんですね。うちの奥さんは本厄だからかなといいながら、ショックを受けてました(笑)。今度、ちゃんとお金を出して厄除けに行ってきます。

とりあえず、3月SQまではまだもう少し強そうですので、いろいろ考えて行きたいと思います。

励みとなりますので、さらなるワンクリックもお願いいたします。
人気ブログ大





okateiokatei  at 12:38コメント(8)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

アコーディアゴルフ一時ストップ高!! 5

日経ネットからの記事をご紹介します。

<東証>アコーディアが一時ストップ高――収益の上振れ期待
(13時30分、コード2131)大幅高。後場に入って一時値幅制限の上限(ストップ高)にあたる前日比2万円(13.79%)高の16万5000円まで上げた。東証1部の値上がり率ランキングでトップ。前日に発表した2006年4―12月期連結業績は経常利益が103億2300万円(前期は四半期業績の開示なし)と、10―12月期がゴルフ業界の繁忙期だったことも寄与し、07年3月期通期の予想(前期比2.7倍の103億円で据え置き)を第3四半期までで達成。朝方から収益の上振れを期待した買いが優勢になっている。〔NQN〕

⇒おかていコメント
昨年のIPO銘柄で公募割れした塩漬け株の一つです。それがなんと、ストップ高!!上記の連結業績の先行きがとてもよかったが、さらに上振れが期待できるということもあったようです。あとパシフィックGの方もとても決算内容がよかったようで、連動して上がっているのかもしれません。
そりゃもちろん公募が割れているわけだからもちろん割安感ありまくり。明日以降も買われて行きそうですね。

それとここがより重要で、上記の記事にもまだ織り込まれていないようですが、先日も私が書いた記事の一つに、今年の冬は暖冬のため、ゴルフ場が雪でクローズすることなく、大変賑わっているとの話を聞きました。毎年雪でクローズとなっていたのが一気にお客さんはきてくれる。と考えれば、今まで冬で売上が上がらなかったところで、より売上を上げているんです。

こりゃ買わなきゃいけませんよね。
明日以降の動きを楽しみにしたいです。

励みとなりますので、さらなるワンクリックもお願いいたします。
人気ブログ大





okateiokatei  at 01:58コメント(3)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

アサックス上場!今日はうまくいったかな? 5

日経ネットの記事をご紹介します。

<東証>アサックスの初値44万6000円――公開価格を24%上回る
(9時45分、2部、コード8772)きょう新規上場。買い気配で始まった後、公募・売り出し価格(36万円)を24%上回る44万6000円で初値を付けた。その後は初値近辺で推移している。現時点で公開株数1万380株の55%に当たる5700株程度の売買が成立している。

 不動産担保ローンを事業手掛ける。主幹事は日興シティグループ証券。〔NQN〕

<東証>アサックスがストップ高――「PER低め」の声も
(14時15分、2部、コード8772)きょう新規上場。前場に公募・売り出し価格(36万円)を24%上回る44万6000円で初値を付けた後、値幅制限の上限(ストップ高)となる初値比5万円高の49万6000円まで買われた。後場は同水準で買い気配となっており、売買は成立していない。市場では「PER(株価収益率)が15倍程度と新規公開銘柄としては低めという点が、買いやすさにつながっている」(国内証券)との声があった。

⇒おかていコメント
今日はアサックス上場日でした。前回藤商事で売りそこねて失敗しているだけに、うちの妻が気合を入れてました。他にも5社ほど上場が相次いでいたため、公募割れになるか、上がるかドキドキしていましたが、なんとか公募価格を上回って初値がつき、その後、その辺りで我が家は売却したようですが、その後・・・・なんとストップ高!!まあこんなもんなんでしょうね。
やっぱり注目されている不動産関連事業として見られていたんだと考えるべきだったんですよね。
当初からは予想もあまりよくなく公募価格近くと言われていたため、ちょうどよかったんではないでしょうか?
同時に藤商事を1株売って損切りした模様です・・・。
次回のIPOに期待したいですね。

励みとなりますので、さらなるワンクリックもお願いいたします。
人気ブログ大





okateiokatei  at 01:46コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

明日は藤商事が上場です。 5

ディーバの値段は今日はつきませんでしたね。
日経ネットからの記事をご紹介します。

<ヘラクレス>ディーバ、上場初日は買い気配のまま初値付かず
(大引け、コード3836)きょう新規上場。終日買い気配のまま推移し、初値は付かなかった。大引け時点の気配値は公募・売り出し価格(20万円)の2.35倍となる47万円で、この水準での買越株数は差し引き1516株だった。公募1000株、売り出し535株を実施している。

 上場初日に買い気配のまま初値が付かなかったのは、昨年12月26日に上場したeBASE(ヘラクレス、3835)以来。

 連結経営や会計業務の支援ソリューションの提供などを手掛ける。主幹事はいちよし証券。〔NQN〕

⇒おかていコメント
いやいやなかなかいい動きですよね。IPO相場が強いことが証明されてきました。明日は藤商事が上場しますが、この相場を引き継いでくれるといいですね。
ただ、その中フィスコは初値予想を下げてきました。他社の予想は20万〜27万円までで結構いい感じの予想です。
最近フィスコはかなり低めの初値予想を上げてきますよね。先日のアマガサでも10万以上開きがあったんですよね。もう少し精度を上げて欲しいものです。
まあ、個人的には公募割れさえしなければ、いいとは思っていますが・・・。

最近、いい銘柄のBBをたくさん申し込んでいます。当たるといいのですが・・・。

励みとなりますので、さらなるワンクリックもお願いいたします。
人気ブログ大





okateiokatei  at 02:12コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

IPO アサックス・アドソル日進当選!! 5

やりました、いきなりIPO2銘柄ゲットです。

アサックスとアドソル日進です。

アサックスもアドソル日進とも結構割安感があり、個人的にはかなり期待しています。他の方のブログを見るとアサックスを心配されてる方も多いようですが・・・。

アドソル日進は結構人気があるんです。
事業内容は独立系システム開発会社で、企業や公共向けの情報システムを提供しているとのことで、類似企業PER16倍(現在12.1倍)、しかもサイズが小さく、2桁ペースで受注増、しかも高成長を遂げていることもあり、かなりの上昇が期待できます。

ちなみに公募価格3,000円 ⇒ 3,700円〜4,200円の初値予想が出ています。

アサックスもアドソル日進以上に割安感があります。
類似企業はPER16倍(現在10.8倍)でとても割安感があり、

公募価格 36万 ⇒ 目標株価 53万でもいいとのことですが、サイズが大きいことも考えて、初値予想は36万〜40万と控えめになっています。

しかもアサックスの事業内容が不動産担保ローン事業で、最近の相場を動かしている内需関連として、不動産銘柄が注目されていることもあり、地合もいいのではないかと考えています。

IPOが始まってとても楽しくなってきました。期待したいですね。

励みとなりますので、さらなるワンクリックもお願いいたします。
人気ブログ大






okateiokatei  at 02:42コメント(2)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

イメージ通りの調整ですね。 4

カブ知恵からの記事を引用します。

今週の相場について
 本日の大幅下落は、株価指数先物への大口売りだった感が強い。この売りが明日も続くようなら明日も軟調な展開となる見通しだが市場観測では売りは本日限りとの声が大勢を占めている。もちろん、その真偽の程は不明だが、明日、本日のような大口売りが出ないなら、特段相場環境が悪化した訳ではないので、戻りを試す可能性が高いとみている。ただし、日経平均で17500円オーバーでの実需の売り圧力が強いことも事実。このため、17500円から上を買うには、なんらかのインパクトのある材料が欲しいところだ。

 確かに、4日の選挙では与野党1勝1敗で、政局不安がやや高まるのは当然だ。しかし、衆院では与党が圧倒的な多数となっており、政局を不安視するほどまでに神経質になる必要もないだろう。日産の下方修正にしても、苦戦はある程度予想されていた。トヨタが苦戦となるなら、ネガティブ・サプライズだが、そうではない。

 また、G7での円安が議題に上ることへの懸念に関しては、米国はともかく、欧州は伝え聞く限り強硬なため、その懸念は有しておく必要はある。しかし、ここ最近の物色傾向は、含み資産関連に代表される内需株物色であり、為替動向にそれほど神経質になる必要もないと考える。

 そうこう考えると、本日の下落は、先物の需給が一時的に大幅に悪化しただけのこととみるのが妥当だろう。もちろん、日経平均の予想PERは20倍を超えており、割高水準にある。上値を追うには、今週ピークを迎える主力企業の上方修正が相次ぐことが条件となる。しかし、決算発表が一巡するまでは、その期待が後退することもなさそう。よって、当面の日経平均は、テクニカル的に本日サポートされた25日移動平均線(5日現在、17301.01円)に沿った上昇を継続するとみている。

(株式会社カブ知恵 代表取締役 藤井英敏)

⇒おかていコメント
いやさてさて私の理想通りの展開となってきました。騰落レシオもやっと陰転となり、ちょっと調整に入っていきそうです。円高も進むんではないかとのコメントもあったりして、内需関連特に不動産関連が伸びてきているんですね。
これ以上円が安くなると確かにちょっと異常な感じもしますが、それだけ、外貨が強いともいえます。早く諸外国に立ち向かえるような経済へ復活して欲しいものです。

あとは金曜日のSQまでもう少し待ったあと、一気に買って行きたいですね。
もっと下がって欲しいですね。

励みとなりますので、さらなるワンクリックもお願いいたします。
人気ブログ大






okateiokatei  at 01:38コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

日経平均17,500円の壁は厚い? 5

ひとまずフィスコの記事をご紹介します。

「TOPIX抵抗ライン突破を見極め」

 <今週の相場概況>
 今週の日経平均は前週の昨年来高値更新、2000年7月以来の17600円回復を経て、一気に達成感が高まっていたが、押し目買い意欲の強さと先物市場での大口売買、そして米国市場のダウ最高値更新などを背景に昨年来高値を更新した。
需給妙味の大きい電力株や不動産株が引き続き強い動きをみせていたほか、一服感の出ていた鉄鋼株、造船株なども堅調。相対的な出遅れ感から建設株の一部にも強い動きがみられていた。また、ソフトバンクなど需給妙味の高い銘柄の踏み上げ的な動きや、決算発表が本格化する中、決算評価からテルモ、日本ガイシ、DOWAなどが大きく上昇する銘柄も目立っている。ただ、決算発表に対しては好業績ながら織り込み済みとの見方から利食いの動きが強まる銘柄も多く、ハ行色の強い展開となっている。一方、ハイテクセクターは総じて冴えない値動きをみせていた。また、先物市場での一方向の大口売買が連日目立っており、31日には断続的な売りの影響から日経平均は25日線レベルまで調整、翌1日には大口買いで前日の下落分を一気に吸収するなど、先物の動きが大きく影響した面もある。

<来週の相場見通し>
  日経平均は週末に昨年来高値を更新し、大引けにかけては利食いの流れが強まっている。一時1750pを回復したTOPIXも長期的な抵抗線として意識されているレベルであるだけに上値は抑えられている。TOPIXについては一気に突破するというよりは、一先ず利益を確定させておこう、といったところであろう。特にTOPIXの抵抗線は1993年辺りから意識されているレベルであり、且つ2003年の800p割れレベルからの幅のあるリバウンドであるため、上振れして上昇基調を強めるというよりは、利食いを出したいところでもあろう。
また、2002年から株式を買い取ってきた銀行等保有株式取得機構、預金保険機構が保有株式の処分を始めており、処分を行うには絶好のタイミングともとれよう。このところの先物市場での大口売買もこれに影響しているのでは?との見方もされている。また、週末にオプションSQを控えているため、引き続き先物市場の動向には注意が必要である。とは言え、日経平均の強さを見る限りでは利食いは出したとしても、ショートポジション(売り)は禁物である。
また、取得機構などによる売りが警戒されているが故に積極的にロングポジションを取りに行く向きもなく、これが需給を悪化させない要因でもある。利食いの動きが強まることを考えると、昨年相場をリードするなど先駆していた国際優良株へは売り圧力が強まる可能性はある。また、鉄鋼、造船、海運、不動産といったところは、来週に三菱重、商船、川崎汽、郵船、三菱地所、三井不などの決算が控えているため、利食いのタイミングとなる可能性はありそう。
そのほか、ソフトバンクの四半期業績も8日に控えており、注目されそうだ。基本的には先物市場の動向に注意を払いつつ、動きの良い銘柄への短期割り切りスタンスとし、また相対的に出遅れている銘柄を探る動きとみている。
そしてTOPIXが1750pレベルを確実に突破したことを確認したいところである。
                               (村瀬)
⇒おかていコメント
どうも17,500円辺りが強いポイントのようで、壁が厚そうな感じです。
上の記事でも書かれていたように最近の決算発表は内容がよくてもほとんどが織り込み済みで結構下がってくることが多いですよね。
決算発表はよかったのに下がるのは「なんでやねん。」って突っ込みたくなるけど、多分相場事態が上がりきっているんですよね。
ということは決算発表が一巡すれば、一気に調整してくれれば、いい投資タイミングとなりそうですよね。
今後売られるのは今までたくさん買われてきた銘柄が中心となっているようで、特に国際優良株が売られているようです。
ということはこれからはそれ以外の出遅れ銘柄ということになるんでしょうか?
さて、調整してくるのを楽しみに待ちましょう!!


励みとなりますので、さらなるワンクリックもお願いいたします。
人気ブログ大






okateiokatei  at 23:07コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

藤商事当選しました。 5

やりました。2007年初のIPO当選です。
藤商事です。評判はあまりよくなさそうですが、
公募割れもなさそうです。

どんな会社かというと、パチンコメーカーで、
マージャンなどの商品も取り扱いしているようです。

パチンコの好きな方はよくご存知だと思いますが、(友人のF氏はよく知ってるかも・・・。)暴れん坊将軍シリーズを出している会社です。

パチンコもお客さん減らなくて売上よさそうですもんね。


ところで、本題の初値予想ですが、公募18万円が・・・、

19万〜24万(フィスコ予想)

その他の予想で最高値は29万でした。

ロックアップなどがあり、またPERも業界他社比較でも少し割安みたいです。

2007年初のIPO銘柄として期待したいです。

今年もいい年になるといいな〜!!

励みとなりますので、さらなるワンクリックもお願いいたします。
人気ブログ大





okateiokatei  at 01:59コメント(0)トラックバック(2) この記事をクリップ!