空を見上げて
トップページ » 今年は内需関連に注目?!

今年は内需関連に注目?! 5

まず、いろいろ個別銘柄もあると思うのですが、1月4日のワールドビジネスサテライトを見て、感じたことをまとめてみたいと思います。

まず、亥年というのは直近過去4回はいずれも株式市場は前回は0.8%程だったそうですが、あとは3回は軒並み20%以上上昇しているとのことです。そのデータが亥年は強気相場と言われる所以だそうで、特に昨年はライブドアショックで経済は回復基調にあり、経済成長率は40%ほど上昇したにも関わらず、日経平均は4%?程しか上がらなかったらしいです。
となれば、その分の上昇は今年上がるだろうと言われていて、今年、日経平均も2万円から2万3千円上がると強気のアナリストが多いとのことです。

亥年というのは、必ず、アメリカの大統領選挙の前の年にあたることもあり、財政政策、金融政策などが企業にとって優遇されることが多く、そのアメリカの好調な株式市場に支えられて日本の株式市場も共に上がってきていたようです。

さらに特に今年は、新興市場が心理的な想いも含めてかなり上昇して、ライブドアショックを埋めるのではとの見方が多いらしいです。

ただ、亥年は為替市場にとっては波乱含みだそうで、前回の亥年では急激な79円をつけるなど、影響がでてくるとのことで、これは、株式市場や経済が好調となると金利上昇などへつながり、それが為替に影響を与えているようです。
そう考えると、アメリカ経済や株式市場、ドルとのバランスもあるかもしれませんが、日本の株式市場が急激に上がるようでしたら、円高へ動くかもしれませんね。

上記をことを整理して考えると、今年はどちらかというと、内需関連株式に左右されるのではないかと考えています。特に国際優良銘柄などは、今までが買われすぎていることもあるし、為替市場にリスクがあるとのことで、売られる可能性がありますよね。
また、それを下支えするのは内需関連でもあるし、また、暖冬であるにも関わらず、今年の年始の百貨店の売上が過去最高を更新している百貨店もあるようで、個人消費もかなりいい評価が期待できそうです。
ボーナス増えたんだし、今まで我慢していたものも買いたいと思いますよね。
今日はうちの妻もコートなどを買い込みました。少しでも個人消費に貢献できたんでは?(笑)

内需関連では、住宅、不動産、小売などに期待したいものです。
持株でいくと良品計画がありますが、なかなか赤字から回復しませんので、今年に期待したいです。


励みとなりますので、さらなるワンクリックもお願いいたします。
人気ブログ大


okateiokatei  at 01:25
トラックバックURL
コメント
1. Posted by にっしゃん   2007年01月05日 22:03
明けましておめでとうございます。

身内の方が昨年の最終銘柄に
当選されたようで、うらやましい限りです。

今年は私の中でIPO元年と位置付けて
精一杯頑張り(申込み)たいと思います。

お互いたくさん当選して欲しいですね。
今年もよろしくお願い致します。
2. Posted by おかてい   2007年01月06日 00:15
5 こちらこそよろしくお願いいたします。
今年の年末もいい結果がお互い報告できますよう頑張りたいと思います。
当選のご報告楽しみにお待ちしております。
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星