空を見上げて
トップページ » 注目銘柄
注目銘柄

みずほFGが決算発表!!

みずほのFGが決算発表でした。

[東京 30日 ロイター] みずほフィナンシャルグループ <8411.T> は30日、2009年3月期の当期利益予想を前年比67.8%減の1000億円に下方修正した。従来予想の2500億円を60%下回る。不良債権処理損や証券化商品の損失拡大を見込む。通期予想の前提となる日経平均株価水準は日経平均株価9000―1万円で、現在の株価水準が継続すればさらに業績が下振れる可能性がある。
 本業の利益を示すグループの連結業務純益は、前年度に計上したみずほ証券のサブプライム関連損失がなくなるため、前年同期比52.5%増の7800億円を見込む。その一方で、不良債権処理損損が膨らんでおり、通期の損失計上額は想定より800億円程度悪化の3300億円に膨らむほか、みずほコーポレート銀行が保有する証券化商品の損失拡大も織り込んで、1200億円程度の損失を計上する見通しになった。
 加えてリスク要因となっているのが、株価の下落。通期の株式関係損益は1100億円の損失計上を見込んだが、前提の日経平均株価は9000―1万円。日経平均株価は年明け以降、8000円をはさんだ水準で推移しており、3月の株価次第では業績に悪影響を与えそうだ。野村証券金融経済研究所の守山啓輔アナリストは「不良債権処理損も増加しているが、最も大きいリスクは株価水準。通期で赤字になる可能性もある」と指摘した。
 みずほが業績を下方修正するのは2度目となり、再修正の水準はトムソン・ロイター・エスティメーツによる過去30日間の主要アナリスト9人の予測平均値2036億円を50.8%下回った。

 <4―12月期の株式等損益はグループで1968億円の損失>
 08年4―12月当期損益は505億円の赤字(前年同期は3930億円の黒字)に転落した。3行合算ベースの業務粗利益は、資金利益は横ばいだったものの、非金利収益は個人向け投信販売などの落ち込みで前年同期比10%減の1兆1148億円留まった。実質業務純益は同25%減の4434億円となった。  グループ連結ベースの株式等関係損益は、前年同期から4790億円悪化し1968億円の損失となった。3行で3005億円の減損処理を実施したのが主因。9月末に1万1200円の水準だった日経平均株価は、12月末には8800円程度にまで下落し、10―12月期に傘下銀行で処理した額は2049億円に上った。加えて、証券化商品などの損失額は4―9月期から250億円悪化し、970億円にふくらんだ。  守山氏は「前年度に計上したみずほ証券の(サブプライム関連の)損失がなくなったのは大きいが、本業の伸びが弱い」と分析している。

おかていコメント
上記のとおりで、今後の株価の影響が悪い予測もあり、みずほFGの決算もさらに悪くなるのではということと、アナリスト予想よりも決算内容が悪いこともあるようで、今の段階でも売り先行で、夜間も結構売られています。
とのことで我が家もみずほを売却しました。ただ、もうちょっと下がったタイミングでもう一度買いたいですね。あとは日本には期待できませんが、オバマさんに期待したいです。

okateiokatei  at 16:56コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

任天堂 Wii Fit は順調のようです。 5

日経平均久々に下げたようですが、ブル気配で終わっているので、明日当たりは16,000円越えてくるかもしれませんね。アメリカNYダウも上げているようですし、円も111円と出ていたので、十分に期待できますね。

ところで、我が家の持株任天堂情報をゲットしました。

まずは、ライブドア記事からです。

2012年のWiiシェアは46%に!?―日興シティアナリスト

経済紙「フィナンシャル・タイムズ」(Financial Times)は"A price cut too late for PlayStation 3"(PS3にとって遅すぎる値下げ)と題して今後のゲーム業界の動向をレポートしています。その中で、シティグループと日興グループの合弁の投資銀行、日興シティグループ証券の福田聡一郎アナリストが見解を述べています。

それによれば福田氏は、2012年までの今後5年間で世界的なゲーム機の普及シェアは、Wiiが46パーセントでトップ、次いでマイクロソフトのXbox360が33パーセント、そしてソニーのPLAYSTATION3は22パーセントとなるだろうと予測します。

北米や欧州で深刻な品不足が続き、eBayなどのオークションサイトやAmazon.comの中古ストアでは定価を大きく上回る数百ドルの値段でも落札されるなど騒動が起こっています。日本では一時期は落ち着いていたものの、『Wii Fit』の発売から再び品切れを見ることが多くなってきました。

年明け以降のことは誰にも分かりませんが、ゲームキューブでは10パーセント台に留まっていたシェアがWiiで大きく伸びることは間違いなさそうです。

それにおかてい情報としては、うちの嫁さん情報です。
先日、楽天で子供達のクリスマスプレゼントを買物するのにいろいろ調べてみると、なんと、任天堂のWiiがなんと売り切れだったそうです。しかもWii Fitも売り切れだそうで、やはりクリスマスプレゼント前としてかなり売れているようです。

励みとなりますので、さらなるワンクリック、ぽちっとお願いいたします。
人気ブログ大





okateiokatei  at 02:42コメント(2)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

任天堂、続伸。しかも面白い記事がでてました。 5

こんばんわ。今日は日経平均、任天堂共に順調に上がりましたね。

FRBのバーナンキさんが利下げを示唆しているらしく、まず日本市場が反応したとのことです。今、ニューヨークダウ平均は大幅高で、しかも、円も110まで円安となっています。

いろんな方は為替の影響で日本の景気が悪くなると言ったり、アメリカ市場が日本市場と連動してしまうとか言ってますが、そもそも、日本経済自体は悪くないと思いますし、しかも今年の秋は特にお店には人が集まってましたよ。京都の観光地もそうだったし、今日、大阪の高島屋にも行きましたが同様でした。花金でもあったので、かなりのお客さんでしたよ。
そう考えれば、もうそろそろ日本もアメリカに頼らない金融市場を早期に意識付けして欲しいものですね。

今日、日経マネー1月号を購入しました。

そこで、来年2008年を占う銘柄がたくさんでていましたが、ゲームのページを見ると、任天堂一色。しかも、日本だけでなく、これからはアメリカや欧米、アジアへもどんどん売っていくとのこと。まだまだ市場は広がってますね。独走状態からさらに勢いをますとのこと。欧米は特にこれから普及期に入ってくるとのことですから、すごそうですね。
ということは2008年もまだまだ任天堂は売れないですね。持ち付ける方が上がっていきそうですもんね。売って買うと手数料もったいないですし・・・。

昨日書いた記事にもありましたが、今日、大証でですが、2100円あがり、終値は67,500円まで来ています。
後は、70,000円は12月中に間違いなくいきそうですし、最高値更新も充分ありますよね。そこに期待したいものです。

励みとなりますので、さらなるワンクリック、ぽちっとお願いいたします。
人気ブログ大





okateiokatei  at 02:13コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

任天堂、上げてきましたね。 5

いや〜、今日はすごく上げてきましたね。米国高もあったんでしょうが、もともと日本経済自体は決算発表などみても順調にきていますからね。
上がって当然だと考えれば、この相場で買っておかないと年末には年初来高値に近づいていくんでしょうね。

日経ネットの記事を2つ引用します。

東証大引け・大幅反発――米株高受け、8割強が上昇する全面高
 29日の東京株式市場で日経平均株価は大幅に反発した。終値は前日比359円96銭(2.38%)高の1万5513円74銭で、9日以来、約3週間ぶりに心理的な節目の1万5500円台を回復した。米利下げ観測から前日にダウ工業株30種平均が今年2番目の大幅高となったことを好感。円相場が円安・ドル高基調で推移したことで幅広い銘柄に買いが入り、東証一部銘柄の8割強が上昇するほぼ全面高となった。東証株価指数(TOPIX)も大幅に反発。8日以来、3週間ぶりに1500台を回復した。

⇒おかていコメント
最近読んだ本でも書いてありましたが、結局大幅に下がっても3週間程度で戻ってくるんですよね。となれば、何度も買ったり売ったりして手数料を払い、しかも損切りまでしてしまうことを考えれば、持ち続ける覚悟を持てば、より効率的な投資ができるんですよね。年初来高値まで意外とあっと言う間かもしれませんよね。

2つめの記事です。

任天堂が大幅続伸 「Wii」の光回線接続でNTT東西と協力
(前引け、コード7974)大幅に続伸。国内外の機関投資家とみられる買いが優勢だ。一時は前日比3900円高の6万6100円まで上げ、上値抵抗線の25日移動平均(前日終値時点で6万4900円)を7日以来、15営業日ぶりに上回った。前日の米株式相場が大幅続伸し、為替相場がこの日、円安に大きく振れているのを好感している。

 話題性もある。28日、電通消費者研究センターが発表した2007年の話題・注目商品ランキングでは、任天堂のゲーム機「ニンテンドーDS」が幅広い層から人気を集めたのを反映して「ペンタッチ携帯ゲーム機」が1位に。同「Wii(ウィー)」に代表される「新感覚リモコンTVゲーム」が2位に選ばれている。また同日、任天堂は家庭用ゲーム機「Wii」への光回線接続を推進するサービスで、NTT東日本、NTT西日本と協力すると発表。ネット接続で「お茶の間」でのゲーム機の利用拡大を促すのが任天堂の狙いで、市場も「販促につながる」と評価している。

⇒おかていコメント
最近またDSソフト買っちゃいました。上海です。結構はまりますよ。あと最近宣伝しているWiiの健康管理ソフトなんかも面白そうですね。DSでも似たソフトがあったような気がします。最近記録を残すダイエットが流行ってますので、楽しいかもしれませんよね。データをとっていくと、このお菓子を食べたから太るとかわかるんみたいですね。
さて、任天堂は日経平均に比べると強い動きをしてくれていますので、12月入れば、さらに年初来高値更新を期待したいところです。
通信で対戦型で勝負もできているので、家族に2台・3台とどんどん増えていきそうですね。
クリスマスはなんのソフトを買おうかな・・・?
とりあえず、直近任天堂も目標は7万円回復ですね。

励みとなりますので、さらなるワンクリック、ぽちっとお願いいたします。
人気ブログ大





okateiokatei  at 01:49コメント(2)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

任天堂のナンピン買い、タイミングバッチリでした。 5

ご無沙汰しております。

そのご無沙汰している間に日経平均は1700円も下がり、一気に世界同時株安となってしまいましたね。結構ショックでダメージを受けていました・・・。

だけど、実は私は11月にはもう一度調整に入るとは思っていました。まさかこんなに下がるとは思っていませんでしたが・・・。だけど、この下がったタイミングでナンピンし、年末年始を楽しい正月として迎えたいと思っていたんです。

そのために・・・、
なけなしのベトナムファンドを売却することにし、一昨日に売却していたところでした。(最近値動きも悪く、結局、損切りとなってしまいましたが・・・。)運用効率の悪い、しかも、信託報酬他いろんな経費が取られる投資信託よりも自分が良く知っている銘柄で運用する方が確実だと思っていました。

そして、15,000円も切るほど下がった昨日に、妻と家族会議を行いました。
「きっとこの辺りやな。12月にはある程度戻ることも考えると、朝一で、任天堂のミニを買おうか?それともアジア製造業ファンドを買おうか?」と悩んでいました。
結果としては、10株ミニで任天堂を購入し、30万程度でアジア製造業ファンドも購入することとしました。

そもそもこの世界同時株安がまた復活したサブプライム問題ですよね。なんか仕組まれてる感じがしたし、きっと下がりきったところで、ファンドなどは買ってくると思っていました。

すると・・・、今日の日経ネットの記事をご紹介します。


<大証>任天堂がストップ高――海外機関投資家などから押し目買い
(13時30分、コード7974)大幅反発。海外の機関投資家を中心とする押し目買いが旺盛で、一時は値幅制限の上限(ストップ高)である前日比5000円高の6万4000円まで上げた。株価は1日に上場来高値の7万3200円を付けてからほぼ一本調子で下げ、割安感が出ていた。この日の相場全体の地合いの良さや、急激な円高進行がやや一服していることも買い安心感を誘っている。ただ、「再び7万円を抜けるには北米のクリスマス商戦の行方にかかっている」(岩井証券)との指摘があった。


⇒おかていコメント
ほんとばっちりです。あえて下げてきといてきっと一気に買ってくると思ってました。前回の同時株安も同じで、日経平均以上に一気に戻し、上場来最高値更新をしていました。今回も同じように期待したいですね。
しかも、アジア製造業ファンドも今日の終値で買えているとおもうので、明日、中国が上がれば、大底近くで買えたことになります。

日本の実質経済自体は順調ですから、クリスマス商戦、年末年始はとても期待大です。これでうまく同時株安を乗り切れるといいですね。
ただ、このままで行くと、今年の我が家の決算は損切りで終わってしまうのですが・・・。まあ仕方ないか!!(T_T)

励みとなりますので、さらなるワンクリック、ぽちっとお願いいたします。
人気ブログ大





okateiokatei  at 01:04コメント(6)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

秋といえば・・・、やっぱり今のトレンドは任天堂ですね。 5

ご無沙汰しております。久々のブログアップです。
先週の日曜日に会社のメンバーとゴルフコンペに行ってきました。
なんと賞品の一つに日本産松茸が!!
私のスコアでは到底優勝できるわけがないのですが、今回は何故か優勝者から賞品くじびきを引くことになり、しかもメインのまつたけは、完全アミダでの決戦でした。
そして、ついに残り福で、日本産まったけをゲットしました!!

写真を見てください。




まつたけ


凄くないですか?このまったけで、早速うちの妻が松茸ごはんと焼き松茸を作ってくれて、とても香り高いまつたけを堪能しました。1年に一度は食べて見たいですよね。

ところで、わが任天堂ですが、決算発表後もどんどん値を戻し、本日は70,800円と上場来高値を更新していました。
しかも、あのゴールドマン・サックス証券が投資判断「買い」を継続したうえで、目標株価を7万1000円から8万4000円に引き上げました。
その理由は、ゲーム機「Wii」と「DS」は現行世代最大の均一化されたプラットホームとして、新たな収益機会を得る段階に入ったと判断。アジア市場における「Wii」の展開や、新たなオンライン戦略に伴う追加的な収益機会は、現時点で不透明だが、今後早期にこれらの収益化が実現すれば、業績の上振れ要因となると予想しているためらしいですが、この前の大きな調整の時には他社では10万円という目標株価出していたにも関わらず、7万台の目標株価を設定していましたが、ついに8万円半ばまで上げてきました。

しかも先日のアメリカの個人消費はとても好調とのことで、ハロウィンの売上も好調とのことでした。であればアメリカの個人向け消費としての任天堂にはかなり期待できるのではないでしょうか?
今年の年末年始はDSとwiiを買ってゆっくり楽しみたいですね。

みんなで売上に協力しましょう!!

励みとなりますので、さらなるワンクリック、ぽちっとお願いいたします。
人気ブログ大





okateiokatei  at 00:57コメント(4)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

Wiiが今年のクリスマス・年末商戦へ向けてのポイントでしょうか? 5

まず、日経ネットの記事をご紹介します。

任天堂、Wiiのネット接続拡大に力・NTTと連携
 任天堂は10日、家庭用ゲーム機「Wii(ウィー)」のネット戦略を強化すると発表した。同機のネット利用者を増やすため、年内にNTT東日本・西日本とサービス窓口を開設。来春には新作ソフトのネット配信も始め、Wiiのネット接続率を4割から2008年中に5割に引き上げる。年末商戦向けには全身を動かして楽しむ新ソフトも発売。ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は低価格機投入を表明しているが、任天堂はネットと新ソフトでユーザー層の一段の拡大を狙う。

 NTT東西と共同でWiiのネット接続に関する相談を受け付けるコールセンターを開設。新規回線の手配、必要な機器の提供、家庭での接続を請け負うサービスを年内に始める。Wiiはネット接続機能を備えているが利用者は世界で4割程度にとどまっており、煩雑なネット接続の手続きを支援する体制を整え利用者増を目指す。ネット経由で提供するサービスも拡充する。

任天堂 <7974.OS> は10日、家庭用ゲーム機「Wii(ウィー)」向けのゲームソフトで、健康をテーマにした「Wii Fit(ウィー・フィット)」を12月1日に国内で発売すると発表した。希望小売価格は8800円。携帯ゲーム機「ニンテンドーDS」向けの「脳を鍛えるソフト」で女性や中高年など新しいゲームユーザーを開拓した任天堂が、今度は「体を鍛えるゲーム」というコンセプトを提案した。

次はロイターの記事です。

任天堂 7974.OS が健康テーマのWiiソフトを12月発売、次は「筋トレ」
 新ソフトは、体重計のような形状をした「バランスWiiボード」を付属。このボードに乗って、ヨガやスキージャンプ、サッカーのヘディング、筋肉トレーニングなど様々なエクササイズをテレビ画面を見ながら楽しむ仕掛けだ。岩田聡社長は、幕張メッセ(千葉市)での発表会で、「『家族で健康』がテーマ。この年末で最重点ソフト」と述べた。海外向けには2008年に発売する。

 昨年末発売のWiiは、テニスゲームならラケットを振るように、野球ゲームならバットを振るようにしてリモコンを扱う直感的な操作感が売り物だったが、Wiiボードもその流れを継承しながら新機軸を打ち出した形だ。

 WiiやDSの販売好調が続く任天堂だが、岩田社長は「このままのアプローチを漫然と続けるだけでゲーム人口の拡大が進み、年間を通じて商戦期であるかのような状態が継続するとは考えていない」と強調。今後は「継続的なゲーム人口の拡大」が重点課題だと語った。

⇒おかていコメント
いや、すごいですね。この記事が出ただけで、大証は+3,100も上昇です。だけど、上がるのもうなずけるのが、事業戦略に夢があり、楽しみもあり、期待ができる内容なんですよね。もちろん、ユーザーである消費者もそうですが、ビジネスとしてもそうなんです。常に任天堂自体がこのような戦略をとっている限り、まだまだ会社としても成長していくんだろうなと思いますよね。
特に最近ビリーが流行っていたのも乗っかって筋肉トレーニングは是非ともやってみたいし、これで日経ネットの通信機能がさらに充実すれば、全世界の方々と筋肉番付勝負もできそうですよね。
クリスマスプレゼントや年末、年始のお年玉商戦はWiiで決まりでしょう。
ただ、ドラクエもとても期待していますので、DSソフトも楽しみにしています。


励みとなりますので、さらなるワンクリック、ぽちっとお願いいたします。
人気ブログ大





okateiokatei  at 23:48コメント(6)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

任天堂、本当に上抜けしてしまいました。 5

「任天堂、すごいことになっているよ。」と妻からのメール。
今日は、仕事が忙しくて、結局家に帰ってから株価をみることになったのですが、
・・・。

とりあえず、日経ネットの記事をご紹介します。

<大証>任天堂が上場来高値を更新 「Wii」好調で上振れ期待も

(14時25分、コード7974)反発。後場に上げ幅を広げ、一時は前日比2800円高の6万2300円まで買われた。7月26日に付けた6万1800円を上回って上場来高値を更新した。今日の米株高でリスク許容度の高まった海外機関投資家を中心にした買いを集めている。ゲーム専門誌発行のエンターブレイン(東京・千代田)は1日、2007年度上半期(4―9月)の国内家庭用ゲーム市場が前年同期比21.7%増の2927億7000万円になったと発表。この発表を受けて市場では「任天堂の据え置き型ゲーム機『Wii(ウィー)』の好調ぶりが目を引き、その存在感を印象付けるとともに08年3月期の業績上振れへの期待も膨らませている」(大手証券)とする声も聞かれた。また「上値の余地はまだありそうだ」(岩井証券・イワイ・リサーチセンター)との見方もあった。

⇒おかていコメント
いや、ほんと凄いです、任天堂、本当に上抜けしてしまいました。終値はなんと、前日比3,200円高の62,500円で、上場来高値を更新しました。Wiiが以外と好調だし、DSソフトの売上も好調とのことです。それだったら、50,000円台でさらにもういっちょミニで買っとけばよかった・・・。と思うのは後になったから言えることですよね。とりあえず、ミニでナンピンを2回ほどしておいて正解でした。しかも08年3月期の業績上振れ期待も大ですね。当面短期的には7万円はすぐに見えてきそうですね。とりあえず、目標株価は10万ですから、ちょっと調整が入れば、もう一度ぐらいは買いたいですね。
今、新興市場もとても調子がよく、最近日本の株式市場の割安感が徐々に世界に認識されてきているようで、どんどん買われていきそうですね。しかも今はまだラマダン中。そこにラマダンを明けてくると、オイルマネーも一気に流入してきて、日経平均も18,000円見えてきそうな勢いですね。今後もさらに上場来高値更新に期待したいです。


励みとなりますので、さらなるワンクリック、ぽちっとお願いいたします。
人気ブログ大





okateiokatei  at 01:07コメント(2)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

任天堂、上抜けも期待!!! 5

こんばんわ。ご無沙汰しています。
日経平均もすごいですが、任天堂すごいですね。
このままでいくと、目標株価の10万円は今年中ぐらいには到達しそうですね。

日経ネットの記事をご紹介します。

<大証>任天堂が続伸――約2カ月ぶりの6万円台回復
(10時50分、コード7974)続伸。一時は前日比1100円高の6万900円まで上げた。6万円台回復は7月31日以来約2カ月ぶりとなる。前日の米株高とこの日の円安を背景に国内外の機関投資家などの買いを集めているという。東証寄り付き前の外国証券経由の売買注文動向が大幅な買い越し観測だったことも支援材料。業績が好調なだけに今後は「7月26日の上場来高値6万1800円を意識した動きになろう」(大手証券)とする見方もあった。

⇒おかていコメント
前から任天堂がなぜ、円高に弱いのか納得できませんでしたが、確かに海外売上にも影響するのでしょうが、別の視点からいうと上記の通り、円安になると、外国人投資家の買いがたくさん入ってくる。任天堂だから、外国人投資家も買いたいけど買うんだったら、円安で買う方がお得ですよね。そんな視点もあるんだなと感じました。
だけど外国人投資家に買われているということはそれだけ注目されているということですね。

励みとなりますので、さらなるワンクリック、ぽちっとお願いいたします。
人気ブログ大





okateiokatei  at 00:55コメント(6)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

任天堂本格的に動いてきました。 5

こんばんわ。最近株式市場がひどいことになってましたが、やっと一気に戻してきましたね。もういい加減、アメリカのサブプライムに付き合わなくてもいいですよね。
WBS(ワールドビジネスサテライト)でやってましたが、アメリカの消費関連指標や鉱工業指数も予想より悪くでていたようですが、ホントにサブプライムなのかもよく分かりません。

いろんな記事でも書かれていたように、そもそもサブプライムローンに投資していた会社自体がリスク管理できていなかっただけですよね。しっかりした会社はアメリカやヨーロッパでも格付けの低い金融商品なんて手を出さないですよ。
金余りのヨーロッパの資金をアメリカに投資していただけで、そんなに影響ないんでは?と私の意見としてもっています。

ところで、任天堂そろそろ動き始めました。ちょっと前に第一弾で下がった時は目標株価もあえて下げてきていましたが、今度は上げてきました。
どうも外国人投資家の売買がうまくいくようにタイミングよく売買していたんではないでしょうか?

とりあえず、フィスコの記事をご紹介します。

7974 任天堂 55100 +2900
しっかり。同社の目標株価が最も高い水準であったCLSAだが、今回は目標株価を従来の8万円から10万円にまで引き上げているようだ。当面は収益の急成長が継続するとの見方。営業利益は今期の4700億円に続いて、来期は7428億円、再来期は1兆円と予想。

⇒おかていコメント
ちょっと下げてきて、今度は上げてきました。まだあと3ヶ月でどんな投資をするかですね。これも戦略かな?ドラクエの新バージョンもあるので、まだまだ永続的に伸びそうですよ。

励みとなりますので、さらなるワンクリックもお願いいたします。
人気ブログ大





okateiokatei  at 01:39コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ!