大川村の下剋上! ~日本一小さな村からの挑戦状~

離島を除いて日本一人口の少ない自治体・大川村で暮らす住民のブログです。大川村を盛り上げるための「下克上」を目指しています!日々の暮らし・農業・地域おこしのための活動などを取り上げます。

 こんばんは。高知県大川村の和田将之です。新年度がスタートして最初の一ヶ月が早くも終盤に入りました。先週末は集落活動センター結いの里で「春の宴」と銘打った交流イベントを実施。新緑が映える早明浦ダム湖畔で、山菜や地鶏などをふんだんに使ったお弁当やお惣菜を提供しました。村内外の交流の場を作り、多くの人に楽しんでいただける企画をこれからも進めていきます。


20180423_112554

 ここ最近、村内を走る県外ナンバーの車を目にする機会が増えました。山菜採りや渓流釣り客も多いですが、登山に来るお客さんも多くいます。大座(おおざ)()野地峰、三ッ森山、東光森山、平家平連なる稜線は人気の高いコースです。天気の良い日に遠く瀬戸内海まで臨むことができ、山頂には爽やかな風が吹き抜けます。


20180423_113738

 そんな大川村の山々に自生する珍しい植物がアケボノツツジです。四国と九州の高地で見られ、ピンク色の花が鮮やかに咲きます。大川村では三ッ森山や東光森山を中心に生育しており、若緑が広がる山の斜面にピンクが点在する景色は圧巻です。岩場を好む性質があるため、急峻な崖など人が入りにくい場所に多く咲きます。


20180423_114710

 先日、イベントで使う登山コースの下見のために大座礼山を登りました。岩場にはアケボノツツジが群生し、標高1000メートルほどの登り口付近では花が満開に。登山ガイドの方によると、ゴールデンウィーク頃には山頂周辺も見頃になるとのことです。


20180417_093758

大川村ではアケボノツツジに加え、ミツバツツジも楽しめます。西日本のツツジは種類も多様で、地域によっても少しずつ特徴が異なるそうです。ガイドの方に解説してもらいましたが、まだ見分けられません。勉強を重ね、一目で植物を見極めて説明ができるようになりたいものです。


20180423_112140

宿泊施設もある白滝の里では、登山ツアーも開催しています。ご興味のある方は白滝の里までお問合せください!
https://www.sirataki.or.jp/


アケボノツツジ・ミツバツツジを始め野生の花々が見頃を迎える大川村。5月の大型連休は大川村で大自然を堪能してみてはいかがでしょうか?(-^^-)

20180423_113840


 こんばんは。高知県大川村の和田将之です。48日から始まったさくら祭りは、15日の芝ざくら祭りをもって無事に終了を迎えました。イベント期間中の集客は1527人、桜が開花してからのお客さんは1902人を記録。8日間あったとは言え、毎年1500人を集客する村最大のイベントの謝肉祭の数字を越えました。もちろん数が全てではありませんが、個人が始めた取り組みにこれほどの方が賛同して下さったことは大きな意義があると思います。


20180415_152621

 今年が5回目のさくら祭りですが、実行委員会を組織して臨んだ初めての祭りでした。今年の1月から「大川村さくら祭り実行委員会」が立ち上がりました。昨年まで準備・運営のほとんどを担っていたのは主催者の川上さんご夫婦です。半月ほど前から有志のボランティアスタッフが手伝いに入りますが、今後の継続のためには主体的に関わるメンバーを増やす必要がありました。


 さらに、昨年の5月に全国的なメディアが大川村議会の存続を危ぶむニュースを報道。「過疎高齢化」の面ばかりを強調する一部報道に違和感を覚える一方で、村の発展のためにはこれまで以上に将来を見据えた努力を続けなければと感じました。川上さんご夫婦が大川村を元気にするために始めたさくら祭り。これまではスタッフの一員として運営に携わることで満足していましたが、この祭りや地域にもっと貢献できることがあるのではと考えるようになりました。


20180415_162637

 そして、今年の1月―。「実行委員会を立ち上げ、力を合わせてさくら祭りをもっと良いイベントにしよう!」という呼びかけに、15名の仲間が賛同してくれました。村に来て数ヶ月の協力隊員、Uターンの地元の若者、県外の自然学校の職員…。情報発信が得意だったり、絵やデザインに長けていたり、多様で多才なメンバーが集いました。週に1度の定例会や週末を中心に準備を進め、48日のさくら祭りの当日を迎えたのでした。


20180414_102059

 8日、15日は地域住民や近隣地域からの応援、県内外の大学生のサポートもあり、大盛況のイベントになりました。お越しいただいた皆さん、ご協力くださった方々には本当に感謝です。お客さんからいただいた「花がとても綺麗ですね」「また来たいです」などのお言葉は、とても励みになりました。初めての実行委員会での運営は手探りで、反省点も数多くあります。近日中に実施予定の定例会で振り返りを行い、来年はより良いイベントになるように話し合う予定です。


20180414_101408

 さくら祭り実行委員会を通じて、地域に主体的に関わる姿勢が一層強くなりました。そして、地域を共に盛り上げていく仲間との絆が深まったのも大きな収穫です。村内外の皆さんと力を合わせて、これからも大川村さくら祭りを楽しく前向きに続けていきます!これからもよろしくお願いします!!



 こんばんは。高知県大川村の和田将之です。昨日、48日に第5回大川村さくら祭りが盛大に行われました。前日準備の際は0度近くまで冷え込み、季節はずれの雪がチラつく悪天候でした。しかし、当日は気温が低かったものの晴天に恵まれ、絶好のお花見日和となりました。私はスタッフとして活動していたのであまり写真が撮れませんでしたが、数枚をご紹介させていただきます。


1523274149668

 朝からたくさんのお客さんに来ていただき、集客数は過去最多を大きく上回る650人超に!クラウドファンディングで古民家の改修を行ったことで注目を集め、多くのメディアに取り上げてもらったことが大きな宣伝となりました。さくら祭りを通じて大川村に関心を持ち、足を運んでくれる方が増えたことはとても嬉しいことです。


1523274152889

 イベントの中では改修が進む東屋の落成式や餅まき、地元のバンド演奏もありました。出店では、村特産のはちきん地鶏を使ったタンドリーチキンや手作りこんにゃく・豆腐の田楽、隣町のアメゴ飯などを販売。さらに、徳島ラーメンやクレープ、お好み焼きなどのお店も並びました。年々、出店のレパートリーも増えてきています。


20180408_113120

 運営はさくら祭り実行委員会と全国から集まった有志のボランティアスタッフが協力して実施しました。中には第1回から毎回来ていただいている方もいます。出身や年齢も様々なメンバーがさくら祭りを通じてチームとなり、絆を深めることができました。毎年新しい仲間が増えていくのも、さくら祭りの醍醐味の1つです。


20180407_191220

 過去最高の600名を越える集客は喜ばしいことですが、駐車場が足りないという課題が改めて浮き彫りになりました。どのような運営体制が良いのか、実行委員会やスタッフで考えていくことが必要です。来ていただいたお客さんのため、より良いイベントを目指して改善を進めていきます。


1519340364492

 イベント初日は終わりましたが、大川村さくら祭りはまだ始まったばかりです。来週の日曜日、415日には第一回の芝ざくら祭りが行われます。桜は散りつつありますが、芝ざくらの見頃はこれからです。15日にも出店、演奏が行われますので、ぜひ大川村にお越し下さい!!

20180407_100445

↑このページのトップヘ