こんばんは。高知県大川村の和田将之です。先週から仕事も始まり、日常生活が戻ってきました。今週は県外に出張に行く機会があり、ほとんど大川村にいません。田んぼの開墾や、野菜の種まきなど農作業もたくさんあります。この1年も忙しく、充実した毎日になりそうです。


 さて、今日のブログのテーマは大川村へのアクセスについて。時々、故郷の友人や県外の知り合いが大川村へ遊びに来てくれます。そんな時によく言われるのが、「大川村への行き方がわかりづらい」ということです。たしかに、大川村のホームページでは車でのアクセスしか紹介されていません。高知空港や高知駅からどうやって行けばよいのかを調べるのは苦労します。


20170109_133220
 役場周辺の風景。


普段、僕は自家用車で村内外を移動するので、交通手段については不便していません。大川村に住んでいる人の多くも、自家用車を持っています。役場周辺にはお店がありますが、奥の集落の住民は車がないと日常生活ができないからです。そのため、村内を走る公共バスの運行も数が限られています。


しかし、公共交通を使って高知市内から大川村まで来ることは可能です。自家用車を持っていない等の事情で、電車やバスで大川村に来たい方も多いと思います。これから、公共交通機関を利用した大川村への主要なアクセス方法を2つご紹介していきます!


高知空港⇒大川村

まずは飛行機で高知空港に到着し、大川村を目指すケース。空港から連絡バスを利用して、高知駅に向かいます。そして路線バス・とさでん交通の田井線に乗り、大川村の隣にある土佐町の田井停留所まで行きます。田井で路線バスの嶺北観光を利用して、20分ほどで大川村に到着です。


「大川局前」停留所で下車すれば、食堂・旅館・商店・農協・郵便局・役場などの主要施設がすぐ近くにあります。ここで降りなければ、その先は宿泊や買い物が出来なくなりますのでご注意を。



20170109_133146
大川局前のバス停。

 路線バスの時刻表などのリンクを貼っておきます。初めて来られる方には分かりにくいと思いますので、参考までに利用例を紹介します。19日時点での時刻表で作成していますので、お越しの際は再確認をお願いします。



http://www.kochiap.co.jp/access/ 「高知龍馬空港 アクセス情報」

http://www.tosaden.co.jp/bus/rosen/timetable/20161001_pdf/13_weekday.pdf?20170108150533 「とさでん交通 田井線 時刻表」

http://accesskochi.com/routeinfo/index.html?cmpCd=23 「嶺北観光自動車 時刻表」


【高知空港~大川村 公共交通利用例】 運賃:3500

14:45 高知空港発

    空港連絡バス はりまや橋経由高知駅行き[2番乗り場] 720

15:10 JR高知駅着

15:23 JR高知駅バスターミナル発

    とさでん交通 田井線・田井行き 2100

16:54 田井停留所着

17:05 田井停留所発

    嶺北観光自動車 田井~日の浦線・日の浦行き 680

17:43 大川局前着


高知駅⇒大川村

次に、JR高知駅を利用した場合をご紹介します。鉄道だけでなく、東京や大阪などの主要都市とつながる高速バスも出ています。高知駅から大川村に行く方法は、先ほど紹介したルートと途中から同じです。土佐町田井で乗り換えて大川村に行くバスがあります。


大川村の最寄り駅は、大豊町にあるJR大杉駅です。大杉から田井までもバスが運行しています。大杉駅からとさでん交通を利用して、田井で嶺北観光バスに乗り換えます。こちらも利用例を紹介しておきます。


http://www.tosaden.co.jp/bus/rosen/timetable/20161001_pdf/13_weekday.pdf?20170108150533 「とさでん交通 田井線 時刻表」

http://accesskochi.com/routeinfo/index.html?cmpCd=23 「嶺北観光自動車 時刻表」


JR大杉駅~大川村】 運賃:1480

11:38 JR大杉駅前 発

   とさでん交通 田井線・田井行き 800

12:04 田井停留所着

12:30 田井停留所発

    嶺北観光自動車 田井~黒丸線・黒丸行き 680

13:10 大川局前着

20170108_161728
 ネットからプリントアウトした時刻表。地図も載っているので、初めての方は照らし合わせるとイメージが湧きやすいかもしれません。


 いかがでしょうか。僕も改めて調べてみましたが、地名が分からない人には分かりづらい時刻表のように感じます。実際、大川村に来る観光客は自家用車の方がほとんどです。村内を巡るには車移動が不可欠ですので、当然のことではありますが…。


しかし、より多くの方に大川村に来ていただくことを考えれば、交通手段の充実は大切なことです。地域や観光客にとってどのような公共交通のあり方が望ましいのか。これからの大川村を生きていく僕たちが、考えていかねばならない課題の一つです。