岡山健二のBlog

岡山健二のブログ



11月23日(水)

東京が夜から雪が降るというので明日の朝出発予定だったのが
急遽夜のうちに出発することになる。

classicusとしては初の4本連続のライブ。
名古屋、大阪、新潟、長野。
いつもの淳也君の軽自動車でメンバーと、
今回は助っ人にシンガーで友達の塩月清貴君(写真も沢山撮ってくれた)の4人。



11月24日(木)

明け方に三重県に到着。
classicusは3人とも三重の人なので関西でのライブはほぼ三重県を拠点に動く。

お昼頃まで寝る。


午後14時頃、名古屋に向け出発。

ライブハウスに到着。
名古屋 池下 UP SET
東京のMAGIC FEELINGの企画。


このライブハウスは10年くらい前に行ったっきり、そこからはご無沙汰だったので、
こんなに広かったっけ?と思ったりした。

リハを終え、その後タワーレコード パルコ店に挨拶に行き、戻ったらすぐライブ。

久々に観るMAGIC FEELINGは演奏がまとまってて良かった。
この日のライブは少し暗かったかな?明日はもう少し明るく出来たらなと思った。



1、ハローグッバイハロー
2、コチニール
3、ピースメーカー
4、108
5、ハローフューチャー
6、チェーン
7、スマイル



N極S極


惑星のはじっこに生まれ落ちた
長いトンネルをいくつもくぐって
大きな橋の下を歩いて
通行止めの道路を横目に眺めて

古い時代の音楽を聴いていた
街は夕日の気配を漂わせている
車は低いうなりをあげながら
ハイウェイを走る

僕はそこで君の声を聞く
もう戻りはしない日々の鼓動を感じながら
愛とは何かと考えながら
おごそかな雰囲気は僕らには似合わない
いつだって着古したシャツのような軽やかさで
君と僕の街を行ったり来たりする
磁石のN極S極のように



IMG_3815





11月25日(金)

名古屋で一人打ち上げに残り次の日電車で大阪に向かう。

大阪にはちょっと早めに着いたのでたこ焼き屋と串カツ屋で飲む。

いい感じでライブハウスに到着。

大阪 心斎橋 pangea
この日もMAGIC FEELINGの企画。

このライブハウスは二年ほど前にソロで来た。
時は経ち、ちゃんとバンドでアルバムも持って戻って来れたのは嬉しかった。


名古屋の夜にぼんやり考えてたことをステージで話した。
今まではライブは曲を演奏するだけだったけど、少しくらいは想いを伝えていこうと最近は考えてる。


1、ハローグッバイハロー
2、コチニール
3、ハローフーチャー
4、ピースメーカー
5、チェーン
6、君の家まで
7、スマイル



それだけ



パレードの行われない世界

平和の使者はあらゆる角度から
僕はどこまでも並ぶ
同じようなプレハブを眺めながら
列車のシートにもたれていた

くもった空 にごった心
ブルーシートで隠した地面
あの山の向こうの風の音を知りたい
意味のない言葉を並べても
仕方がないな
僕は君に話しかける
考えることを伝えれば
それだけで



IMG_3940





11月26日(土)


大阪ライブが終わり、ひとまず三重に帰り、みんな寝て、8時に新潟に向け出発。

清貴君が持ってきたムーンライダーズ「青空百景」を車内で聴く。
良いアルバムだ。
他には、宇多田ヒカル、ラッドウィンプスの新作。ブルーハーツの「バストウエストヒップ」清志郎の「KING」などを聴いた。

リハが15時台からだったので間に合うかと思ったら全然間に合わず。
結局、リハは出来ないまま本番を迎えることに。

新潟 CLUB RIVERST

ここは、andyの前にやってたTEAM VERYSでよく来ていたライブハウス。


この日は、名古屋、大阪とまるで違う選曲にしようと提案があったので。
ガラッと変えてみた。

チェーンという曲は、元々、VERYSでやっていた曲なので、店長の小林さんが久々に聴いたよ。と言ってくれて何だか嬉しかった。


1、フェルメールの肖像
2、ハローグッバイハロー
3、昨日、君の夢を見たよ
4、フロリダ
5、誰もいない街
6、チェーン
7、君の家まで
8、スマイル

en, 地下鉄



パーキング


寂しいときに僕をいつも
上からひっぱる 
君は誰だい?
ピンと糸を張るように

人が仰向けになったような
山々を眺めながら
プレハブ小屋の街並み
を通り過ぎながら

果てしなく広がる田園に
人々はどんな気持ちで
生きているのだろうと
呟く車の中

また少しすると
パーキング・エリアに止まって
外の空気でも吸ってみよう
孤独な心に届く
歌を頼りに



IMG_4096

IMG_4099




11月27日(日)

新潟のお米を食べてから長野に向かおうということで、高速のサービスエリアに寄ったが、
あの定食が、はたして新潟米だったかは謎。

くだらない話をしていたら、道を間違えてしまっていた。
高速を途中で降り、遥か向こうに見える山の反対側が長野ということが判明。

そこからは、バンドのツアーとは思えないような、のどかな山村を長い時間をかけてくぐり抜け、ようやく長野に到着。

長野 松本 alecx

ここは、ソロで約一年前にSentimental boysが連れて行ってくれて、俺としては今回が二回目。

ライブ前に、お店のすぐ上にある喫茶店「アベ」でコーヒーを飲む。
久々にゆっくりした時間だったな。

変わっていくもの、変わらないもの
俺たちがステージで演奏することは変わりないけど、
一年前と今日とでは気持ちは全然違うし、それこそ気持ちなんて毎秒でも変わる。
音楽は絶やさずに鳴らし続けたい、みたいなことを話した。


持ち時間が長かったので、たくさん演奏しました。


1、夜のプール
2、flowers
3、水族館
4、ハローグッバイハロー
5、誰もいない街
6、コチニール
7、108
8、ピースメーカー
9、チェーン
10、スマイル



真冬の



真冬の創作を始める
それは記録的な豪雨のような
縮み上がるような寒さの
夜明けを通り越した
感性の叫び声 だが 
それは囁きかけるような
小さな声



IMG_4159
IMG_4173
FullSizeR

















昨日は起きぬけのルーフトップシンガーズvol.9
at 新宿 ロックンロール以外は全部嘘
にお越しいただいた皆さん、と共演者の方々、お店のスタッフさんありがとうございました。

本当に良いイベントになったと思います。


トップバッター
クモノスノカモメakaマントルリョウ君とは
その昔一緒にニューヨークに行き、ニューヨーカーの粋なピザの食べ方を彼に教えてもらった。
といっても、リョウ君も行くのは2回目だったらしいけど。
久々に聴く彼の歌は、やっぱり俺を勇気づけてくれた。


もののあわい君は
音楽とは何かということをもう一度考えさせられるような不思議な響きを奏でる青年だなと思った。
ずっと聴いていられる。
古い映画みたいな、時間がゆっくり流れるような。
トッド・ラングレンのカバーも良かった。


SEVENTEEN AGAiN
この日の会場は、あまり大きな音は出せない作りなんだけど、そんな中、何の問題もなく、気持ちいいサウンドに仕上げていて、すごいなと思った。
また対バンしたいって思えるバンドってなかなか少ないけど、終わったら、すぐに「またやりましょう。」と俺は言ってた。


山下秀樹 (ザ・ラヂオカセッツ)
ヒデの歌を何だかんだで10年くらい聴いてる。
ほとんどの音源覚えてる。
知り合った頃に、「まあ長い付き合いになるやろうなー。」って居酒屋で話してたの覚えてるけど、それはまだ続いてる。
昨日は、ずっと音楽をやってきた人のライブをやってたな。
「帰ろう」も聴けた。


飛び入りで、
四万十川友美君が一曲歌う。
俺は彼の大切にしてるものがすごくいいなと思う。
ギターの響き、歌詞、立ち姿。
出てくれて良かった。
曲作りの姿勢、見習うべきだなと思う。


classicusは、来月のワンマンに備えて、レパートリーを増やしてる最中で、
この日は、みんなのライブを聴きながら、後ろの席で曲順を考えてて、
突如、挑戦してみたくなって、新曲を2曲やろうと決めた。
淳也はそれを聞き、「攻めてるなー」と笑ってたな。
そういう日は大体良いライブになるもんだなと
今ごろになって思う。

アンコールが2回も来た。


11.19 (sat)

1.君の家まで
2.コチニール

3.昨日、君の夢を見たよ
4.ハローグッバイハロー

5.誰もいない街
6.スマイル

en1.夜のプール
en2.チェーン



楽しかった。
ありがとう!






最近は7インチレコードで昔の歌謡曲をよく買う。
大体、1枚2〜300円で売ってるから、コーヒー1杯とそんなに変わりない。

井上陽水 「心もよう/帰れない二人」のシングルがとても良かった。
「帰れない二人」って、元々好きなんだけど、あの曲って日本のポップスとロックが融合した最初の瞬間なんじゃないかなと思ったり、(陽水と清志郎の共作だし。)

安全地帯 「ワインレッドの心」は今日買ったけど渋かったな。




↑このページのトップヘ